自宅で永久脱毛を目指すなら、家庭用脱毛器を使ってみよう!


女性ならいつでも完璧に処理しておきたいムダ毛ですが、カミソリなどを使ってもあまり綺麗に処理する事はできません。直ぐに生えてきてしまうので、繰り返し処理をしているうちにお肌にもダメージを与え黒ずみの原因にもなります。

きちんと処理して永久脱毛したいと考えている人も多いでしょう。

永久脱毛するにはクリニックなどで施術を受けるのが一般的ですが、何回か通わなくてはならず、しかもすっかり綺麗にするには20万円から30万円ほどが相場です。少々気合いの入るお値段ですね。

ならば自宅で永久脱毛できれば費用を抑える事ができそうですが、果たして自宅での永久脱毛は可能なのでしょうか。自宅での永久脱毛に関して、詳しくご紹介していきます。

自宅での永久脱毛

人前に晒す事無く、脱毛のアイテムを使って自宅で安価に永久脱毛できたら良いですよね。昔から自宅では永久脱毛ができないと言われていますが、今は脱毛に効果的なアイテムも増えてきています。

自宅で永久脱毛を試みるのであれば、優れた脱毛機器を購入して自分でケアしていく方法があるでしょう。でも、その前に自宅での永久脱毛のメリットやデメリットについて知っておく必要があります。

永久脱毛について

自宅で永久脱毛をする前に、そもそも永久脱毛とはどのような状態なのかをきちんと理解しておく必要があります。これから永久脱毛をしようと考えている人の中にはひょっとしすると少し誤解があるかもしれないからです。

永久脱毛とは永久に脱毛されている状態、要は死ぬまでムダ毛や産毛が生えなくなった状態という意味で捉えがちですが、決してそうではありません。永久脱毛しても、やがて毛は生えてくる可能性があるという事、それもほんの数か月後にまた生えてくる場合があるという事を理解しておいてください。

クリニックで永久脱毛をするというのは、レーザーや絶縁針を使って毛細細胞を破壊するという事です。毛細細胞を破壊すると毛が生えて来なくなるのかというと決してそんな事はありません。かなり減毛はされますが、再びその場所に生えてくるので何度も施術を繰り返します。

また、クリニック以外で永久脱毛の施術は行っていません。医療機器を使用して毛細細胞を破壊するという医療行為は、医療機関以外では行う事は認められていないのです。

脱毛サロンによる永久脱毛は医療機器では無く、品質の高い脱毛機器を使って施術します。クリニックでの施術と比べると時間も掛かり、一時的に減毛はされるもののいずれは元通りの状態になってしまう可能性もあるのです。

自宅で永久脱毛するメリットとデメリット

永久脱毛は医療機関でなければできませんが、市販されている脱毛機器を購入すれば永久脱毛を目指して自宅でムダ毛を処理する事はできます。では、自宅で永久脱毛を目指す事でのメリットとなる事やデメリットとは何でしょう?

自宅で永久脱毛する際のメリット

  • クリニックやサロンよりも出費を抑える事ができる
  • 予約せずに自分の都合に合わせていつでも行える
  • 他人に見せずに処理する事ができる
  • 気になった時点で直ぐにしっかりと処理する事ができる

自宅で永久脱毛する際のデメリット

  • 自分で継続していかなくてはならない
  • 皮膚に異常が起きた時の保証が無い
  • 自分の手が届く範囲でしか脱毛できない
  • 本格的な脱毛機器を用意しなくてはならない
  • 正しい方法で行う事ができているのか分からない

自宅で永久脱毛を目指すのであれば、これらのメリットやデメリットを理解した上で始める事が肝心です。特に自宅で永久脱毛を目指すのであれば市販されている本格的な脱毛機器を購入するため、思っていたよりも費用が掛かってしまう事も考えられます。

自宅で永久脱毛をするには自分で継続して行っていかなくてはなりません。まめに行わなければならない自己処理が自分に合っているのかなども、よく考えてみる必要があるようです。

自宅で永久脱毛するなら家庭用脱毛器

自宅でムダ毛の処理をする場合、殆どの人がカミソリやシェーバーを使っているのでは無いでしょうか。他にもムダ毛処理のアイテムとして、脱毛クリームや脱毛スプレー、脱毛ワックスなど手軽に安価で購入できるものがドラッグストアで簡単に手に入ります。

