つわりの時は食べ物をこまめに摂ろう!バランスよりも食べ方が大切

妊娠したことがわかると、赤ちゃんに会える日がとても楽しみなものです。そのため、妊婦さんは様々なことに気を遣うものですが、中でも気になるのが赤ちゃんの成長に関わる食べ物なのではないでしょうか。

ですが、妊娠するとつわりがある人が多いので、最初からバランスよくとは行かないのが正直なところです。でも、この時期の赤ちゃんの体が小さいので、お母さんの体が蓄えている栄養があれば十分大きくなることができますので、栄養面で不安に思うことはありません。

とはいえ、あまり食べられないとお母さんの体に負担がかかりますので、食べ方を工夫して少しでも食べることが重要です。では、つわりの時にはどのような食べ物をどのように食べればいいのか、確認しましょう。

つわりの時は栄養バランスを気にするより食べること自体が大切です!

つわりの時には、吐き気がしたり実際に吐いたりということが起こるため、食べ物が食べにくくなることがあります。また、ご飯が炊けるにおいが苦手になる、ラーメンのにおいがダメなど、特定の食べ物のにおいに反応して吐き気が起こるといった経験をする人も多いそうです。

このようなことが起こると、妊婦さんとしては食べ物が食べられず赤ちゃんに悪影響なのではと心配になるかもしれませんね。ですが、この時期はその心配はいりません。

では、そう言える理由と、つわりの時に気をつけたいことについて、詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんが小さい時期なのでお母さんの栄養で十分足りる!

つわりの時期に栄養バランスを気にしなくていいと言えるのは、つわりがある時期にはまだ赤ちゃんが小さいからです。

この時期にお母さんがあまり栄養を取れなかったとしても、お母さんの体が蓄えている栄養が優先的に赤ちゃんに回されるようになっているため、赤ちゃんには影響が出にくいと言われています。

そのため、あまり不安に思う必要はないんですね。

お母さんが栄養不足になることも!食べられる時食べたい物を食べよう

赤ちゃんの立場を考えた時には、つわりで食べ物が食べられなくても問題が無いと言えますが、あまりにも食べられないと栄養不足になって、お母さんの体に負担がかかってしまいます。

そのため、つわりの時は以下の点に注意する必要があるのです。

  1. 食べ物の種類にこだわらず食べられるものを食べる
  2. 食べる時間を気にせず食べたい時に食べる
  3. 水分は意識して摂る

つわりの時には吐き気がしてどうしても食べられないものも出てきますし、無理に決まった時間に食事をしようとすると食べられなかったり空腹時に吐き気を感じたりするなどつわりが酷くなることもあります。

そのため、バランスよく食べなければいけいない、時間どおりに食べなければいけないというこだわりを持たずに、ご飯やパン、おかずなど通常食事として食べるものを始め、お菓子でも果物でもジュースでも何でもいいので、食べられる時に食べたいものを食べるのが一番です。

それから、実際に吐く人や極端に食事が取れない人は、水分が足りなくなって脱水症状を引き起こすことがあるため、水分は意識的に摂ることが大切です。

ただし甘いものばかりを食べるのは控えよう

食べたいものを食べていいとは言いましたが、甘いものばかりを食べるのは避けるようにしましょう。飲みものも同様で、糖分が多いものばかりを飲むのも避けたいところです。

妊娠中はもともと体重が増えやすくなっているものなのですが、甘いものの食べ過ぎで出産までに体重が増えすぎると、以下のような問題が起こりやすくなることが知られています。

  • 妊娠性高血圧症になる
  • 難産になる
  • 虫歯になる

つわりが落ち着いて来ると、今度は体重コントロールを意識しなければいけなくなりますので、その時に備えて甘いものばかりを食べるのは避けるようにしましょう。

食べる量は少なく回数を多くするとつわりを乗り切りやすくなります!

次に、つわりを乗り切るための食べ方について見ていきましょう。

つわりを乗り切りやすくする食べ方のポイント

つわりの時には食べたい時に食べたいものを食べていいと言いましたが、その際に以下のポイントを守ると吐き気が起こりにくくなることがあります。

食べる回数 食べる量
普段より増やす 普段より減らす

空腹を感じると吐き気が強くなる人が多いことから、食べる回数はいつもよりも多くするようにしましょう。

また、吐き気などの影響で一度にまとめて食べられないことが多いことから、食べる量は普段よりも減らすようにします。

一口サイズのサンドイッチなどがあると便利!

