パックは毎日しても良い?しない方が良い?正しいパックのやり方

最近、ぐんと手に入りやすくなった、「パック」。たくさんのメーカーが様々な種類のものを販売していて、「どれが良いか分からない!」という声も聞こえてきそうです。

パックを使っていると、なんだかとても肌に良いことをしている様な気がしますが、使い方を間違えると肌を乾燥させたり、トラブルの原因にもなります。

この記事では、パックを毎日することによる利点や注意点、効果的なパックのやり方などを紹介していきます。是非参考にしていただき、あなたのライフスタイルに上手にパックを取り入れて美肌を目指して下さい!

パックの効果とは?

パックは、肌の奥まで水分や美容成分などを浸透させる効果のある美容アイテムです。上手に取り入れることによって、肌トラブルを解決に導いたり、肌に透明感を出し、潤いのある肌を目指すことができます。

毎日パックする際の注意点

「パックを毎日すれば、美肌になれる!」こんな風に思っている方は多いのではないでしょうか。
使い方を間違えると、美肌どころか乾燥など肌トラブルの原因となることもありますので注意が必要です。

毎日パックにおすすめなのが、「化粧水タイプ」のパックです。こちらは化粧水をシートに含ませて、肌に直接貼り付けたり、お気にいりの化粧水をコットンに含ませ顔に載せるなど、手で直接付けるよりも効果を得ることができます。

おすすめのパックの種類と使用方法

パックにもいくつか種類がありますので、違いを知って、使い分けるのがオススメです。

シートタイプ

一番手軽でポピュラーなのが、シートタイプのパックです。袋から直接取り出して顔にのせるだけなので、とても手軽に使用できます。

先程、紹介したデイリー使いにおすすめの「化粧水タイプ」とスペシャルケアにおすすめの「美容液タイプ」と大きく分けて二つの種類があります。

その中でも更に、成分によって効果が違いますので、よく商品の表示を見て購入するようにしましょう。

使うタイミングはお風呂上りです。化粧水タイプであれば、そのまま顔につけてしまってOKです。
美容液タイプは、化粧水を塗ってから顔につけましょう。

使用時間には注意が必要です。よく、長く顔につけていた方が効果が得られると勘違いしている方も多いですが、長時間顔につけたままだと乾燥の原因になります。
必ず、パッケージに記載してある時間を守るようにして下さい。

クレイタイプ

毛穴のケアや肌の汚れを落としたい方などにおすすめなのが、クレイタイプのパックです。
余分な皮脂を落としてくれるので、ニキビケアにももってこいです。

購入するときは、添加物などに注意して、出来るだけ自然由来のものを選ぶのがポイントです。
クレイ自体も色や種類によって効果が変わってきますので、自分に合ったものを探して見て下さいね。

使うタイミングは、お風呂上がりのお手入れ前です。クレイパックを肌に3mm~5mmくらいの厚さで塗って、15分程度で流します。
その後は、化粧水や乳液、美容液などで普段のお手入れをすればOKです。

クリームタイプ

塗るタイプのパックは、保湿力抜群です。少し値が張るものが多いですが、効果も高く、うるおいのある肌を目指すことができます。
塗ってそのまま寝ることが出来るものもたくさんありますので、手軽に使えます!

但し、毎日ではなく、週に2~3回程度の使用頻度がおすすめです。

使い方は簡単。お手入れの最後に肌にのせます。その後、流すタイプのものであれば時間を守って流すだけ。そのまま寝て良いタイプのものは塗ったら終わりです。

自分の肌の状態に合わせてパックを上手に取り入れましょう

パックと一口に言っても、様々な種類がありますよね。種類によって、付けるタイミング、効果なども異なります。
日々のライフスタイルに合わせて、自分にぴったりのパックのやり方を見つけることで美肌により近付くことができます!

それぞれのパックの特徴を理解して、よりお肌のケアを楽しみ、美肌を目指しましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!