エイジングケアにもおすすめ!ローズオイルの女性にうれしい効能とは


美容にいいものはたくさんありますが、香りがいいものというと意外と少なかったりしませんか?
毎日のお手入れに使うなら香りがいいものがほしいという人におすすめしたいのが「ローズオイル」です。

ローズオイルはバラの花から作られるので、美容系のアイテムでも香りは抜群に良いですし、嗅ぐだけで気持ちも高揚しますよね。
癒しの効果や疲れを取る効能もあるので、毎日のお手入れに使いたくなりますよ。

昔から女性の美容と健康に使われていたというローズオイルで、バラの効能を感じましょう。

ローズオイルとは?

バラの香りがする化粧品は人気がありますが、最近はバラの花から抽出したオイルを配合した美容液やクリームも注目を集めています。

バラの花から抽出したオイルは「ローズオイル」といって、肌や髪のお手入れにも使えますし、落ち込んだ気分を明るくしたり、ホルモンバランスを整えるのにも効果がありますよ。

また、ローズオイルが入ったサプリメントは、体臭や加齢臭にも効果があるといわれています。

バラの香りに癒されたい!ローズオイルの使い方

ローズオイルとして使われるバラの花は「花の女王」といわれ、香りを嗅ぐだけでリラックス効果があるといわれています。

肌に塗れば、嗅覚だけでなく皮膚からもバラの花の成分を吸収できるので、美容効果も期待できます。

肌のお手入れに使うだけで幸せ気分になれる、ローズオイルの使い方を見ていきましょう。

スキンケアに使って、肌の老化を予防

美容オイルとして発売されているローズオイルは、エッセンシャルオイルに「アーモンド油」や「ホホバオイル」「グレープシードオイル」「アンズ油」といったキャリアオイルをブレンドして、肌に使えるようにしています。

ローズオイルに使われているバラの花には、抗酸化作用が含まれていて、肌の老化を予防するのにおすすめです。

ローズオイルは化粧水や乳液とセットで使えば、肌荒れも予防できますよ。

マッサージオイルに使って、体のコリをほぐそう

ローズオイルは顔だけでなく全身に使えるので、マッサージオイルに使えば、肌の乾燥を防ぐだけでなく、血行を促進し、肩こりや筋肉痛、むくみの解消にも効果的です。

ローズオイルでマッサージをすれば、バラの香りによるリラックス効果もあるので、ストレスや疲れも癒してくれますよ。

ヘアケアに使って、サラサラヘアに

頭皮が固くなっていると血行も悪くなるので、抜け毛や薄毛の原因になります。

シャンプー前にローズオイルを使ってマッサージをすれば、育毛効果もあり健康的な髪の毛が生えやすくなります。

髪の毛を乾かす時にアウトバストリートメントとして使えば、ドライヤーの熱による髪のダメージも防げますよ。

魅力的な女性に!ローズオイルが女性におすすめな理由

バラの花には、華やかで美しいイメージがありますよね。美の象徴でもあるバラの花から作られたローズオイルには、女性にうれしい効能がたくさんあるんです。

美容にも、健康にもよいといわれる「ローズオイル」の効能を紹介します。

ローズポリフェノールで、肌のエイジングケアができる

ローズオイルをスキンケアやマッサージに使うと、保湿効果で肌がすべすべに。肌を乾燥から守るので、ツヤツヤの肌になるんです。

ただ、肌の乾燥を防ぐだけではありません。ローズオイルに使われているバラの花には「ローズポリフェノール」という抗酸化物質が含まれているので、紫外線や乾燥による肌の老化も予防します。

エイジングサインである、シミやシワ、たるみが気になる人はローズオイルで肌のお手入れをするのがおすすめです。

ホルモンバランスを整えるので、婦人科系の悩みにもおすすめ

バラの香りには、ホルモンバランスを整える効能があるといわれており、バラの花は昔から婦人科系の悩みに使われていました。

  • 生理不順
  • 生理痛
  • PMS(月経前症候群)
  • 更年期障害
女性の体は敏感で、環境の変化やショックな出来事があると生理の周期が乱れたりとホルモンバランスが崩れやすくなりますし、更年期障害は加齢による女性ホルモンの減少が原因といわれています。

生理前や生理中は、イライラしたり、気分が落ち込みやすかったりするので、ローズオイルでマッサージをすることで、心を落ちつかせるということもできるでしょう。

生理中にお腹や腰、ふくらはぎをローズオイルでマッサージすれば、生理痛を和らげたり、脚のむくみを改善しやすくなりますよ。

バラの香りは、イライラやうつにもおすすめ

ストレスや気分の落ち込みは、肌あれやホルモンバランスにも影響します。

ローズオイルはマッサージとして使うだけでなく、香りの効能もあります。バラの花の香りには、気分を高揚させたり、落ちつかせる作用もあるので、幸せホルモンといわれる「セロトニン」や「エンドルフィン」を増やす効果もあります。

バラの花の香りは、自律神経やホルモンバランスに作用するので、ストレスや気分の落ち込みにも効果が期待できます

緊張している時や気持ちが不安定になっている時には、ローズオイルを使って気持ちをリラックスさせることを心がけましょう。

ローズオイルを使う時の注意点

美容や健康が気になる人なら、いい香りがするローズオイルは毎日使いたくなりますよね。
ローズオイルを安全に使うには、気を付けてほしいことがあります。ローズオイルを使う時の注意点を3つ紹介します。

妊娠中はローズオイルの使用は控える

バラのようなホルモンバランスを整える効能があるものには、生理不順を解消する「通経作用」があります。

通経作用が含まれているものは、妊娠中の女性が使うのは避けた方がよいので、バラから作られているローズオイルは使わない方がよいでしょう。

妊娠中のマイナートラブルを解消するためにローズオイルでケアしたいという妊婦さんもいるかもしれませんが、妊娠中は体調面でも変化が起きやすいので、ローズオイルの使用は控えた方が安全です。

ローズオイルは飲用しないようにする

サプリメントにもローズオイルが使われているものもありますが、美容オイルとして発売されているものは、飲用すると肝臓に負担をかける等、健康被害が起きる可能性もあるので、口に入れたりはしないようにしましょう。

ローズオイルを使う時は、マッサージやスキンケア、香りを嗅いで楽しむ芳香浴として使うようにしてください。

ローズオイルを使う時は、必ずパッチテストをする

ローズオイルが肌に良いものであっても、かぶれたり、肌が荒れてしまったら意味がありません。

ローズオイルを使う前には、他の化粧品と同じ様にパッチテストをしてトラブルが起きないかチェックしてください。

肌に合わなければ、スキンケアにも、マッサージにも使えませんよ。

アレルギーの有無を調べるためにも、ローズオイルを使う前には必ずパッチテストをしましょう。

ローズオイルで、女子力をアップしよう!

バラの花にはいくつか花言葉がありますが、赤いバラには「美」、ピンクのバラには「しとやか」「上品」というように見た目を表現する言葉が使われています。

美容効果が高いローズオイルは、肌を美しくする効能もありますし、ホルモンバランスに働きかける効能もあるので体の内側からきれいになりたいという人におすすめです。

赤いバラの花には「愛情」という花言葉もあるので、愛され女子になりたい人はローズオイルを使って、女子力アップを目指しましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!