冷え性が原因で起こる怖い3つの病気。放置は危険!

これからの寒い季節、悩まされるのが

体の冷えです。特に女性の方は、

冷え性になりやすいですよね。

 

しかし、冷え性なんて手足が冷た

なるくらいと安易に考えてはいけません。

 

実は冷え性は悪化すると、

体調不良や肌荒ればかりでなく、

 

とても怖い病気を引き起こす

原因にもなるのです。

 

特に若い人は、ファッション

だからと、薄着して

冷え性対策が不十分なことが

多いので注意が必要です。

 

今回この記事を読んで、

冷え性に対する正しい知識を

学ぶようにしましょう!

 

冷え性はあなどれない!放置していては危険!

 

女性に多い冷え性。なっている人が

多いと、風邪と同じでさほど怖い

感じはしませんが、

 

実は冷え性ってかなり危険な

サインなんです。

 

冷え性は一言で言うと、

体の血流が悪い状態。

 

全身にうまく血が巡らないので、

手足が冷えたりするわけですね。

 

しかし、この血流が悪いという

ことは実際とても恐ろしいこと

なのです。

 

 

体が温かい人(健康な人)の場合と

比較して具体的に説明していきます。

 

まず、健康な体であれば、血管は

しなやかで弾性があり、血液も

サラサラ流れます。

 

そのため、全身の細胞にも充分な

酸素や栄養素が運ばれ、

老廃物の運び出しもスムーズ。

 

 

一方で、体が冷えている人(冷え性)は

冷えのせいで血管が縮まって硬くなり、

血液もドロドロになっています。

 

また、体温が低いと、食べ物から摂取した

脂肪分が血管内で固まり、こびりついて

しまいます。

 

そうすると、血管にこびりついた脂肪が

血液の流れを邪魔して、

 

細胞への酸素や栄養素が運ばれにくく、

老廃物も溜まってしまいます。

 

 

どうでしょう?

 

表面ではただ冷えている

だけですが、

 

体内では血管がこんな汚い状態に

陥っていたのです。

 

では、こういった状態が続くと

どうなるのか?

 

次で説明していきます。

 

 

冷え性によってもたらされる様々な不調

血管内があんなに汚れていれば、

 

体にとって良くないことだけは

お分かりになると思います。

 

では、このままの状態を放置して

おくと、体にどんな悪影響をもたらす

のか?

 

まず、多いのが、

以下の3つの症状↓

 

●肩こり

●お腹の不調(下痢、便秘、膀胱炎、頻尿)

●頭痛

 

 

これらはよく起こる症状であり、

薬などを飲んで症状を抑えるという

人が多いと思いますが、

 

これらの症状は全て

冷えからくるものです。

 

なので、薬を飲んでも効果は

一時的にだけで、

 

効果が切れればまた同じ不調を

繰り返してしまい、

 

 

根本から冷えを解消しなければ、

改善されません。

 

そしてその他にも・・・

 

新陳代謝の低下

免疫力の低下

自律神経の乱れ

生理不順

アレルギー性疾患

更年期障害

糖尿病

白内障

肥満

頻尿

不眠

低血圧

肌荒れ

疲れ、だるさ

イライラする

・・・などなど、

 

 

冷えによって様々な不調が

起こるようになります。

 

 

しかし、これらの症状はまだ、

自力で改善する余地があるので、

軽度レベルの不調と言えますが、

 

自力では改善できない重度レベルの

症状に陥る場合もあります。

 

 

冷え性が原因で起こる怖い3つの病気。

それが以下の病気です。

 

●ガン

●不妊症

●うつ病

 

 

まさか、これらの病気が冷えから

くるものだったとは思いもしなかった

という人は多いと思います。

 

もちろん、冷えが全ての原因では

ありませんが、大きく関わっている

ことは確かです。

 

では、なぜ冷えによってこれらの

病気を引き起こしてしまうのか?

 

具体的に説明していきます。

 

 

 

冷えによってガンになる理由

 

一見、冷えとガンは何の関係も

ないように思えるのですが、

実はガンは冷えによる低体温、

 

免疫力の低下、自律神経の乱れ

によって引き起こされる可能性

があるのです。

 

リンパ球の一種であるNK細胞には

ガンを攻撃する働きがあります。

 

通常、毎日3000~5000個のガン

細胞が生まれますが、

 

健康な人であれば、NK細胞が

これを死滅させます。

 

しかし、冷えによって免疫力が

下がり、自律神経が乱れていると

リンパ球が減り、働きが鈍るため、

ガンが発症しやすくなるのです。

 

また、がんは低体温の状態で

細胞分裂が活発になるため、

 

体が冷えている状態では増殖し

放題になってしまうのです。

 

