髪と頭皮を健康にして、ぺたんこ髪とは無縁のボリューム髪へ!


頭頂部や後頭部がぺたんとした髪であると、薄毛に見えたちまち老けた印象を与えます。また、ボリュームがない事で顔が大きく見えてしまう場合もあります。

女性にとってはマイナスイメージにつながり、とても残念です。そこで、ぺたんこ髪の原因をしっかり理解して、髪や頭皮に良い対策をしてゆきましょう。

髪や頭皮の健康維持が、ふんわりボリュームのある髪へと導いてくれます。きっと、若々しさを取り戻し、女性らしさがアップする事間違いなしです。

ぺたんこ髪の原因

ぺたんこ髪の原因は、いくつかあります。ご自分に当てはまるのは何かを見極めてゆきましょう。

①生まれながらの髪質

人は性格や体格、体質がみんな違うように、髪質も人それぞれバラばらです。硬い髪質の人もいれば、柔らかい髪質の人もいます。細い髪や太い髪、髪の量が多い人、少ない人と様々です。

髪の毛が1本1本太く、しっかりしている髪質の方はボリュームが出やすいです。その理由は、コシやハリが出やすく、根元から髪が立ち上がるからです。

反対に細くて柔らかい髪質の方は、ボリュームが出にくい猫っ毛という髪質になります。コシやハリが出にくいために、根元から髪が立ち上がりにくくなります。

②髪も加齢する

人間は年齢を重ねると、体力が落ちたり、肌も老化してゆきます。それと同じように、髪の毛も年齢と共に変化し老化してゆきます。

加齢による髪の毛の変化は、髪が細くなったり、コシがなくなったり、抜け毛が増えたりと様々です。どれもボリュームダウンさせてしまう要因です。

また、加齢による女性ホルモンの乱れや分泌量が、髪の毛の老化とも関係しています。

③髪へのダメージ

年齢に関係なく、髪がダメージを受けているとぺたんこ髪の原因になります。

カラーリングやパーマによる間違ったケアを行うと髪がダメージを受けます。髪は内部を守るために、一番外側にキューティクルがあります。このキューティクルがダメージにより剥がれ落ちると、内側にあるコツテックスが流出してしまうのです。

髪の毛の太さは、キューティクルとコツテックスで決まります。キューティクルがはがれない様にする事が、健康でハリやコシのある髪となりボリュームも生まれるのです。

④頭皮の環境状態

髪同様に健康な髪の毛を生やすには、土台となる頭皮の状態も大切になります。頭皮の環境が悪いと、健康な髪が育たなくぺたんこ髪の原因になります。

頭皮環境には、皮脂の影響が大きく関わっています。皮脂は、紫外線やホコリから頭皮を守る働きがあります。

しかし、皮脂をしっかり流さないと毛穴に皮脂が詰まり、頭皮環境が悪くなり髪の健康も失われてゆきます。反対に皮脂を洗い流しすぎてしまうと、頭皮に必要な皮脂が失われ乾燥してフケがでたり、失われた皮脂を補おうと過剰に皮脂分泌させ頭皮環境を悪化させます。

また、頭皮が血行不良で凝り固まってしまうと、血液から栄養素が運ばれにくくなるため健康な髪が生えなくなり、ぺたんこ髪の原因になります。頭皮を柔らかい状態にしておくと、栄養素が届きやすく健康でハリやコシのある髪が生えやすいです。

⑤生活習慣

普段の生活習慣も髪の健康を左右させるため、ぺたんこ髪の原因となります。

●食事不足
栄養バランスの偏った食事は、髪に栄養素が行き届かなくなります。栄養素は体に必要な部分から取り入れられるため、髪に栄養素がまわってくるのは一番最後となります。ですから、栄養不足になると髪の毛の健康が失われやすく、ぺたんこ髪となります。

●睡眠不足
睡眠も健康な髪を作るうえで大切です。その理由として、寝ている間に成長ホルモンが分泌され髪の毛の発育やダメージの修復に働きかけたくれるからです。

また、睡眠をしっかりとる事で女性ホルモンの乱れや分泌量を安定させることもできます。

ですから、睡眠不足は髪の発育やダメージ修復の妨げとなるので、ぺたんこ髪の原因となるのです。

●運動不足
運動不足がなぜ髪のボリュームと関係するのでしょうか?それは、運動を行う事によって汗をかき新陳代謝が上がり、細胞が新しく生まれ変わりやすくなるからです。また、毛周期も早くなるので健康な髪が生えやすい環境となります。

