美肌作りの秘訣は内的要因と外的要因両方に対処する事!その方法とは

美肌作りには、秘訣があります。お肌が綺麗ではなくなってしまう要因には内的要因と外的要因があるので、その両方に適切に対処することが美肌作りの秘訣だと言えます。

そう言われるととても難しく感じられるかもしれませんが、具体的なケア法自体は難しいことではないので、毎日忙しくしている女性の方でも日々の生活の中でちょっとだけ意識をすることで十分改善ができます。

では、どのようなケアをすればいいのか、内的要因と外的要因に分けて具体的な対処法をまとめてご紹介します。

血行不良や代謝の低下などがお肌の健康を損なう!内的要因への対処法

まずは、内的要因への対処法から見ていきたいと思います。

内的要因とは?血行不良や代謝の低下など!

お肌が綺麗に見えなくなる内的要因としては、以下のようなものが挙げられます。

内的要因の種類 理由
血行不良 お肌を作るための栄養がお肌まで届けられない
代謝の低下 ターンオーバーが乱れる
栄養の偏りや栄養不足 お肌に必要な栄養素が足りない
女性ホルモンの分泌量の低下 お肌が乾燥しやすくなる
シワやシミが増える

それでは、それぞれの要因を引き起こす生活習慣をチェックし、具体的な改善法を確認しましょう。

血行不良を引き起こす生活習慣!ストレスや運動不足に気をつけよう

血行不良を引き起こすのは、以下のような生活習慣です。

  • ストレス
  • 運動不足

そこで、自分なりのストレス解消法を見つけたり、定期的な運動を行ったりして、血行が改善されるようにしたいものです。

代謝の低下を防ぐには運動と睡眠が大切!

代謝の低下を引き起こすのは、以下のような生活習慣です。

  • 運動不足
  • 睡眠不足

運動をしないでいると筋肉が衰えますが、それが代謝の低下に繋がります。

また、寝ている間にお肌はターンオーバーによって新しい細胞へと生まれ変わっているのですが、睡眠不足が続いているとこの働きが上手く行かず、古い細胞が残ったままで何となくくすんだ感じのお肌になってしまいます。

運動は血行改善のためにも代謝の低下を防ぐためにも、積極的に行いたいところです。合わせて、しっかり眠ることも大切です。寝る前のスマホやパソコンは眠りを浅くしてしまいますので、睡眠時間をしっかり確保するのとともにこれらを避け、睡眠の質を上げることにもこだわるようにしましょう。

栄養バランスが偏るとお肌の細胞が上手く作られないことも!

栄養バランスの偏りや女性に多いダイエットによる栄養不足は、お肌の細胞が上手く作られない原因になります。例えば、ダイエットの際に敬遠されがちなタンパク質はお肌の材料として必要ですし、お肌をみずみずしく保つために必要なコラーゲンの生成にはビタミンCが必要です。

このように、人の体は様々な栄養素が働いてくれることで作られているため、足りないものがあるとお肌の細胞も上手く作られないことになります。

そのため、栄養バランスを考えた食事をすることも美肌作りの秘訣だと言えます。

避けられない女性ホルモンの減少!改善策を知ろう

女性は、体内で分泌されるエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンがバランスよく働くことで健康が保たれています。お肌の調子を整えてくれるのはエストロゲンなので、エストロゲンの分泌量が多い時期はお肌の調子が良くなりがちです。

ですが、エストロゲンの分泌量は、以下のようなことの影響で減ってしまうことがあります。

  • 月経周期
  • 加齢
  • ストレス・睡眠不足

女性の体は、妊娠に備える意味で、月経周期に合わせてエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増えたり減ったりしながらバランスを保っています。

エストロゲンは排卵前に多くなりますので、この時期はお肌の調子がいいことが多いのが一般的です。逆に、月経前にはプロゲステロンの量が増えるので、お肌の調子が悪くなりがちです。もちろん、妊娠に備えてのことなのでそれが悪いことという意味ではないのですが、女性としては少しでもお肌の調子を整えたいものですよね。

