肌が綺麗な人はスキンケアをやり過ぎない!肌が綺麗な人と汚い人の違い

肌が綺麗な人にどのようなケアをしているのかを聞くと、意外にも何も特別なことはしていないという答えが返ってくることが多いものです。その一方で、いろいろ試しているのに何をやっても肌が汚いと悩んでいる人がいることも事実です。では、肌が綺麗な人とそうでない人では、何が違うのでしょうか。

その一つの理由として、肌が綺麗な人はスキンケアのポイントを押さえていて、必要最小限のやり過ぎないスキンケアをしていることが考えられます。それが、何も特別なことはしていないという発言の理由だと考えると納得できますね。

そこで、どのような点が綺麗なお肌作りのためのポイントなのか、チェックしていきましょう。

これは欠かさずやりたい!光老化を防ぐための紫外線ケア

特に何もしていないのにお肌が綺麗と言う人の中にも、お肌自体は綺麗だけど紫外線対策をしなかったためにシミやそばかすがたくさんできてしまっているという声があります。紫外線はお肌に様々な影響を与えるため、紫外線ケアはしないでいるとどうしてもシミなどの原因になってしまいます。

そこで、紫外線ケアをする上で押さえたいポイントを確認しましょう。

紫外線を浴びるとどうなるの?お肌への影響をチェック!

紫外線には3種類あるのですが、そのうち地上まで届くのは2種類で、それらはUVAとUVBと呼ばれています。

UVAとUVBには、それぞれ以下のような特徴があります。

項目 UVA UVB
影響する場所 お肌の奥の部分 お肌の表面部分
お肌への影響 コラーゲンなどを破壊
シミやシワなどの原因
光老化の原因
高いエネルギーで皮膚表面を刺激
お肌の赤み・腫れ・痛み・水ぶくれなどの原因
皮膚がんの原因
透過力 高い
雲・ガラスなどは通り抜けられる
低い
雲・ガラスなどで遮ることができる
天気との関連 雨や曇りの日でも届く
冬でも届く
晴れた日に多く届く
冬は量がかなり減る

これを見るとどちらの紫外線もお肌に様々な影響を与えることがわかりますが、UVBの影響は肌表面で起こりまたエネルギーも高く目立ちやすいため、特に多く降り注ぐ夏に症状が出やすくなっています。

そのため、冬は紫外線対策をしなくても大丈夫という印象を受けやすくなってしまうのですが、シミやシワなどの光老化の原因になる紫外線は冬でも届いていますし、またガラスなどを通り抜けることから室内にも届いていることがわかります。

冬でも届く紫外線がある!年中対策をすることが紫外線ケアのポイント

紫外線には2種類あり、それぞれ性質が違うため、紫外線ケアをする際には以下のポイントに気をつけると効果的です。

  • 夏だけではなく年間通して日焼け止めを塗る
  • 日焼け止めは多めに使う
  • 日傘やアームカバーなどUVケア用品を積極的に活用する

ちょっとの外出でも紫外線を浴びることを繰り返していると光老化が起きますし、またUVBが強い季節であればお肌に赤味や痛みなどが出ることも考えられます。

そのため、紫外線ケアは、特別なケアではなく日常的なケアの一環として年中続けることをお勧めします。

お肌を傷めない洗顔と洗顔後の保湿もやっておきたいスキンケア!

女性は、メイクをする関係上どうしてもクレンジングや洗顔は欠かせませんよね。

クレンジングに関しては、例えばミネラルファンデーションを使うようにするなどの方法で石鹸での洗顔で済ませる方法がありますが、社会人であればメイクはマナーであることもあり、ノーメークで外出するのは難しい現状もありますよね。となると、石鹸による洗顔は欠かせないことになります。

また、汚れがついたままのお肌では、細菌が繁殖するなどの問題が起こりますので、洗顔はしないで済むスキンケアではないと言えます。そのため、洗顔は特別なことではないと考えている人も多いと言えそうです。

では、女性にとってしないでいることのできない洗顔について、詳しく見ていきましょう。

お肌を傷める洗顔をしている人は意外と多い!これはNGです

洗顔は、お肌に負担となるメイクを落とし、お肌を清潔に保つためにも大切なことですが、以下のようなやり方をするとお肌を傷めて乾燥や炎症の原因となります。すると、お肌がなんだか汚く見えてしまうわけですね。

  • 洗顔の際に強くこすってお肌を刺激する
  • 強すぎる洗顔料を使ってお肌を刺激する
  • 何度も洗顔をする

何も特別なことをしていないと言う人の場合、メイクを落とさなければ、綺麗にしなければとあまり考え過ぎないことによって、ゴシゴシこすったり強すぎる洗顔料を使ったりしないことが逆にいい方向に働いているのかもしれません。

何をしてもお肌が汚いと思っている人は、洗顔の際にも落とすことを意識し過ぎて、お肌を傷めた結果お肌が汚く見えているということです。

正しい洗顔の方法は?皮脂の多いところから洗うのがポイント!

