お肌が汚い!それには生活習慣が関係しているかも?改善して美肌作り

お肌が汚いことは、女性にとって大きな悩みとなります。見た目でわかることなので、どうしても全体的な印象にも影響を与えますし、見える部分に関する悩みだからこそ本人も意識してしまって明るくなれないなどの問題も出てきます。

お肌の汚さには、生活習慣が関係している場合が多くあります。そこで、日々の習慣を見直すことによって、今よりも美しいお肌が手に入ることもあるのです。

では、どのような生活習慣がお肌に悪影響なのでしょうか。お肌が汚くなる原因として考えられることをチェックし、対策法も合わせて確認しましょう。

まずチェック!紫外線対策はできている?紫外線はお肌にかなり悪影響

最初にチェックしたいのが、紫外線対策です。家の中やオフィスの中に居るからと言って安心できない点で、この紫外線対策は重要だと言えます。

では、詳しく見ていきましょう。

紫外線は光老化の原因!

紫外線はお肌に悪いと言われますが、地上まで届く紫外線には2種類あり、それぞれ特徴が違います。

紫外線の種類 特徴
UVA お肌深部にダメージ
光老化の原因
UVB お肌表面に強いダメージ
肌が赤くなったりひりひりしたりする原因
皮膚がんの原因
UVAが関係する光老化とは、紫外線がコラーゲンなどを破壊することによってシワができたりたるみができたりすることです。さらに、UVAはメラニンの生成も活発にするため、シミの原因にもなります。女性としては、シワやシミはかなり気になりますよね。

UVBは、日焼けをした時の皮膚の赤味やひりひりした感じ、水ぶくれなどを引き起こす種類の紫外線です。

年間通しての紫外線対策を忘れずに!

UVBももちろん防ぐことが大切なのですが、ダメージが蓄積することでお肌が汚くなってしまう原因であるUVAも、意識的に防ぎたいものです。

UVAには以下のような特徴がありますので、それを知った上で対策をすることが大切です。

  • ガラスや雲を通り抜けられる
  • 冬でも晴れた日には地上まで届く

汚いお肌の原因となるUVAは、ガラスや雲を通り抜ける性質を持っています。ということは、室内だから大丈夫というわけではないということですね。そのため、家や職場で日当たりのいい場所にいることが多い人は、室内であっても紫外線対策をする必要があります。

また、冬になるとUBVはあまり地上まで届かなくなりますが、UVAは晴れていれば冬でも地上まで多く届いています。冬はあまり紫外線対策をしていなかった…と心当たりがある方は、冬の紫外線対策を意識するようにしてみましょう。

日焼け止めを選ぶ場合、SPFと書いてある数字はUVBを遮る効果を、PAと書いてあるのはUVAを遮る効果を表しています。PA+++が現在のところUVAを遮る効果が最も高い商品ですので、外に長時間出る時などはこのタイプの日焼け止めを塗るといいですね。もちろん、日傘などのUV対策グッズも活用しましょう。

ちなみに、海外製の商品の場合、PAではなくPPDという数値で表示されていることもあります。

綺麗なお肌のためには保湿が大切!スキンケアを見直そう

お肌が乾燥すると、お肌のバリア機能が上手く働かなくなるため、お肌がダメージを受け傷みやすくなってしまいます。すると、肌トラブルが起きてお肌が汚くなってしまうのです。

では、お肌をきれいに保つために見直したい、保湿の方法について詳しく見て行きましょう。

負担がかかるクレンジングや洗顔は乾燥の元!貴女は大丈夫?

メイクをしているとどうしてもクレンジングが必要になりますし、また汚れを落とすために洗顔も大切です。

ですが、クレンジングや洗顔は、方法を間違えるとお肌の乾燥の元になって汚いお肌を招いてしまいます。

以下のようなケア法は、お肌に負担をかけ乾燥を招きますので避けましょう。

  • 1日に何度もクレンジングや洗顔をする
  • クレンジングや洗顔の時お肌を強くこする
  • 洗浄力が強すぎたりお肌に合わなかったりする

クレンジング剤や洗顔料はどうしてもお肌に刺激となるため、1日に何度も行うとお肌の負担になります。また、メイクや汚れを落とそうとお肌を強くこすってしまうことも刺激となりますので、お肌の乾燥を招きます。

そこで、クレンジングは1回、洗顔は多くても朝と夜の2回までにし、お肌を擦らないように意識しながらクレンジングや洗顔をするようにしましょう。

洗顔料は、しっかり泡立ててから顔を洗いましょう。しっかり泡立てると、泡が汚れを吸着して汚れが落ちやすくなるのと共に、泡があるおかげでお肌を摩擦しなくてすむというメリットもあります。

クレンジングや洗顔は毎日のように行うものなので、間違ったケア法を続けているとどんどんダメージが蓄積されてお肌が汚くなる原因となります。そのため、お肌に負担を掛けるようなクレンジングや洗顔をしていないか、見直してみましょう。

