キュッと毛穴を引き締める方法。まずはクレンジングの見直しから!

鼻のぽつぽつ毛穴、頬の開いた毛穴、毛穴のお悩みをお持ちの女性は多いと思います。一生懸命隠そうとすればするほど、悪目立ちしてしまいます。

また、間違ったケアが余計毛穴を詰まらせたり、開かせたりする原因になる事があります。毛穴が目立つ原因はいくつかありますが、原因にあった対策をすることで毛穴を引き締め、目立たせなくすることができます。

毛穴が開く原因と引き締める方法をご紹介します。また、外側からだけでなく、内側からもケアし毛穴を引き締めてフラットな肌を目指しましょう。

原因によって引き締め方法が違う毛穴が広がる原因とは?

毛穴が開く原因は様々ありますが、代表的な原因は以下の2つになります。良かれと思ってしている今のスキンケアが実は逆効果だったという事にもなりかねません。自分の毛穴の開きが何から起こっているのか見極めて、効果的なケアをしましょう。

皮脂の過剰な分泌による毛穴の開き

皮脂の過剰な分泌が毛穴の開きの原因になります。主にTゾーンの毛穴が気になる方は、皮脂の過剰な分泌が原因になっています。特に、鼻は皮脂分泌が過剰になりやすいパーツです。開いた毛穴に皮脂がつまり、ぽつぽつとした黒い毛穴になる事があります。

ここで注意したいのは、その皮脂の過剰な分泌が、本当に皮脂がよくでる肌質だからなのか、実は乾燥肌で肌を守るために皮脂が過剰に出てしまっているのか、という点です。

自分は脂性肌だと思い込み、クリームや乳液でのケアを省いていると、乾燥肌が原因で過剰に皮脂が分泌されてしまいます。隠れ乾燥肌とか、インナードライといわれる肌です。自分が本当に脂性肌なのか、隠れ乾燥肌なのか判断するポイントをご紹介しますのでチェックして見て下さい。

     

  • 顔を1日に3回以上洗う
  • 洗顔に使う水の温度が熱い
  • 洗顔後はツッパリ感がある、その後、べたつきがでる
  • ニキビ用のスキンケアで改善しない
  • メイク落としはオイルを使用している
  • 乳液、クリームを使用していない

加齢によるたるみ毛穴

頬の毛穴の開きが気になる方は、加齢によるたるみが原因の可能性があります。毛穴の開きが、たるみによるものかどうかは、簡単にチェックすることができます。

髪をポニーテールに結ぶように皮膚を斜め上に引っ張った時、毛穴が消えたり、目立たなくなったりしたら、その毛穴の開きは、たるみが原因です。たるみ毛穴は特に30代を過ぎたころに気になり始めます。

スキンケアで毛穴を引き締める!丁寧なクレンジングが重要

毛穴が開く原因はいくつかありましたが、まずは基本中の基本である、クレンジングを見直してみて下さい。

毛穴を引き締めるのに効くといわれる化粧水や、お値段のする美容液も確かに効果を感じることはできるでしょう。しかし、今お使いのクレンジングを見直すだけで毛穴の開きが解消する可能性があります。

せっかく良い成分の化粧水や美容液を使用しても、肌がクリアになっていなければ十分に浸透することができません。まずは、クレンジングで肌のベースをしっかり整える事が大切です。

クレンジングを選ぶポイントは、汚れはきれいに落ちるが、肌のうるおいは守られるクレンジングを選ぶということです。その点、オイルクレンジングはしっかりメイクを落とすことはできますが、脱脂力も強すぎてしまいます。

オイルクレンジングはすべてダメという事はありませんが、ジェルや、クリーム・ミルクタイプのクレンジングの方が潤いを残すものが多いのでおすすめです。

スキンケアにセラミドを取り入れて!ヒト型セラミドで毛穴を引き締める

しっかりクレンジングすることができたら保湿をしっかりとしましょう。毛穴を気にして乳液やクリームを塗らないのは逆効果です。皮脂が過剰に出て、余計に毛穴を目立たせる原因になりかねません。

