ぽっこりお腹の原因は姿勢かも!すぐに始められるお腹凹ませ術


夏になると薄着になってくるため、自然と”ぽっこりと出たお腹”が気になることはありませんか?

また、普段からダイエットのために運動をしていたり、食事に気をつかっているのに、なぜかお腹まわりだけ痩せにくいといった経験はありませんでしょうか?

ぽっこりと出たお腹がなかなか改善されない原因は、単なる脂肪の蓄積や筋肉の不足だけではなく、「姿勢の崩れ」が関わってくることもあります。

そこで、ぽっこりお腹にお悩みのみなさんに、今から始められる姿勢の改善方法をご紹介いたします。

ぽっこりお腹の原因は姿勢?まずは自分の姿勢をチェック!

毎日お出かけ前に全身鏡でコーディネートはチェックしていても、なかなか姿勢をチェックする機会は少ないのではないでしょうか。

ここでは、自分が正しい姿勢かどうか、セルフチェックをしてみましょう。

簡単!姿勢チェック

壁にぴったりと背中をつけ、まっすぐに立ちます。

このとき、以下の5つが壁についているか、チェックしてみてください。

  • 後頭部
  • 肩甲骨
  • お尻
  • ふくらはぎ
  • かかと

この5つがすべて壁についていれば、正しい姿勢で立つことができているといえます。

後頭部がつかなければ「頭がさがっている」、肩甲骨がつかなければ「背中がまるまっている」というように、姿勢の崩れをチェックしてみてください。

もし姿勢が崩れている場合は、このまま放っておくと、頭が前に出て、腰が曲がり、お尻も垂れる・・・というように、いわゆる”おばさん体型”に近づいてしまいます。

姿勢が崩れてきたと感じる方は、正しい姿勢を身につけられるよう、今から改善を目指していきましょう。

日常生活のNG行動!ぽっこりお腹につながるクセとは。

普段何気なくしている行動の中にも、ぽっこりお腹や姿勢を崩す原因があります。

足を組む

デスクワークをしているときや、自宅でテレビをみているときなど、何気なく足を組んでいませんか?

足を組むと体は安定して楽になるため、ついつい長時間そのままの姿勢でいてしまうことがあります。

しかし、腰が緊張状態にあるため、血流が悪くなり、とても腰に負担となります。また、左右のバランスをとった状態で座ることができないため、骨格の歪みを引き起こす危険もあります。

猫背

パソコンの画面を除きこんでいるときや、文字を書いているときなど、ついつい猫背になっていることはありませんか?

猫背になると、首から肩甲骨にかけての筋肉が緊張状態となり、日常的な猫背も続くと、やがて猫背が定着してしまいます。

スマートフォンを長時間見る

電車での移動中に調べ物をしたり、友達のSNSを細かくチェックしたりと、気づいたら長時間スマートフォンをみていることはありませんか?

スマートフォンをみているとき、首が前傾になっている人が多いかと思います。

頭の重さは約5kgといわれており、首への負担がとても大きいです。

本来、人の首はゆるやかなS字カーブ形状ですが、血行の悪い状態が続くと、前傾姿勢で凝り固まってしまい、”ストレートネック”と呼ばれる、首がまっすぐの状態となってしまいます。

日常生活でついついやってしまう行動、当てはまるものはありましたでしょうか。姿勢が崩れ、ぽっこりお腹にならないように、気をつけていきましょう。

姿勢改善!ぽっこりお腹もさよならストレッチ

姿勢の崩れに気がついた方は、今日からストレッチで改善していきましょう。

ここでご紹介するのは、自宅でもオフィスでも簡単に毎日続けられる、椅子を使ったストレッチです。

腸腰筋を鍛えるストレッチ

腸腰筋とは、腰から太ももの付け根にある筋肉です。

<腸腰筋を鍛えるストレッチの方法>

  1. 背筋を伸ばして椅子に座ります。
  2. 太ももの付け根(股関節)に両手を当てます。
  3. 左足を上げます。(息を吐きながら行ってください。)
  4. 同様に右足も繰り返してください。※左右交互に20回3セット

腸腰筋をしっかりと鍛えることで、骨盤を立たせやすくなります。

上背部の筋肉を鍛えるストレッチ

姿勢のサポートに欠かせない、背中の筋肉も鍛えていきましょう。

<上背部の筋肉を鍛えるストレッチの方法>

  1. 背筋を伸ばして椅子に座ります。
  2. 背中を丸めて前傾になり、手の平を外に向けます。
  3. 深呼吸をするように、両手を大きく広げ、背中を反らせます。※10回を3セット

上背部の筋肉を鍛えることで、正しい姿勢をキープしやすくなります。

首回りをほぐすストレッチ

毎日重たい頭を支えている首回りのストレッチです。

<首回りをほぐすストレッチの方法>

  1. 椅子の背もたれに頭を乗せます。
  2. 首を左右に動かし、緊張をほぐす。※10回を3セット

しっかりとほぐしていくことで、首の血行も促進され、首の痛みなどの予防にもつながります。

このような簡単なストレッチでも、毎日続けていくことによって、姿勢の改善になり、ぽっこりお腹の改善にもつながっていきます。

ぽっこりお腹にはこんな原因も

ここまで姿勢の改善についてお話ししてきましたが、ぽっこりお腹には他の原因も当てはまる場合があります。

お腹まわりの筋肉不足

全体的に太っているわけでもなく、姿勢も良い。なのに、なぜかお腹まわりだけが、ぽっこりと出ているという方は、お腹まわりの筋肉が不足している可能性もあります。

お腹まわりの筋肉が不足すると、内臓が支えられなくなり、体内で下がっていった結果、ぽっこりとしたお腹になってしまうというものです。

便秘、ガスだまり

お腹の中に便やガスがたまっていると、お腹がぽっこり出るだけでなく、健康にも悪い影響を及ぼす可能性があります。

日頃から便やガスをためないよう、体調を整えていくことも大切です。

ぽっこりお腹にならないために

ぽっこりお腹の改善方法として、姿勢を中心にお話してきました。

姿勢を整えることは、ぽっこりお腹が改善されるだけでなく、腰痛の予防や、今後の体型を崩れにくくするなど、メリットがたくさんあります。

無理なダイエットを急いで始めるのではなく、姿勢や習慣など、まずは普段行っていることを見直すことから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!