オメガ3の効果で健康的に!良質な油で内側から美しい身体作りをしよう


身体にとって油は敵!と思ってはいないですか?実は、油の中には身体にとって嬉しい効果をもたらす良質なものがあります。

良質な油であるオメガ3には、健康や美容に多くの効果が期待できます。ただ、オメガ3は身体で作ることができないため、不足しがちになりやすいと言われています。

美容や健康のためにもオメガ3の効果をしっかり知って積極的に摂ってください。

良質な油と言われるオメガ3とは?

油には、大きく分けて2種類に分けることができます。

  • 身体の中で作れる油:「飽和脂肪酸」
  • 身体の中で作れない油:「オメガ9」「オメガ6」「オメガ3」

体内で作れない油のことを「必須脂肪酸」と呼びます。

●飽和脂肪酸
常温で固まっている油のことです。
食材としては、バターや牛肉などの肉類全般に含まれる油です。

●オメガ9
オリーブオイルや鶏・豚肉に多く含まれる油です。

●オメガ6
トウモロコシや大豆など植物性の油です。
サラダ油やマヨネーズに含まれています。

●オメガ3
エゴマ油やアマニ油に含まれるα-リノレン酸、魚の油に含まれるDHAやEPAなどです。

日常生活でマヨネーズなどに使われるオメガ6は比較的摂りすぎる傾向があると言われています。
オメガ3に関しては、ほとんどの人が不足していると言われています。

理想のバランスは、オメガ3:オメガ6=1:4程度の割合で摂取した方が良いと言われています。
しかし現代人のほとんどが、ジャンクフードやお菓子類など多く食べているため、極端にオメガ6を摂取しています。

摂取する油分のバランスが崩れると体調に悪影響を及ぼす可能性があるため、不足しがちなオメガ3を積極的に摂取する必要があります。

オメガ3の嬉しすぎる美容・健康効果とは?

オメガ3は体内で作ることができないため、意識して摂取することが大切です。
オメガ3を摂取することで、油分のバランスを保ち、体内の不調を改善する効果が期待できます。

①便秘解消
腸の悪玉菌を減らし、腸内環境を整える効果があります。
さらに、腸のぜん動運動を促す作用があり、また、油分を摂ることで、便の滑りをよくする効果もあるため、便通改善に繋がります。

②免疫力アップ・アレルギー症状緩和
腸内環境が良くなることで、免疫力がアップし、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和する効果が期待できます。

③腎臓の働きをサポート
腎臓の働きをサポートする働きがあります。
その働きで、全身の代謝をアップさせる効果が得られます。

④アンチエイジング・美肌効果
肌のターンオーバーを助ける作用があります。
また、強い抗酸化作用を持っているため、しわやシミの予防になり、美肌効果がアップし、アンチエイジングに繋がります。

⑤中性脂肪や悪玉コレステロール減少
悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールの働きを高める効果があります。

そのため、血液がサラサラになり、血圧を低下させる働きが期待できます。

⑥認知症の予防
高齢者を対象にした調査結果で、オメガ3脂肪酸を多く摂取している群では認知機能の低下が抑制されていると言われています。

これは、オメガ3が脳の細胞を修復する働きがあるのではないかと考えられています。

⑦うつ症状の緩和
魚をよく食べている国ほどうつ病の発症率が低いという研究結果があります。
また、うつ病患者はオメガ系脂肪酸の蓄積量が低くなっているというデーターがあります。

気分が落ち込んでいる時には、心がけて摂取してみてくださいね。

他にも、がん予防や生理不順改善など様々な効果があると言われています。

美容、健康効果が得られるオメガ3の摂取方法は?

オメガ3脂肪酸は体内で作ることができません。
そのため、食品やサプリなどから摂取する必要があります。

  • α-リノレン酸:クルミなどのナッツ類の油など
  • DHAやEPA:青魚(サバ・イワシなど)

にそれぞれ含まれています。

オメガ3脂肪酸は熱に弱い特徴があります。
そのため、ドレッシングや直接飲むなど熱を加えないようにして摂取してください。
また、魚から摂取する場合も同様に、刺身など生のまま食べる方がより効果的です。

アマニ油やえごま油で摂取する量や時間は?

