乾燥肌を改善するお風呂の入り方とは。洗い方やケア用品をチェック!

かゆくて気になる、お肌が白く見えるので見た目の問題として気になるなど、乾燥肌に悩まされる女性も多くいます。

乾燥肌になるのにはいくつかの原因が考えられるのですが、その一つとしてお風呂の入り方も挙げられます。必要な皮脂まで落ちてしまうようなお風呂の入り方をしていると、乾燥肌を招いたり酷くしたりしてしまいます。

そこで、乾燥肌を改善する一つの方法として、お風呂の入り方を見直すというものがあります。ではどうすればいいのか、具体的に見ていきましょう。

意識したいのはお湯の温度や体の洗い方!お風呂に入る時の注意点

それでは、乾燥肌を改善するためのお風呂の入り方について詳しく確認しましょう。

顔や体の洗い方はとても大切!皮脂を落とし過ぎないように注意しよう

メイクや1日の汚れを落とすために、お風呂で顔や体を洗うことは必要なことです。

ですが、この時に洗い方に注意しないと、必要以上に皮脂が落ちてしまって、乾燥肌の原因になります。

そこで、顔や体を洗う時には以下のような点に注意しましょう。

  • 洗顔料やボディーソープなどはしっかり泡立てる
  • 強くこすらない
  • ナイロンタオルなど肌に刺激を与えるものを使わない

洗顔料やボディーソープをしっかり泡立てずに顔や体を洗ったり強くこすったりすると、必要以上に皮脂が落ちてしまう上に、お肌が荒れる原因にもなります。そこで、しっかり泡立ててお肌を泡で撫でるようなイメージで洗うようにすると、お肌を守ることができます。

それから、気をつけて洗っていても、ナイロンタオルなどお肌に刺激を与える素材の物を使っているとどうしてもお肌を傷つけてしまいます。そのため、お肌に優しい素材のタオルを使ったり、お肌が荒れている時にはタオルを使わず手で洗ったりなど極力お肌に刺激を与えないような工夫をすることが大切です。

これは意外?お湯の温度が高すぎると皮脂が溶け出してしまいます

これは意外と思われるかもしれませんが、お湯の温度も乾燥肌に関係しています。

お湯の温度が高くなればなるほど皮脂がお湯の中に溶けやすいと言われますので、お風呂に入る時にはお湯の温度が40℃を超えないようにしましょう。

また、長湯もよくないため、あまり長い時間お湯につからないことも大切です。

お肌に刺激を与えないように!お風呂上がりの顔や体は優しく拭こう

せっかくお風呂の中では優しく顔や体を洗ったのに、上がった後タオルでごしごしとこすってしまっては意味がありません。

乾いたタオルでこするとお肌にはかなり刺激が加わりますので、こすって拭くのではなくタオルを押し当てるイメージで体を拭くようにしましょう。

刺激のあるものは避けて!ケア用品にも気を配ろう

お風呂に入る際には、乾燥肌に繋がらないようにケア用品にも気を配りたいところです。では、何に気をつければいいのか、確認しましょう。

クレンジングや洗顔料などは刺激の少ない物を選んで!

お風呂では、以下のようなお肌のケア用品を使いますよね。

  • クレンジング
  • 洗顔料
  • ボディーソープ
  • 石鹸

これらを選ぶ時には、お肌が刺激を受けて乾燥しないように低刺激の物を選ぶようにしましょう。

女性の場合メイクをしているので、メイクを落とす際につい効果が高い物を選んでしまいがちなのですが、乾燥肌の人は洗浄力が高すぎる商品を選ぶと必要以上に皮脂が落ち、余計にお肌が乾燥してしまいます。

クレンジングをしたり洗顔をしたりした後、お肌につっぱりが出る場合は必要以上に皮脂が落ちている印です。

その際には、クレンジングや洗顔料を変えるのも一つの方法です。

お肌が酷く荒れている時には石鹸などを使わない選択も

お風呂で汚れを落とすためには、石鹸やボディーソープが必要だと思いますよね。

ですが、お肌が酷く荒れている時には、これらを使わない方がいいこともあります。

お肌が荒れているな、と思う時には、石鹸などを使わずに洗い流すだけにすることで乾燥肌がおちついてくることもありますので、ぜひ試してみましょう。

潤いを逃がさないことが大切!お風呂上がりの保湿も忘れずに

お風呂に入った後は、お肌がとても乾燥しやすい状態になっています。そのため、保湿をしてお肌の潤いを逃がさないことが大切です。

保湿をするならクリームタイプの保湿剤がお勧め!

篠崎駅前わんぱくクリニックによると、保湿剤には以下のような種類があるそうです。

 

保湿剤の種類 特徴 長所 短所
ローション 水分補給をする
乾燥を予防する
乾いたお肌に塗ると効果的
使いやすい 効果が続きにくい
保湿力が最も低い
クリーム 水分補給をする
乾燥を予防する
乾いたお肌に塗ると効果的
使いやすい
ローションより保湿力がある
効果が続きにくい
軟膏 お肌の表面に膜を作る
水分が逃げるのを予防する
油分を含んでいる
お風呂上がりに塗ると効果的
保湿力が最も高い
効果が長く続く
べたべたする

軟膏タイプの保湿剤は油分を含んでいて膜を作ってくれるため、お風呂上がりに塗るのに向いています。

他のタイプの保湿剤は、お肌が乾燥している昼間などに使うといいですね。

効果的な保湿のタイミングはお風呂から上がってすぐ!

いのうえ皮フ科クリニックによると、効果的な保湿のタイミングは、お風呂からあがってまだお肌がしっとりして感じられる時がいいと言います。

これは外用薬の保湿剤を塗る時の話ではありますが、通常の保湿に関しても同様です。

お風呂に入る時は皮脂を落とし過ぎず上がった後はすぐ保湿しよう

お風呂に入る時には、顔や体をこすり過ぎたり熱いお湯に入ったりして必要以上に皮脂を落としてしまわないように気をつけることが必要です。それと合わせて、お風呂からあがったらお肌をしっかり保湿し、水分が逃げないようにすることも大切です。

乾燥肌を改善するお風呂の入り方とは、皮脂を落とし過ぎず、上がった後にはすぐ保湿をすることなんですね。

少しでもお肌の状態がよくなって、女性としては気になる見た目も改善でき、かゆみに悩まされなくなるよう、お風呂の入り方を見直してみてはどうでしょうか。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!