シャドーボクシングでダイエット。たった3分で驚きの脂肪燃焼効果!

基礎代謝量をアップ+脂肪燃焼がダイエットの基本ですが、それを同時に叶えるという夢のような効果がシャドーボクシングにはあるって、ご存知でしたか?

しかも特別な道具は何も準備する必要がなく、ジムに行く必要もありません。その上1日3分で効果が実感できるという、日々やりたいことが山積みな女性にとって、大変魅力的なトレーニングなのです!

でも、どうしてたった3分で脂肪燃焼ができるのでしょうか?本当に効果はあるのでしょうか?

今回は、シャドーボクシングの魅力とその効果の秘密、そして正しいトレーニング方法を見ていきます!

シャドーボクシングとは

シャドーボクシングとはボクシングの練習方法のひとつで、相手がいることを想定してパンチやキックを繰り出したり、避けたりするエクササイズのことです。

エアギターのボクシング版だと考えれば、イメージがわきやすいかもしれません。

もちろん実際に相手がいるわけではないので、ひとりで簡単にできますし、場所もとりません。

ずいぶんと気軽に始められるエクササイズですが、実はその気軽さのわりに、ものすごく高い効果が期待できる、今注目のダイエット法なのです。

ちなみに、空手やテコンドーなど、他の競技の場合でも「シャドーボクシング」と表現します。

シャドーボクシングで得られる嬉しい効果

それではこのシャドーボクシングによって、体のどのような部分に効果が期待できるか、みていきましょう。

  • ウエストにくびれができる
  • 二の腕が引き締まる
  • 背中のラインがきれいに引き締まる
  • 下半身を引き締める

ご覧の通り、シャドーボクシングをトレーニングに取り入れることで、ほぼ全身すべてに嬉しい効果が現れます。

しかもどの部分も、スタイルをよくするためには絶対に外せないところばかりです。

さらに、シャドーボクシングには、短時間で高い脂肪燃焼効果が得られるという外せない効果があります。

通常、脂肪燃焼をするためには一定以上の時間、運動しなければならないといわれています。

ではなぜ、シャドーボクシングではたった3分間のトレーニングだけで高い脂肪燃焼効果が得られるのでしょうか?

その秘密をみていきます。

たった3分でなぜ?高い効果が得られる秘密

3分間という短い時間で高い効果が得られるシャドーボクシング。

ポイントは、有酸素運動と無酸素運動を効果的に組み合わせたトレーニングだというところにあります。

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング、水泳など、体内に酸素をしっかり取り込みながら行うことで、脂肪燃焼をしてくれる運動のこと。ただし20分以上続けないと脂肪燃焼効果が得られないという弱点がある。

ダイエットを目指すなら、脂肪を燃焼してくれる有酸素運動は外せません。

ただ、血液中に含まれる脂肪分をエネルギーとして消費してから、皮下脂肪や内臓脂肪の消費に入るため、脂肪を燃やすためには、ある程度継続して続ける必要があります。

無酸素運動とは、筋トレや短距離走など、逆に酸素をそれほど使わない運動のこと。皮下脂肪や内蔵脂肪を分解して血液中に送り出す効果がある。

脂肪燃焼効果はないものの、無酸素運動には燃焼したい脂肪を血液中に送り出してくれる効果があります。

そして、この2つを組み合わせると、なんと無酸素運動で皮下脂肪や内臓脂肪を分解して血液中に送り出し、無酸素運動でそれを消費するという良いサイクルが生まれます。

つまり、短時間でもしっかり脂肪燃焼効果が得られるのです!

それだけでなく、シャドーボクシングをすることで、アフターバーン現象が起こり、さらに効果的に脂肪を燃焼させることができます。

アフターバーンとは、運動を終えた後も脂肪が燃え続ける現象のこと。強度の運動の場合にのみ起こり、シャドーボクシングもこれに含まれる。

3分間のエクササイズで脂肪燃焼効果が得られるだけでなく、その効果が運動後も続くなんて、嬉しいですよね♪

シャドーボクシングの正しいやり方と注意点

シャドーボクシングの魅力が分かったところで、その効果を最大限に引き出すための正しいやり方をみていきます。

また、エクササイズをする上で気をつけておきたい注意点も紹介していきますので、始める前にしっかり目を通してくださいね。

1ラウンド3分から始めよう!

ボクシングの試合は1ラウンド3分です。そのため、シャドーボクシングも基本的に1ラウンド3分間で行っていきましょう。

たった3分間?と思われるかもしれませんが、しっかり相手を想定して本気で取り組めば、かなりの運動量になります。

3分が終わる頃には、きっとその長さに驚かれることでしょう。

初めのうちは1日1ラウンドで構いません。

負荷を増やしたければ、1ラウンド行い、3分休憩してからまた3分行う、というサイクルを繰り返してください。

脂肪燃焼効果が高いのは、空腹時!

血液中の糖分が少ない状態で運動をすることで、人は予備のエネルギーとして蓄えている体脂肪を利用しようとします。

そのため、空腹時に運動すると、体脂肪を燃焼させる効果が高くなるのです。

ただし、空腹時の運動は体への負担が高いため、貧血を起こしたり、低血糖で気分が悪くなったりすることがあります。

無理はせず、体の様子をしっかり確認しながら行うようにしてくださいね。

さっそく始めてみよう!基本の動き

なんとなくボクシングっぽい動きをするだけでも、高いダイエット効果が得られるのがシャドーボクシングの魅力のひとつです。

ただ、せっかく行うなら基本的な動きを押さえて、最大限の引き締め効果を得たいですよね。

ここでは、シャドーボクシングの基本姿勢と基本のパンチを紹介していきます。

シャドーボクシングの基本姿勢

まず、顔をまっすぐ正面に向け、胸を張って背筋を伸ばしましょう。両手のガードは、胸の位置でキープします。

両足は肩幅に開き、右利きの人は左足を、左利きの人は右足を前に出してください。

そして、両脇はしっかり締めましょう。

これが基本姿勢です。パンチを繰り出した後は、すばやくこの姿勢に戻ってください。

パンチの種類と効果、そして方法

  • ジャブ
    素早くまっすぐ拳を繰り出すパンチで、ボクシングの基本になります。
    パワーよりもスピードが重要なので、突き出したらすぐにもとの位置に戻すようにしてください。

    効果:二の腕を引き締める
  • ストレート
    ジャブとは逆で、スピードよりもパワーを重視するパンチです。
    相手がいると思って思い切り拳を突き出しましょう。肩が前に出るように体をひねって、できるだけ遠くまでパンチが届くように腕を伸ばすのがポイントです。

    効果:二の腕の引き締め、ウエストのくびれ、背中の引き締め
  • フック
    相手の側面を狙うパンチで、自分の体の外側から内側へ向かって弧を描くように打ちます。
    このとき、下半身がぶれないように注意するのがポイントです。

    効果:下半身の引き締め、ウエストのくびれ
  • アッパー
    肘を曲げたまま、下から突き上げるように繰り出すパンチです。
    ただ腕をあげるのではなく、膝を曲げた状態から回転を加えるように突き出すのがポイントです。

    効果:お腹や下半身の引き締める

シャドーボクシングで、気軽に全身引き締めよう♪

今すぐこの場で始められるシャドーボクシングは、ダイエッに挫折してきた人にこそぴったりなエクササイズです。

自分の部屋で3分間、ボクサーになりきってパンチを繰り出してみませんか?

気軽に始めるこの毎日の3分で、全身が引き締まった新しい自分に生まれ変わりましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!