豚足のコラーゲンは美肌効果抜群!効果的な食べ方とは

コラーゲンはお肌にハリや弾力を出す成分なので、女性としては美肌作りのためにぜひ積極的に食べたい成分です。本来、お肌にはコラーゲンがあるのですが、加齢などによって減る性質を持つため、食べたり化粧品を使ったりすることで補うことが美肌作りに効果的です。

コラーゲンを食べる方法で補う場合、当然だと言われそうではありますが、コラーゲンを多く含む食べ物を食べることが有効です。

その一つとして豚足が良く知られていますが、豚足にはコラーゲンを多く含むだけではなく、さらにお肌のためにぜひ摂りたい栄養素であるビタミンB群も豊富なので、ぜひ美肌作りに役立てたい食材だと言えます。

では、豚足の美肌効果について、詳しく確認しましょう。

豚肉に豊富に含まれるコラーゲンが美肌作りに役立つ理由をチェック

豚足にはコラーゲンが豊富に含まれていますが、なぜコラーゲンを豊富に含む食べ物が美肌作りに役立つと言えるのでしょうか。まずは、その理由から確認しましょう。

コラーゲンはお肌の中にもともとある成分で真皮の70%を占めている!

コラーゲンは、タンパク質の一種です。もともと私達の肌に存在しているコラーゲンは、繊維芽細胞というところで作られています。

私達の肌は、表側から表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれていて、コラーゲンはこのうちの真皮に多くあり、真皮の70%を占めていると言います。

真皮の中では、コラーゲンの線維同士が絡まることによってお肌に弾力や柔らかさを持たせ、ハリを出しています。さらに、コラーゲン線維そのものにも弾力があります。そのため、コラーゲンがあることでお肌に弾力やハリが出ると言えるのです。

ところが、コラーゲンは加齢・血流低下・紫外線の影響などの様々な理由で減少していきますので、年齢を重ねるうちにお肌のコラーゲンの量が減少し、お肌の弾力やハリが失われてしまうのです。

加齢などの影響とはいえ、女性としては少しでも若々しく見られたいところですよね。そこで、コラーゲンを多く含む食品を食べるなどして、対策をすることが重要だと言えます。

よくある誤解!コラーゲンはそのまま吸収されるわけではない!?

豚足をはじめとしたコラーゲンが豊富な食べ物を食べると美肌効果が得られると言いますので、コラーゲンは食べたらそのままコラーゲンとして使われると誤解されることもあるのですが、実は食べたコラーゲンがそのままコラーゲンとして使われるわけではありません。

コラーゲンは、以下のような流れで体に吸収され、使われます。

  1. 食べたコラーゲンは酵素によって分解されアミノ酸やペプチドになる
  2. 小腸で吸収されて必要な場所まで血液に乗って運ばれる
  3. 運ばれた先で必要とされるタンパク質にもう一度合成される

先ほどもお話したように、コラーゲンはタンパク質の一種ですから、分解されたコラーゲンがもう一度コラーゲンに合成されて使われることも考えられますが、そうでない可能性もあるということですね。

とはいえ、コラーゲンも材料が無いと合成されませんから、コラーゲンをしっかり摂っておけばコラーゲンを含むタンパク質が合成されやすい状態を作れますので、コラーゲンを取ることでお肌が綺麗になったという声が実際に聞かれるわけです。

豚足の効果的な食べ方は?ポイントはビタミンCと合わせること!

コラーゲンはそのまま吸収されるわけではなく、分解されてから吸収され、必要と思われればコラーゲンとして再合成されることを確認しました。

実は、豚足などのコラーゲン豊富な食べ物は、ビタミンCと合わせて食べることで高い効果を発揮する可能性があります。では、そう言える理由を詳しく見ていきましょう。

コラーゲンはビタミンCが無ければ合成できない!

先ほど、コラーゲンが分解されてタンパク質に再合成されるまでの流れを確認しましたが、食べたコラーゲンがコラーゲンに再合成される際にも分解される際と同様に酵素が必要となります。

そして、コラーゲンが合成される際に働く酵素はビタミンCのサポートを受けて働く性質を持っていますので、ビタミンCが足りないとコラーゲンを合成することができません。

そのため、豚足などのコラーゲン豊富な食べ物は、ビタミンCと合わせて食べることで高い効果を発揮すると言えるのです。

豚足にはビタミンCが含まれていませんので、ビタミンCが含まれる食材と合わせることでコラーゲンを合成する力が高められるわけですね。

ビタミンC自体も美肌効果を持つ!

