手をもむだけで美肌効果が?成長ホルモンもアップ?

顔のスキンケアをするときは

当然ながら顔に直接美容液を

塗ったり、マッサージしたり

するわけですが、

 

なんと、顔に一切触れずに、

手をもむだけで美肌効果を

得ることができるんだそうです。

 

しかも、お肌を再生するために

欠かせない成長ホルモン

(若返りホルモン)の分泌も

アップするんだとか!

 

果たしてこれは本当なのか?

 

今回この記事で詳しく

書いていきたいと思います。

 

なぜ手をもむと美肌になるの?

 

まず、なぜ直接顔に触れずに

手をもむだけで美肌効果が

得られるかという点なんですが、

 

これはツボ押しと同じ理由

です。

 

腰痛、肩こり、冷え性、

目の疲れなど、

 

これらの体の不調を改善

するとき、

 

よく、体の○○にある

なんちゃらっていうツボを

押すと良いですよ~

 

なんて言われたりしますよね。

 

それと同じで、手にも、美肌に

効くツボがあり、

 

ここを刺激することで、

肌トラブルを改善して

くれるというわけなんです。

 

では、具体的にどんな効果を

得ることができるのか説明

していきます。

 

 

 

①肌の新陳代謝アップ

 

手を刺激すると延髄(えんずい)

と呼ばれる脳の一部も刺激されます。

 

延髄は血液のポンプである心臓と、

呼吸・心肺活動に深く関わっている

ため、ここを刺激すると、

 

全身の循環機能が良くなり、肌の

新陳代謝がアップします。

 

肌の代謝がアップすれば、くすみ

やシミ、しわ、ニキビなど肌トラブル

の改善につながります。

 

 

 

②成長ホルモンアップ

 

手を刺激すると、腎臓のそばにある

副腎と呼ばれる内分泌器や、

 

甲状腺の裏側にある副甲状腺

という臓器を刺激します。

 

この2つの臓器は体内の環境を

一定に保つためのホルモンを

分泌する役割をしているので、

 

この2つの臓器を刺激すれば、

ホルモンの分泌量が安定し、

 

成長ホルモン(若返りホルモン)

の分泌がアップ。

 

成長ホルモンは体の組織の成長を

促したり、代謝をアップしたり

する役割をしているので、

 

この成長ホルモンが安定して

分泌されると、肌老化の進行を

遅らせることにつながります。

 

 

 

③免疫力アップ

 

手を刺激すると、胸骨の裏側、

心臓の上前部にある胸腺という

臓器を刺激します。

 

胸腺は私達の体を、外部から侵入

してきた病原体から守る働きを

するTリンパ球と呼ばれる白血球を

つくっている臓器です。

 

つまり、免疫機能の役割をしている

のと同じなので、

 

この胸腺を刺激することは、肌の

免疫力アップにつながり、

 

バリア機能とストレス耐性が向上

します。

 

その結果、紫外線など、外部の

刺激に強くなり、

 

シミ、しわになりづらい丈夫な

肌を作ることができます。

 

 

 

 

手もみのやり方!

では、手を刺激することで美肌効果

が得られる仕組みが分かったところで、

 

早速手もみのやり方をご紹介して

いきます。

 

手をもむだけなので、いつでも

どこでも簡単にできます。

 

是非毎日の習慣にしてみて

ください(*’ω’*)

 

 

 

両手をこすり合わせる

 

まずは、両手のひらを重ね、

上下に素早く動かして約200回

こすり合わせます。

 

これで全身の血流が良くなり、

新陳代謝が活発になります。

 

 

 

手のひらをもむ

 中指の第2関節の下(循環)と、

その下の指の腹部(免疫力)を

もう一方の手の親指と人差し指

を使い、「つまむ→離す」を

繰り返し行います。

 

左右両方とももみましょう。

 

 

 左手の人差し指と親指の

付け根の間から、手のひら中央を

横切って伸びるしわ(ホルモン

をつまみもみます。

 

手の指を軽く前に倒し、皮膚がゆる

んだところをつまむようにして

もみましょう。

 

もし、うまくもめない場合は、

つまようじの頭部分(とがって

ない方)でプッシュもみしましょう。

左右両方とももみましょう。

 

 

 

 

手の甲をもむ

 手のひらのときと同様、中指の

爪の真ん中から第1関節までの部分

(循環)をもう一方の手の親指と

人差し指を使い、「つまむ→離す

を繰り返し行います。

 

左右両方とももみましょう。

 

 

 手の甲の下部、手首近くにある

2ヶ所のポイント(画像参照)を

プッシュもみします。

 

つまようじなどの頭部分を使って

もむとやりやすくて◎

 

左右両方とももみましょう。

 

 

 手の甲の真ん中より下部、

逆L字形に広がるポイント(

画像参照)を「つまむ→離す

をリズミカルに行います。

 

左右両方とももみましょう。

 

 

 

1日の目安時間・回数

 

手をこすり合わせることから

スタートし、手のひら、手の甲

全てのエリアまでもむまでを

1セットとします。

 

1セットにかかる目安時間は

5分で、朝昼晩と、1日3回

行うようにしましょう。

 

ちなみに各部位をもむ順番は

自由でかまいません。

 

 

 

 

実際の効果のほどは?

