パンダ目はもう嫌!マスカラが落ちないアイメイク方法

長いまつげ、女性にとって永遠の憧れですよね。

長いまつげはそれだけで女子力が上がりますので、マスカラ選びに力を入れている人はとても多いと思います。

化粧品会社も色々なマスカラを発売していますが、どのマスカラを使っても目の下が黒くなってしまい、いわゆるパンダ目になって悩んでいるという人も少なくありません。

しかしパンダ目にならない方もいて、その差が一体どこにあるのか、知りたいところですよね。

パンダ目になるのだけは絶対に避けたい!誰もがそう思ってるいるはずです。

それではパンダ目にならないコツは一体どこにあるのか…調べてみましたので是非、参考にしてください。

ウォータープルーフタイプは侮れない!落ちやすい人は要チェック!

パンダ目になってしまってきちんとマスカラが使えない…そう嘆いている方は、是非、完全なるウォータープルーフタイプのものを使用してみてください。

それも、きちんと専用クレンジング等で落とさないと落ちないタイプのものです。

やはりそういったマスカラがパンダ目になりにくい最強のマスカラと言えると思います。

ただ、クレンジング等が面倒くさくはなりますが、そこをしっかりとクリアする事が出来れば、パンダ目からは解放されると思いますよ。

ただし、クレンジングはしっかりと!これを適当にすると…

ウォータープルーフタイプはパンダ目にはなりにくいのですが、面倒なのが、クレンジングです。

しかも専用クレンジングを利用しないと落ちないタイプのものはまつげにしっかりと絡みついて、お湯等のみではオフ出来ませんので、しっかりとクレンジングをすることを習慣付けしなくてはなりません。

しっかり落とせなかったマスカラこそ、次の日、パンダ目になるきっかけになってしまう可能性が高くなります。

お風呂から出たら、しっかりとクレンジングされていなくて、目の回りが黒く残ったままの人がいますが、そのような現象になってしまう可能性が高くなります。

しっかりとクレンジングして落とさなければならないものに関しては、きちんと専用クレンジングを使用して綺麗にマスカラを落とすようにしてください。

また、まつげにマスカラが残ったまま就寝するとそれこそ、まつげにとても悪影響があります。

その日の化粧はその日のうちに徹底的に落とす!これは原則となり、綺麗なまつげを保つためにも、必ず実効してくださいね。

値段が高いからといって万能とは言えない!

さて、有名ブランドからたくさんのマスカラが出ていますが、高い値段のマスカラだからといって機能的であるかどうかということに関しては、別物だと言えるでしょう。

確かにまつげを保護する成分や、育毛成分などが含まれている場合があるとは思いますが、パンダ目にならないということではありません。

つまり保湿成分がたっぷり含まれているマスカラほど、落ちやすいとも考えられるのです。

もちろん、一概には言えませんが、ただ、目の周りを汚したくないと思っている方にとっては、マスカラが落ちてしまうのは一大事となります。

値段が高いブランドもののマスカラを利用したからといって、まつ毛も保護し、尚且つパンダ目になりにくいと言う全ての理想を網羅しているとは言い切れません。

パンダ目になりにくい!そう処方されてるものを使ってみよう!

目薬を差したり、涙目になることでどうしても目の周りが黒くなってしまい、化粧直しを頻繁にしなくてはならない人は是非、パンダ目になりにくいと謡っているマスカラを利用してみるのも一つの方法です。

ドラッグストアなどに行くと、落ちにくい事に特化しているマスカラもたくさん存在していますので、使ってみる価値はあるのではないでしょうか。

今の時代、パソコンやスマホなどをしょっちゅう見ていて、ドライアイになる人が多く、その度に目薬をさす人がとても増えています。

そういうことも考えられて作られているマスカラもあると思いますので、水分に対して溶けないマスカラが思いの外、数多くあるはずです。

しょっちゅう目薬をさす人に関しては、そのようなマスカラにシフトチェンジするのも良いと思いますよ。

使ってみて本当にパンダ目にならなかった!と感動する人も結構いるんです。

インターネットなどで検索するとパンダ目になりにくく、評判の良いマスカラがある程度わかると思います。

その中で気になるものを何本かチョイスして、使ってみるのも良いでしょう。

自分に合うマスカラが見つかる可能性がありますよ。

意外な落とし穴!油分が目の周りに多くない?!

さて、目の周りの保湿に気を使っている方ってたくさんいるんですよね。

目の周りはどうしてもまばたきをするなどして酷使していますし、細かい文字などを見て、常に目の機能を使っています。

それらの影響を受けることによって、クマができやすくなったり、乾燥してしまったりしてそれを補うためにしょっちゅうアイクリームを使っている人がたくさんいます。

女性にとって目の周りのトラブルは深刻ですし、老けた印象を与えかねません。

ただ、アイクリームの中には油分がたっぷりと含まれているものが多いんです。

しかしその油分の影響で、マスカラが落ちやすくなってしまうことにお気づきでしょうか。

アイクリームを付けることで、オイルクレンジングをしているような状態と同じような状況になってしまうこともあるんです。

日頃から目の保湿に気をつけている方は、パンダ目になりやすくなっているかもしれません。

もしもマスカラが落ちやすく、目の周りが黒くなってしまう方は日頃から使っているアイクリームの見直しをしてみると解決する可能性がありますよ。

出来るだけビューラーでまつげをカールするのもポイント!

マスカラが落ちてしまいパンダ目になってしまう人は、ビューラーによってまつげをしっかりとあげることも推奨したいと思います。

しっかりとまつげを上に上げることでマスカラを塗っても、下まぶたまでの距離が遠くなり、パンダ目になりにくいという利点があります。

プラス、まつげがしっかり上がっていますので目がぱっちりして大きく見えます。

ビューラーでしっかりまつげを上げることによりパンダ目も防ぎ、魅力的な目になり、まさしく一石二鳥というわけです!

今ではマスカラだけでもまつげが上向きになるタイプが発売されているのですが、それだけではなくしっかりとビューラーでまつ毛を上げきってしまうことがパンダ目を防ぐ一つの方法なんですよ。

これをするだけでも劇的に目の下が黒くなってしまうことが防げます。是非、試してみてください。

まとめ!パンダ目にならないコツ、改めて要チェック!

色々と書きましたが、改めてマスカラによるパンダ目を防ぐ方法をまとめたいと思います。

この中のどれか一つでも試してみるだけで、化粧直しが少なくなる可能性が高くなりますので是非、やってみてください。

  • 専用クレンジングが必要なウォータープルーフタイプを使う!
  • パンダ目になりにくい処方をされているものを使ってみる
  • 油分の少ないアイクリームを使ってみる
  • ビューラーでしっかりとまつげを上げる

以上を試すだけでも、パンダ目の悩みから解放される期待が高くなります。

女性にとって化粧直しをしょっちゅうしなくてはならないのは正直煩わしいですし、頻繁に化粧直しをしなくてはならないほど、目の周りが汚れてしまうのは非常に厄介です。

仕事中など、こまめにメイク直しにいけない状況だとそのままの状態でずっと仕事をしなくてはならなくなりますので、絶対にパンダ目は防ぎたいところです。

しかし、色々な工夫をすることで化粧落ちを防ぐことができる可能性がぐんと高くなりますので、是非、試してみて欲しいと思います。

それだけでも化粧直しをするストレスから解放される可能性が高いですよ。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!