メイクを落とさずに寝るのも乾燥の元!万が一に備えたケア法

クレンジングや洗顔の方法によってはお肌が乾燥することがありますが、逆にメイクをしたままの状態でいるとどうなるのかというと、それもまた乾燥の原因となります。

長時間メイクをしたままでいると、以下のようなことが起こります。

  • メイクの粉にお肌の水分が奪われ乾燥する
  • メイクと汗・皮脂が混ざって雑菌が繁殖しやすくなる

メイクをした時間が長くなればなるほど、これらの問題が酷くなるということです。とはいえ、飲み会の後にうっかりそのまま寝てしまった、子どもを寝かしつけていたらいつの間にか一緒に寝ていたなどの理由で、メイクを落とすことなく寝てしまうこともありますよね。

そんな時に試したいケア法を美容皮膚科シロノクリニックが紹介していますので、万が一の時の参考にしてみてください。

  1. クレンジングを丁寧にする
  2. 時間があればお風呂に入って血行を促進する
  3. 美容成分をシートマスクで補う
  4. クリームで美容成分をお肌に閉じ込める

2番目の手順の時、時間が無ければ顔に蒸しタオルを当てる方法でも構いません。お風呂に入ったり蒸しタオルを当てたりすると、血行が良くなり毛穴も開くことで、後からつける美容成分が浸透しやすくなるメリットがあります。

メイクしたまま寝た後のお肌はかなり疲れた状態だと言えますので、美容成分をたっぷり補うことが大切です。そこで、毛穴を開かせてからシートマスクを使って、お肌に美容成分を浸透させればいいわけですね。

この方法を試すことで、翌日お肌が汚い状態のまま出かけるのを避けることができます。

保湿は念入りに!乾燥を避けるだけでお肌がきれいになることも

お肌の乾燥は様々な肌トラブルの原因ですので、お肌に負担をかけないクレンジングや洗顔を行った後は、たっぷり保湿をするようにしましょう。

洗顔をした後は、とてもお肌が乾燥しやすい状態になっていますので、その時に保湿をせずにおくとどんどん水分が逃げてしまうので気をつけたいものです。

化粧水だけでは不足すると感じる時は、美容液や乳液、クリームも活用して、念入りに保湿をすることが大切です。

睡眠不足はターンオーバーを乱す!よく寝ることも汚いお肌の改善法!

睡眠不足は血圧が上がったりイライラしやすくなったりなど、体にも様々な不調をもたらします。睡眠不足はお肌にも大きな影響を与え、汚いお肌になりやすくなりますので、睡眠不足はできるだけ避けたいところです。

では、睡眠とお肌の関係を見ていきましょう。

体のメンテナンスが上手く行かずターンオーバーが乱れる!

寝ている間は、体のメンテナンスが行われている時間です。そのため、睡眠不足が続くと、それが上手く行かなくなってしまいます。お肌に関して言えば、睡眠不足によって成長ホルモンが上手く分泌されなくなることによって、ターンオーバーが乱れます。

ターンオーバーとは、お肌の奥で生まれた新しいお肌がだんだんお肌の表面へと押し上げられ、古いお肌が剥がれ落ちて新しいお肌と入れ替わる働きのことを言います。

ターンオーバーが乱れると、お肌の表面に古い角質が残ったままになるので、お肌がくすむ、ぶつぶつができる、本来ならだんだんに薄くなる程度のニキビ跡がなかなか綺麗にならないなどの問題が起きるので、お肌が汚く見えてしまうのです。

しっかり寝る時間を取って!寝る前のスマホを避ける工夫もしよう

忙しい、見たいテレビがあるなど、様々な理由で睡眠は後回しにされがちなのですが、お肌のことを考えても健康のことを考えても、睡眠不足は悪影響です。

いろいろ事情があるかとは思いますが、今睡眠時間が足りていないと感じる人の場合、意識的に睡眠時間を取るようにすることでお肌の調子が良くなる可能性があります。

寝る前にスマホをチェックするのもついついやりがちな行動なのですが、寝る直前までスマホを見ていると、スマホのブルーライトの影響で寝ているはずの時間も眠りが浅くなるといった問題が起こります。パソコンも、同様です。

そのため、寝る前には寝ることに意識を向けて、環境を整えることも質の良い睡眠を取るために大切です。

体の様々な不調を招くストレスはお肌の不調も招きます!

ストレスを感じると、睡眠不足になった時と同様に体の様々なところに不調が現れることは、みなさんご存知のことと思います。

女性も仕事に家庭にと何かと責任を負うことが多い立場にあるため、ストレスを感じる人が多くなっていることも事実です。

では、ストレスとお肌の関係を確認しましょう。

ストレスによる自律神経の乱れがホルモンバランスを乱す!