ただ、これらのアイテムはあくまでも表面上で見えるムダ毛を処理するしかできないので、継続したところでいつまで経っても永久脱毛する事はできません。それよりも肌にダメージを与えてしまう恐れもあり、黒ずみができてしまったりザラザラした肌になってしまう場合もあります。

自宅で永久脱毛を目指すのであれば、家庭用脱毛器を購入する事をおすすめします。決して安いとは言えませんが、クリニックやサロンに何度も足を運び、その都度料金を支払い、脱毛が終わったとしてもまたいつか脱毛しに行かなくてはならず再び料金が掛かる…これらの事を考えても、家庭用の脱毛器があれば間違いなくお得です。

前述したメリットやデメリットも含めて考えた場合、自宅で永久脱毛を目指すのであれば家庭用脱毛器の購入は必須条件と言えます。除毛をするのでは無く、きちんと脱毛する目的なら使う価値もあるでしょう。

自宅で永久脱毛!おすすめの脱毛器

クリニックでもサロンでも、永久脱毛する際にはレーザーやフラッシュ、電気針などの脱毛器を使っています。それ以外の方法では、毛細細胞に影響を与える事ができません。家庭用脱毛器にも同じように自宅で簡単に永久脱毛できるものが販売されています。

但し、電気針に関しては海外輸入品しか無く、安全性がはっきりしないためおすすめできません。そこで、自宅で永久脱毛が目指せるおすすめの脱毛器をご紹介していきます。一般的な家電量販店で購入可能なものも多く、安全性にも問題ありません。

ブラウン 光美容器 シルク・エキスパート

シェーバーで人気のブラウンから販売されている、自宅で永久脱毛が目指せるフラッシュ脱毛器です。フラッシュ脱毛は光の強さを肌の色に合わせて調節しなくてはなりませんが、シルク・エキスパートなら自動で調節してくれます。

また、専用のジェルを使わなくてはならなかったり、カートリッジを定期的に交換しなければならないなどの追加の出費もありません。手足はもちろん、デリケートゾーンや顔にも使う事ができるので気になるムダ毛の全身ケアが可能です。

ピーリングフラッシュ脱毛器

シェーバーも搭載されているので、ムダ毛を剃りながらフラッシュ脱毛する事ができます。ピンクのボディカラーが特徴的で、全身の永久脱毛を自宅で目指す事ができるのです。

ピーリング機能も搭載されていて、フラッシュ脱毛しながら古くなった角質も除去する事ができ、仕上がりのツルツルな肌に満足できるでしょう。顔は頬より下なら使用可能で、気になる部分だけピンポイントで脱毛できるスポットカバーも付いています。

シャインエステボーテ

ボタンを押すだけで簡単にフラッシュ脱毛ができ、エステのような仕上がりが自宅でできる家庭用脱毛器です。何度もボタンを押す必要が無い、連続照射が可能なので手の疲れも軽減されます。

フラッシュ脱毛特有の痛みもかなり抑えられているので、初めて家庭用脱毛器を使う方でも安心です。ソープやジェルを予め塗る必要も無く、隙間時間をササっと利用して脱毛する事ができます。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器

クリニックなどの医療機関で使われているダイオードレーザーにより、クリニックやサロンに近いレーザー脱毛を自宅で行う事ができます。使い方は、脱毛したい部分のムダ毛を剃り、あとは音に従って照射していくだけです。

クリニックやサロンへ行った後の様に綺麗な仕上がりで、自宅で簡単にケアできるレーザー脱毛器ですが、価格は想像以上にお手頃だと言えるでしょう。永久脱毛目指して長く続けていくには、おすすめの脱毛器です。

脱毛器ケノン 

口コミ人気共にナンバーワンの実績を誇る、フラッシュ脱毛器のケノンです。脱毛器としてだけでなく、美顔器としても使えるので多くの女性から指示されています。

カートリッジの交換も他社製品と比較して期間が長いのでコスパも良く、何より使いやすく効果が実感しやすい点が魅力です。日本人の肌用に開発された製品なので、肌へのダメージに関しても安心して使う事ができます。

