美肌効果が得られるお茶をご紹介!飲む以外の方法も用いて効果アップ

お茶は、とても身近な飲み物です。何気なく普段から飲んでいると言われる方もいらっしゃれば、そうでないこともあると思いますが、お茶を飲むことで時間を掛けることなく美肌効果が得られますから、何かと忙しい女性の方にも試しやすい美容法だと言えます。

また、お茶は飲む以外の方法でも活用できるため、その効果も合わせて生かしたいところです。

そこで今回はお茶を取り上げて、その効果や活用法を詳しく確認していきましょう。

日本国内で多く飲まれる緑茶!その美肌効果をチェックしよう

お茶には様々な種類がありますが、日本国内で多く飲まれている緑茶にはお肌に嬉しい効果がたくさんあります。

そこで、緑茶の美肌効果について詳しく見ていきましょう。

そもそも緑茶ってどんなお茶?

お茶には、例えば煎茶・番茶・ほうじ茶など様々な種類がありますが、そもそも緑茶というのはどのようなお茶なのでしょうか。

緑茶は、ツバキ科のチャノキという木の葉である『チャの葉』を使って作られているお茶です。

チャの葉からできるお茶は、大きく分けると以下の4種類に分類されます。

お茶の名前 特徴
緑茶 不発酵茶(発酵させずに作るお茶)
チャの葉を蒸す・炒るなどの方法で作る
烏龍茶 半発酵茶(少しだけ発酵させて作るお茶)
チャの葉の酵素を使って少しだけ発酵させる
紅茶 発酵茶(発酵させて作るお茶)
チャの葉の酵素を使って発酵させる
プーアール茶 後発酵茶(発酵させて作るお茶)
チャの葉の酵素ではなく別の微生物などを用いて発酵させる

そして、さらに緑茶は細かく種類が分けられていて、以下のようなお茶は分類上すべて緑茶になります。

  • 抹茶
  • 玉露
  • かぶせ茶
  • 煎茶
  • 深むし煎茶
  • 番茶
  • 玉緑茶

さらに、緑茶を粉にした粉茶や、茎だけを集めた茎茶(棒茶・かりがね茶などと呼ばれることも)などの派生茶も緑茶の一種ですし、番茶や煎茶に炒った玄米を加えて作った玄米茶、煎茶や茎茶を炒って作ったほうじ茶など、再加工されたお茶もあります。

様々な種類がありますが、普段飲んでいるお茶の多くは緑茶だということですね。

緑茶にはビタミンCが豊富!だから美肌作りに役立つ!

緑茶には、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは、以下のような形で美肌作りに役立ちます。

  • お肌の潤いを保つ
  • お肌に弾力を持たせる
  • メラニンの生成を抑える
ビタミンCは熱に弱いことで知られていますが、緑茶のビタミンCはカテキンに守られていて80℃の温度でも壊れない事がわかっています。美味しいお茶を入れるために適したお湯の温度は70℃から80℃と言われていますので、ビタミンCが熱で壊れることは心配せずにお茶を楽しみながら美肌効果を得られますね。

一番茶に多い!テアニンの効果でお肌の大敵ストレスを解消

緑茶には、お肌の大敵であるストレスを解消する効果もあります。ストレスがかかり続けていると、お肌では新しい細胞が作られにくくなり、ターンオーバーも上手くいかない状態になってしまいますので、ストレス解消もお肌にとっては大切なことです。

医療法人尚豊会四日市健診クリニックによると、緑茶には緊張・興奮を落ちつかせるテアニンという成分が含まれているとのことで、その成分のおかげで心や体がリラックスします。すると、筋肉が緩むことで血管が拡がり、血流が改善されるそうです。テアニンは、特に一番茶に多く含まれています。

血流が良くなるとお肌に必要な酸素や栄養素が届きやすくなるので、お肌の調子もよくなるのです。

テアニンの血流改善効果は冷え性の改善にも役立つとのことなので、冷えに悩まされやすい女性としては嬉しいですね。二番茶や三番茶よりも、一番茶の方がテアニンの含有量が多く効果が高いので、冷えが気になる方は一番茶を選ぶようにするといいですね。

茶葉まで食べればカロテンやビタミンEも補給できる!

