ハトムギ化粧水の効果的な使い方。毎日のスキンケアで潤いをキープ!

きちんと肌を保湿して乾燥やニキビ、肌荒れなどから皮膚を守りたいけれど、どんな化粧水がよいのかわからない・・毎日のスキンケアについて悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

お気に入りの化粧水が見つからないときは、天然植物成分ハトムギエキスが配合されているハトムギ化粧水がおすすめです。ハトムギ化粧水はハトムギエキスの保湿成分で肌にうるおいをあたえるだけでなく、新陳代謝の促進や抗炎症作用などで気になる肌トラブルにも効果が期待できます。

また、ハトムギ化粧水は大容量タイプなので、顔だけでなく全身のスキンケアにもたっぷりと使えます。値段もお財布に優しいお手頃価格なので、たくさん保湿してみずみずしい肌をキープすることができます。

ここではハトムギ化粧水の特徴やメリット、さまざまな使い方、ニベアとの相性などをご紹介しますので、ハトムギ化粧水でうるおい肌を保ちたいときにお役立てください。

ハトムギ化粧水は人気のプチプラ商品

ハトムギ化粧水とは、天然植物成分ハトムギエキスが配合されているスキンケア商品です。ハトムギエキスの保湿成分が表皮の角質層に浸透して肌にうるおいをあたえ、乾燥や皮膚トラブルのないみずみずしい肌へと導きます。

ハトムギ化粧水の魅力

ハトムギ化粧水はハトムギエキスの保湿成分だけでなく、ハトムギによるニキビケアやくすみケア、イボに対する効果なども期待されて人気を集めています。また、無香料や無着色、低刺激性の商品もありますので、安心して使えるところも魅力の一つといえます。

このほかにも、ハトムギ化粧水は500mlから1,000mlの大容量タイプであり、500円から1,000円程度のお手頃な価格で購入できるという特徴があります。大容量のハトムギ化粧水は、顔だけでなく全身のスキンケアとしてもたっぷり使えますので、膝やかかとなどのカサつきやすい部分の保湿にもぴったりです。

ハトムギ化粧水の使用感はしっとりとしていてもベタつかず、さっぱりとしたタイプです。そのため、ほかの化粧水や美容液などの前につけるプレ化粧水としても活躍します。最初にハトムギ化粧水を肌につけることで、その後のスキンケアの浸透を促進します。

また、コットンやフェイスパックを準備してハトムギ化粧水でローションパックをすれば、通常の方法よりもさらに肌をみずみずしくさせることができます。

ハトムギエキスの保湿成分と大容量、お手頃価格で考えると、ハトムギ化粧水は良質で低コストのプチプラ商品といえます。

ハトムギ化粧水は大手通販サイトの化粧水ランキングで1位または上位にランクインしており、人気と信頼のあるスキンケア商品として多くの人に愛用されています。

ハトムギとは?

ハトムギとはイネ科の植物であり、種子は漢方薬で「ヨクイニン」と呼ばれて抗炎症作用や利尿作用などさまざまな働きがあるとされています。ヨクイニンにはコイクセノライドが含まれており、皮膚の新陳代謝をうながしてニキビ跡や肌荒れなどの肌トラブルを予防・改善する効果が期待できます。

また、昔からヨクイニンはイボ取りの効果があるとして活用されており、現在でも、日本ではイボ治療においてヨクイニン内服の保険適用が受けられます。

このほかにも、ハトムギには豊富なアミノ酸が含まれていますので、シミやくすみなどの肌トラブルの予防や、皮膚の新陳代謝を高めて肌のターンオーバーを整える効果も期待できます。

ハトムギ化粧水の成分と効果

ハトムギ化粧水は保湿だけでなく、ニキビやシミ、くすみなどの肌トラブル対策にもおすすめのスキンケア商品です。ハトムギエキスには豊富なアミノ酸が含まれており、抗炎症作用や新陳代謝の促進、角質層の水分補給などの働きがあります。

ハトムギ化粧水の主なメリット

ハトムギ化粧水で期待できる効果は、以下のとおりです。

  • ニキビケア
  • くすみケア
  • 乾燥肌ケア
  • イボとり

ハトムギエキスには皮膚の新陳代謝を高める働きがあり、肌のターンオーバーを整えてニキビやシミ、くすみなどをケアする効果が期待できます。また、ハトムギには抗炎症作用がありますので、ニキビの炎症や赤みなどの肌トラブル対策にもおすすめです。