 

 

冷えによって不妊症になる理由

 

続いての不妊症ですが、これは

女性だけでなく、男性も冷えて

いることが原因となっていること

があります。

 

男性の場合、冷えが原因となって、

無精子症や精子数減少、勃起不全

などを引き起こしますが、

 

女性の場合は、冷えによる血行障害

によって、卵巣機能、黄体機能などの

生殖機能が低下し、卵胞刺激ホルモンが

分泌されにくくなると、排卵障害を引き

起こします。

 

また、卵巣への血行が不足すると、

卵巣の発育が悪くなり、

排卵しなくなることもあります。

 

さらに冷えから生理不順にも

なりやすく、

 

この生理不順が子宮内膜症など、

さらなる病気を引き起こす原因

にもなるのです。

 

 

 

冷えによってうつ病になる理由

 

なぜ冷えがうつ病を引き起こすのか

疑問に思う人も多いと思いますが、

 

これは、冷えによって自律神経の

乱れを引き起こすことが1番の原因です。

 

自律神経は交感神経、副交感神経

の2つの神経から成り立っています。

 

交感神経は昼間など活発に動いている

ときに働き、この神経が働いている

ときは緊張、集中状態にあります。

 

一方の副交感神経は、寝ている時、

お風呂に入っているときに働き、

 

この神経が働いているときは

リラックスした穏やかな状態

あります。

 

そして、交感神経が働いている

ときは血管は収縮し、血行は抑制

され、体温が下がり、心拍が上昇。

 

副交感神経が働いているときは、

血管は広がり、血行が良くなり、

体温が上昇し、心拍は穏やかに

なります。

 

しかし、自律神経が乱れると、

本来昼間は交感神経、夜は副

交感神経と、交互にバランス良く

働くはずが、

 

緊張、集中状態である交感神経

ばかりが働いてしまう状態に

なってしまいます。

 

 

つまり、寝ても、お風呂に入っても

常に緊張状態にあるので、

 

疲れが取れにくく、ちょっと

したことでもイライラしたり、

心も体も休まらなくなります。

 

そしてこの状態が長く続くこと

によって、うつ病を発症して

しまうのです。

 

交感神経が働いているときは

体温が下がっている状態です、

 

つまり、体が冷えていると

交感神経が活発になりやすく、

自律神経の乱れにつながり、

 

これが極限に達してしまうと

うつ病を発症してしまうのです。

 

 

 

全ての不調は冷えが原因!

 

上記で述べた、体の不調の原因は

疲労やストレスからくるものだと

思っている人も多いと思いますが、

 

実はそのもっと根本にあるのが

冷えなんです。

 

私達人間は生きていく上で、

様々な困難や壁があります。

 

仕事のこと

育児のこと

人間関係のこと

家庭のこと

金銭問題のこと

 

これらの問題に日々悩まされ、

精神的に体力的に疲れきって

しまっている状態の人も多い

でしょう。

 

 

しかし、これらの問題は生きて

いる以上、避けることができない

ものばかりです。

 

だったら、乗り越えていくしか

ありませんよね。

 

そのためには、心身ともに

ゆっくり休んで、

 

頑張るためのエネルギーを

蓄える必要があります。

 

しかし、体が冷えきっていると

自律神経がうまく働かず、

常に緊張状態に陥ってしまうので、

 

エネルギーを蓄えるどころか、

さらに体の状態は悪化し、

大きな病気への引き金となって

しまうのです。

 

自律神経の乱れは体全体の

機能を狂わせます。

 

そしてその自律神経を乱れを

起こしているのが冷えなのです。

 

ですから、体の全ての不調は

冷えが原因と言っても過言では

ないのです。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

 

冷えがどんなに怖いものか

お分かりいただけましたか?

 

冷え性は女性に多いとは言いますが、

もちろん男性も冷え性になります。

 

割合的に少ないというだけなので、

男性も他人事だと思わないでくださいね。

 

 

特に若い人は冷えに対する危機感が

薄いので注意が必要です。

 

冷えは不妊症の原因にもなるので、

むしろ若い人こそ真剣に考えなけれ

ばいけません。

 

 

今回は冷え性がどんなに

怖いものかを解説する内容に

なりましたが、

 

次回もこの冷え性について詳しく

書いていきたいと思います。

 

次回では、自分が冷え性が

どうかをチェックする内容に

したいと思います。

 

手足が冷たくないからと言って

冷え性じゃないとは言えません。

 

一見冷え性の症状がなくても

実は冷え性だったという

 

隠れ冷え性」の場合も

ありますから、

 

安心はできませんよ。

 

次回の記事で、自分が冷え性かどうか

しっかりチェックしてみてくださいね!!

 

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!