丸顔さんにしか楽しめない!丸顔に似合う髪型とメイク術

顔の形の分類には丸型、卵型、面長型、四角形型、三角形型の5種類があります。顔の形には人それぞれ個性があり、小さく引き締まった形や面長でシャープな形、丸く可愛らしい形など様々です。

ひとり一人に個性のある形があるためご自身の顔の形がどのような型に分類されるかあいまいな方も多いと思います。

ここでは、この5種類の顔型から丸型にスポットを当てて丸顔さんが抱える丸顔さんならではのコンプレックスを解消するテクニックを紹介していきます。

自分の顔は丸顔に属す?丸顔さんの判断基準

顔型の分類は、顔全体の縦横の長さの比率によって振り分けられるものです。

縦は眉毛のある高さから口までの長さ、横は口の高さを基準として横幅を測ります。

これらの比率が縦2に対し横が3の場合は丸型、縦1:横1は卵型、縦3:横2は面長型、縦1:横2は四角形型、縦3:横2は三角形型に分類されます。

丸顔とは?その特徴と印象

丸顔とは、上記で説明した顔型の比率が縦2:横3に近く、顎に丸みがあり頬がふっくらとしている顔型をいいます。

一般的に幼い顔立ちに見られやすく、ふんわりとした優しい雰囲気を持っておりクールでシャープな顔の印象とは対極にあります。

頬がふっくらとして顔全体に丸みがあることから、太って見えたり、顔が大きく見え身体とアンバランスに見えてしまう場合もありこれらをコンプレックスと感じる女性は多くいます。

髪型で解決?!印象チェンジで丸顔隠し技

丸顔の持つ印象を変えたい時や、シャープな顔型に見せたい時は髪型を変化させることが効果的です。

この章では丸顔さんに似合う髪型をメインに、どのように顔型の印象が変化するのかを説明します。

前髪

目にかかるくらいの長さの前髪をヘアアイロンで緩やかに巻き、横分けにします。

黒目の外側の位置の縦ラインから横分けにすると、丸顔の横幅が狭まって見える視覚効果があります。

前髪の量は、もったりと重ためよりも軽やかにスッキリと見える量がベストです。

トップ

丸顔は全体の丸みが目立つ顔型なので、縦の長さを出すような視覚効果が必要です。

ヘアアイロンやカーラーでトップの髪の毛を巻き、ワックスでほぐしてボリュームを出します。ふんわりとしたトップをつくることで、顔の縦に長さが出てシャープな顔型に見せることができます。

サイド

丸顔にベッタリとしたストレートヘアはNGです。
ヘアアイロンでサイドをミックス巻にし、ワックスやスプレーで全体をほぐし、正面から顔を見た時に髪の毛のサイドに少しボリュームを持たせます。

このテクニックで髪の毛全体に視線が移りやすくなるため、丸顔を目立ちにくくさせることができます。

ただし、ボリュームのつけ過ぎはかえって顔を大きく見せてしまうことがあるため、縦横のバランスを見ながら整えていきましょう。

毛先

カーラーやヘアアイロンで毛先を外ハネをつくると、毛先にポイントがくるため頬の丸みが目立ちにくくなります。

また、毛先を内巻きにして頬にウェーブがかかるようにシルエットをつくると、丸みが軽減され小顔にみえる効果があります。

小顔メイクで丸顔をカモフラージュ

髪型のヘアアレンジに加えて、丸顔を引き締めるメイクを施すとシャープで小さな顔への視覚効果が倍増します。

この章では、メイクの工程ごとに丸顔に特化したメイクのテクニックを説明していきます。

ベース

ベースはコントゥアリングメイクが必須です。

コントゥアリングとは、海外で人気が出ているミュージカルに出てくる人のような派手な外国人メイクの事を言います。最近SNSでも話題になっているメイクです。

ダークトーンとライトトーンのファンデーションや、コンシーラーを使い分け顔全体に陰影をつくりましょう。

髪の毛の生え際からこめかみ、こめかみから頬、頬から顎へ3の字を描くようにダークトーンを、目もとから頬の中心、鼻筋、口もとにはライトトーンでベースメイクをします。

このコントゥアリングメイクで立体的で小さな顔型にみえる視覚効果があります。

ハイライト、ローライト

コントゥアリングと同様、顔にさらなる陰影をつけてより立体的な顔型に見せます。

丸顔では縦の長さを出すことに重点を置き、顔の中心部分にしっかりとハイライトをのせましょう。

Tゾーンから顎先、目の下のVゾーンの4点に小さく入れます。広く入れ過ぎると、逆に丸顔を目立たせてしまうので注意が必要です。

ローライトシェーディングはベースメイクの時のコントゥアリングメイクに重ねるようにして入れていきます。ハイライト部分との境目をつくらないよう、自然にぼかしんがらなじませるのがポイントです。

チーク

チークはコーラル系のものを使い、シャープな顔型をイメージして耳の付け根から小鼻の位置に向かってスッと入れます。

幅を細目に、黒目よりも外側に入れることがポイントとなります。コーラル系の他に、オレンジ系、ベージュ系のチークも丸顔になじみやすいカラーです。

アイブロウ

丸顔は顔の余白が多くみえるため、その余白を埋めることがメイクの最大のポイントとなります。このことから、眉は余白を埋めるようにして長めに書くと小さな顔にみえる効果があるのです。

眉山をしっかりとつくり、真っ直ぐにスッと伸びるような形に書くとシャープで大人っぽい印象に仕上がり丸顔がカバーされます。

濃い過ぎる眉毛はべたっとした大きな顔立ちに見えやすくなるため、アイブロウペンシルとアイブロウパウダーを使ってふんわりとした仕上がりにすると小顔効果がアップします。

視線の先はファッションへ!丸顔を目立ちにくくする服装

スタイリングやメイクのようにっ直接顔に変化をもたらさずとも、ファッションで丸顔をカバーすることもできます。丸顔カバーのファッションは、デコルテを美しくみせることがポイントです。

Vネックやオフショルダーでデコルテを広く見せるファッションが、鎖骨を目立たせ首は長く、顔がスッキリとして見えます。

首元にチョーカーやラリエットリボンをつけると、よりデコルテが美しく見えて小顔効果がアップします。トップに高さのあるキャスケットや、カンカン帽などの防止は丸顔の横幅をカバーします。

また、つばの広い帽子は小顔効果を倍増させるアイテムです。スクエア型の大きなサングラスやメガネも丸顔の余白を埋めてみせるアイテムで、大きめのピアスやイヤリングも小顔に見せる視覚効果の高いものです。

丸顔活かして更に美しく!丸顔さんにしかない魅力を大切に。

丸顔さんには丸顔さんにしかない魅力がたくさんあります。

可愛らしい印象を最大限に活かして、似合うヘアメイクやファッションを見つけながら丸顔さんならではの美しさをアップさせていきましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!