ハトムギの種子であるヨクイニンは、古くからイボ取りの効果があると考えられており、現在でもイボ治療の内服薬として活用されています。

ヨクイニンに含まれているコイクセノライドには新陳代謝や血行をサポートする働きがありますので、ニキビの原因となる便秘やストレス、血行不良などに対する効果も期待されています。

また、ハトムギに含まれている豊富なアミノ酸は、皮膚が本来持つ保湿成分「天然保湿因子」の主成分の一つなので、角層の水分量を補給して乾燥肌や肌荒れを予防します。

ハトムギ化粧水には、ハトムギエキスやハトムギ種子エキス以外にも、保湿にすぐれた成分が配合されています。配合されている成分は商品によって異なりますので、ハトムギ化粧水を選ぶときの判断材料にしましょう。

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは、「甘草」という植物の根に含まれているグリチルリチン酸にカリウム塩を加えた成分です。グリチルリチン酸ジカリウムと呼ばれ、化粧品表示名はグリチルリチン酸2Kとなります。

グリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症作用や抗アレルギー作用などがあり、漢方薬や風邪薬、鼻炎薬、点眼薬などの医薬品、スキンケア商品、化粧品、甘味料などに幅広く活用されています。

グリチルリチン酸2Kは、ハトムギ化粧水の商品によって配合の有無が異なりますので、気になる方は成分表示をチェックしましょう。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は細胞の間に多くあり、水分を保持する役割があります。そのため、皮膚のヒアルロン酸が減ってしまうと水分が少なくなって肌のハリが失われたり、乾燥したりする原因につながります。

逆に、保水力に優れたヒアルロン酸が皮膚に多くあれば、水分が保たれて肌のうるおいをキープすることができます。

ヒアルロン酸は、ハトムギ化粧水の商品によって配合の有無が異なりますので、気になる方は成分表示をチェックしましょう。100均など市販のヒアルロン酸を別途購入して、自分で配合する方法もあります。

ハトムギ化粧水の効果的な使い方

ハトムギ化粧水は基本的な使い方から、ローションパック、プレ化粧水などさまざまな使い道があります。また、ハトムギ化粧水を使いやすくするアイテムもありますので、ハトムギ化粧水の購入とともにぜひチェックしてみてください。

ここではハトムギ化粧水の使い方と便利アイテムをご紹介します。

基本的な使い方

ハトムギ化粧水は、洗顔後や入浴後にたっぷりと使って肌にうるおいをあたえます。適量をコットンや手のひらにとって、まんべんなく顔全体につけましょう。重ねづけやパッティングをおこなうと効果的です。

ハトムギ化粧水は500mlから1,000mlの大容量なので、顔だけでなく全身にも惜しみなく使えます。カサつきや乾燥が気になる部分にたっぷりと浸透させて、角層の水分量をアップさせましょう。

ハトムギ化粧水は保湿とともに肌のほてりをひんやりと抑えますので、日焼けした後にもおすすめです。また、乳液や美容液などの浸透をうながすためのプレ化粧水としても使えます。大容量で低刺激性のハトムギ化粧水は、年齢や性別を問わずに使えるので家族みんなで愛用できます。

ハトムギ化粧水には、ハトムギエキスの保湿成分とたっぷり使える大容量、お手頃価格などの魅力があります。顔や全身のスキンケアに、浸透を促進するプレ化粧水に、家族で使えるアイテムとしてハトムギ化粧水を幅広く活躍しましょう。

ローションパックの方法

ハトムギ化粧水は、ローションパックをすると肌のうるおいがさらにアップします。通常の方法よりも3倍以上の水分補給効果が期待できますので、ぜひ一度お試しください。

【ローションパックのやり方】

  • コットンにハトムギ化粧水をたっぷり含ませます
  • コットンを裂いて厚みを均一にしたあと、軽くのばしてヨレをなくします
  • コットンを両頬や額など面積が広いところにのせたあと、小鼻やあごにものせます
  • 細かい部分にのせるときは、コットンを半分に裂いて大きさを調整しましょう
  • 顔にコットンをのせたあと、そのまま3分くらい待ちます
  • 約3分後、コットンが乾いてしまう前に優しくとります
  • コットンパックのあとは、乳液や美容液で水分を逃がさないようにフタをしましょう

おすすめの便利アイテム

ハトムギ化粧水を使うときは、保湿効果や使い心地をよくする便利アイテムがおすすめです。大手通販サイトや購入者の口コミなどで人気のアイテムをプラスして、ハトムギ化粧水を上手に利用しましょう。

【ハトムギの美容液、保湿ジェル】

ハトムギ化粧水はさっぱりしたタイプなので、ほかのスキンケアと組み合わせて水分を逃がさないように保湿のフタをする必要があります。ハトムギのスキンケア商品には、化粧水のほかにも美容液や保湿ジェルなどがあります。

