日焼け止めを効果的に使うために!女性はPA値にも注目して選ぼう

地上まで届く紫外線には2種類あり、それぞれ性質が違います。簡単に言えばお肌の奥までは届かず日焼けをした後のひりひりした痛みや腫れの原因になるものと、お肌の奥まで届くものという認識になるのですが、これらは種類が違う紫外線なので対策法も変わってきます。

日焼け止めを購入する際、SPF値が強調されていることが多いのですが、女性が日焼け止めを選ぶ場合、それと合わせてPA値もチェックしておきたいところです。なぜかというと、PA値が高い日焼け止めは、シミやしわを防ぐ効果が期待できるからです。

では、紫外線の種類やそれに対する日焼け止めの効果を確認し、合わせて効果的な日焼け止めの使い方もご紹介していきます。

紫外線には2種類ある?UVAとUVBについて知ろう

本来紫外線には3種類の波長のものがあるのですが、そのうち1種類はオゾン層があることで地上までは届かないため、地上まで届くのはUVA(UV-Aと表記することも)とUVB(UV-Bと表記することも)の2種類です。

日焼け止めを効果的に選ぶためには、2種類の紫外線の性質を知っておくことが大切です。では、詳しく見ていきましょう。

UVAとUVBの特徴まとめ

それでは、UVAとUVBそれぞれの特徴をまとめてチェックしましょう。

まずは、UVAの特徴をご紹介します。

  1. 皮膚の奥まで届く
  2. 皮膚の奥まで届くのでコラーゲンなどが影響を受けシミやしわができる
  3. メラノサイトを活発化させお肌を黒くする
  4. 透過力が高く雲・ガラス・日傘なども通り抜ける
  5. 曇りや雨の日でも降り注ぐ
  6. 地上まで届く紫外線の90%程度を占める

UVAを浴びてもすぐにお肌に影響が出るわけではないのですが、長期間に渡ってUVAが皮膚の奥まで届くとコラーゲンなどが影響を受け、シミやしわができるなどの問題が起こります。これを、光老化と言います。

次に、UVBの特徴を見てみましょう。

  1. 皮膚の浅いところまでしか届かない
  2. エネルギーが高く皮膚への刺激が強い
  3. 皮膚の赤み・痛み・腫れ・水ぶくれ・火傷を引き起こす
  4. メラノサイトを活発化させお肌を黒くする
  5. 細胞の遺伝子を傷つけることも
  6. 皮膚がんの原因になることも
  7. 晴れた日に多く降り注ぐ

UVBは、エネルギーが強いことと皮膚の浅いところで作用することとで、皮膚に大きなダメージを与えやすい紫外線です。皮膚表面で反応が出るので、皮膚の腫れや水ぶくれなどの原因になります。UVBが特に問題視されるのは、皮膚がんの原因になることがあるからです。

お肌がメラノサイトを活性化させてお肌を黒くするのは、UVBからお肌の細胞を守る防御反応です。そのため、日焼け自体は必要な反応ではあるのですが、そうならないうちに紫外線対策をした方がもっと効果的だと言えますね。

日焼け止めを選ぶ目安になる2つの値はPAとSPF!

それでは、日焼け止めを選ぶ際に参考にしたい、日焼け止めに表示されている2つの値の意味をチェックしましょう。

PA値 SPF値
UVAを遮る効果を示す
PA+などと表記される
UVBを遮る効果を示す
SPF50などと表記される

PA値はPA+からPA+++まで3段階あり、PA+++が最も効果が高いことを示しています。こちらが日焼け止めのUVAを防ぐ能力を示す数値なので、シミやしわを防ぐ効果があるかどうかをチェックしたい時に確認したい値です。

光老化を防ぎ、肌を白くきれいに保ちたい女性の方には、特に注意してほしい値だとも言えますね。

SPF値は2から50まであり、SPF50が最も効果が高いことを示しています。こちらが日焼け止めのUVBを防ぐ効果を示す数値なので、お肌の炎症や皮膚がんを防ぐ効果があるかどうかをチェックしたい時に確認したい値です。

さらに効果を高めるために!PA値と共にチェックしたい値とは?

