日焼け止めが効かないのは、間違った塗り方が原因かも!

女性にとって日焼けは大敵!

日焼けをする事で、シミになったりしわになったりしますので、出来るだけ日頃から紫外線対策をしておくことがとても大切になります。

ただ、日焼け止めをしっかりと塗っているのにも関わらず、あまり効かないという方もおられます。

日焼け止めを使用しているのにも、日焼けをしてしまうのはなぜなんでしょうか。

その辺りについて、いろいろと調べてみました。

日焼け止めの上手な使い方や、注意しなければならないことなどを色々とまとめてみましたので、紫外線対策に悩んでいる方は是非、参考にして欲しいと思います。

最後まで読んで、美容のためにも紫外線対策を万全にしてくださいね。

今更聞けない!SPFの意味を再確認!

日焼け止めを購入するときに、気になるのがSPFという表示だと思います。

ただ、本当に正しくSPFの意味をご存じでしょうか。この数値が大きいほど、日焼け止めの効果た高いと認識をしている人は多くても、本当の意味合いはよくわかっていない人が多いのではないかと思います。

その辺りを改めて復習したいと思います。

SPFとはSun Protection Factorの略になり、主にUV-B、つまり紫外線B波の防止効果を表す目安の数値になるんです。

ちなみに紫外線のB波は、シミやそばかすの原因となるものとなり、女性にとって悩みの種となります。

日焼け止めのSPFの数字が大きいほど、効果が高くなるのはきっと誰もが承知のことと思います。

ただ、この解釈を間違っている方が結構多いんですよね。

SPFが20だと20時間日焼け止めの効果があるということではありません。SPFが50だと50時間は安心と言うことではないんです。

紫外線を皮膚に当て続けると、個人差はあるものの、大体、15分から20分程度で皮膚に変化が起こり始めると言われています。

その紫外線の影響をSPF20ならば20倍遅らせることが出来る、SPF50ならば50倍遅らせることが可能と言うことなんです。

平均、15分から20分程度で紫外線の影響を受けるということは、あくまで平均ですので、中には10分程度で紫外線の影響を受ける人もいるということになります。

その場合、10分×SPF20の日焼け止め使用=200分間のみ、紫外線の影響を受けないように時間延長出来るということになるんです。

200分ですので、3時間強程度しか日焼け止め効果は無いということになります。

15分で紫外線の影響を受け始める方は、15分×SPF20=300分、つまり5時間、紫外線の影響から逃げることが出来るということになります。

これがSPFのからくりとなります。

ならPAの意味は?こちらとても重要!

そして、SPFの隣に表示されている、PAの意味も気になりますよね。

こちらは、紫外線のA波を防御するための数値になります。

紫外線A波は肌にしわをつくったり、タルミの原因になったりして、老化を進めたりするもので、これまた厄介な影響を与えます。

絶対に防いでおきたいものです。

PAの隣に+(プラス)表記があると思いますが、PAプラスの数が多いほど、紫外線A波の影響を受けにくいと言われています。

プラスは4段階あり、PA++++が一番強力で「きわめて高い効果がある」とされています。

ちなみにPA+++は「非常に効果がある」、PA++は「かなり効果がある」、そして一番下のPA+は「効果がある」されています。

購入するのならば、SPFだけを注目するのではなく、こちらのPAもしっかりと注目することが大切となります。

PA++++のものを購入しておくと一番安心でしょう。

肌に常にサンスクリーンバリアが張ったままじゃないと意味無し!

上記でSPFやPAの話をしましたが、つまりは肌の上に常に日焼け止めが発揮された状態、つまりは常にサンスクリーンバリアが完全に張った状態でいなければ、日焼け止めの効果は感じられなくなってしまうんですよね。

面倒臭いかもしれませんが、紫外線が特に気になる季節は、肌の上のサンスクリーンがきちんと機能しているかどうか、気にしておかなくてはなりません。

ポーチや鞄の中にすぐに塗り直しが出来るように常備しておくことが大切になります。

日焼け止めの効果があまり感じられない、塗っているのに効かないという方は、しっかりと日焼け止めが機能しているかどうか、塗り方等を見直すことが大切になります。

ムラ塗り、御法度!白肌を目指すなら抜かりなく!

日焼け止めの効果があまり感じられないと言う方は、隅々まで塗られているか、きちんと確認しましょう。

SPFの時間だけを考えるのではなく、白肌を目指すのであれば、絶対に塗りムラがあってはいけません。

例えば、左側はしっかりと塗れているのに、右側はあまり塗れていないということになると、当然、紫外線の影響が右側にでることになってしまいます。

特に首の逆目など、しっかりと塗らないと、そこだけ日焼けをしてしまったり、まだらの日焼け痕になってしまったりしますので、塗るときは入念に、決して塗り残しが無いようにしましょう。

また、塗り忘れが多いのが額だったりするんです。

前髪を下ろしていて気が付かない方もおられるのですが、風が吹いて前髪がずっと額にかかっていない状態で紫外線を浴び続けると、額の辺りだけ日焼けしてしまうなんてこともあります。

髪の毛を下ろしていて、普段から額を出していない人も、忘れないようにきちんと額の隅々まで日焼け止めと塗るようにしましょう。

ウォータープルーフでも気になったら塗り直しチェック!

ウォータープルーフタイプの日焼け止めを使っていても、やはり汗をかいたり、皮脂が出たりで日焼け止め効果が案外早く薄れてしまう時があります。

気になったら、こまめに塗り直す、ここが大事です。

今では顔にスプレーするタイプもあり、メイクの上からでも使えるものが増えてきていて、簡単に紫外線防止対策が取れるようになってきています。

昔ほど、面倒ではなくなってはいますので、是非、習慣にして欲しいと思います。

スポーツ特化の日焼け止めに注目!バリアは最高のものを!

出来るだけ効率よく紫外線防止をしたいのであれば、やはりちょっと値段は張りますが、SPFもPAも最高値のものを購入するのが望ましいでしょう。

炎天下の太陽の光の下で遊んだり、スポーツを行うことを設定とした、日焼け止めがやはり効果的!

気になったらしっかりと塗り直しをして、常に気にかけることでもっと紫外線防止バリアは完璧になりますよ。

結論!日焼け止めが効かないのならば、塗り方を見直そう!

日焼け止めはしっかりと使って、こまめに塗り直しなどをすることで紫外線はしっかりと守られるはずです。

注意しなければならないのは、SPFの解釈でしょう。多くの人は数値の見方を間違っているのではないかと思います。

思っているほど、長時間、長持ちするものではありませんので、日焼け止めが全く効いていないと言う方は、こまめな塗り直し等を徹底するようにしてください。

そして出来れば、春夏秋冬、常に外出するときは日焼け止めを使用することが望ましいでしょう。

秋も冬も当然、紫外線は降り注いでいます。

春から夏にかけては気にする人が多いのですが、秋も冬もしっかりと紫外線を防止することで、シミやそばかす、しわタルミなどをくい止めることに繋がります。

また、日頃から使っているファンデーションなどもしっかりとSPF値があるものを利用するように心がけましょう。

ちょっと気にかけるだけでも、紫外線は防止することが可能です。

日傘などで出歩くのはさすがに億劫だと言う方は、せめて化粧品等でしっかりと防いであげてください。

それをするだけで10年後、20年後の肌が全く違ってくる可能性が高いですよ。

早速今日から紫外線対策、がんばりましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!