小顔メイクに欠かせないシェーディング。顔のタイプ別自分でできる方法


小顔メイクには欠かせない、シェーディング。顔に陰影を作って、立体感を出し、はっきりと小顔に見せることができる、小顔効果抜群のメイクです。

ハードルが高いイメージですが、自分の顔の形を知って、やり方をマスターすれば、いつものメイクに小顔効果をプラス!

知って損はないシェーディング、チャレンジする価値ありです!

シェーディングの色を選ぶときは、自分の肌より1,2トーン暗めのものにしよう

シェーディングで顔に影を入れるものは、ブラウンのパウダーです。ブラウンは色々ありますが、濃すぎると茶色が目立ってしまいますので気をつけましょう。

髪の毛の下などの目立たないところにも、影をつけますから、キラキラ光るパール系は避けたほうが無難です。
日本人の肌は、黄みよりですから、黄みブラウン系が使いやすくておすすめです。

シェーディングのやり方は簡単、顔の形に合わせてフェイスラインに影を入れる

顔の理想は卵型です。卵型のりんかくにするように、太めのブラシを使い、ファンデーションの後に、シェーディングで影を入れます。

顔のタイプ 入れ方 注意
丸顔 顎から額までフェイスラインに入れる 中途半端は×額まで入れる
ベース型 えらの幅に入れる フェイスライン入れ過ぎ×
面長 長さを縮めるようにあごと額に入れる フェイスラインは×
逆三角型 こめかみ、額をまるくするように入れる あごやフェイスラインは×
注意点の補足
  • 丸顔さんは、フェイスラインに沿って額まで入れてしっかり影を作りましょう。
  • ベース型さんは、フェイスラインに入れ過ぎると、えらが逆に目立ちます。
  • 面長さんは、フェイスラインに入れると顔が長く見えてしまいます。
  • 逆三角型さんは、あごやフェイスラインに入れると、顔がさらにシャープに見えるので気をつけてください。広い額の角を取って丸くするようにしましょう。

シェーディングをする時は髪の毛の下にもしっかり入れよう!

髪の毛をアップしない場合は、額やこめかみが、髪に隠れますので、影を入れなくていいかな、と思うところがあります。

しかし、シェーディングは手を抜くと、逆に違和感が出てしまいますから、こめかみや額に入れる時は、髪の毛の下でもしっかりとシェーディングで影を入れましょう。

シェーディングはりんかくだけじゃない、高い鼻作ることができる

鼻筋を作る時は、ノーズシャドウがおすすめです!ノーズシャドウとは、シェーディングのブラウンから、ハイライトのホワイトまでのカラーがセットになっているパレットです。

細いブラシで、ノーズ(鼻)に、光(ハイライト)と影(シェーディング・ローライト)を入れて、しゅっとした鼻を作ることができるアイテムです。

眉毛の下から鼻の両脇に影を入れていき、鼻の頭に長くハイライトを入れ、鼻を立体的に仕上げていきます。

ノーズシャドウはいろんな商品がありますが、練習しやすいプチプラ商品を紹介します。

キャンメイク ノーズシャドウパウダー フェイスパウダー 680円(税抜)

こちらには、ブラシも付いております。自然な陰影を目指して、素敵な鼻筋を手に入れましょう!

気軽にシェーディングにチャレンジできるアイテム

始めてのシェーディング、初心者さんにはキャンメイクの商品がおすすめです。

キャンメイク シェーディングパウダー 680円(税抜)

カラーは、デニッシュブラウンとハニーラスクブラウの2色でブラシ付きです。
とてもお求めやすい価格が、シェーディングをチャレンジしやすいですね。

パウダータイプだけでなくスティックタイプも使いやすいアイテム

スティックタイプは、ブラシいらずでお手軽に顔の陰影を作り出せます。
そんなシェーディングスティックでメジャーなのはセザンヌ!お値段も嬉しい価格です。

セザンヌ  シェーディングスティック ¥600(税抜)

マットブラウン、ベージュブラウン、そして白のハイライトスティックがあります。

パウダータイプと違って、ファンデーション前に、塗り込むクリームタイプとなっており、パウダーより落ちにくく、保湿成分で、顔の乾燥も防ぎます。

プチプラ商品だけでなく、デパートコスメにもシェーディング商品はありますので、自分のお気に入りのブランドで、今まで注目していなかったシェーディング商品を見つけてみると、新たな発見ですね!

シェーディングを練習してメイクで小顔を作ろう!

ハードルが高いイメージで、今までシェーディングをやったことがなくても、思いのほか出来そうではありませんか。

キャンメイクやセザンヌなどの優秀なプチプラコスメで、シェーディングの練習をしてみると良いですね。何回かやって、慣れてきたらこっちのものです!

いつものメイクに、しゅっとした鼻や、小顔効果をプラスできるようになれば、写真を取る時などの大事な場面で、とても役に立ちますし、あまりメイク映えしないタイプの人も、シェーディングで満足いくメイクができるようになります。

ぜひ、シェーディングで小顔メイクを手に入れて、ベストな自分を引き出しましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!