じゃがいもはダイエットの敵ではなかった!効果的な食べ方

どうしても、ダイエットをすると炭水化物である主食やイモ類を制限します。しかしその影響でおなかはいつも満たされない状況が生じてきます。それがやがてストレスになり体の不調が起こってきてしまいます。

しかし、その敬遠されるイモ類の代表選手である、じゃがいもが実はダイエットにとても役に立つ食材だとしたら何とも嬉しい限りです。じゃがいもが大好きな女子にとっては朗報に違いありません。

じゃがいもがどうしてダイエットに役に立つのかと言う事と、じゃがいもに含まれる豊富な栄養などの知識を身につけて、無理のない楽しいダイエットをしてみる事をおススメします。

ダイエットの敵ではないじゃがいもに含まれる栄養とは

ジャガイモに含まれている栄養素とは、どのようなものがあるのか知っておくと、ダイエットをするのにとても役立つでしょう!

・主なじゃがいもの栄養

ビタミンC
クロロゲン酸
カリウム
食物繊維
リン・鉄・亜鉛・養蚕・マグネシウム などなど色々な栄養素がたくさん含まれています。

・ダイエットに役立つ栄養は?

じゃがいもの栄養でダイエットに役立つ成分はズバリ「でんぷん」
しかし、今流行の「低糖質ダイエット」では必ず「×印がつく」食材の中のひとつです。
ですがこのでんぷんの栄養こそが「じゃがいもダイエット」には必要不可欠な栄養成分なのです。

その他にダイエットに役立つ栄養素

  • クロロゲン酸

=ポリフェノールの一種で抗酸化作用が主なものですが、脂肪の蓄積を抑える働きがあります。(皮に多く含まれています。)

  • カリウム

=体の中の塩分の濃度の調節をしてくれる成分。じゃがいもにはとても多く含まれているので、むくみを改善するのにとても良い成分です。

  • ビタミンC

=抗酸化作用や美肌に役立つと言われています。しかしこのビタミンCは脂肪燃焼に大事な栄養素でもあります。(じゃがいものビタミンCは加熱してもその性質が壊れにくい=失われにくいのでとても摂取するのにはよいでしょう)

・じゃがいものレジスタントスターチとは?

「レジスタントスターチ=難消化性でんぷん」です。このレズスタントスターチは消化が遅く人間の大腸まで届きエネルギーになりにくい成分です。
この消化が遅い特質から「腹持ちがとてもいい」と言われます。そして、大腸に届きエネルギーになりにくいと言うことは、太りにくいと言う事にもつながります。

即効性でエネルギーに変換される食材は血糖値が急激に上がりやすく、太りやすいと言われますよね。ですから、大腸まで届いてしまうエネルギー変換に時間がかかるので血糖値の上昇も緩やかです。まさにこの「レジスタントスターチ」はダイエットには欠かせない栄養素のひとつといえます。

さらにもう1つ、この「レジスタントスターチ」は食物繊維と同じ働きをしてくれますので整腸効果にも一役かってくれます。ダイエットをすると陥りやすい「便秘」対策にはもってこいと言うわけです。

このレジスタントスターチは加熱した物を常温でゆっくりと冷まし冷やすと、その成分が「およそ2倍」に増えると言われています。
そうなるとさらに効果を高めたい場合は、冷やして食べるのがおススメですね。

じゃがいもをどのように食べると効果があるのか

それでは、どのようにじゃがいもを食事の中に取り入れればとても、効率の良いダイエット効果が得られるのか?その正しい方法を探ってみました。

じゃがいもの正しい取り入れ方

やり方は簡単です。食事前に「必ずじゃがいもを1個以上食べる事」。
しかし、1個以上と言っても大量に食べてしまっては、本末転倒になってしまうので気をつけてくださいね。

・食べる時間帯やタイミングと食べ方

食事をする前の30分前くらいに食べておくのが一番ベストなタイミングです。
ある程度ゆっくりと血糖値が上昇しその後の食事量を抑えられます。「食事量の減少」につながります。