それでは、お肌に刺激を与えない洗顔方法を確認しましょう。

最初にしたいのが、手を洗ってからぬるま湯で顔を濡らしておくことです。こうすることでお肌に手の汚れや雑菌がついたり、乾いたお肌をこすることによってお肌が刺激されたりすることを防ぐことができます。その上で、洗顔料をしっかり泡立ててたっぷりの泡を作りましょう。

泡がたっぷりできていると、お肌を手でこすらずに泡で洗うことができるので、お肌への摩擦が避けられます。泡立てネットがあると、とても便利です。

その後は、以下の順番で皮脂が出やすい場所から洗うようにしていきましょう。

  1. 額や鼻の部分に泡を置き優しく洗う
  2. 頬と顎の部分に泡を置き優しく洗う
  3. 目周辺や口周辺に泡を置く
  4. 洗顔料が残らないようしっかりすすぐ

洗いたい場所に泡を置いたら、手で直接お肌を触らないことに気をつけて顔を洗い、ゴシゴシとこすり過ぎないようにすることがポイントです。目周辺や口周辺はお肌が薄くなっているので、泡を置くだけにしてすぐにすすぎます。

この順番で泡を乗せることによって、皮脂が多いところはきちんと洗えて、皮脂が少ないところはお肌に刺激を与え過ぎないうちに洗い終えることができるわけです。洗顔料が残ってしまわないように、すすぎをしっかりすることも忘れないようにしましょう。

保湿も肌が綺麗な人の多くがやっているケア!洗顔後は忘れずに

何も特別なことはしていないのに肌が綺麗だという人の多くが、化粧水のみまたは化粧水と乳液だけはつけていると言っています。

ということは、保湿ケアも特別なケアではなく日常的なケアとして多くの人が認識しているということになりますね。

美容液を使っている人がほとんどいないのも特徴として挙げられますが、お肌にとって最低限の保湿はしないとお肌が綺麗に保てないということは事実だと言えそうです。

洗顔をすると、皮脂や古い角質などが落ちますので、お肌の表面を守ってくれるものが
減っている状態になっています。そのため、洗顔をしたら化粧水でも乳液でもいいのでつけて、保湿だけはきちんとすることが大切です。

何をしてもお肌が汚いと言う人の場合、様々なケア用品を試し過ぎてお肌の状態が安定しなくなっている場合もあります。

あれこれ手を出すよりも、自分のお肌に合うと思うものを使い続けてみたり、新しいものを使う場合でもある程度の期間使ってから判断したりするようにすることで、お肌の調子が安定する可能性があるということですね。

体の中からのケアも大切!貴女の生活習慣をチェック

何も特別なことをしていないのにお肌が綺麗な人の場合、お肌に負担がかかるような生活をしていないことで特別なケアを必要としないお肌の状態になっていると考えることもできます。何をしてもお肌が汚いと感じている人の場合は、生活習慣に問題があることも多いものです。

生活が乱れていると、それがお肌の状態を悪くして、そのために様々なケアをしなければいけないような状態を作り出していることもあるのであれば、生活習慣を見直すことでその状態を抜け出せる可能性もありますね。

では、お肌に負担をかけない生活とはどのようなものか、チェックしましょう。

ストレスや睡眠不足、運動不足などがお肌を汚くしていることも!

以下のような生活習慣は、お肌の状態を悪くする可能性があります。

気をつけたい生活習慣 お肌に悪い理由
ストレス 血流が悪化する
お肌に必要な栄養などが届きにくい
睡眠不足 ターンオーバーが乱れる
お肌のくすみなどの原因に
運動不足 血流が悪化する
お肌に必要な栄養などが届きにくい
栄養不足
栄養の偏り
お肌を作るための栄養が足りない
便秘になりやすい

何も特別なことをしなくてもお肌が綺麗な人の場合、これらのお肌に悪い生活習慣をしていないことでお肌がいい状態に保たれていることが考えられます。

何をしてもお肌が綺麗にならないと感じている方は、こういったことがないかをチェックしてみてください。

お肌を綺麗に保つなら貴女のお肌が求めることを選んでやってみよう

何も特別なことをしていないのにお肌が綺麗だと言う人は、お肌にとって必要な最小限のケアのみを厳選して行っていることが考えられます。逆に、いろいろしているのにお肌が汚い場合は、あれこれ手を入れ過ぎてお肌が安定しない状態になっている可能性があります。

最低限やりたいスキンケアは紫外線対策と洗顔・保湿の見直しで、それと合わせてお肌の状態が悪くなるような生活習慣をしていないことも大切です。

そこで、何をしてもお肌が汚いと思う人は、冬でも紫外線対策をしているか、お肌に負担をかける洗顔をしていないかなど、まずは必要最小限のケアのやり方を見直した上で、貴女のお肌に必要だと思うのであれば美容液を使ってみるなどのケアを足すようにするといいですね。

肌質は個人によって違うので、最低限のケアでは足りない人がいることも確かなのですが、あれこれとやり過ぎている人は、一度ご自身のケア方法を見直してみるといいかもしれません。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!