フェイスブラシでメイクの仕上がりがより綺麗に!選び方や使い方とは

近年では、チークブラシやアイシャドウブラシなど様々なブラシタイプのメイク用品が販売されていますが、フェイスブラシもその一つです。

フェイスブラシは、主にファンデーションやフェイスパウダーを塗る際に使うもので、お肌につやが出たりすっぴん風の綺麗なメイクができたりすることで注目を集めています。

それなら使ってみたいと思われるかもしれませんが、フェイスブラシには種類がいくつかありますし、また使い方も一つではありませんので、どんなブラシを選べばいいのか、どう使ったらいいのかと迷った経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、メイクの仕上がりをより綺麗にするための、フェイスブラシの選び方や使い方をチェックしていきましょう。

どんな場面で使えるの?フェイスブラシの基本的な使い方を確認しよう

フェイスブラシは、主に顔全体にメイクをしたい時に使用するブラシです。

では、基本的な使い方を確認しましょう。

フェイスブラシを使用できる場面

フェイスブラシは、以下のような場面で使用します。

  • パウダーファンデーションを塗る
  • リキッドファンデーションを塗る
  • BBクリームを塗る
  • フェイスパウダーを塗る
  • メイクの仕上げに使用する

これを見ても、フェイスブラシが顔全体にするメイクに役立つものであることがわかりますね。

複数の用途に使用できる商品も!ただし兼用は避けて

メーカーによっては、フェイスブラシを複数の用途に使用できるような作りにしているところもあります。例えば、チークブラシとしてもフェイスブラシとしても使える、などといった感じです。

ですが、複数の用途に使用できる商品を使用する場合、1本のブラシを両方の用途に兼用するのは避けたいものです。

チークブラシとフェイスブラシを兼用すると、パウダーがどうしてもブラシの中に残ってしまうことから、ファンデーションやフェイスパウダーが残ってチークがはっきりしないことがあります。逆に、チークがブラシに残っていると、次回その色が出て顔全体に色が出てしまう可能性があります。

お気に入りの商品なので同じもので別の部分もメイクしたいという場合は、複数同じブラシを購入する方がいいということですね。

素材や形、用途をチェック!フェイスブラシを選ぶポイント

それでは、フェイスブラシを購入する際にどのような商品を選べばいいのか、ポイントをチェックしましょう。

まずは用途に合わせた商品を選ぼう!

フェイスブラシを購入する際には、まず用途に合わせた商品を選ぶことが大切です。

大きく分けると、先ほど挙げたメイク用品にはパウダータイプのものとリキッドタイプのものがありますが、リキッドタイプのメイク用品にフェイスブラシを使いたいと思われている方には注意が必要です。

なぜかというと、多くのフェイスブラシはパウダータイプのメイク用品に対応したものになっていて、リキッドタイプのメイク用品には使用できないことが多いからです。

逆に、リキッドタイプのメイク用品専用のブラシもありますので、用途に合わせて選ぶことが大切なんですね。

商品によってはオールマイティーに対応できるものもありますので、はっきりと決まっていない場合はそのようなタイプを選ぶのもひつつの方法です。

次にチェックしておきたい!毛先の状態

その次に確認しておきたいのが、以下の点です。

  • 毛先がちくちくしないか
  • 毛先がバラバラになっていないか

フェイスブラシは直接お肌に当てて使うものですので、ブラシがちくちくするのは避けたいものです。刺激があると肌トラブルが起こることもありますので、事前にチェックできるようであれば刺激が無いものを選ぶようにしましょう。

それから、毛先がばらばらになって見えるものは、毛が抜け落ちたり綺麗にメイクができなかったりする可能性があるため、毛先の状態もチェックしておくようにしましょう。

素材も様々!大きく分けると天然毛と人工毛があります

フェイスブラシには、大きく分けると天然毛と人工毛のものがあります。

では、それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

毛の種類 メリット デメリット
天然毛 粉含みがいい
まとまりがいい
毛が消耗しにくい
お手入れに手間がかる
アレルギーが出る可能性がある
人工毛 お手入れが簡単
品質が高いものもある
固い商品もある
粉含みが悪い商品もある

人工毛の商品は、以前は固かったり粉含みがあまりよくなかったりといった声も聞かれましたが、現在ではかなり改良されて品質が高い商品も多く売られています。お手入れが簡単というメリットがありますので、初めは人工毛の商品から使ってみてもいいかもしれませんね。