食べ方は、どんな方法でも良いのですが「おススメは蒸しじゃがいも」です。

じゃがいもは色々な料理に登場する食材ですが、調理方法によっては「カロリーが大幅アップ」する食材でもあります。
フライドポテトやコロッケ、そしてポテトサラダなどの高カロリーになりがちな料理ではなく、シンプルに食べる方法がよいでしょう。
そして、じゃがいもだけに偏らずにちゃんと、バランスの良い食事も3色心がける事。
「じゃがいものみ」は絶対ダメですよ。

おいしくたのしくダイエット(お勧めレシピ)

いくらシンプルな調理法方がダイエットには適しているとわかっていても、毎日同じ食べ方では飽きてしまい、なかなか長続きをさせることは難しいですよね。
そこで、低カロリーでもちゃんとしたストレスフリーなレシピを紹介します。
ぜひ、参考までに!おためしあれ!

レシピ集

基本の茹で方
お鍋で茹でる。そのまま皮付きです。しかしもっと簡単な方法は、電子レンジで加熱!
茹でるとビタミンCが少量ですが失われがちです。
しかし電子レンジで加熱すれば「簡単で且つ栄養素も失われない!」いいこと尽くめです。
加熱時間はお手持ちの電子レンジの「仕様書」でお確かめくださいね。

・じゃがいものマヨなしポテサラ
材料(1人分)

  • ジャガイモ  1個(およそ100~150g)
  • きゅうり  1/3本
  • タマネギ  1/10個
  • にんじん  1~2センチ
  • (お好みで、プレーンヨーグルトかスライスチーズを適宜)コクがまします。
  • 寿司酢(ミツカンなどの市販品)大さじ1
  • コショウ 適宜(あれば黒の粗引きがおススメです。)

作り方
1、 上記の基本の方法で加熱したじゃがいもを好きな硬さにつぶす。
2、 タマネギときゅうりをスライスし水にさらして水気を切る。
(キュウリは塩もみした後しぼっておくと、水分で水っぽくならずにさらに美味しくなります。)
3、 にんじんはいちょう切りのスライスにして、電子レンジで約1分ほど加熱。
4、 全ての材料を混ぜ合わせ寿司酢混ぜ合わせる。
(↑このときにプレーンヨーグルトやスライスチーズを一緒に入れてください)
5、 最後にコショウを少々振りいれ味を調えて完成です。

・じゃがいも餅
材料(1人分)

  • ジャガイモ  中サイズ1個
  • とるけるチーズ  10~15g
  • 塩コショウ 少々
  • 片栗粉 大さじ1
  • マヨネーズ 大さじ1(牛乳や生クリームでもよいです)

作り方
1、基本の方法で加熱したジャガイモを熱いうちに皮を剥きチーズを入れ、よく混ぜながら潰す。(良く潰してください。)

2、1のじゃがいもにその他の調味料を入れよく捏ねます。
3、2を小判上の丸型に成型し、油を引いたフライパンで両面こんがりと焼き色がつくまで焼きます。
4、醤油・ケチャップなどのお好みのものをつけて完成です。

最終的に一番効果のある食べ方はこれ!

簡単に一まとめにすると・・・どのような食べ方なのかをまとめてみましたので、もう一度確認してくださいね。

じゃがいもダイエット効果抜群方法まとめ

食事の前に必ず「ジャガイモを食べる」
冷えたものが良い
そのほかは、バランスのよい3色をきっちり食べる。

以上の3点を守ると、緩やかではあるかもしれませんが、ストレスのない「ダイエット」が成功することでしょう。

ストレスを感じてしまうダイエット方法では、長続きしないばかりだけではなく、かえって「反動」が起こる可能性があります。
無理のない方法で緩やかに長続きさせられるのが「じゃがいもダイエットの最大の効果」であると言える事でしょう。

ぜひとも、今日からトライしてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!