運動不足となると、代謝が低下して細胞が新しく生まれ変わりにくく、毛周期の遅くなり髪の健康が失われ、ぺたんこ髪になってしまうのです。

他にも、運動を行うと気分転換にもなりストレス発散ができます。ストレスは、心や体だけでなく、髪にも悪い影響を与えてゆきます。ストレスが溜まると交感神経の緊張により、筋肉が張ってしまい血管を収縮させ血行不良となります。血行不良となると髪や頭皮にまで栄養素が運ばれにくくなり、髪の健康が失われぺたんこ髪の原因になりやすいのです。

ぺたんこ髪をボリュームアップさせるには?

ぺたんこ髪の原因が様々ある事が分かっていただけたと思います。ぺたんこ髪をボリュームップさせには、毎日行うシャンプーやトリートメント、ドライヤーなどの仕方がポイントとなってきます。髪や頭皮の健康を考え、ダメージを少なく丁寧に扱う事が大切です。次のような点に注意して行ってゆきましょう。

①ブラッシング

シャンプーをする前、渇いた髪の状態でブラッシングをしてゆきましょう。ブラッシングは頭皮の汚れや角質、抜け毛などを浮き上がらせてくれる効果があります。

それだけ汚れや落ちやすくなるの、シャンプーの量が減り髪や頭皮への負担が少なくなります。また、泡立ちもよくなるので摩擦を少なくします。ブラッシングは、血行促進させる効果もあるので、是非シャンプー前に行う習慣を身に付けて下さい。

②予洗い

髪を濡らしたら、いきなりシャンプーで洗いだすのではなく「予洗い」するとよいです。

予洗いとは、まず髪と頭皮をしっかりとぬるま湯で濡らしてゆきます。次に3分~5分かけて、指の腹で頭皮をマッサージするようにもみ込んでゆきます。スタイリング剤を使用されている場合は、この時点である程度落ちている状態になります。

予洗いもブラッシングに、汚れをある程度落としてくれるのでシャンプーの量が減り、髪や頭皮への負担を少なくする効果があります。

③シャンプーとトリートメントの仕方

ブラッシングと予洗いを終えたら、いよいよシャンプーです。予洗いで含んだ水分を手のひらで水を切ってゆきます。

シャンプーを手に取り泡立ててから、頭の全体に泡をのせてゆきます。指の腹でマッサージするように洗ってゆきます。髪を洗うのではなく、頭皮を意識して洗ってゆきます。

皮脂が残っていると頭頂部がベタッとしてぺたんこ髪の原因となるので、しっかり洗ってゆきましょう。

シャンプーのすすぎ残しは、肌荒れや炎症、抜け毛の原因になる事があります。生え際や襟足、耳の周りも念入りにすすいでゆきましょう。

その後、トリートメントやコンディショナーを行うのですが、根元にはつけずに毛先につけるようにして下さい。すすぎもしっかり流して、トリートメントなどのバタつきが残らないようにします。

・・・おすすめのシャンプーは?・・・
ぺたんこ髪におすすめのシャンプーは、アミノ酸シャンプーやノンシリコンシャンプーです。

●アミノ酸シャンプー
アミノ酸シャンプーは、髪や頭皮にダメージが少なく、髪が細くなる事を防いでくれます。栄養も届きやすいので、失われたコシやハリが戻ってくる場合もあります。

ただし洗浄力が低い、整髪料をお使いの場合は洗い残しに注意が必要です。

●ノンシリコンシャンプー
ノンシリコンシャンプーは、髪をコーティングするシリコンがないため、髪の重みが出てボリュームが生まれやすいです。

しかし、コーディングがないため髪の摩擦や熱に弱くなるので、髪の保護を意識してあげると髪を美しく保つ事が出来ます。

④ドライヤーのかけ方

ドライヤーは髪を乾かすだけでなく、次の日にふんわりボリュームを持たすための下準備となります。

●ドライヤー前の下準備
ドライヤーを使用する前に、ヘアウォーターや顔用の美容液でも構わないので、髪を一度保護しておきます。

◆◆おすすめは頭皮専用の化粧水◆◆
頭皮専用の化粧水も販売されていて、頭皮に潤いを与えてゆきます。それだけではなく、髪にコシやハリを出すための栄養成分が配合されているので、ふんわりボリュームが出やすいのです。