女性ホルモンを分泌するよう指令を出す脳の部分はストレスの影響を大きく受ける性質を持っているため、ストレスがかかると女性ホルモンの分泌量は減り、それに伴って男性ホルモンが体内に多い状態ができてしまいます。

男性ホルモンという名称から、男性の体内にしかないイメージのある男性ホルモンですが、女性の体の中でも男性ホルモンは分泌されています。

男性ホルモンには皮脂量を増やす性質がありますので、それによって皮脂量が増えることから毛穴が詰まりやすくなってニキビができやすくなるなどの理由で、お肌が汚くなってしまいます。さらに、男性ホルモンはお肌を固くする性質もあるため、余計に毛穴がつまりやすくなるのです。

好きなことをしてストレスを解消する時間を持とう

正直なところ、今の社会の中で生きていると、ストレスを感じないというのはかなり難しいですよね。

そのため、ストレスを避けることよりも、ストレスを解消するための時間を持つことが大切だと言えます。

ストレス解消と言えば、貴女は何を思い浮かべるでしょうか。女性の方で多く聞かれるのが、友達とのおしゃべりやショッピングです。これに関しては個人個人の好みがありますので、ご自身の好きなことをする時間を持って、ストレスを解消するように心がけましょう。

運動はストレス解消に役立ちさらにお肌に嬉しい効果も!

ストレス解消法としては、適度な運動をする方法も挙げられます。

散歩をしたり、軽いウォーキングをしたりすることもストレス解消に役立ちますが、運動にはそれ以外にも以下のようなお肌に嬉しい効果があります。

  • 代謝が上がってターンオーバーがスムーズにできる
  • 血行が良くなりお肌に栄養が届きやすくなる

血行が良くなると、お肌に栄養が届きやすくなって新しい肌細胞が生まれやすくなりますし、またお肌の血色自体が良くなってくすみやクマが改善されることでお肌がきれいに見えるというメリットもあります。

運動は毎日ではなくてもよく、1日に30分以上の運動をしているのであれば、週に2回でも効果が得られると言います。

運動をする時間が取れない人は、以下のような方法でもかまいません。

  • 階段を使う
  • 移動を車ではなく自転車でする

無理のない範囲で、少しでも体を動かす時間を増やせばいいということですね。

食べ物は体を作る基本!お肌のためにもバランスの良い食事をしよう

食べ物には様々な栄養が含まれていて、それが私達の体を作ってくれています。それはお肌に関しても同様で、バランスの良い食事をすることがとても大切です。

お肌のために取りたい栄養素

バランスの良い食事をすることは綺麗なお肌作りの基本ですが、中でもお肌のために特に摂りたい栄養素がありますのでチェックしましょう。

お肌をきれいに保つ栄養素 効果
ビタミンA お肌に潤いを持たせる
色素が沈着するのを防ぐ
ビタミンB群 新陳代謝の促進
ターンオーバーの正常化
睡眠不足の改善にも役立つ
ビタミンC お肌のバリア機能の強化
コラーゲンの生成の補助
ビタミンE 新陳代謝の促進
血流改善効果
抗酸化作用
タンパク質 お肌を作る材料として必要
亜鉛 新陳代謝の促進
ターンオーバーの正常化

毎日食事を見直してみて、不足しがちな栄養素が無いかをチェックしてみるといいですね。

便秘解消も大切!お肌が有害物質に触れる機会を減らそう

お肌が汚くなるのには、便秘も大きく関係しています。便秘によって腸内に不要な物が長くたまっていればいるほど、発酵して有害物質やガスができます。ですが、それでも有害物質などは便秘のため外に出ることができないままになってしまいます。

では、それらはどうなるのかというと、体内にとどまっていると悪影響なので、体が血管に吸収して毛穴を通して外に出すようにします。ということは、便秘になるとお肌が有害物質に触れて荒れ、汚くなる機会が増えてしまうということなんですね。

そのため、以下の成分を積極的に摂って、便秘を解消することもお肌が汚くなるのを防ぐ方法だと言えます。

  • 食物繊維
  • 乳酸菌・ビフィズス菌などの善玉菌

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、オリゴ糖と一緒に食べることでさらに活発に働きますので、合わせて摂ってもいいですね。

栄養が運ばれやすくなる!体を温め血流を改善する食べ物もお勧め

ストレス解消法として運動をご紹介した時にもお話ししましたが、血行が良くなるとお肌に必要な栄養がきちんと届くようになることでお肌をきれいに保つ手助けになります。

  • ショウガ
  • ニンニク
  • ゴボウ
  • 紅茶
  • 烏龍茶

これらの食べ物や飲み物は体を温める者としてよく知られていますので、食事に取り入れてはどうでしょうか。食べたり飲んだりする時には、冷やすのではなくあたたかい状態で摂るようにしましょう。

思い当たる生活習慣を改善して汚いお肌から綺麗なお肌に変えよう!

ここまで、お肌が汚くなる原因として考えられる生活習慣を挙げてきました。

これらすべてを改善するというのはとても難しいと思いますので、これらの中から思い当たるものからまずは変えてみて、それでも変わらなければ別の方法も試す、という感じでやっていけば負担にもなりにくいですね。

何かと女性は毎日バタバタしていることが多いですが、その中で持できそうなことから始めて、綺麗なお肌を手に入れたいものです。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!