1日2~3g程度オメガ3系脂肪酸を摂取した方が良いと言われています。

アマニ油やエゴマ油で摂取する場合は小さじ1杯程度が目安となります。

アマニ油とエゴマ油どっちを選んだら良いの?

  • エゴマ油:主にルテオリンと呼ばれる有効成分が含まれています。
    *効果:アレルギー症状抑制・アンチエイジング・抗がん作用が期待できます。
  • アマニ油:主にリグナンと呼ばれる有効成分が含まれています。
    *効果:生理痛、生理不順改善・バストアップ・体臭改善・骨粗鬆症の予防などが期待できます。

便通改善やダイエット効果などを得たい人はどちらを選んでも大丈夫です。
飲みやすい油をチョイスしてくださいね。

摂取するおすすめの時間帯は、朝食時です。

朝食時に摂取することで、脂肪燃焼効果が約10倍になると言われています。
さらに、血流もアップするため、健康的にもおすすめです。

また、摂取の仕方ですが、油を単体で摂ってしまうと、消化不良を起こしたり、胃腸に負担をかけるリスクがあります。

必ず、ジュースやドレッシングとして野菜と一緒に摂ったり、納豆や味噌汁、ヨーグルトにかけて摂取するようにしてくださいね。

朝は、忙しくて摂れないという方は、夜寝る前に摂取しても構いません。

ただ、消化不良を起こしやすいので、注意してくださいね。

魚での摂取方法は?

特にサバやイワシにはDHAやEPAが豊富に含まれています。

この成分には、集中力アップなどの働きがあるため、テストや重要な仕事の前に食べると効果的ですよ。

摂取量は、できる限り青魚を週に2回以上摂るように心がけてください。

刺身で食べる方がより効果的ですが、なかなか難しい場合は、煮込んだ煮汁などにDHAやEPAが含まれているため、煮汁も摂取するようにしてくださいね。

ナッツ類での摂取方法は?

ナッツ類の中でもクルミにα-リノレン酸が多く含まれています。

1日の摂取量の目安は、15粒程度がよいと言われています。

クルミには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、ダイエット中の方には、ぜひおすすめしたい食材です。

アマニ油を摂取する上での注意点

①取り過ぎないようにする
健康に良いからといって、摂りすぎるのはよくありません。

商品によって含有量が異なるため、記載されている摂取量を必ず守るようにしてください。

②加熱しない
熱に非常に弱い性質を持っています。
その性質があるため、炒める用の油には不向きです。

40度以下であれば、効果は得られると言われているため、できる限りドレッシングやヨーグルトに混ぜるなど熱を加えないようにしてください。

また、商品を購入する際に、必ず低温圧搾法(コールドプレス法)で圧搾されているものを購入するようにしてくださいね。

③酸化に注意
空気に触れてしまうと、非常に酸化しやすい特徴があります。
酸化した油には、活性酸素という身体の老化を早めてしまう物質が含まれています。

そのため、1ヶ月以内で使いきるように心がけてください。

さらに、光に当たっても酸化が進んでしまいます。
光が当たりにくい冷蔵庫で保管することをおすすめします。

オメガ3の驚くべき効果!美しい身体作りへ

ダイエット中や健康のためには油を摂らない方がいいという考え方は、最近では全く違うと考えられています。

オメガ3脂肪酸には、健康に効果的な成分が多く含まれ、ダイエット効果、アンチエイジング効果など驚くべき美容効果も沢山あります。

良質な油を上手に生活の中に取り入れ、身体の内側からキレイになってみませんか?
オメガ3脂肪酸を上手に摂取し継続することで、健康・美容効果が得られるはずです。

美しい身体を目指したい人は、一度試してみてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!