汗の臭いの原因は細菌!拭き取る、消臭成分を活用するなどの対策を

人間は、暑いと体温調節のために誰でも汗をかくものです。とはいえ、それはわかっていても汗をかくとどうしても臭いが出るので、女性としては気になりますよね。

そんな気になる汗の臭いの対策法として有効なのが、汗を拭き取ったり効果的に消臭できる成分を使ったりすることです。なぜかというと、臭うのは汗そのものではなく、汗をかいた後にその成分を細菌が分解するからです。つまり、汗そのものを抑えるのではなく、臭いを消す方法を考えればいいということですね。

そこで、汗が臭う理由を詳しく確認し、それに合わせて効果的な対策法をまとめてお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

汗自体は無臭で臭いの原因は細菌!体調によって臭いが強くなることも

汗をかいた際に出る臭いを『汗臭い』と言いますので、何となく汗そのものが臭っているイメージを受けますが、実際のところ、汗そのものが臭っているわけではありません。

ですが、実際に汗をかくとむわっとしたような独特な臭いが出ますよね。これは、実は細菌の影響で出る臭いなのです。では、汗と細菌がどのように関係して臭いが出ているのか、詳しく見ていきましょう。

かいた汗が細菌に分解されて出るのが汗の臭い!

汗のにおいの原因となる汗を出すのは、主にエクリン腺と呼ばれる汗腺です。エクリン腺には、体温調節をする働きがあります。

エクリン腺から出される汗の成分は、以下の通りです。

 

成分 割合
水分 99%
塩分・尿素・アンモニア
アミノ酸・乳酸など
1%
このように、エクリン腺の汗の成分はほとんどが水分なので、汗自体には臭いが無いと言えるんですね。ですが、1%だけ、水分ではない成分が含まれています。この成分もやはり無臭なのですが、誰の皮膚にも住んでいる皮膚常在菌と呼ばれる細菌に分解されると、臭いが発生します。

疲労が汗の臭いを強くすることも!その理由とは

汗の臭いの原因は細菌ですが、疲れている時には以下の原因でより臭いが強まることがあります。

  • 肝機能が低下することでアンモニアが分解できないから
  • 疲れると出る物質である乳酸が汗と共に出るから

汗の大部分が水分なのは、一度汗の中に放出された塩分やアンモニアなどが、汗が体の外に出る前に汗腺によって血液に再吸収されているからです。その働きが上手く行くと、汗はサラサラになります。

ところが、疲れがたまって肝機能が低下すると、アンモニアが分解できなくなってアンモニアの量が増えます。すると、再吸収しきれなくなって体の外に出る汗の中にたくさん混ざることで細菌に分解される量が増えた結果、汗の臭いを強くするのです。

また、乳酸も同様です。乳酸は疲れると出やすくなる物質ですが、量が増えることで再吸収されにくくなって臭いを強めてしまうんですね。

家事、育児、仕事と何かと疲れがちな女性の方としては、疲労がたまっていると感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。忙しい中でも睡眠をゆっくりとるなど、できることから試してみると気になる臭いが軽減されるかもしれませんね。

食べ物にも注意!お肉が中心の食事は汗の臭いを強くします

お肉をたくさん食べると、腸の中でアンモニアなど臭いを出す成分が作られやすくなります。

すると、再吸収されにくくなって汗と共に出される量が増えますので、汗の臭いが強まる原因になってしまうのです。

汗の臭いが強くなるのには女性特有の原因もあります

汗の臭いが強くなるかどうかには、皮脂の分泌量も大きく関係しています。皮脂を出す皮脂腺は毛穴にあるのですが、皮脂腺から出た皮脂が酸化されることでも臭いが出ます。それが汗の臭いと混ざることで、より臭いを強くしてしまいます。

女性の場合、女性ホルモンの一つエストロゲンが皮脂の酸化を抑えてくれているのですが、更年期になるとエストロゲンの分泌量が減るため、この働きが上手くいかなくなるのです。

さらに、女性ホルモンの分泌量が減ると、女性の体内は皮脂量を増やしてしまう男性ホルモンが増えたのと同じ状態になるため、皮脂が分泌されやすくなります。すると、酸化される皮脂の量も増えるので、臭いが強くなりやすいんですね。

女性の体内にも男性ホルモンは分泌されていますが、それが汗の臭いを強くするのにも関係しています。

これらの理由から、更年期を迎えた女性の方の場合、今まで以上に汗の臭いが強くなったと感じることもあるのです。

もう一つの汗腺、アポクリン腺から出る汗が原因の臭いは別の対策を

汗の臭いというと、一般的にはエクリン腺から出る汗による臭いのことを言いますが、もう一つアポクリン腺という汗腺もあります。アポクリン腺は、脇の下や外陰部、乳輪の周りなど限られた部分に存在する汗腺です。

こちらの汗腺から出る汗にはタンパク質や脂質など多くの成分が含まれているため、細菌に分解された時により強く、ツンと刺激のある臭いが出ます。

これはワキガの臭いですので、脇の下や外陰部などからむわっとしたような臭いではなく刺激臭がすると言われる方は、ワキガ専用の対策をする必要があります。

その場合は一般的な汗のにおいとは対策法が違うため、注意しましょう。

汗の臭いを抑えたい!効果的な対策法をまとめてご紹介します

それでは、エクリン腺から出る汗による汗の臭いを効果的に抑える方法を、まとめてご紹介します。

汗が細菌に分解される前に拭き取ることで対処しよう!

