ネイルチップの外し方は正しい方法で!簡単なやり方と注意点


華やかなネイルチップで指先を飾りたいけれど、ネイルチップの外し方がよくわからない・・・ネイルチップの正しい外し方がわからなくて、適当につけ爪をはがしている方もいるのではないでしょうか?

なるべく自爪を傷つけないように、安全にネイルチップを楽しみたいときは、ネイルチップの正しい外し方を覚えましょう。ネイルチップは付け方によって外し方が異なりますので、間違ったやり方でネイルチップを外してしまうと自爪や皮膚が傷んでしまう恐れがあります。

ネイルチップの付け方ごとの正しい外し方を覚えて、自爪の負担をなるべく減らしながらオシャレなネイルアートを楽しみましょう!

ここではネイルチップの外し方を詳しくご紹介しますので、ネイルチップを安全に楽しみたいときにお役立てください。

ネイルチップの外し方は「付け方」によって変わる

ネイルチップを外すときに無理矢理はがしたり、間違った方法でとったりしてしまうと爪を傷める原因につながります。爪が薄くなる、もろくなる、デコボコになるといった爪トラブルが起こったり、接着剤によって皮膚がやけどしたりする恐れもあります。

ネイルチップは接着剤や粘着テープを使って装着するため自爪に負担がかかりますが、付け方や外し方を工夫すると爪へのダメージをおさえることができます。健やかな自爪をキープするためにも、ネイルチップを使う前に、正しい付け方や外し方を覚えておきましょう。

ネイルチップの付け方については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
ネイルチップの付け方を厳選紹介!百均アイテムも上手に活用

ネイルチップの外し方は、ネイルチップの付け方によって異なります。ネイルグルーやネイルレジン、ワンタッチグルー、粘着グミ、ネイル用の両面テープ(ネイルシール)など、ネイルチップの付け方はたくさんあります。ネイルチップの付け方による正しい外し方は、各項目をご参考ください。

ネイルチップを外すときの共通点として、ネイルチップを外したあとのケア方法が挙げられます。それぞれの方法でネイルチップをオフしたあとは、乾燥から爪を守るためにもキューティクルオイルなどで自爪をしっかり保湿しましょう。爪を保湿する際、爪の周りを丁寧にマッサージすることで血行をうながすことができます。

ネイルチップを外したあとは、健やかな爪を育むためにも、十分な保湿とマッサージを心がけましょう。

ネイルチップの外し方「ネイルグルー&ネイルレジン編」

ネイルグルーやネイルレジンで装着したネイルチップは、アセトンなどが含まれる専用のリムーバーで外します。ネイルチップを無理矢理はがすと自爪が傷む原因につながりますので、オフするときは丁寧におこないましょう。

ネイルグルーやネイルレジンの外し方は、以下のとおりです。

【用意する道具】

  • ネイルグルーリムーバー(つけ爪専用はがし液、アセトンの除光液など)
  • 爪やすり(バッファー)
  • マニキュアスティック(オレンジウッドスティックでも可)

【外し方】

  1. 自爪とネイルチップの周りに、リムーバーを適量つけます。
  2. リムーバーがしみこむまで、少し待ちます。
  3. リムーバーが浸透したら、マニキュアスティックを使って自爪とネイルチップの間に隙間を作ります。
  4. 自爪とネイルチップの隙間に、リムーバーを適量つけてしみこませます。
  5. リムーバーが浸透してネイルチップが柔らかい状態になったら、優しくはがします。
  6. ネイルチップが外れたあと、自爪に接着剤が残っている場合はリムーバーで落とします。
  7. リムーバーで落としきれなかった接着剤は、爪やすりで削ります。
  8. ネイルチップが外れて、自爪の接着剤がとれたら、完了!

ネイルチップや自爪の接着剤を処理する際は、ゆっくりと丁寧におこないましょう。

ネイルグルーやネイルレジンで装着したネイルチップは、リムーバーによってデザインやネイルアートが溶けてしまいます。お気に入りのデザインやネイリストによるオーダーメイドなど、何度も使用したいネイルチップをつける場合には気をつけましょう。

ネイルチップの外し方「ワンタッチグルー編」

ワンタッチグルーで装着したネイルチップは、お湯で簡単に外せます。

ワンタッチグルーは持続性がありますので、オフしたネイルチップを何度でも使うことができます。使用回数が増えてネイルチップの粘着力が弱くなってきたときは、もう一度ワンタッチグルーを塗りましょう。

ネイルチップをはがすときは、自爪にダメージをあたえないように優しく丁寧におこなうことがポイントになります。

ワンタッチグルーの外し方は、以下のとおりです。

【用意する道具】

  • お湯

【外し方】

  1. 自爪とネイルチップを、お湯につけてふやかします。
  2. ネイルチップを、爪の根元から浮かせるように外します。少しずつ丁寧におこないましょう。
  3. ネイルチップが外れたら、完了!

