小顔矯正には種類がある!貴女の好みの施術法を見つけよう

女性であれば、小さな顔に憧れを抱くものですよね。顔はパッと目に入る部分なので、大きいことがコンプレックスで小顔矯正をしようかな、と考えたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

実際に顔の大きさを気にする方が多いことから、小顔矯正は様々なところで受けることができます。ですが、施術内容によっては、一時的に小顔効果を得るだけの場合もありますので、どのような効果を期待するのかを考えてからどこで施術を受けるのかを決める必要があります。

そこで今回は、小顔矯正を考えている方に向けて、施術内容について詳しくまとめてご紹介します。

一般的なサロンで受けられる施術はむくみを取るなどの施術が主!

まずは、一般的なサロンで受けられる施術内容について確認しましょう。

一般的なサロンではマッサージやリンパケアが中心の施術が主

一般的なサロンでは、以下のような施術が単独で行われたり組み合わせて行われたりするのが一般的です。

  • リンパマッサージ
  • 器具を使用してのマッサージ
  • 顔のゆがみの矯正
  • 骨盤矯正

リンパの流れが滞って老廃物がたまると、顔がむくむことで大きく見えてしまいます。そこで、リンパマッサージでむくみを取ると、顔がスッキリして見える効果が得られます。つまり、リンパマッサージは、むくみを取ることで小顔効果を得る施術です。

器具を使用してのマッサージは、微弱な電流や低周波で顔の筋肉を刺激し、引き締める効果を期待するものです。

さらに、顔や骨盤がゆがんでいると、骨格が外に出る・部分的に筋肉がつくなどの理由でエラが張って見えますが、これが顔を大きく見せる原因になっていることもあります。そのため、ゆがみを整えるような施術をすることで、小顔効果が期待できるということです。

サロンの施術は効果が長く続かない点に注意!

サロンで施術を受けると確かに小顔効果が得られますし、また気軽に行ける点がメリットなのですが、効果が長続きしない点は知って利用する必要があります。リンパマッサージや筋肉の刺激によって小顔になっている場合、再びリンパが滞ったり筋力が低下して来たりすると顔の大きさも元に戻ってしまいます。

また、ゆがみには生活習慣が関わっていることが多いため、一度施術を受けても同じ生活習慣を続けていると再びゆがんでしまうことも十分に考えられます。そうなると、やはりゆがみが原因で顔が大きく見えていた場合は、再び同じ状態になってしまうわけですね。

そのため、サロンの施術の場合、リピートすることを前提にしているのが現状です。

それを知った上で、サロンでの施術を選ぶかどうかを考えたいところです。

小顔効果を長続きさせたいならクリニックでの施術も検討しよう

小顔矯正は、医師が治療を行うクリニックでも受けることができます。

クリニックで受ける治療ならどの方法でも効果が永続するというわけではないのですが、いずれの治療法であってもサロンで受ける小顔矯正よりは効果が続きやすいことが特徴です。

では、どのような小顔矯正があるのか、いくつか例を挙げて見てみましょう。

大がかりな治療だが効果は永続的!骨格を整える手術法

クリニックだからこそできる小顔矯正と言えば、骨を削って骨格を整える方法が挙げられます。顔の輪郭を形作る土台となる骨格を手術によって整える方法なので、効果は永続的ですし、また高い効果が期待できます。

整えられる部分としては、以下のような場所が挙げられます。

  • エラを削る
  • 頬骨を削る
  • 顎の骨を削る

ただし、手術費用が高額になることや、メスを入れることがネックになりやすい方法でもあります。

手軽な小顔矯正として注射による治療法もあります

手術によって骨格を整えることに抵抗がある方には、以下のような注射による治療法を選ぶ方法もあります。

治療の種類 特徴
筋肉の働きを弱め縮める注射 エラの筋肉が原因で顔が大きい人に有効
脂肪を溶かす注射 脂肪が原因で顔が大きい人に有効

施術後に多少腫れたり内出血が起こったりする可能性がありますが、メイクで隠れる程度だと言います。

ただし、この治療法は効果が永続的ではなく、効果が続くのは数か月程度です。

サロンの施術の場合、数日で元に戻ってしまう可能性も高いため、サロンの施術より効果が持続しやすいことは確かですが、小顔効果を維持するなら数か月に1回の施術が必要になることは知っておきたいところです。

医療機器を使用した小顔矯正も選べます

クリニックの中には、医療機器を用いて小顔矯正を行っているところもあります。

例えば、医療機器を用いて脂肪を分解させる効果を持つ薬剤をお肌の奥に届けるといったような治療法があります。

これは、注射で脂肪を溶かす場合と似たような治療法ではありますが、腫れや内出血などがほとんどない点で違いがあります。

クリニックによって採用している矯正法が違うので注意!

ここまで、クリニックで行われている小顔矯正の方法の例をいくつかご紹介してきましたが、クリニックによって採用している矯正法は違いますので、希望する治療法がある場合はその治療法を採用しているクリニックを選ぶ必要があります。

どこでも同じ治療が受けられるわけではありませんので、クリニックを受診する場合はその点も注意したいところです。

これは意外!歯並びの矯正が小顔につながる可能性もあります

これは意外なつながりだと思われるかもしれませんが、歯並びが原因で顔が大きく見えている人もいますので、その場合は歯並びを矯正することで小顔効果が得られる可能性があります。

では、詳しく見ていきましょう。

歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなりエラが目立ちます

歯並びが悪いと、以下の理由でエラの部分に筋肉がついてエラが目立つことで、顔が大きく見えてしまう可能性があります。

  • 歯ぎしりをしてしまいがち
  • 歯を食いしばってしまいがち
  • 歯が触れ合っていると筋肉が緊張する

噛み合わせが悪いことで歯ぎしりをしたり歯を食いしばったりする機会が多いと、エラの部分の筋肉が発達します。すると、エラが大きく見えてしまうわけですね。

また、歯並びが悪く、普段から上の歯と下の歯が触れ合っている人の場合、それだけで筋肉が緊張してしまうと言います。

このような人の場は、歯並びの矯正によって歯ぎしりや歯の食いしばりがなくなり、その結果筋肉が発達し過ぎることも無くなって顔が小さく見えるようになるということです。

歯科矯正で全員小顔になるわけではない!まずは相談から始めよう

歯並びの矯正で小顔になれる可能性がある人もいますが、歯や筋肉の状態によってはそうでない人もいます。

そのため、歯科矯正をすれば誰でも小顔になれるというわけではないことも知った上で、歯並びが原因で顔が大きくなっているのかもしれないと思う人は、いきなり治療を希望するのではなく、歯科医院で相談してみることが一番です。

小顔矯正の方法は様々!貴女の希望する施術を探そう

小顔矯正には、サロンで行われるような手軽な半面効果が続きにくい施術法もあれば、少し本格的ではありますが効果が持続しやすいクリニックで受けられる施術法もあります。クリニックで骨を削って整える手術を受ければ、効果は永続的です。

どのような効果が得たいのか、効果はどれくらい持続すればいいのかなど、貴女の好みに合わせてどこで施術を受けるかを決めるといいですね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!