簡単でお得!米のとぎ汁洗顔で美白効果が得られる理由とやり方を解説

ご飯を食べる時にはお米をといで炊きますが、そのとぎ汁を何気なく捨ててしまっている方も多いのではないでしょうか。植物の水やりに使ったり、お掃除に使ったりなどの活用法もあるので、そういった使い方をしていると言われる女性の方もいらっしゃるかもしれませんね。

それ以外にも、米のとぎ汁には美白効果があることが知られていて、近年とぎ汁を使って洗顔をしている人もいると言います。やり方はとても簡単なので、ぜひとぎ汁を取っておいて試してみたいところですね。

では、米のとぎ汁になぜ美白効果があると言えるのか、どのように洗顔に活用すればいいのか、見ていきましょう。

米のとぎ汁に美白効果があるのはセラミドなどが入っているから!

最初に、米のとぎ汁による洗顔にはなぜ美白効果があると言えるのか、その理由を確認しましょう。

お米にはセラミドなどのお肌に嬉しい成分が含まれています!

米のとぎ汁の中にはお米の小さい粒子が入っていますが、この粒子があることでピーリング効果を得ることができ、古い角質だけが除去されます。

米のとぎ汁による洗顔にピーリング効果があることは、札幌シーズクリニックも認めていることです。

札幌シーズクリニックによると、お米のとぎ汁には以下の成分が含まれていることから、お肌のバリア機能を壊すことなくピーリング効果が得られると言います。

  • セラミド
  • ビタミンB1
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • オレイン酸

お米のとぎ汁が持つピーリング効果のおかげで美白効果が得られるため、シミの予防や改善が期待できる可能性があるそうです。

それぞれの成分の働きを見てみよう!

お米のとぎ汁に含まれている成分には、それぞれ以下のような働きがあります。

効果 成分
お肌のバリア機能を保つ効果 セラミド
オレイン酸
活性酸素をできにくくする効果 ビタミンC
ビタミンE
お肌を健康に保つ効果 ビタミンB1

これらの効果がある成分が含まれていながら、細かいお米の粒子が古い角質だけを落としてくれるため、米のとぎ汁による洗顔にはお肌のバリア機能を壊さないようにしつつ美白効果が期待できると言えるんですね。

とても簡単!米のとぎ汁の用意の仕方

それでは、米のとぎ汁の用意の仕方をチェックしましょう。

最初に洗い過ぎないのがポイント!とぎ汁の用意の仕方

米のとぎ汁は、以下のような流れで用意しましょう。

  1. 最初にさっと洗ってお米の汚れを取る
  2. 水を捨ててお米をとぐ
  3. 水を入れてとぎ汁を流す時にペットボトルなどに保管する
  4. それ以降は普段通りといでご飯を炊く

最初は、さっと洗ってお米の汚れを取るだけにしておかないと、ここで栄養成分が流れ出してしまうため、洗顔の効果が薄れます。

これは美味しいご飯を炊くための方法でもあるので、女性の方であれば普段からされているかもしれませんが、最初に洗うことでお米にぬかなどのにおいが移るのを防ぎ、汚れを落とす効果が得られます。

洗顔に使うのは、一番濃いとぎ汁です。この時に、底から軽くかき混ぜてとぎ汁を流すようにすると、底の方に残った濃いとぎ汁を使うことができます。

生ものなので早めに使おう!米のとぎ汁を使う際の注意点

お米のとぎ汁を使う際には、以下の点に注意しましょう。

  • 早めに使い切る
  • 使うまでは冷蔵庫で保管する
  • 使う時には1.5倍程度に薄めて使う
  • 洗顔の際の温度はぬるま湯程度にする
  • 洗顔の際には強くこすらない
  • お肌に合わない場合は使用を止める

お米のとぎ汁は生ものなので、長期保存には向きません。そのため、できれば早目に使い切るようにし、使うまでは傷まないように冷蔵庫で保管することをお勧めします。

使う時には、原液ではなく少し薄める方が刺激を感じにくく安心です。その際には、お湯で薄めてぬるま湯程度の温度になるようにすると、毛穴が開いた状態になって毛穴の奥まで成分が届きやすくなります。

お米のとぎ汁にはピーリング効果がありますから、お肌をこすると傷ついてしまいます。そのため、優しく洗うことを意識しましょう。

お米のとぎ汁はかなり安全なもので、薄めずに原液で洗顔をしても問題がなかったという体験談も聞かれるほどです。とはいえ、お肌の状態によっては合わないことが無いとは言えません。そのため、お肌に合わないと思った時にはすぐに使用を止めましょう。

洗うタイミングは?米のとぎ汁による洗顔はクレンジングの後に行おう

それでは、米のとぎ汁による洗顔法をチェックしましょう。

洗顔のタイミングはクレンジングの後!

米のとぎ汁による洗顔は、クレンジングの後で行います。札幌シーズクリニックは、通常の洗顔料を用いての洗顔後に米のとぎ汁で洗顔するようにとしていますので、通常の洗顔をするかどうかについては意見が分かれているのが正直なところです。

どちらにしても、米のとぎ汁にはメイクを落とす効果はありませんので、クレンジングを済ませた後に米のとぎ汁による洗顔をするという点では共通しています。

お肌の負担が気になる人はクレンジングの後すぐ、お肌の汚れが気になる人は通常の洗顔の後など、貴女に合ったタイミングで試してみたいところです。

米のとぎ汁による洗顔の流れ

それでは、米のとぎ汁による洗顔の流れを見てみましょう。

  1. ぬるま湯程度の温度にしたとぎ汁を両手ですくう
  2. 顔全体になじませるイメージで優しく洗う
  3. それを5回から10回程度繰り返す
  4. すすぎをする(しなくてもいいという人も)

米のとぎ汁はパックとして使うこともできるため、それを考えるとすすがなくて大丈夫だという意見もあります。

ですが、軽くすすいでも効果は変わりませんので、気になる人はすすぐようにしましょう。

米のとぎ汁を有効活用して簡単お得に美白効果を得よう!

本来であれば捨ててしまうはずの米のとぎ汁は、セラミドやビタミン類などの成分が含まれていることでお肌を守りつつ、お米の小さな粒子でピーリング効果を得られる優れものです。

米のとぎ汁はご飯を炊くたびに出るものですし、それを使ってお得に、しかも簡単に美白効果が得られるとなると、これは女性としてはぜひ試してみたいところですね!

貴女もさっそく試して、美しいお肌を手に入れる手助けにしてみてはどうでしょうか。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!