コラーゲンを生成するために欠かせないビタミンCですが、コラーゲンの生成に関わる以外にも以下のような美肌効果を持っていますので、積極的に摂りたいところです。

  • 抗酸化作用によるアンチエイジング効果
  • 免疫力を高める効果
  • ストレスに対抗するホルモンを合成に関わる

お肌や体は酸化することによってだんだんと老いていきますが、ビタミンCには抗酸化作用があることからお肌や体の老化を遅らせるアンチエイジングの効果が期待できます。

また、免疫力を高めてくれるので、体やお肌の健康作りに役立ちます。

さらに、ビタミンCはストレスに対抗するホルモンの合成にも関わりますので、ストレス解消に役立ちます。ストレスがかかると血流が悪化しますので、ターンオーバーが乱れるなどお肌にも悪影響なので、ストレス解消効果を持っていることでも美肌作りに役立つと言えます。

ビタミンCを多く含む食べ物の例

ビタミンCは、以下のような食べ物に多く含まれています。

  • 赤ピーマン
  • 黄ピーマン
  • 芽キャベツ
  • ブロッコリー
  • パセリ
  • かんきつ類
  • いも類

ビタミンCは水に溶けやすく排出されやすい!効果的な摂り方は?

ビタミンCには、以下のような性質があります。

  • 水溶性(水に溶けやすい)
  • 体内にとどまりにくい
  • 食後に摂る方が吸収率が高い
  • 収穫して長く置くと減少する
  • ビタミンCの種類によっては熱に弱いものもある

ビタミンCは水溶性と言って、水に溶けやすい性質を持ちます。そのため、摂取しても体内にあまり長い時間とどまっていることができません。

厚生労働省によると、ビタミンCの摂取基準量は15歳以上の女性の場合1日に100mgですが、多めに摂取しても不要なものは尿と共に排出されます。ただし、腎機能障害がある人の場合、結石ができるなどの問題が起こる可能性もあるため注意が必要です。

ビタミンCの性質を元にすると、効果的に摂るなら以下の方法がお勧めだと言えます。

  • 毎日摂る
  • 食後に摂る
  • 収穫したり買ったりした食品は早めに食べる
  • 生のまま食べられるものは生で食べる

加熱が必要ないも類に含まれるビタミンCは、熱が加わっても壊れにくい性質を持っています。

豚足には美肌作りに欠かせないビタミンB群も多く含まれる!

豚足には、コラーゲン以外にもビタミンB群が多く含まれており、それも美肌作りに役立つ理由だと言えます。

では、含まれるビタミンB群の種類や働きを見ていきましょう・

豚足に含まれるビタミンB群の種類と働き

豚足に含まれ美肌効果を持つビタミンB群には、以下のような種類のものがあります。

ビタミンB群の種類 効果
ビタミンB1 エネルギーを作る
お肌や粘膜の健康維持に役立つ
ビタミンB2 脂質やタンパク質の代謝を促す
脂性の肌になるのを避けお肌の健康を助ける
ビタミンB6 タンパク質の合成・分解を補助する
皮膚や粘膜などを作る
ターンオーバーを整える
パントテン酸 タンパク質などの代謝に役立つ酵素の補助をする
お肌や粘膜の健康維持に役立つ
ナイアシン エネルギーを作る酵素の補助をする
お肌や粘膜の健康維持に役立つ

コラーゲン以外に、これらの働きをするビタミンB群が豊富に含まれていることからも、豚足は美肌作りに役立つ食べ物だと言えるんですね。

コラーゲンとビタミンB群を豊富に含む豚足で美肌効果を得よう!

豚足は、コラーゲンとビタミンB群が含まれていることから美肌効果の高い食べ物だと言えます。

とはいえ、食べたコラーゲンはそのままコラーゲンとして使われるのではなく、一度分解されてから必要だと判断されれば再度コラーゲンとして合成される性質を持ちます。

コラーゲンが合成される際にはビタミンCが欠かせませんので、豚足にはほとんど含まれないビタミンCが豊富に含まれる食べ物と合わせて食べることで、コラーゲンが合成されやすくなりさらに豚足の美肌効果を高めることができます。

食事は毎日するものですので、メニューを変えるのなら忙しい女性の方でも負担を感じずに美肌作りができそうですね。日々の食卓に豚足を摂り入れて、ぜひ美肌を目指しましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!