自宅で永久脱毛を目指す際に注意する事

自宅で安全に取り扱う事ができる家庭用脱毛器ですが、いくつか注意しなくてはならない点があります。脱毛器によって注意点は異なりますが、ここでは殆どの脱毛器に共通している注意点を上げていきます。

自宅で簡単に永久脱毛ができるとは言え、強力な光やレーザーで皮膚を刺激する事になるのです。正しい使い方で、効果的に自宅で永久脱毛を目指しましょう。

全身脱毛でも使用できない部位もある

自宅で手軽に全身脱毛ができると謳っている脱毛器でも、顔全体やデリケートゾーンまで使用できるものは限られています。例えば、顔は使用可能でも鼻より上は不可であったり、目の周辺はNGである脱毛器も多いです。

自分の使いたい部位がどこなのか、購入する予定の脱毛器で使用する事ができるのかを事前に調べる必要があります。また、肌の色が日焼けサロンなどで濃くなっている人や、元々色黒な人にも利用できない脱毛器があるので注意しましょう。

サングラスを用意しておきましょう

家庭用脱毛器とは言え、レーザーやフラッシュなどの本格的な機器は光も結構放出します。短い時間で何度も光を直接見ると、目へのダメージも心配です。安全に自宅で永久脱毛を目指す為にも、サングラスをかけて行うようにしてください。

アイスノンで肌をクールダウンしましょう

自宅で永久脱毛を目指して脱毛器を使う場合、強烈な光やレーザーで肌を何度も照射していくので肌にもダメージが与えられます。脱毛サロンなどでももちろん、施術する際には必ず冷やすのが常識です。

脱毛器を使う前にアイスノンで肌を冷やすと、痛みを軽減させる効果もあります。脱毛をする前には必ずアイスノンで肌を冷やし、使用後もアイスノンでクールダウンさせる事をおすすめします。

脱毛器を使用した後はしっかり保湿しましょう

自宅で永久脱毛を目指すのであれば、最後の最後までスキンケアを怠ってはいけません。脱毛器を使った後の肌はかなり乾燥してしまいます。クールダウンした後はすぐに保湿ローションやクリームでスキンケアを行ってください。

せっかく脱毛器を使ってつるすべのお肌になっても、保湿ケアを怠ると後々肌トラブルにも繋がる可能性があります。お肌は常に保湿が必要ですが、脱毛器を使用した後も念入りにケアしてください。

ほくろ、シミ、傷跡にはNGです

家庭用脱毛器は、ほくろやシミ、傷跡に使う事はできません。レーザーやフラッシュを使った脱毛器は皮膚上のメラニン色素に反応するので、少しでも黒っぽい点などがあると照射してしまいます。

ほくろやシミ、傷跡などに照射するとどうなるかと言えば、毛根やその周辺にダメージを与えて発毛を抑えるための機器なので火傷をしてしまうのです。ほくろやシミの場合は、今までよりも色が濃くなってしまったという事例もあるのです。

但し、使用する方法が無い訳ではありません。要は脱毛器が反応しないようにすれば良いので、少し手間は掛かりますが医療用の絆創膏を小さく貼って隠したり、コンシーラーや修正液などを塗るなどの方法があります。

隠した状態で脱毛器を使用する際には、最小の出力から試してみてください。安全に自宅で永久脱毛を目指すのであれば、完璧な下準備も必要となります。

永久脱毛を自宅で挑戦!

クリニックで永久脱毛をしても、永遠にムダ毛が生えて来なくなるわけではありません。何度も通って施術を受けなくてはなりませんし、その都度決して安くは無い料金も掛かります。

永久脱毛は基本的に医療機関でしか行う事ができないので、サロンなどではもちろんの事、自宅で永久脱毛する事はできません。でも、自宅でサロン並みの永久脱毛を目指す事ができます。

家庭用脱毛器は今やサロンに負けないほど高性能の機器が数多く販売されています。安全性も十分重視されているので、自宅で誰でも永久脱毛を目指す事ができるのです。

他人に見せる事無く、予約もいらずに好きな時に自宅で永久脱毛が目指せるのであれば試してみる価値はあるでしょう。

自宅で永久脱毛を目指すには、使い方やスキンケアまで自己責任で行わなければなりません。ここで述べた注意点も十分に参考にして、安全に自宅で永久脱毛を目指してみましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!