また、加齢によって女性ホルモンを分泌する器官である卵巣が上手く働けなくなると、女性ホルモンの分泌量そのものが減ることでも、お肌が乾燥しやすくなったりシミやシワができやすくなったりします。そのほかにもほてりやのぼせ、頭痛などの症状が出る、いわゆる更年期障害も起こります。

さらに、女性ホルモンの分泌量を調節している脳の視床下部と呼ばれる部分は、ストレスや睡眠不足の影響を受けやすいと言われているため、ストレスがかかることでも女性ホルモンの分泌量が減ってしまう可能性があります。

そこで行いたいのが、以下の対策です。

  • 大豆製品の摂取
  • ストレス解消
  • 睡眠不足解消

月経や加齢による女性ホルモンの分泌量の減少は避けられないことではありますが、お肌の調子が悪い時には体内でエストロゲンと似た働きをしてくれる大豆イソフラボンが豊富に含まれる大豆製品を摂取することで、お肌の状態が改善できることがあります。ただし、過剰摂取には注意が必要です。

また、ストレスや睡眠不足は女性ホルモンに悪影響なので、これらを解消する方法を見つけることも大切です。

内的要因に対する対処法まとめ

では、ここまでの内容を元に、内的要因に対して行いたい対処法をまとめてご紹介します。

  1. ストレスの解消
  2. 運動不足の解消
  3. 睡眠不足の解消
  4. バランスのいい食事

それと合わせて、女性ホルモンの影響でお肌の調子がおもわしくないと感じる時期には大豆イソフラボンを摂ることで、お肌の調子を改善できることがあります。

お肌への刺激がお肌を傷める!外的要因への対処法

次に、外的要因への対処法を確認しましょう。

外的要因とは?乾燥や紫外線の影響など!

お肌が綺麗に見えなくなる外的要因としては、以下のようなものが挙げられます。

外的要因の種類 理由
紫外線 コラーゲンやエラスチンが破壊される
洗顔のやり過ぎ お肌のバリア機能が低下する
乾燥 お肌のバリア機能が低下する

それでは、それぞれの要因について具体的な改善法を確認しましょう。

年間通しての紫外線対策で光老化を防ぐ!

紫外線とひとくくりで呼びますが、地上まで届く紫外線には2種類あり、そのうちのUVAと呼ばれる紫外線は、もう一つのUVBと呼ばれる紫外線のようにお肌を赤くしたり痛みを感じさせたりすることが無いため、あまり意識されてこなかったという現状があります。

ですが、シワやシミが増えるなどの紫外線によるお肌の老化の原因は、お肌の奥の方にあるコラーゲンやエラスチンにダメージを与えるUVAで、UVAによるお肌の老化を光老化とも呼びます。

そのため、紫外線対策をする時には、UVBだけではなくUVAについても意識したいところです。

UVAは、以下のような特徴を持った紫外線です。

  • 年中降り注いでいる
  • ガラスも通り抜けることができる
  • 天気が悪い日でも降り注ぐ

夏にはUVBの影響が強く、お肌が日焼けしているのがすぐにわかるので、対策をする人がほとんどだと思います。ですが、UVAによる変化はすぐにわからないため、気づかないうちに光老化が進んでしまっていることがあります。

そこで、室内に居る時も含めて、年間を通しての紫外線対策が美肌作りには欠かせないと言えるのです。

洗顔のやり過ぎは必要な皮脂を奪う!刺激のない洗顔を

テカリの原因になったりすることで女性としては気になることから何かと悪者のように思われがちなのですが、皮脂はお肌を乾燥や外部からの刺激から守ってくれるものでもあるため、必要以上に皮脂を取り除くとお肌が乾燥したり外部からの刺激に弱くなったりして傷んでしまいます。

