バナナの皮で美容効果が得られる!?捨てる部分を活用し美肌をゲット

バナナは、栄養成分が豊富な食べ物であることでよく知られています。バナナには、お肌の健康を保つビタミンB群や、便秘解消によってお肌の調子を整える食物繊維などが豊富に含まれていることから、食べることでも美肌効果を得ることができます。

そして、本来は捨ててしまう部分であるバナナの皮も活用して、美肌効果が得られることもわかっています。捨てる部分まで使えるとなると、これは試してみたいですよね。

では、バナナの皮の美容効果で、美肌をゲットする方法を確認しましょう。

バナナの皮でマッサージ!血流改善やアンチエイジング効果を得よう

まずは、バナナの皮でマッサージすることによって得られる効果を見ていきましょう。

摩擦が少ないメリットが!バナナの皮でマッサージして血流改善!

バナナの皮は、以下のような方法で顔や手・足などのマッサージに使う事ができます。

  1. バナナの皮を持ちやすい大きさに切る
  2. 内側の白い方をお肌に当てる
  3. 気になる部分のお肌をマッサージする

マッサージをすると、血行が良くなります。

血行が悪いと、お肌が育つために必要な栄養や酸素がお肌まで届きにくいため、くすみやシワ・シミなどの様々な肌トラブルを招きますので、バナナの皮によるマッサージで血行が改善されれば、これらのトラブルを防ぐことができるのです。

では、なぜそこでバナナの皮が出てくるのかというと、バナナはつるつるとして滑りやすい感じがありますよね。という事は、お肌を摩擦しないので、お肌に負担をかけずにマッサージを行う事ができるというわけです。

バナナの皮によるマッサージには血流改善以外にも嬉しい効果が!

さらに、バナナの皮には美容効果を持つ成分が含まれていることで、マッサージによる血流改善以外にも以下のような美肌効果が期待できます。

役立つ成分 効果
ポリフェノール 抗酸化作用を持つ
アンチエイジングに役立つ
マグネシウム 血行を良くする
アンチエイジングに役立つ
フルーツ酸
酵素
古い角質を除去する
美白効果を持つ
ビタミンB群
ビタミンC
お肌の調子を整える

血流改善以外にも、これだけの美肌効果があります。もともと、バナナには女性の美に役立つ栄養素がたくさん入っているので、食べることで効果を得たうえに、食べ終わったバナナの皮まで使えるとなると、これは嬉しい美容法だと言えますね。コストがほとんどかからない点でも、お勧めです。

ただし、塗った時のべたっとする感じがちょっと気になるという声はありますので、その点は少し気をつけたいところだと言えそうです。

アレルギーに注意!事前にテストをしてから実施しよう

バナナの皮によるマッサージ法を試す際には、事前にテストをしてから行うようにしましょう。

なぜかというと、バナナでアレルギーを起こす人がいるからです。

そこで、顔で試す前にまずは腕の内側のやわらかいところをバナナの皮でマッサージしてみて、大丈夫であれば顔に使うようにしましょう。

バナナの皮まで食べて栄養素を余すところなく活用する方法も!

次にご紹介するのが、バナナの果実だけではなく、皮に含まれている栄養素まで体内に摂り込んでしまうという方法です。つまり、バナナの皮まで食べるということですね。他の果物や野菜でもそうですが、皮と実の間に栄養が多くあることもあり、皮ごと食べることでそれも余すところなく利用できるというわけです。

バナナの皮を食べるという発想はあまりありませんが、実は食べる方法もあるんですよ。それによって、体内から美肌対策をしましょう。

では、バナナの皮を使ったレシピの例を確認していきます。

ただし、これらのレシピを試す時は、食品も洗える洗剤でバナナの表面に着いた汚れや農薬などをできるだけ落としてから使うようにしてくださいね。

残留農薬については、検査が行われていて人体には害が無いレベルに抑えてある事が確認されているのですが、落としてから使用する方がより安心だということです。

バナナを丸ごと活用したスムージー

通常、スムージーを作る時にはバナナの皮は除きますが、バナナを皮も含めて丸ごとスムージーにする方法があります。

  1. バナナを皮つきのまま食品も洗える洗剤を使って洗う
  2. 端っこは取り除いて適度な大きさに切りる
  3. ミキサーに入れて水分をバナナが隠れるくらい入れる
  4. ミキサーを回す

水分はミネラルウォーターだけというレシピもありますが、牛乳と水・ハチミツ・果汁100%ジュースなどと合わせるレシピも紹介されていますので、続けられるように味を変えたり飲みやすい味に調節したりして楽しんでみてはいかがでしょうか。