チャの葉には、ビタミンAと同様の働きをして抗酸化作用も持つカロテンや、血流改善効果と抗酸化作用を持つビタミンEも含まれています。ビタミンAは、お肌に潤いを持たせ、粘膜を強くするのに役立つ栄養素です。

ところが、お茶として飲んだ時には、カロテンやビタミンEは摂ることができません。

なぜかというと、これらは水に溶けない成分だからです。そこで、茶葉を食べるようにすれば、これらの栄養成分も補給することが可能です。

茶葉まで食べる簡単な方法としては、粉茶を飲むことが挙げられます。

また、医療法人尚豊会四日市健診クリニックは茶葉の食べ方を紹介していますので、飲み終えたお茶も活用してお茶の栄養を余すところなく摂ってくださいね。

材料:飲んだ後の茶葉100g・しょうゆ大さじ2・砂糖大さじ1・酒大さじ1・みりん大さじ1

作り方は、以下の通りです。

  1. 茶葉を絞って水分を出す
  2. 絞った茶葉をフライパンに入れる
  3. 用意した調味料全部を入れて炒る
  4. 水分が飛んだら完成

鰹節やじゃこ、ゴマなどを加えても美味しく食べられるそうです。栄養価もアップするとのことなので、ぜひ試してみたいところですね。

緑茶には女性に嬉しい健康効果も!

緑茶には、それ以外にも以下のような健康効果が期待できます。

緑茶の成分 得られる効果
カテキン 悪玉コレステロールを下げる
糖の吸収を遅くすることによる糖尿病予防
癌の予防
殺菌作用
アレルギー症状を和らげる
ダイエットの補助をする
カフェイン 疲労回復
強心作用
利尿作用
フラボノイド 癌の予防
サポニン 癌の予防
フッ素 歯を強くする

これを見ると、ぜひ緑茶を飲もうと思いますよね。中でも、カテキンには様々な健康効果があります。ダイエットの補助など、女性としては特に期待したい効果もあるので、あまり緑茶を飲まない方は、食事の中に取り入れるようにしてみるといいですね。

飲む以外の活用法!緑茶でもっと美肌効果を得るための方法とは!?

緑茶は、飲むだけではなくそれ以外の方法でも美肌作りに役立てることができます。美肌成分を、体内から摂り込むだけではなく、お肌にも直接つけるようにすることで美肌作りに役立つわけですね。

では、どのような方法があるのか、見ていきましょう。

飲むお茶から取り分けるだけ!緑茶による洗顔

緑茶は、洗顔に活用することができます。

  1. 飲むために入れた緑茶を、洗顔用に必要量だけ取り分けておく
  2. しっかり冷ます
  3. 通常のクレンジングや洗顔でメイクや汚れを落とす
  4. 冷ました緑茶で仕上げの洗顔をする
  5. 洗顔後は自然乾燥する

緑茶に含まれるカテキンの殺菌作用で、ニキビの原因となる菌の繁殖が抑えられるなどのメリットがあります。

通常の洗顔後は水分をタオルなどで拭き取りますが、緑茶洗顔の場合は自然乾燥するようにしましょう。

緑茶を飲む時に顔を洗える分だけ緑茶を取り分けておくだけという、とても簡単な方法で美肌効果を得ることができますので、忙しい女性の方でも試しやすいですね。

緑茶で作る!化粧水

緑茶を使って化粧水を作って、美肌作りに役立てることもできます。

材料:緑茶200ml・エタノール10ml・グリセリン数滴

作り方は、以下の通りです。

  1. 飲むために入れた緑茶を、200ml取り分けておく
  2. しっかり冷ます
  3. エタノールにグリセリンを加えて混ぜる
  4. それに冷ました緑茶を混ぜる

エタノールやグリセリンは、薬局で購入することができます。作った化粧水は、冷蔵庫に保管します。できるだけ早めに使い切るようにしましょう。

女性にとって基礎化粧品は毎日使うものですので、ぜひ試してみたいところですね。

緑茶を使ったパックもお勧め!