先ほども確認したように、甘いものを摂り過ぎないことにさえ気をつければ、食べるものは何でも構いません。

坂本産婦人科クリニックによると、一口サイズのサンドイッチなどをあらかじめ用意しておいて、お腹がすいて気持ち悪くなりそうだと思ったらすぐに食べると便利だということです。

一口サイズのサンドイッチや小さなおにぎりがあると、欲しい時にすぐ、手軽につまめますね。

水分補給には氷も活躍してくれます

脱水症状を避けるために、水分補給はとても大切です。坂本産婦人科クリニックによると、つわりの時の水分補給には、以下のような飲み物が向いていると言います。

  • 牛乳
  • 手作り野菜ジュース
  • 手作り果物ジュース
ですが、これらが気持ち悪くて受け付けられない方もいらっしゃることでしょう。つわり外来を持つユイ・レディースクリニック横浜によると、通常の飲み物を飲むと気持ち悪くなったり吐いたりしてしまう人の場合、氷が役立つことがあると説明しています。

氷を口に入れて溶かすことですんなり水分補給ができることがあるそうですので、吐き気が強い人は試してみてはいかがでしょうか。

少しでも食べ物を食べやすくするには?こんな工夫がお勧めです

何か食べようと思ってもなかなか食べたいものが見つからないと言われる方の場合、食べやすくなるような工夫をすると、食べ物が食べやすくなることがあります。

もちろん、これには個人差があることは確かなのですが、この中のひとつでも当てはまれば、少しは栄養が摂れて楽になることもあるかと思います。では、見ていきましょう。

食べ物を冷やすと食べやすくなることも!

食べ物は、冷やすことでにおいが抑えられて食べやすくなることがあります。

果物や野菜であれば、冷やしても美味しく食べられますね。これらを食べやすい大きさに切ったものを密閉容器などに入れて冷蔵庫で保管しておけば、欲しい時にすぐに取り出して食べることができます。

においに関しての補足ですが、調理の際のにおいで気持ちが悪くなる人もいます。その場合は、缶詰やレトルト食品、冷凍食品などを上手に取り入れることも一つの方法です。

以下のような冷たい食べ物も、好まれることが多いと言います。

  • ヨーグルト
  • そうめん
  • ひややっこ
  • 卵豆腐
  • ゼリー
  • シャーベット

製氷皿で果汁100%のジュースを凍らせて食べていたという体験談もありますので、参考にしてみるといいですね。シャーベットや氷は、水分補給にも役立ちます。

酸味があるものが食べやすい!

坂本産婦人科クリニックによると、以下のような酸味のある食べ物であれば食べやすいという妊婦さんが多いそうです。

  • 酢の物
  • マリネ
  • 南蛮漬け
  • かんきつ類
  • レモンで味付けしたサラダ・魚・お肉など

逆にラーメンやフライドポテトなどなぜか脂っこいものが好きになった、という話もあるので、こればかりは個人差がありますが、貴女にとって食べやすいものを見つけるために、多くの人が食べやすいものから試してみてもいいですね。

仕事などの都合で食べものが食べにくい場合はガムや飴を活用しよう

妊娠中でも仕事をしていて、なかなか食べ物をつまむことができないといったような場合、飴やガムを口に入れるだけでも気持ち悪さが解消されることがあります。

ただし、飴は糖分の摂り過ぎに繋がることもありますので、食べる回数が多いようなら低カロリーの物を選ぶ方法もあります。

食べ物を食べるのが難しくてもお茶なら抵抗が無いような職場の場合は、ハーブティーなどを活用して水分補給をする方法もお勧めです。

ハチミツを足すことでカロリーも補えますので、職場などで制限がある場合はできそうなことからやってみましょう。

こんな症状が出た時は病院へ!妊娠悪阻の可能性があります

ここまで、つわりの時の食べ物について確認してきましたが、つわりが酷い場合、いろいろ試しても体が受け付けてくれないことも考えられます。

そのような時には、病院で点滴などの治療を受けることが必要な場合もあります。

妊娠悪阻の症状

以下のような症状が出た場合、妊娠悪阻と呼ばれる状態になっている可能性がありますので、主治医に相談するようにしましょう。

  • ふらふらする
  • 異常に体重が減る
  • 頻繁に吐いて水分も受け付けられない

点滴によって水分だけではなくビタミンや糖質などを補うことが可能ですので、不安なことがあれば相談するのが一番です。

つわりの時は食べ物を食べる回数を増やし量を減らしてみよう

つわりがある妊娠初期には、赤ちゃんはお母さんが体に蓄えている栄養で十分成長することができますので、赤ちゃんの成長という意味では食べ物について心配をすることはありません。

ですが、食べられないでいるとお母さんの体に負担がかかってしまいますし、また空腹が吐き気を強めることもあることから、つわりの時には食べ物を食べる回数を増やし、1回に食べる量は減らすようにするのがお勧めです。

食べ物の種類は特にこだわる必要はなく、食べたいものを食べて構いません。ただし、後々の体重コントロールを考えて、甘いものばかりを食べるのだけは避けるようにしたいところです。

妊娠すると、女性の方は何かと赤ちゃんのためにと頑張ってしまいがちなのですが、つわりの時期は特にご自身の体をいたわってあげることも大切です。少しでも食べやすいものを探して、食べられる時に食べるようにすることで、少しでもつわりの不快感が薄れるよう願っています。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!