バナナを丸ごと煮出したお茶

皮つきのバナナを丸ごと1本使って、お茶を作ることもできます。

  1. バナナを皮つきのまま食品も洗える洗剤を使って洗う
  2. 端っこを取り除いたバナナを沸騰したお湯に入れる
  3. 10分程度煮出す
  4. 煮汁をこして飲む
  5. シナモンを足してもOK

煮出した後のバナナもそのまま皮ごと食べられると言いますから、ぜひ試してみたいところですね。

洗わずに、無農薬のバナナを使う方法もあります。

バナナの皮だけで!バナナエキス

皮つきの状態のうちにバナナを洗っておくと、食べ終わった後のバナナを使ってバナナエキスを作ることもできます。

  1. バナナを食べる前に皮つきのまま食品も洗える洗剤を使って洗う
  2. 食べ終えた後のバナナの皮を沸騰したお湯に入れる
  3. 10分程度煮出す
  4. バナナエキスが出たら皮を取り出す

できたバナナエキスは、普段飲む飲み物やスムージーなどに混ぜて使います。

皮ごとスムージーにすると食感が気になる…というような場合に、試すこともできますね。

バナナの皮で歯をホワイトニング?ただしこの方法には賛否両論が!

歯が白いと、それだけで表情が明るく見えて女性としては嬉しいところです。それにバナナの皮が役立つかもしれないという噂がありますので、それに関しても検証してみたいと思います。

美容に興味をお持ちの女性の方の中には、バナナの皮には歯のホワイトニング効果があると聞かれたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。ですが、実はこれには賛否両論があるので、行う際には気をつけなければいけません。

そこで、バナナの皮で歯が白くなると言われる根拠と、反対される理由について、合わせて確認しておきましょう。

バナナの皮でホワイトニング!効果が出るのはフルーツ酸のおかげ

バナナの皮による歯のホワイトニングは、以下の流れで行います。

  1. 歯の表面をバナナの皮でこする
  2. 唾液がつかないよう気をつけながら10分程度待つ
  3. 乾いた歯ブラシで歯磨きをする
  4. 通常の歯磨きをする

これを1日に1回、2週間程度けることで、歯がだんだん白くなってくると言われています。

バナナの皮でホワイトニングができると言われる理由は、バナナにフルーツ酸が含まれているからです。フルーツ酸には汚れを分解する性質があるため、歯の着色汚れも分解することから、歯のホワイトニングに役立つというものです。

歯科医院で本格的な治療を受けるよりも安価で試せるということで、この方法を試す人もいると言います。

注意点も多い!それを知ってから実施するかどうかを判断しよう

バナナの皮による歯のホワイトニングには、以下のような注意点があります。

  • 取れる汚れが限定的
  • バナナの皮に含まれる糖で虫歯を招く可能性がある
  • フルーツ酸がエナメル質まで溶かす可能性がある

まず、バナナの皮による歯のホワイトニングで取れる汚れは、着色汚れのみです。歯の芯の部分が黄色くなっている人の場合、効果は期待できないんですね。

それから、バナナには、皮であっても糖分が含まれていますから、それを乾かしてからさらに乾いた歯ブラシで歯磨きをするとなると、バナナが歯や歯茎の間に入り込んでしまう事が考えられます。そこで、それを避けるために、バナナの皮による歯のホワイトニングの後には、通常の歯磨きを行うわけです。

ところが、正しい歯磨きの仕方が身についていない人の場合、バナナの糖分をしっかり落とし切ることができず、虫歯を招く可能性があると言えます。歯磨きがきちんとできる人の場合はこの点は問題になりませんが、意外に磨き残しがあるのが現状です。

さらに、フルーツ酸は汚れを溶かすのと共に、歯を守ってくれるエナメル質まで溶かす可能性があることが指摘されています。日本人の歯は、エナメル質が薄いという特徴を持っています。そのため、エナメル質が溶ける可能性が高くなるというわけです。

ずっと続けるわけではなく、2週間程度のことなので大丈夫だと思われる方もいらっしゃることかと思いますし、不安に思われる方もいらっしゃることかと思います。そのため、バナナによる歯のホワイトニングには注意点があることも知って、実施するかどうかを判断したいものです。

栄養満点のバナナ!余さず使って美肌効果を得よう!

バナナは、果肉を食べることでも美肌効果を得ることができるのですが、本来は捨てる場所である皮も活用することができるため、余すところなく利用してさらにお得に美肌効果を得たいものです。

活用法としては、お肌のマッサージに利用する、皮も食べるといったものがあります。歯のホワイトニングに活かせるという声もありますが、こちらに関しては賛否両論があることを知った上で、試すかどうかを決めるといいですね。

せっかくのバナナなので、しっかり活用して美肌を手に入れましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!