緑茶は、パックとして活用することもできます。

材料:緑茶の茶葉か粉末の緑茶・水・小麦粉
※茶葉と小麦粉の割合が1:2になるように用意する

作り方は、以下の通りです。

  1. 茶葉をフードプロセッサーなどで細かくする
  2. 茶葉に水と小麦粉を入れたれないくらいの固さになるように練る
  3. お肌に伸ばして5分から10分程度そのままにする
  4. 洗い流す

このパックをする時は、目や口の周りにはつけないようにしましょう。粉末の緑茶を使うと、細かくする作業が省けて便利ですね。

お茶がらも活用!緑茶風呂

ガーゼ・木綿などの袋でお茶がらや茶葉を包んで浴槽に入れる緑茶風呂も、簡単に美肌効果を得るための方法です。

医療法人尚豊会四日市健診クリニックによると、緑茶風呂は、美肌効果だけではなくあせもや湿疹を改善する効果も期待できるとのことです。

下着の締め付けなどであせができやすいなど、女性はお肌のトラブルに悩まされることも多いものですが、緑茶風呂にはそれらを改善する効果まであるんですね。

緑茶以外にも美肌効果が得られるお茶がある!まとめてご紹介

ここまでは、チャの葉からできている緑茶の美肌効果について見てきましたが、チャの葉以外の植物を使って作られる、緑茶以外のお茶の中にも美肌効果を持つものがあります。

そこで、緑茶以外の美肌効果を持つお茶をまとめてご紹介します。

はと麦茶

はと麦茶には、以下の特徴があります。

  • ビタミンB群が豊富
  • 利用作用がありデトックス効果が得られる

ビタミンB群には、お肌の機能を正常に保つ効果が期待できます。利尿作用によってニキビの元になる老廃物が排出されやすくなるため、ニキビ改善の効果も期待できます。

ルイボスティー

ルイボスティーには、以下の特徴があります。

  • スーパーオキシドジムスターゼが含まれる
  • ビタミン類が豊富
  • ミネラルが豊富

スーパーオキシドジムスターゼは、抗酸化作用を持つ成分です。

どくだみ茶

どくだみ茶には、以下の特徴があります。

  • デカノイルアセトアルデヒドが含まれる
  • 便秘解消効果がある

デカノイルアセトアルデヒドには、ニキビの原因菌であるアクネ菌の繁殖を防ぐ作用がありますので、ニキビが気になる人にお勧めのお茶です。さらに、便秘解消の効果もありますので、便秘からくる肌荒れにも効果的です。

ローズヒップティー

ローズヒップティーにはビタミンCが多く含まれていることから、美肌作りに役立つと言えます。

お茶を入れた後の実も栄養豊富なので、ヨーグルトに混ぜるなどして一緒に食べるとより効果的です。

たんぽぽ茶

たんぽぽ茶には、以下の特徴があります。

  • 血流改善効果がある
  • 利用作用がありデトックス効果が得られる

血流改善効果によってお肌に栄養などが届きやすくなることや、利尿作用によって老廃物が排出されやすくなることが、美肌作りに役立つと言われる理由です。

飲んだりそれ以外の方法で活用したり!お茶で手軽に美肌効果を得よう

日本国内でよく飲まれる緑茶は、ビタミンCやテアニンが含まれていることで美肌作りに役立ちます。

さらに、茶葉にはカロテンやビタミンEも含まれていますので、粉茶を活用したりお茶の葉も食べたりするなどの方法で、それらの栄養も積極的に摂り込むようにするとさらに効果的です。

緑茶は飲んでももちろんいいのですが、化粧水にしたり緑茶風呂にしたりと、飲む以外の活用法もありますので、それも合わせて試したいところですね。

緑茶だけではなく、はと麦茶やどくだみ茶など他にも美肌効果を持つお茶がありますので、味に変化をつけたい方はそれらも取り入れながら、手軽に美肌効果を得てはどうでしょうか。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!