女性はもともと乾燥肌の方の方が多く、しかも年を取ると肌の保水力は年々下がってくるといわれています。年齢を重ねた女性で脂が気になる場合は、隠れ乾燥肌、インナードライの可能性が高いので、クレンジングの後は乳液・クリームで蓋をするようにしましょう。

保湿で特に取り入れたいのはセラミドです。セラミドは20代から徐々に減少し始め、40代になると約半分の量まで減少します。加齢による頬のたるみ毛穴はセラミドが減少するために起こっている可能性があります。

セラミドには大きく4種類に分別できますが、毛穴を引き締めるために一番取り入れたいのはヒト型セラミドです。このヒト型セラミドにも働き別に以下の様な分類がされています。

     

  • セラミド1:水分保持とバリア機能を高める
  • セラミド2:ヒトの肌にもっとも多い。高い水分保持能力
  • セラミド3:水分保持効果、シワの軽減
  • セラミド4・5:バリア機能を高める
  • セラミド6:水分保持とターンオーバー促進
  • セラミド7:皮膚の常在菌をコントロール

毛穴の開きが気になる20代~40代の方におすすめの成分は、セラミド1、2、3、6です。化粧品の成分表示ではセラミド1はセラミドEOP、セラミド6はセラミドAPと記載されていることもあります。スキンケア用品を選ぶ際は参考にしてみて下さい。

コラーゲンとビタミンCのダブルで毛穴を引き締める

毛穴を引き締めるためには、外からのスキンケアだけでなく、内側からのケアも必要です。特に毛穴の引き締めに効果があるとされているのはコラーゲンとビタミンCになります。

コラーゲンは化粧品に配合されている場合もありますが、肌に浸透しにくいので食品やサプリの様に体の中に摂取した方がよいでしょう。コラーゲンを多く含む食材を紹介します。

     

  • 動物性のコラーゲン(豚足、鶏皮、手羽先など)
  • 海洋性コラーゲン(フカヒレ、魚の皮、クラゲなど)
  • その他のコラーゲン(ゼリー、プリン、杏仁豆腐など)

ゼリーを作る際に使用するパウダー状のゼラチンは手軽に摂取できるのでおすすめです。飲み物に混ぜて飲んでも味も変化せず飲みやすいです。

また、コラーゲンは口から摂取してもアミノ酸に分解されますので、コラーゲンに再合成する必要があります。コラーゲンの生成にはビタミンCが必要です。コラーゲンと一緒にビタミンCを積極的に取るようにしましょう。

どうしても治らない毛穴は皮膚科で引き締める

スキンケアと食生活や生活習慣を見直して毛穴を引き締めることが基本ではありますが、症状がひどい場合や、ななかなかよくならない場合は、スキンケアの一環として皮膚科の治療を受けることもおすすめです。毛穴を引き締める治療として多いのは以下のものになります。

     

  • ケミカルピーリング
  • イオン導入
  • レーザー
  • 高周波

毛穴の状態によってそれぞれ適切な治療は変わってきます。専門医に診てもらえば、一番効果的な治療を提案してもらえるので相談してみるのもおすすめです。

スキンケアと体の内側の両方からケアして毛穴を引き締める

毛穴の悩みは女性の肌の悩みで一番多い悩みです。まずは、お使いのクレンジングと洗顔を見直してみましょう。しっかり毛穴の汚れを取り去る事が大事です。

また、その後の保湿も重要になります。セラミドが配合されている化粧品を取り入れてみましょう。

また、たるみが原因の毛穴の場合は内側からのエイジングケアも取り入れましょう。コラーゲンとビタミンCの摂取で効率的にコラーゲンを作り出すことができます。がんこな毛穴は皮膚科での相談もおすすめです。

外側と内側からのケアで毛穴の引き締まった陶器肌を目指しましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!