 

この手もみを、モニターが試した

結果、約85%の人が効果を実感

しているそうです。

 

ここは個人差があり、必ずしも

全員に効果的というわけでは

ないですが、

 

何せ、手をもむだけで簡単なので、

テレビを見ながらだったり、

 

運転中信号待ちのとき、寝る前

布団の中でなど、

 

いつでもどこでもできるのが

魅力です。

 

 

私は今まで、手をもむ美容法が

あるとは知りませんでしたが、

 

手を刺激することは昔から

健康に良いとされていて、

 

それに関連する本も多数出て

いるんですね。

 

気になったのはこちらの本↓

 

こちらは爪をもむというもの

ですが、まあ手の一部なんで

手もみと一緒ですね。

 

 

で、この爪もみ、実際の効果

のほどはどうなのか、

体験者の声を集めてみました。

 

 

Aさん

 

ストレスからくる微熱が続き、爪もみを

始めたら、よくなりました。

 

 

Bさん

 

母が急性骨髄性白血病で、

抗がん剤治療を余儀なくされた

ものの副作用に勝てず、

 

治療も数日で中止になり、途方に

暮れている中、この爪もみと出会い

ました。

 

実践してみると、徐々に食事も

取れるようになり、みるみる回復。

 

全身管だらけになった人とは

とても思えませんでした。

 

その後病気は進行せず、母は掃除、

洗濯、お料理、友達とお出かけと

普通に元気に暮らしています。

 

もちろん爪もみも続けています。

 

 

 

Cさん

 

関節リウマチの初期症状があり、

強張りと肘の激痛で苦しんでいま

したが、この爪もみを毎日爪が

痛くなるくらいもみ続けた結果、

 

2週間でだいぶ良くなり、1ヶ月

経つ頃には手のこわばりがなく

なりました。

 

今では関節リウマチの症状は

まったくありません。

 

なにか他にしていたわけでは

ないので、爪もみの効能と

思っています。

 

 

 

Dさん

 

爪もみを初めて1ヶ月ぐらいになりますが、

まずひどかった冷え性が治りました。

 

次に尿の量が良く出るようになりました。

このまま続けていくと他のいろんな不快

症状が改善していくと思っています。

 

 

 

Eさん

 

爪もみをはじめまてその日の夜、

寝ようと横になっていると本当に

身体がぽかぽかして、血行というか

爪もみの効果があるのが実感できました。

 

気持もというか心配事があってもくよくよ

しないようになったのもそのおかげでしょうか?

 

 

 

Dさん

 

潰瘍性大腸炎を患っている(いた)ものですが、

半信半疑で爪もみを始めたら、

あの辛い症状が1週間でなくなって

しまいました!現在2ヶ月程経過してますが、

薬は一切服用せず、全く健康な状態を保ててます。

 

 

 

 

一方でこんな感想も・・・・

 

 

一年以上続けましたが、効果なし。

 

やりましたが、効果が、あったかは、

わかりませんでした。」

 

母がガンの手術をして、これといった

治療ができなかったので、何かしたくて購入。

奇跡は起きなかったです。

 

 

 

 

などなど、効いた人、効かない人、

それぞれいますが、個人的には

やって損はないと感じますね。

 

そもそもこの爪もみでなぜ健康になる

かというところなんですが、

 

具体的には爪をもむことで、

 

自律神経の乱れが正常になり、

 

全身の血液循環が良くなって

ほとんどの病気が治るということ

らしいです。

 

 

単純に考えて、爪もんだくらい

で全部の病気が治れば医者は

いらないわけですが、

 

体験談にもあるように、医者

行っても治せなかった病気が

治ったという実例もあるので、

 

効果があるのは本当だと

思います。

 

ただし、誰にでも効くわけでは

ないということですね。

 

これ、当然と言えば当然ですが・・。

 

 

でも、爪もむだけで体の不調が

治るんなら、タダですし、やって

も損はないですよね。

 

気になる方は試しに実践して

みてくださいね(*’ω’*)

 

 

 

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!