一般的な日焼け止めに表記されている値は、先ほどご紹介したPA値とSPF値です。

ですが、代官山パークサイドクリニックは、これらと合わせてチェックしたいPPDという数値があることを紹介しています。

PPD値はヨーロッパなどで使われているUVAを遮る効果を表す言葉であるのに対して、PA値は日本独自の表記です。PPD値とPA値との関係は、以下のようになっています。

PA値 PPD値
PA+ PPDにすると2以上4未満
PA++ PPDにすると4以上8未満
PA+++ PPDにすると8以上

つまり、PPD値が8以上なら、日本では全て同じPA+++という表記になるわけですね。代官山パークサイドクリニックは、PPD30の商品とPPA8の商品との機能を比較していますが、それを見るとPPD30の商品の方が効果的にシミを予防してくれていることがわかります。

PPAはヨーロッパなどで使われる数値のため、国内の商品で表記されているものは少ないのですが、アウトドアの時など特に高い効果を期待する場合は、PPD値が表記されている商品を探して、より効果の高いものを選ぶことも可能ですね。

子どもにも日焼け止めが有効!早いうちから対策を

紫外線はとにかく悪いものであるというわけではなく、適度に紫外線を浴びることには以下のようなメリットがあります。

  • 骨の形成に役立つ
  • 皮膚が殺菌される

では、これらの効果を得るためにどれくらい紫外線を浴びればいいのかが気になるところですね。

うえの小児科クリニックによると、1日に10分ほど紫外線を浴びれば十分だと言います。

今となっては、逆に紫外線の浴び過ぎが心配されています。特に、細胞分裂が活発な子どもの皮膚は紫外線の影響を受けやすいため、紫外線を浴び過ぎていると20歳を過ぎる頃くらいから皮膚にシミやしわが出やすくなってしまいます。そのため、子どもにも日焼け止めは必要だと言えます。

お子様がいらっしゃる女性の方は、ご自身の紫外線対策と共に、お子さんの紫外線対策も考えてあげたいところですね。お子さんの場合は、大人と同じような日焼け止めではなく、低刺激で伸びがよいものが向いています。

効果的に日焼けを予防したい!日焼け止めの選び方と使い方

日焼け止めを選ぶ際には、先ほどご紹介したPA値やSPF値以外にも、いくつかチェックしたい点があります。また、せっかく選び方は正しくても、使い方によっては日焼け止めの本来の効果を発揮できないこともあります。

そこで、効果的な日焼け止めの選び方や使い方を確認していきましょう。

日焼け止めにはタイプがある!目的に応じて使い分けを

日焼け止めには、以下のようにタイプがあります。

タイプ 特徴 適した使用場所
クリーム 保湿効果が高い
落ちにくい
ニキビの原因になることも
顔・体
ジェル さらっとした塗り心地
ニキビがあっても使いやすい
顔・体
スプレー スプレーを噴射して塗る
塗りムラができやすい
手が届かないところに使いやすい
頭・背中

落ちにくさを重視で選ぶならクリームタイプがお勧めですが、ニキビができやすい場合はジェルタイプを使う方が安心です。スプレータイプは塗りムラができやすいのが難点ですが、髪の毛が多い頭や自分では手が届きにくい背中などに塗るのには適しています。

そこで、塗りやすい部分にはクリームタイプを使い、スプレータイプで頭などの塗りにくいところを補うなど、使いたい場所に合わせて日焼け止めを使い分けるようにすることで、より広範囲を紫外線から守ることができますね。

紫外線を防ぐための成分は2種類ある?防止剤と拡散剤の違い

日焼け止めには、以下の2種類の成分が使われていることが多くなっています。

成分名 特徴
紫外線防止剤
または紫外線吸収剤
紫外線を吸収することで防ぐ
特にUVBを遮る効果が高い
お肌への負担が高め
紫外線拡散剤
または紫外線散乱剤
紫外線を反射させることで防ぐ
お肌への負担が少ない

紫外線防止剤は、紫外線を吸収することによってお肌に浸透するのを防ぐ成分です。効果はとても高いのですが、吸収した紫外線を光エネルギーに変えるという化学反応を利用したものなので、お肌への負担は高めです。使った後には、お肌のためにしっかり落とすことを意識しましょう。

紫外線拡散剤は、紫外線を反射させることによってお肌に浸透するのを防ぐ成分です。化学変化を利用したものではないのでお肌への負担が少ないのですが、その分効果という点では紫外線防止剤ほど高くはありません。

これらを単独で用いている日焼け止めもあれば、組み合わせて使っている場合もあります。

それから、日焼け止めの中には以下のような特殊な機能を持たせたものもあります。

  • お肌が弱い人向けのノンケミカル
  • 耐水性のあるウォータープルーフ

女性の方の中にはお肌が荒れやすい方もいらっしゃるかと思いますが、その場合はノンケミカルの商品がお勧めです。

海やプールに行く時にはウォータープルーフの商品を選ぶようにすれば、水で落ちにくいのでより日焼け止めを効果的に使うことができますね。

効果的に日焼け止めを使うための塗り方

日焼け止めは、塗り方に気をつけることでより効果を高めることができます。

  • たっぷりと厚めに塗る
  • 顔の高くなっている部分から塗り始める
  • 高くなっている部分は重ね塗りをする
  • 汗やプールなどで落ちた場合は塗り直す
  • 耳や首にも忘れずに塗る
  • 夏以外の季節にも日焼け止めを使用する