●ドライヤーのかけ方
ドライヤーのかけ方のポイントは、同じ場所に集中してあてないようにし、頭から15㎝~20㎝は離しましょう。できるだけダメージを少なくするためです。

乾かす順番は、根元➡中間➡毛先です。根元から髪を起こすように風をあてます。

分け目を日によって変えり、ずらしたりするのも頭頂部にボリュームが出やすいです。乾かす時だけ、分け目にあえて逆らった方向から風をあてると、根元から立ち上がりやすくボリュームがうまれます。

◆◆やっていはいけないNG行為とは?◆◆
自然乾燥は絶対にダメです。髪を濡れたままにしておくと雑菌が繁殖しやすく、毛穴に皮脂も詰りやすくなります。頭皮の環境が悪くなり抜け毛や炎症を起こす場合があります。もちろんぺたんこ髪の原因にもなります。

髪はできるだけ直ぐに乾かしましょう。濡れたままの状態はキューティクルが剥がれやすく、パサつきの原因となります。パサつきのない柔らかい髪の方がボリュームが出やすくぺたんこ髪になりにくいのです。

⑤スタイリングで仕上げ

スタイリング剤を使用すると、よりふんわりしたシルエットになります。おすすめはワックスです。

適量のワックスをとり両手に薄く広げて、手で髪を持ち上げる様に馴染ませてゆきます。頭皮につかないように注意して下さい。

頭頂部や後頭部を中心にボリュームを付けてゆくと、髪全体にボリューム感が生まれやすいので、意識してみて下さい。

生活習慣の改善でぺたんこ髪とサヨナラ

ぺたんこ髪を改善させるには、髪や頭皮を丁寧に扱うだけでなく、生活習慣の見直しも健康な髪や頭皮の手助けをしてくれるので重要です。

①食事

栄養バランスの摂れた規則正しい食事をしましょう。特に健康な髪の毛を生成させる効果の高い食材を紹介します。毎日の食事に意識的に摂るようにしてみましょう。

◆◆髪や頭皮環境をよくする食材◆◆
赤身のお肉、豆腐や納豆などの大豆加工製品、
卵、緑黄色野菜、黒ごま、ミックスナッツ、牡蠣、カカオ純度が高いチョコレート

②睡眠

睡眠は、22時~2時のゴールデンタイムを意識して良質な睡眠を心がけてみて下さい。成長ホルモンが活発に分泌されやすい時間帯ですので、上手く生活リズムを整えその時間に睡眠出来るように努めて下さい。そうすることで、健康な髪へと変化してゆきます。

③適度な運動

ご自分の生活スタイルに合わせて、無理のないペースで適度に運動を取り入れましょう。1週間1回、毎日30分でもよいのでウォーキングなどの運動をすると、新陳代謝が活発になるので毛周期が早まり健康な髪へと導いてゆきます。

ぺたんこ髪の改善に努めると、体までも健康に!!

ぺたんこ髪の改善に努めると、ふんわりしたボリュームのある髪となり、若々しさだけではなく女性らしさもアップします。ふんわり丸みのある髪は優しく、エレガントさを演出してくれ女性の魅力を増してくれます。

ぺたんこ髪の改善に努めると見た目だけでなく、生活習慣を見直すことで髪や頭皮の健康と体の健康も手に入れられるのです。食事バランスを整える事で、栄養素が体に届けられ毎日元気に過ごせます。睡眠もしっかり確保しているので、疲れを溜めない元気な体へと変化してゆきます。体が元気で健康だと、運動もしやすくなり基礎代謝もより上がり、筋肉も付きやすくなります。そうすると、血行が促進されて汗もかきやすので、痩せやすい体作りとスリムな体型が維持でき、体も髪同様に若々しくなります。運動はストレス発散にもなるので、心も軽く元気になってゆきます。

ぺたんこ髪とサヨナラする努力が、ボリュームのある美しい髪と共に体も心も健康に元気にしてくれるのです。笑顔の多い女性はやはり素敵ですし、楽しい毎日を過ごせるのは何よりハッピーです。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!