ハトムギ化粧水と同じブランドでそろえたいときや、ハトムギエキスが配合されている美容液などを選びたいときにおすすめの商品です。

【化粧水用のスプレーヘッド】

ハトムギ化粧水には、ポンプ式でないタイプの商品が多くあります。毎回キャップを開けて中身を手のひらにとりだして顔につける・・・といった手間を省きたいときに、化粧水用のスプレーヘッドがおすすめです。

ハトムギ化粧水のキャップをスプレーヘッドに交換するだけでスキンケアがワンプッシュで済みますし、噴射される細かいミストのおかげでボタボタと化粧水をこぼすこともありません。毎日のスキンケアでハトムギ化粧水を使う場合は、ストレスなく使えるスプレーヘッドがおすすめです。

ハトムギ化粧水とニベアの相性

インターネットで「ハトムギ化粧水」を検索すると「ニベア」の文字が目に入ります。これは、ハトムギ化粧水を有効活用する方法としてニベアとの組み合わせがあるからです。

ニベアクリームは肌にうるおいをあたえるスキンケアクリームとして、昔から親しまれているスキンケア商品です。ニベアクリームにはスクワランやホホバオイルなどが配合されており、空気の乾きや冷気から肌を守ってカサつきや肌荒れを防ぐ効果があります。

ニベアクリームにはチューブ50g、中缶56g、大缶169gの3タイプがあり、いずれも500円以下から1,000円以下のお手頃価格となっています。

ニベアクリームはハトムギ化粧水と同じようにプチプラ商品として人気がありますので、この2つを組み合わせれば低コストで効率よくスキンケアできるというメリットがあります。

ハトムギ化粧水はしっとりとしてベタつかず、さっぱりとした使用感なので、美容液や乳液などのスキンケアとあわせて使うと効果的です。そして、同じプチプラ商品として人気のあるニベアクリームと組み合わせることで、肌の保湿や保護が効率よくおこなえます。

ハトムギ化粧水とニベアクリームを組み合わせるときは、最初にハトムギ化粧水で肌にうるおいをあたえてからニベアクリームを塗って保湿のフタをします。これだけで、肌をみずみずしく保ち、乾燥などから守る効果が期待できます。

ハトムギ化粧水と組み合わせるスキンケアをお探しのときは、ニベアクリームを試してみてはいかがでしょうか?

ハトムギ化粧水の注意点

ハトムギ化粧水にはさまざまな商品があり、内容量や値段だけでなく、配合されている成分も異なります。

ハトムギエキスやハトムギ種子エキスが配合されていても、グリチルリチン酸2Kやヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、クエン酸などの成分は商品によって配合されているものとされていないものがありますので注意しましょう。

また、弱酸性や無香料、無着色、無鉱物油、アルコールフリー、界面活性剤不使用なども商品によって違いますので、敏感肌の方は商品説明や成分表示をご確認ください。

ハトムギはイネ科の植物ですので、イネ科のアレルギーがある方はハトムギ化粧水を使用する前に医師に相談することをおすすめします。また、体質によっては肌に合わない場合もありますので、顔に使用する前に、ハトムギ化粧水を腕の内側に薄く塗ってパッチテストしましょう。

ハトムギ化粧水の使用中や使用後に赤みやはれ、かゆみなどの異常が起きた場合はすぐに使用を中止して皮膚科を受診してください。

ハトムギ化粧水でうるおい肌をキープしませんか?

ここまでハトムギ化粧水についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ハトムギ化粧水は天然植物成分ハトムギエキスが配合されていますので、表皮の角質層に浸透して肌にうるおいをあたえてくれます。また、ハトムギには豊富なアミノ酸が含まれていますので、ニキビケアやくすみケア、乾燥肌ケアなどの効果も期待できます。

ハトムギ化粧水はハトムギエキスの保湿成分と500mlから1,000mlの大容量、お手頃価格の3つがそろったプチプラ商品として人気を集めています。肌の保湿ができてたっぷり使えるハトムギ化粧水は、プレ化粧水として、ボディスキンケアとして、家族みんなのアイテムとして幅広く活躍できます。

ハトムギ化粧水は基本的な使い方だけでなく、ローションパックでうるおいをアップさせたり、ニベアなどのスキンケア商品と組み合わせたりするとさらに効果的です。上手に利用して、乾燥やニキビなどの肌トラブルから皮膚をしっかり守りましょう。

毎日のスキンケアにハトムギ化粧水をとり入れて、うるおいたっぷりのみずみずしい肌をキープしてみませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!