先ほどお話したように、汗臭さは汗そのものが臭いの原因になっているのではなく、かいた汗が時間が経つことによって細菌に分解されることが原因です。

そのため、汗をかいた後、分解されて臭いが出る前に汗を拭き取ってしまえば、臭いを発生させずに済みます。かいた汗が臭いを発するのはだいたい1時間後くらいになると言いますので、それまでに汗を拭きとるようにすることで臭いに対応できるわけです。

臭いの元となる成分が水に溶けやすい性質を持っていることと、細菌を除去する効果が高いのとで、乾いたものではなく濡れタオルやハンカチなどで汗を拭き取ると効果的です。

濡れタオルやハンカチが用意できない場合は、汗拭きシートなどを活用してもいいですね。ただし、その際にはお肌を傷つけないように低刺激のものを選び、ごしごしこすらないように気をつけましょう。

赤ちゃんのお肌にも使えることから安心感があるので、赤ちゃんのおしりふきを活用しているという声も聞かれます。それも一つの方法ですね!

ミョウバンが消臭に便利!効果抜群です

汗を拭き取ろうと思ってもなかなかタイミングが掴めなかったなどの理由で、汗の臭いが出てしまった場合には、消すことでも対処ができます。

臭いに関する問題に詳しい五味クリニックの先生は、汗の臭いの消臭にはミョウバンが役立つことを紹介しています。

ミョウバンには以下の作用があるので、汗の臭いを消すためにとても効果的です。

  • 消臭作用
  • 抗菌作用
  • 制汗作用

ミョウバンには消臭作用がありますし、またお肌を弱酸性に保ってくれることから皮膚常在菌が繁殖しにくくなります。さらに、汗そのものの量も抑えてくれますので、汗の臭いに対して効果的だと言えるのです。

そこで、ミョウバンが配合されている制汗剤を選んで使用すると、汗の臭いを効果的に抑えることができます。

汗の臭いが強くなるような生活習慣を避けることも大切!

汗の臭いを強くしてしまう生活習慣を避けることも、汗の臭い対策に有効です。

  • 疲れをためない
  • 肉ばかり食べない

汗の中に臭いが出る成分が含まれやすくなるようなことをしないように、気をつけられる範囲で気をつけたいものですね。

冷暖房の影響などで汗そのものが臭う人も出てきている?その際の対策

ここまで、本来汗は無臭だというお話をしてきたのですが、近年汗そのものが臭う人も出始めています。

これは、五味クリニックの先生も指摘していることで、かいてすぐの汗が臭ってしまうことに悩んでいる人もいると言います。

では、その原因や、対策法を詳しく見ていきましょう。

汗腺の機能が下がると汗そのものが臭うようになる!

汗腺の機能が下がると、本来無臭のはずの汗が臭うようになります。それはなぜかというと、汗腺の機能が下がることで、アンモニアや塩分などの成分を再吸収する働きも弱まってしまうからです。汗の濃度が高くなると、分解される成分の量が増えるだけでは済まず、汗そのものに臭いがついてしまうんですね。

汗腺の機能が下がってしまうのは、近年では冷暖房が完備され汗をかく機会が減っていることで、汗をかかなくなっているからです。

つまり、使わないでいると汗腺は衰えてしまうんですね。

汗をかくことで臭い対策をしよう!汗腺トレーニングのやり方

汗腺が衰えるのは汗をかかないせいであることから、五味クリニックの先生は汗腺トレーニングを行うことで汗をしっかりかき、臭わない汗にする方法を提唱しています。

トレーニングのやり方は、以下の通りです。

  1. お風呂に43度程度のお湯を少なめに入れる
  2. そこに10分から15分程度ひじから下と膝から下をつける
  3. 熱めのお湯に全身がつかれる量までぬるめのお湯を足す
  4. できたぬるま湯に全身をつけてリラックスする
  5. お風呂から上がってタオルで水分を拭き取る
  6. すぐ服を着るのではなく汗を乾燥させる

ぬるま湯につかる時に、お酢を少し入れるとさらに効果が高まるそうです。

これを、5月から夏前くらいまで行うと、夏にきちんと汗がかけるようになり、臭いが改善されやすくなると言います。

冬場でも有酸素運動やお風呂で汗をかくようにすると効果的!

汗腺が衰えると言えば、あまり汗をかかない冬の季節もそうなりがちです。

そのため、夏は問題なくても冬になると汗が臭う人もいるので、要注意です。

その場合は、以下のような方法で冬でも汗をかくようにすると、臭いがついた汗が出にくくなります。

  • 有酸素運動をする
  • ゆっくりお風呂につかる

汗臭いのは細菌の影響!早目の拭き取りやミョウバンで対策しよう!

本来、汗そのものは無臭ですが、かいた汗に含まれる成分を細菌が分解するともわっとした特有の臭いが出ます。

疲れをためたり肉を多く食べたりしていると、汗から出される成分の量が増えることで細菌に分解されやすくなり、汗の臭いを強めてしまうので避けたいところです。

臭い対策に有効なのは、それらの行動を避けること、早めに拭きとること、ミョウバンを活用することです。

ですが、冷暖房が完備された近年では、汗をあまりかかなくなったことによって汗腺の機能が下がり、汗そのものが臭うようになったという問題も発生しています。その場合は、汗をしっかりかくことによって臭い対策をしましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!