頭皮の皮脂が気になる!女性のための頭皮ケア&シャンプーの選び方

最近髪がベタつくのでツヤ感のあるリンスを多めに使用したりドライヤーで長く乾かしていませんか?髪を作っているのは頭皮からなので、髪の健康は頭皮の皮脂が原因かもしれません。

普段は見えにくいですが、頭皮に皮脂が溜まったり詰まってしまうと「髪の美容」にも大きく影響してしまいます。

ぜひ原因をチェックしてあなたに合った頭皮ケアを見つけてみてください。

実は大切!皮脂の大切な役割

私たちの髪の根元にあるのは「頭皮と皮脂」ですが、頭皮にもともとある皮脂とは一体何なのでしょうか?

皮脂とは「半流動性の油脂のこと」で、ほとんどが中性脂肪や脂肪酸などで作られています。

役割としては「肌や髪を潤してくれたり、頭皮の乾燥を防いでくれる効果」があり、髪だけでなく肌にも大切な役割を持った成分です。肌の環境を良く保つことで雑菌や病原体からも守ってくれます。

また、皮脂は頭皮の毛穴から分泌されるので脂肪分がおおくなってくると皮脂が多くなってしまうので、頭皮や髪のベタつきに繋がると言われています。

頭皮に皮脂が詰まってしまう原因とは

皮脂には「身体が健康状態である時や、頭皮が乾燥しストレスがかかった時」に多く分泌されます。その為、皮脂詰まりには4つの大きな原因があると言われています。

1. 油ものが多い食生活

お肉やフライものなど脂肪分が多い食べ物を過剰に摂取する生活をしていると皮脂が身体に溜まりやすくなります。

また、お肉類やチョコレートなども多く食べ過ぎると中性脂肪が溜まったり汗をかきやすくなるので頭皮の皮脂が増えベタつきやすくなってしまいます。

2. シャンプーをしっかりしていない

ヘアケアをしようとして頭皮に直接シャンプーの原液を付けて洗っていたり、シャンプーをしっかり流し切れていないことも皮脂が溜まり詰まってしまう原因となります。

シャンプーをする際には洗い残しが無いように頭皮を傷つけないように注意して洗浄することが大切です。

3. 運動不足

頭皮の皮脂詰まりの原因は「肌の血行不良」も大きな影響を受けています。肌の血流が悪くなると、免疫力が低下して病原体や菌類に感染しやすくなったり肌の老化に繋がってしまうので注意が必要です。

長時間立ちっぱなしの状態やデスクワークなどの同じ体勢が長時間続くと、血液がうまく流れずにむくみや皮脂詰まりの原因となります。

運動不足はダイエットだけではなく皮脂が詰まって髪にも悪影響が出てしまうのでウォーキングなどの軽い運動から始めることが美容や健康に良い影響を与えてくれます。

4. 年齢によるもの

年齢を重ねることも頭皮の皮脂詰まりの原因となります。加齢は皮膚細胞も弱ってきたり基礎代謝が下がってくるので食べ物の吸収や排出力も弱くなってきてしまいます。

その為、たんぱく質や植物性の油分の吸収率が下がるだけでなく反対に脂質など動物性の油分の吸収率が上がってしまうので頭皮に皮脂が溜まりやすくなってしまうのです。

髪を守る!余分な皮脂を取る頭皮ケア

では、実際に頭皮の皮脂を多く分泌させないための髪を守るケアをご紹介します。1日の終わりの眠る前にできることなので、ぜひ参考にしてみてください。

効果的なシャンプーの方法

毎日のシャンプーは髪の洗浄だけではありません。シャンプーには髪の毛の洗浄と頭皮のケアの役割もあるので、ぜひ正しいやり方を確認してみてください。

まずシャンプーを手の平で泡立ててください。この時にしっかり泡立てておかないと、皮脂が残ってしまう原因となるので注意してくださいね。

次に、泡立てたシャンプーを髪と頭皮も含めてマッサージするようによく揉み込みます。髪だけではなく頭皮も優しく洗うようにしましょう。頭皮をキレイにしなくてはいけない、と爪を立てて洗ってしまうと頭皮が傷ついてしまい、かゆみやフケの元になるので必ず指の腹でしっかり揉みこむように洗ってください。

最後によく洗い流します。シャンプーをする時と同じようにいつもよりも少し長めに洗い流してください。泡が流れ切ったからといって洗浄できているとは限りません。しっかり洗いましょう。

早く皮脂を落としたい人は「頭皮クレンジング」

頭皮にも「頭皮クレンジング美容液」があることはご存知でしょうか?どうしても気になっている頭皮に詰まっている皮脂を早く取りたい!という人にオススメしたいのがクレンジングオイルです。

頭皮クレンジング美容液のメリットは「余分な皮脂をオイル(油分)で浮き上がらせて洗い落とせること」です。

オイルをさらに使用するので皮脂が余計に詰まってしまうのでは?と心配する人もいるかもしれません。オイル同士は触れるとなじみやすい性質があるので、乾燥して固まった皮脂を浮き上がらせてくれる効果があります。

ここでの注意点は、クレンジングは使いすぎるのも毛穴詰まりの原因となってしまうので、「1週間に1度程度」使用するようにしてください。

血行を良くする「頭皮ブラッシング」

次に頭皮のブラッシングを行います。このブラッシングは髪に付いたホコリやゴミを落とすだけでなく、頭皮に刺激を与えて直接血行を良くする効果もあります。

ブラッシングする際にはポンポンと軽く頭皮全体をブラシで叩くようにしてブラッシングすることをオススメします。この時もあまり強く叩いて頭皮を傷つけないように注意しましょう。

日常で効果が見えやすい「バランスの良い食生活」

頭皮の皮脂解消法で一番効果が出やすいのが「食生活の改善」だと言われています。早い人だと約1週間ほどで結果が出た人もいるようです。

バランスの良い食生活にするためのポイントは「徐々に肉食・脂食を減らしていくこと」です。健康的な頭皮にしたいからと言って、いきなりお肉類や脂質のある油ものを減らしていくことは難しいのではないでしょうか?

そこで、ここでは食生活の改善を少しずつ生活に根付かせるために徐々に減らしていくことをオススメします。お肉や油ものは一番中性脂肪を多くして身体に溜めやすくなってしまうので食べ過ぎには注意しましょう。

皮脂を取り除く「シャンプー」の選び方

毎日のシャンプーは頭皮や髪にとって大切なものになっていますが、どのように選ぶことが良いのでしょうか?

頭皮を考える前に、まずは肌がもともと敏感肌や乾燥肌の人は「弱酸性のアミノ酸入りシャンプー」を選ぶことをオススメします。アミノ酸は身体に必要な栄養素の1つなので、ミネラルやビタミンのように自然なツヤ髪になる効果があります。

また、敏感肌でなくともアミノ酸には頭皮も優しく洗浄してくれるので頭皮に付いた皮脂をよく落としてくれる効果があります。

「強いアミノ酸成分」や「皮脂をよく落とす」と書かれた高級なシャンプーでなくとも十分効果を発揮してくれます。

健康な髪は頭皮の皮脂から!皮脂詰まりないキレイな髪を頭皮から整えていきましょう!

髪や頭皮を守るためには「皮脂対策」が一番効果的です。皮脂の詰まりは頭皮が硬いこともあるので、ぜひシャンプーの際でもマッサージをしてあげながら洗浄することで美髪を手に入れることができます。また、毎日の食生活の中に少しずつ植物性の食材を増やして内側からもキレイな頭皮で「見えない肌ケア」を行っていきましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!