日焼け止めは、しっかり量を塗らないと効果が得られないことがあります。

ララクリニックによると、顔全体に対する適量は日焼け止めが500円玉程度の大きさになるくらいの量だと言います。

そう言われると、思ったよりもたくさん塗らなければいけないと感じた方も多いのではないでしょうか。

それから、鼻・頬・額・顎など高くなっていて紫外線が当たりやすい場所から日焼け止めを塗り始め、さらにその部分には重ね塗りをするとより効果が高まります。せっかく塗った日焼け止めも落ちてしまうと意味が無いので、落ちた場合はこまめに塗り直しましょう。

耳や首は日焼け止めを塗り忘れがちな部分なのですが、忘れているとしわができやすくなってしまいますので、気をつけたいところです。

また、女性にとって気になるシミやしわの元であるUVAは、冬でも地上まで届きます。そのため、光老化を防いで美肌作りを意識したいのであれば、季節にかかわらず紫外線対策をすることが大切だと言えます。

とはいえ、年中強めの日焼け止めを使っているとお肌に負担になることもありますので、冬は低刺激の物を選ぶなど使い分けることで適切な紫外線対策をして美肌作りに役立てたいものですね。

飲む日焼け止めがある?効果や使用目的を検証しよう

近年、飲む日焼け止めが注目を集めていますが、飲むことで本当に効果が得られるのかと疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

そこで、飲む日焼け止めについて詳しく見ていきたいと思います。

なぜ飲むだけで日焼けしにくくなる?商品を例にメカニズムを知ろう

飲む日焼け止めを飲むと、なぜ日焼けしにくくなると言われているのでしょうか。今回は、品川美容外科で実際に取り扱われている商品を例に、そのメカニズムを検証しましょう。

まずは、『ヘリオケア』という名称の商品です。この商品の主成分はシダ植物から抽出された成分で、UVAを吸収する性質を持っています。つまり、紫外線に当たってもシミやしわをできにくくしてくれるわけですね。効果は、4時間から6時間続くと言います。

品川美容外科は、この商品にはUVBを遮る効果が無いことを明記していて、塗るタイプの日焼け止めの補助として使用するよう勧めています。

品川美容外科では、もう一つ『クリスタルトマト』という商品が扱われています。こちらは主成分がトマトで、カロチノイドという成分がUVAもUVBも吸収します。効果は1錠で24時間程度続くそうです。

この商品の場合も、内側からお肌を保護するとは案内されていますが、これだけの使用で問題が無いという書き方はされておらず、塗るだけでは防ぎきれない紫外線を体内からもブロックするとなっています。また、効果に個人差があることも説明されています。

それだけで日焼けを予防するのではない!補助的に使うことが大切です

飲む日焼け止めという名称からすると、それを飲むだけで日焼けをしないようなイメージがありますが、実際のところそれだけで効果を発揮するとは言えないというのが全体的な意見です。

肌のクリニック高円寺院の院長がアメリカの皮膚科学会の警告文を紹介していますが、その中で以下の点が指摘されていると言います。

  1. 飲む日焼け止めを塗る日焼け止めの代わりにしない
  2. 飲む日焼け止めを日焼けを予防する衣服の代わりにしない
その上で、飲む日焼け止めのみで紫外線から肌を守れると言える科学的根拠はないとも説明されています。逆に、アメリカの皮膚科学会は、塗る日焼け止めには効果があることを認めています。ただし、その際には、SPF値が15以上であることと、広範囲の紫外線を遮断できることを条件として挙げています。

飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めの効果を高めるためのものであり、あくまで補助的に使うものであるということは知っておかなければいけませんね。

美肌を保つには日焼け止めのSPFだけではなくPA値にも注目しよう

ここまで、紫外線にはUVAとUVBの2種類があり、それぞれ性質が違うことを確認してきました。

お肌の赤みや水ぶくれなどを防ぐことを考えるなら、日焼け止めを選ぶ際にUVBを遮る効果を示すSPF値だけに注目すればいいのですが、女性としては気になるお肌のシミやしわを防ぐことも考えるのであれば、UVAを遮る効果を示すPA値にも注目したいところです。

日焼け止めを塗る際には、多めに塗る・高くなっているところは重ね塗りをするなど塗り方に気をつけながら、季節を問わず紫外線対策をすることでよりシミやしわができにくくなることで美しいお肌作りに役立てることができます。

ぜひ、塗り方も意識して、紫外線でお肌が傷んでしまわないようにしたいものですね!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!