自律神経が乱れる原因とは?ストレスや女性特有の理由があります

自律神経とは、体温を調節したり消化に関わったりなど、自分の意思と無関係に行われる活動をコントロールしている神経で、交感神経と副交感神経の2種類があります。

通常、活動をしている時には交感神経が活発に働き、休息している時は副交感神経が活発に働くことでバランスが保たれているのですが、そのバランスが何らかの原因で崩れると精神的に不安定になる、頭痛・めまい・動悸がするなど、様々な不調が現れます。

では、なぜ自律神経のバランスが乱れてしまうのでしょうか。よく知られている原因としてはストレスが挙げられますが、それ以外にも原因はあり、中には女性特有のものもあります。

そこで今回は、自律神経が乱れる原因をまとめて確認しましょう。

自律神経が乱れる大きな原因は心や体に対するストレス!

自律神経が乱れる大きな原因としてよく知られているのが、ストレスです。ストレスといえば心の問題と思いがちですが、体に対するストレスも原因になると言われています。

では、自立神経が乱れる原因になるストレスについて、どのようなことが関係するのか詳しく見ていきましょう。

ストレスで自律神経が乱れるのは体が限界を超えるから!

緊張するとトイレが近くなる、汗が出るなどの経験をされたことがある方は多いと思います。悩みがあって眠れないといった経験をお持ちの方もいらっしゃることと思いますが、そのような状態になった時、自律神経は何とか体の状態を良い状態に保とうと調節します。

ですが、普段と違う状態が長く続くと、体が限界を超えて自律神経が乱れてしまうのです。

緊張したり悩み事があったりというのも、ストレスがかかった状態の一つです。では、具体的にはどのようなことが考えられるのか、見ていきましょう。

心に対するストレスの例

心に対するストレスとしては、以下のようなことが考えられます。

  • 仕事に関する悩み
  • 人間関係に関する悩み
  • 恐怖心
  • 不安
  • 身近な人の病気
  • 家庭環境の変化
  • 進学・就職・転職・失業・結婚などの環境の変化

人によって何がストレスになるかは違いますので、ここで挙げたもの以外のことでストレスを感じる方もいらっしゃることと思いますが、今回は代表的な例を挙げています。

体に対するストレスの例

意外に感じるかもしれませんが、以下のようなことが体に対するストレスとなり、自律神経が乱れる原因になっていることがあります。

  • 過労
  • 睡眠不足
  • 怪我・病気・痛み
  • 温度
  • 騒音
  • 空気の汚染

過労や病気などはイメージしやすいですが、暑かったり寒かったりといった温度の変化や騒音なども、自律神経を乱す原因になることがあるんですね。

不規則な生活など生活習慣の乱れも自律神経を乱す原因に!

ストレス以外に自律神経を乱す原因として、生活習慣の乱れも挙げられます。では、詳しく見ていきましょう。

自律神経は決まったリズムで働いています

自律神経には2種類あり、それぞれが以下のように決まったリズムで働いています。

神経の名称 交感神経 副交感神経
活発に働く時 活動時 休息時
活発に働く時間 昼間 夜間

交感神経は人が活動している時に活発に働く神経なので、昼間に優位になっています。それに対して副交感神経は休息時に活発に働く神経なので、夜の間に優位になっています。

また、交感神経と副交感神経は、単純に時間だけで変化していくのではなく、人が生活している場面にも合わせてバランスを取りながら変化していきます。それによって、全身の働きがスムーズに行くように調節する働きも持っています。

そのため、状況によっては、例えば夜に交感神経が活発に働く、といったことも考えられるわけですね。

本来活発に働く時間以外に働くことが多いとバランスが乱れる!

交感神経と副交感神経は主に時間によって変化していますが、状況に合わせても変化していきます。

そのため、例えば以下のようなことがあって本来活発に働く時間以外に働くことが増えていくと、スムーズに2種類の自律神経を切り替えることができなくなり、バランスが乱れてしまうのです。

  • 寝不足
  • 夜更かし
  • 昼と夜が逆転した生活
  • 朝起きる時間が遅い
  • 食事の時間が不規則

更年期や生理など女性特有の原因も自律神経の乱れを招きます

女性の場合、女性特有の原因で自律神経が乱れることもあります。では、詳しく確認しましょう。

女性ホルモンバランスの変化が自律神経にも影響する!?

更年期になると、女性ホルモンの分泌量は大きく変化します。自律神経は、脳にある視床下部と呼ばれる部分でコントロールされているのですが、女性ホルモンも同じように視床下部でコントロールされています。そのため、女性ホルモンのバランスの変化に影響されて、更年期には自律神経のバランスも乱れやすくなるのです。

また、女性には生理がありますが、生理周期に合わせて女性ホルモンバランスが変化していくこともあり、更年期ではなくても男性より女性の方が自律神経が乱れやすいこともわかっています。

ストレスやホルモンバランスの変化などが自律神経の乱れの原因!

自律神経が乱れる大きな原因はストレスですが、それ以外にも不規則な生活習慣が影響することもありますし、女性ホルモンのバランスの変化のように女性特有の理由もあります。

ホルモンバランスの変化のように避けられない原因もありますが、ストレスや生活習慣であれば、意識することで発散したり改善したりすることができそうです。

自律神経が乱れると、体調がすぐれず辛いものです。原因を確認して、できる対策から始められるといいですね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!