ネイルチップの粘着剤をとりたい場合は、手でこすって落としてください。ネイルチップの内側に汚れがついてしまったときは、アルコールで落としましょう。

ネイルチップの外し方「粘着グミ編」

粘着グミで装着したネイルチップは、ぬるま湯で手軽に外せます。粘着グミは水やお湯に濡れると粘着力が弱くなりますので、ぬるま湯で簡単にとることができます。ほかの方法と同じように、自爪にダメージをあたえないためにもネイルチップをはがすときは、ゆっくりと丁寧におこないましょう。

粘着グミの外し方は、以下のとおりです。

【用意する道具】

  • ぬるま湯

【外し方】

  1. 自爪とネイルチップを、ぬるま湯につけてふやかします。
  2. ネイルチップの先端を引っ張ります。
  3. 次に、ネイルチップの根元を浮かせて、先端を前方に下げます。少しずつ丁寧におこないましょう。
  4. ネイルチップが外れたら、完了!

ネイルチップがとれない場合は、お湯やリムーバーを使って落としてください。自爪に残った粘着剤やネイルチップの粘着剤をとりたいときも、お湯やリムーバーで落としましょう。

ネイルチップの外し方「両面テープ」

ネイル用の両面テープで装着したネイルチップは、お湯で手軽に外せます。ネイルチップを無理矢理はがすと爪割れや二枚爪の原因になる恐れがありますので、ネイルチップを外すときは優しく丁寧におこないましょう。

ネイル用の両面テープの外し方は、以下のとおりです。

【用意する道具】

  • お湯
  • マニキュアスティック(オレンジウッドスティックでも可)

【外し方】

  1. 自爪とネイルチップを、お湯につけてふやかします。
  2. ネイルチップの先端を押して、前方に下げます。
  3. ネイルチップの根元が浮いて自爪との間にできた隙間に、マニキュアスティックを差し込みます。
  4. マニキュアスティックを動かして、少しずつネイルチップを外します。
  5. ネイルチップが外れたら、完了!

ネイルチップを外したあとの自爪は乾燥していますので、ネイルオイルなどでしっかり保湿しましょう。血行をうながすためのマッサージもおすすめです。

ネイルチップの使用期間

ネイルチップは付け方によって持続力が異なりますので、目的や用途にふさわしい装着方法を選ぶことが大切なポイントになります。

ネイルチップを長い間つけたい方はネイルグルーやネイルレジン、何度も着脱したい方はワンタッチグルーや粘着グミ、短い間つけたい方や自爪に負担をかけたくない方はネイル用の両面テープがおすすめです。
  • 【ネイルグルー&ネイルレジン】・・・強力な接着剤なのでネイルチップを長い間使用する方向き。使用期間は1日以上可能。
  • 【ワンタッチグルー&粘着グミ】・・・何度も着脱できるのでネイルチップの使用頻度が多い方向き。使用期間は1日くらい。
  • 【ネイル用の両面テープ】・・・粘着シールなのでネイルチップを短い間使用する方向き。使用期間は1日。

ネイルチップを長期間つけると自爪が呼吸できなくなって自爪が薄くなったり、もろくなったり、成育を妨げたりする恐れがあります。また、自爪にカビが生えてくる原因にもなります。

ネイルグルーやネイルレジンでつけたネイルチップを1週間以上装着する方もいますが、衛生面や自爪の負担から考えておすすめできません。

基本的に、ネイルチップの使用期間は1日を目安として毎日とり外すようにしましょう。

ネイルチップの外し方を工夫して自爪をいたわりましょう

いかがでしたか?

ネイルチップは付け方によって、適切な外し方も異なります。間違ったやり方でネイルチップを外してしまうと自爪が薄くなったり、割れたり、凸凹になったりする恐れがありますので、必ず正しい手順でネイルチップを外しましょう。

ネイルチップの付け方を選ぶときは接着力や持続性だけでなく、外し方や自爪の負担も考えると後悔することが減ります。ネイルチップの外しやすさや自爪にあたえる負担を意識しながら、ネイルチップを安全に楽しみましょう。

ネイルチップを上手に活用して、理想的な指先のネイル美人を目指してみませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!