天然毛の商品は、さらにいくつかの種類に分かれます。貴女のお好みのものを選ぶ参考になればと思いますので、いくつかの例を挙げて特徴をご紹介します。

天然毛の種類 特徴
ヤギ(細光峰)
※首の周辺の毛
毛先が滑らか
粉含みがいい
マッサージ効果も
ヤギの中で最高級
ヤギ(粗光峰)
※顎の下から背中にかけての毛
コシがある
肌触りがいい
粉含みがいい
まとまりがいい
消耗度が低い
ヤギ(黄尖)
※背中から側面にかけての毛
柔らかい
フィットしやすい
イタチ コシと弾力がある
穂先がまとまりやすい
粉含みがいい
消耗度が低い

ほかにも、より柔らかで主にチークブラシとして用いられるリスなどもあります。

用途別にフェイスブラシの使い方とコツをご紹介します!

それでは、フェイスブラシの用途別に、使い方や塗る時のコツを見ていきましょう。

パウダータイプのファンデーションを塗る場合

パウダーファンデーションを塗りたい場合のフェイスブラシの使い方は、以下の通りです。

  1. ファンデーションをブラシに含ませる
  2. 手の甲の上でブラシを回す
  3. 顔の中心部から外向きに塗る感じで塗っていく

手の甲の上でブラシを回すのは、ファンデーションをブラシになじませるのと共につけすぎた粉を落とすことが目的です。

この手順を守ることで、よりメイクが綺麗に仕上がります。手の甲に落とすのが気になる人は、ティッシュの上でもかまいません。

また、ファンデーションは最初に塗った部分ほどしっかりつきますので、中心から外側に向けて塗ることで立体感を出すことができます。この時、小鼻の部分など細かくファンデーションを乗せたい場所は、円を描くようにくるくるとブラシを使うと効果的です。

リキッドタイプのファンデーションなどを塗る場合

リキッドタイプのファンデーションや、BBクリームを塗りたい場合のフェイスブラシの使い方は、以下の通りです。

  1. 両側の頬・おでこ・顎・鼻にファンデーションなどを指で乗せる
  2. ブラシを滑らせるようにしながらなじませる

よりカバー力を高めたい場合は、頬の上部(目の下のあたり)を2度塗りすることをお勧めします。

むらなく塗ることが、綺麗に仕上げるコツです。

フェイスパウダーを塗る場合

フェイスパウダーを塗りたい場合のフェイスブラシの使い方は、以下の通りです。

  1. フェイスパウダーをブラシに含ませる
  2. ブラシの片面を使って軽く顔全体を押さえる
  3. 反対の面で下から上に向かうように円を描きつつパウダーを密着させる

最初にブラシの片面で軽く顔全体を押さえるのは、ファンデーションの水分や油分を落ちつかせることが目的です。

コツはフェイスパウダーを産毛の下に入れるイメージでお肌に密着させるようにすることで、お化粧が崩れにくくなるというメリットがあります。

メイクの仕上げに使用する場合

メイクの仕上げに使用したい場合のフェイスブラシの使い方は、以下の通りです。

  1. 全てのメイクを終わらせておく
  2. 何もつけていないブラシで丁寧に余分な粉を払う

フェイスブラシをメイクの仕上げに使用すると、お肌につやが出て自然な仕上がりになります。こういう使い方があることも、フェイスブラシの特徴ですね。

用途に合ったフェイスブラシを選んで綺麗で自然なメイクをしよう

フェイスブラシは、主に顔全体にメイクをする時に使用するものです。使用することによって、よりメイクの仕上がりが綺麗になり、自然に見えるというメリットがあります。

フェイスブラシは、パウダーファンデーションやフェイスパウダーのように粉状のメイク用品に使用する場合と、リキッドファンデーションやBBクリームのようにリキッドタイプのメイク用品に使用する場合とがありますが、両方に対応できる商品は少ないため、用途に合わせてきちんと選ぶことが大切です。

そのうえで、お肌に刺激はないか、毛はきちんとそろっているかなどを確認し、好みの毛の種類のものを探してみましょう。

フェイスブラシはメイクの仕上げにも使えますので、今のメイクの見栄えを良くしたいと言われる方は仕上げに使ってみてもいいですね。

メイク用品の中にフェイスブラシを取り入れて、貴女のお化粧をさらに綺麗に自然に仕上げてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!