太るのは生理前だから?できるだけ体重が増えないようにする方法

そんなに食べたつもりもないのに、体重が増えていたり、やたらと甘いものが食べたくなると思っていたら、そろそろ生理がくる時期だった!ということありませんか?

また、生理前は太ると知っていても、徐々に増えていく体重に不安になることもあるのではないでしょうか。

必ずしも増加するという訳ではありませんが、そういう方は多いと考えられます。

原因はやはりホルモンバランス

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、生理前に太るのはホルモンバランスが大きく影響しています。

排卵後、女性の身体は妊娠の有無にかかわらず、赤ちゃんを迎える準備をはじめるため、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が活発になります。

黄体ホルモンが多く分泌されることで代謝も下がります。水分や栄養分をためこむように身体をシフトしています。

女性の身体は基本的には毎月、子宮で赤ちゃんを育てる準備をするのですね。そのことが体重増加に通じているのです。

体重が増えはじめるのはいつ頃から?

排卵がおこるのは基本、生理の2週間程前です。
排卵の翌日から黄体ホルモンは増えはじめます。

体重が増え始めるのには、もちろん個人差がありますが、生理が始まる10日前くらいから3日ほど前の間と考えられます。

ホルモンの影響で起こる様々な影響

生理前に増えるホルモンの影響によって、どういったことが起こるのでしょうか。またなぜ太るのでしょうか。

むくみ

黄体ホルモンは、身体にため込むように、または排出しないような働きをしているため、水分と栄養分をため込んで体がむくみます。その水分や栄養分、そして脂肪分が体重にも反映されます。

低血糖

黄体ホルモンはインスリンへも影響を及ぼします。インスリンの効きが減る事でインスリンが多く出て、血糖値を下げてしまいます。

血糖値が下がると、体内に糖分を補充しようと甘いものや炭水化物を強く欲するようになるのです。

血糖値が下がる事でアドレナリンが出て、イライラにも繋がっていくのです。生理前はイライラするというのはそういう体の仕組みから来ているのですね。

便秘ぎみになる

黄体ホルモンはさらに、腸の動きを悪くするため、便秘がちになるということも考えられます。その為、体重が増えるのですね。

代謝が落ちる

身体にためこもうとする働きによって、代謝も落ちます。代謝が落ちることで排出しにくくなることから、体重が増えるということになります。

増加した体重が戻るのは生理開始後!

自然に過ごしていても、ドカ食いや間食が増えていなくても、生理前は体重が増える傾向にあることが分かりました。
では、増えた体重はいつかもどるのでしょうか。

ご安心ください。もちろん体重は戻ります。
生理開始とともに徐々にむくみが取れ始め、徐々に水分も排出され戻ります。

ただ、生理前の食生活や栄養バランスが偏っていたり過剰に糖分を摂取してしまい、増えた分がそのまま戻らないこともあり得ます。

ここが気をつけたいところです。
つまり、生理前の時期の過ごし方によって戻るかどうかは違ってくるのですね。

太らないようにするために気をつけたいこと

生理前だから絶対に太る、という訳ではありませんが、「太りやすい時期」でありますので、太らないように気を付けて生活することはとても大事です。
いくつか対策をあげてみましょう。

なるべく体を動かして過ごす

生理前であっても適度な運動は必要不可欠です。ただし、体調を崩しやすい時期でもありますので、体調と相談しながら行いましょう。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • ストレッチ
  • 筋トレ
  • 水泳

激しい運動ではなく、時間をかけてじっくり行う有酸素運動が効果的です。

また、血行が悪くなる時期でもありますので、マッサージなども合わせて行うと効果的です。

食物繊維を意識する

炭水化物を食べる前に、食物繊維の多い野菜やきのこ類や海藻類などのサラダを食べることで、血糖値が急に上昇するのを和らげてくれます。

またこの時期は腸の働きも鈍くなりがちですので、食物繊維を意識することはとても効果的でしょう。

カフェインを控える

カフェインを過剰に摂取することはPMS(月経前症候群)の症状を悪化させることにつながり、そのことが体重増加にも至り兼ねません。
その時期は特に控えるようにしましょう。

スイーツを控える

特に白い砂糖は、身体を冷やすと言われています。またPMSの症状を悪化させ、イライラを呼び、さらに食べてしまう・・ということにもなり兼ねません。

甘いものを食べたくなったら、果物やドライフルーツなどを食べたり、なるべくカロリーの低いスイーツを食べるなどして、乗り切る事が大事です。

細かく食事を摂る

生理前は血糖値が下がるため、急上昇を防ぐために1回の食事の量を減らし、回数を増やすことは効果的です。

いつもは3回に分けて食べている量を5回~にすることで、血糖値の急上昇を防ぎ、過剰な間食やドカ食いを予防することが出来ます。

減塩を意識する

食欲が増幅することで、濃い味をつい求めがちですが、生理前はとくに減塩を意識することにより「むくみ」を減らすことができます。

むくみを減らす事はイライラや頭痛にも効果的なんです。

バナナやアボカド、ほうれん草、豆類、海藻類などに多く含まれるカリウムはむくみを減らす効果がありますので、意識して摂取すると良いでしょう。

体重増加を気にせず、ゆったり過ごすことが大切です。

ダイエットに取り組んでいる方は特に、体重増加が気になってしまいますよね。
しかし、気にしすぎることがストレスとなり時期によってはダイエットを妨害してしまうことにもなり兼ねません。

「生理前は体重が増加するもの」と割り切って考えるくらいの気持ちでいることで、ゆったりとした気持ちでその時期を乗り切っていけるでしょう。

また、生理前の太る時期をどのように過ごすかで、生理が終わった後の「痩せやすい時期」でのダイエット効果も違ってきますよ。

月に一度の生理ですが、排卵後から生理が終わるまでのことを思うと1ヶ月のうち2~3週間は身体の変化に気を付けた生活をしていたほうが良いという事になりますね。

女性にとって、とくに生理前は精神的にも身体的にも不安定な時期だということが言えます。自分の身体と向き合って、自分の身体を知る事で、その時期を上手に乗り切ることができるでしょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!