では、必要な皮脂まで奪われてしまうのはどのような時かというと、洗顔の時なのです。

洗顔の際に以下のようなことがあると、皮脂が落ち過ぎてしまうので注意しましょう。

  • 熱いお湯で顔を洗う
  • 刺激の強い洗顔料を使って顔を洗う
  • お肌を摩擦するような顔の洗い方をする
  • 1日に何度も顔を洗う

皮脂は、お湯の温度が高くなるほど溶け出しやすくなります。そのため、熱いと思うくらいのお湯で顔を洗うと、必要な皮脂まで落ちてしまいます。ぬるま湯で洗うのが、洗顔の基本です。

刺激の強い洗顔料も避けたいところですし、お肌を手で擦って摩擦をするような洗い方も避けましょう。洗顔料をしっかり泡立ててから洗顔をするようにすると、泡で洗うことができるのでお肌を直接手でこすらない洗顔になります。

多くても顔を洗うのは朝と晩の2回までで、それ以上洗顔をするのも避けたいところです。刺激が強いと感じた場合、メイクをしていない朝は水だけの洗顔でも問題ありませんので、貴女のお肌の状態に合わせて調節してみてもいいですね。

乾燥はお肌のバリア機能を低下させる!環境づくりと保湿で対策!

お肌が乾燥すると、ターンオーバーが上手く行かなくなる・外部からの刺激に弱くなるなどの理由でお肌が荒れやすくなり、美肌からは遠い状態になってしまいます。そこで、お肌の乾燥を防ぐために、以下のようなことを試しましょう。

  • 乾燥している場所では加湿をする
  • 化粧水・乳液・クリームなどで保湿をする
  • セラミドを補うと効果的

セラミドは、角質層にある水分のうちの80%を占めている成分ですので、効果的に保湿をしたい場合はセラミドを補う方法がお勧めです。

外的要因に対する対処法まとめ

それでは、ここまでの内容を元に、外的要因に対して行いたい対処法をまとめてご紹介します。

  1. 年間を通しての紫外線対策
  2. やり過ぎない洗顔
  3. 保湿

一度に全部のことをするのが難しければ気になることから始めよう!

ここまで、内的要因と外的要因に対して行いたい対策法を、それぞれご紹介してきました。とはいえ、一気に全部やろうと思ったら難しく感じると言われる方もいらっしゃることでしょう。

そのような場合の対処法も合わせて確認していきましょう。

ストレスにならない程度にできることからやろう!

美肌作りの秘訣の中にはストレス解消もありますので、お肌のためにあれこれやろうと考えることがかえってストレスになってしまっては逆効果になることもあり得ます。

そこで、いろいろなことを一度にするのが難しいと感じる方は、あれもこれもと手を出すのではなく、例えば睡眠が足りないと思ったらそこから改善する、洗顔の方法が気になるようであれば刺激になるような洗顔をしないなど、貴女自身が気になると思うことから手をつけるようにすることをお勧めします。

もちろん、一度にすべてのことに気をつけられれば効果も出やすいのですが、意識し過ぎると辛くなって長続きしないこともありますよね。そうならないように、できる範囲のことから始めて、だんだんといろいろなことが気をつけられるようにしていきたいものです。

内的要因と外的要因両方に対策をすることが美肌作りの秘訣!

美肌作りの秘訣は、運動不足や睡眠不足などからくる血行不調や代謝の低下などの内的要因と、紫外線や洗顔などの刺激からくるお肌のバリア機能の低下などの外的要因との両方にきちんと対処することです。

具体的には、内的要因に対しては運動を定期的に行う・できるだけ早く寝るようにするなどの対策が考えられますし、外的要因に対しては年間を通して紫外線対策をする・洗顔をお肌を摩擦しないようにしながら行うなどの対策が挙げられます。

それぞれの対策法は、意識すればそれほど難しいことではないと言えそうですが、全部について一度に考えるとなんだか負担…と思われる方は、貴女が今これはできていないなと思うことから改善していくと無理なく美肌作りができますね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!