生理中の眠気対処法。仕事中のウトウトを解消しよう!

生理時に急に来る眠気に襲われた時、あなたはどうしていますか?場合によっては、どうしても眠ることができない場面も日常生活には多いですよね?

そんな時、実は食生活や生活習慣によって生理中の眠気をさらに倍増させてしまっている行動があるのはご存知でしょうか?少しでも頭をスッキリさせようとしていることが、逆に身体の負担になっていることも大いにあります。

ここではまず、生理の眠気のメカニズムや特徴・NG行動・眠気の緩和行動までをいくつかご紹介します。ぜひ生理中の眠気が気になったら参考にしてみてください。

生理中の眠気の原因

生理中はどうしてもイライラしたり感情を抑えられないくなることがよくあります。その中でも一番毎日の生活に影響を及ぼす可能性があるのが「眠気」です。生理中はなぜいきなり眠くなるのでしょうか?

体温が高くなるから

人は体温が下がることで眠くなりますが、生理中は生理になる前に「プロゲステロン」という成分が多く分泌されるので身体の体温を上げることで日中に眠くなってしまいます。

その為、夜は浅い眠りになってしまい、日中に眠気を起こしてしまうという原因となってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

生理時の特徴として、女性ホルモンであるメラトニンが多く分泌してしまう傾向にもあります。このメラトニンというのは「催眠作用」もあるので生理中はまぶたが重く眠くなる、という現象が起きます。

脳のセロトニン成分が異常に分泌してしまう

人にはもともと、気分や感情をコントロールする大切な神経伝達物質があり、セロトニンもその一つです。生理中にはこのセロトニンの分泌が異常に多くなってしまうので、脳への伝達が混乱してしまうのです。その為、感情がコントロールできなくなったり不安で緊張するので眠気を誘う原因になっているようです。

眠気解消にバッチリ!生理中の眠気解消方法

では、生理中の原因を知った上でどのように眠気を解消していけば良いのでしょうか?ここでは、すぐに眠気を解消できる方法や短時間でできる方法をご紹介します。

短時間の仮眠をする

生理中に眠気が来たら、短時間睡眠することでだるかった体調も少しずつ回復してきます。

1日中眠気でスッキリしない日を送るよりも、「15~20分」を使って仮眠することをオススメします。

この時に大切なのが、30分以上の睡眠を取らないことがポイントです。多く寝るから良い、ということではなく、あまり寝すぎると逆に疲れてしまうので短時間ということを覚えておいてくださいね。

意外と目覚める!頭が冴えるアロマを使う

生理中の眠気は頭がボーっとしてしまうので、冴える「アロマオイル」を使ってみることも効果的です。香りの中でも特に「ペパーミントやローズマリー・ユーカリ・レモン」には、眠気を覚ます効果があると言われています。

アロマにはリラックス効果のイメージが強いのですが、このように頭がスッキリする香りを選ぶようにしましょう。使い方としては、ハンカチやティッシュに数滴落として香るだけです。職場でもどこでもやりやすいのでぜひ試してみてください。

鉄分補給やイソフラボンで身体を整える

生理前や生理中に特に取り入れて欲しいのが「イソフラボンや鉄分が豊富な食べ物や飲み物」です。

イソフラボンには女性ホルモンのバランスを整える効果があり、鉄分には身体中の血液を増やし、体温を上げてくれるので夜の睡眠の質を上げる効果があります。また、「まぐろや卵に豊富なトリプトファン」を摂取することによって脳への伝達を正常に行うセロトニンを生成してくれるので大切にしましょう。

イソフラボンは特に「豆腐・納豆・味噌」などに多く含まれ、鉄分は「レバー・肉類・ほうれん草・ひじき」などに多く含まれているので積極的に摂取するようにしてくださいね。

ヘッドマッサージやツボ押し方法

生理時の眠気覚ましにすぐできる方法としてはヘッドマッサージがあります。頭のツボは首の後ろの付け根から指1本分くらい外側にあるので、左右をそれぞれ押してあげると眠気が収まります。全体的に両手で軽く頭をマッサージするのも効果があるのでぜひすき間時間でチャレンジしてみてください。

また、ヘッドマッサージは机にいてもできるのでどうしても眠ってはいけない時や集中したい時にピッタリです。

生理中は寝る前が肝心!翌朝スッキリするための解消方法

ここで、生理中にオススメの寝る前に行う良い習慣をご紹介します。生理中には実は眠気を解消するために寝る前の行動も大切です。

寝る前に画面などのブルーライトを見ない

最近ではスマホ依存症などの人も多くなってきたと言われています。特に夜寝る前にスマホをいじったりテレビで映画を見ると、交感神経が活発になりアドレナリンという興奮物質が分泌してしまうので、夜寝る前(寝る1時間前)は避けるようにしましょう。浅い眠りに繋がるので、日中に眠気が襲ってくる原因になります。

湯船でリラックスタイムを作る

生理中は感情のコントロールが鈍くなるので、それがストレスとなり体力をより使ってしまい眠くなってしまうことがあります。1日の終わりに湯船に浸かって体温を上げておくことでリラックス効果があるので深いレム睡眠を促してくれます。

睡眠の質を高める照明の効果

人は昔から日が昇って起き、日が沈むとともに眠る生活をしてきました。規則正しい生活はホルモンバランスが乱れている生理中は特に大切になってきます。特に夜に明るすぎる照明を付け続けていると頭が夜だと認識しないので眠っても浅い眠りになってしまいます。

オススメは眠る1時間前に部屋を暗くして寝る体勢を作っておくことが大切です。

朝の太陽光をしっかり20分浴びること

起きた時にカーテンを開けて朝日をしっかり20分間ほど浴びることも、生理中でも1日眠くならない方法の一つです。朝日には生理中に必要な「ビタミン」などの栄養があると言われているので、自然な栄養素を朝のうちに取っておきましょう。

実はココがNG!生理中の眠気を一気に上げてしまうNGポイント

人の身体は1日1日の食生活や生活習慣で成り立っています。その為、もしかしたら生理中に眠気を加速してしまう行動を行っているかもしれません!ぜひチェックしてみましょう。

1. 1日にカフェインを過剰に摂取すること

生理中にコーヒーや紅茶を1日3杯以上摂取していませんか?覚醒作用や興奮作用のあるカフェインは控えることが大切です。どうしても飲みたい場合は「ノンカフェイン」がオススメです。

2. お酒が好きな人は要注意!アルコールの摂りすぎ

お酒が好きな人はアルコールの摂取のしすぎに注意です。アルコールには深いレム睡眠を減少させてしまう場合があるので多量摂取は控えましょう。

3. 炭水化物から食べてしまうこと

生理中でなくても食後は血糖値が上がって眠くなるものです。眠気を少なくするには、炭水化物以外の野菜などの食物繊維が多いものから食べるようにするようにしましょう。

生理中でも眠気やイライラを抑えて快適な毎日を作りましょう!

いかがでしょうか?生理中の眠りの原因や増加させている習慣を少し改善するだけで眠気は抑えることができます。生理の時は無理をしないことが一番ですが、生理中でも眠気を抑えたい時にはぜひ解消方法を使ってスッキリ時間を作ってみてください。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!