シートマスクの頻度で効果が変わる!?正しい使い方とコツ


乾燥による小ジワやたるみが気になってきたけれど、どんなスキンケアが良いのかわからない・・・加齢や生活習慣の乱れによって色々な肌トラブルを抱えている方もいるのではないでしょうか?

乾燥肌などの肌トラブルを改善したいときは、美容成分がたっぷり配合されたシートマスクがおすすめです。シートマスクは顔に貼るだけで完了するスキンケアなので、誰でも簡単に保湿&美容ケアがおこなえます。

シートマスクにはヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンC誘導体などの美容成分が配合されており、お肌の悩みにあわせて商品を選ぶことができます。ただし、シートマスクには適切な使用頻度があり、使い方を間違えると効果が半減してしまう可能性もあります。

ここではシートマスクの効果や頻度、正しい使い方、選び方、おすすめ商品などをご紹介しますので、シートマスクで効果的にお肌の悩みを改善したいときにお役立てください。

シートマスクは正しい使い方・頻度で効果アップ!

シートマスクとは、肌にうるおいやハリをあたえるスキンケア商品です。

シートマスクには保湿成分や美容液がたっぷり含まれているので、乾燥肌による小ジワやたるみの予防、アンチエイジングなどの効果が期待できます。

皮膚の乾燥が気になる、小ジワやほうれい線が目立ってきた・・・そんな方は、シートマスクで集中的に肌にうるおいをあたえましょう。

シートマスクの頻度は週1、2回が目安

シートマスクは、顔に貼りつけるだけで簡単におこなえる集中スキンケアです。

シートマスクを顔につけたあとは商品ごとに定められた放置時間まで待たなければなりませんが、待っている間は自由に過ごせるので、時間を無駄にすることなく誰でも簡単に続けられます。

このように、シートマスクは保湿成分や美容液を手軽に補給できる便利なスキンケア商品として人気を集めていますが、使用方法を間違えてしまうとメリットよりもデメリットが増える可能性があります。

たとえば、シートマスクの使用頻度は、一般的に週1、2回が目安とされていますが、より高い美容効果を期待してシートマスクを毎日使い続ける方もいます。シートマスクの商品によっては毎日使用できるとうたっているものもありますが、いずれも「お肌の状態にあわせて」使うことを推奨しています。

シートマスクを毎日使い続けると、皮膚が栄養をとりすぎたり、肌に負担がかかったりして肌トラブルが起こる可能性があります。商品ごとに使い方や放置時間、使用頻度は異なりますが、シートマスクは集中的にケアしたいときのスペシャルケアとしてとり入れることが理想的とされています。

シートマスクを毎日やりすぎないように気をつけて、週1、2回を目安に効果的にスキンケアしましょう。

シートマスクの選び方とポイント

シートマスクは、化粧品メーカーから豊富な商品が販売されています。保湿を重視する商品、美容成分にこだわった商品、美白を目的とした商品など美容効果はさまざまです。シートマスク選びに迷ったときは、選び方のポイントを参考にしましょう。

ここでは、シートマスクの選び方とポイントをご紹介します。

必要な美容成分が入っている

シートマスクに配合されている成分は、商品によって違います。保湿やシミ予防など、ご自身の目的にあう美容成分が配合されているシートマスクを選びましょう。

主な美容成分は、以下のとおりです。

  • 【ヒアルロン酸】・・・高い保水力があり、皮膚のうるおいを保つ成分です。乾燥肌を防いで皮膚のハリや弾力をサポートします。主に、保湿成分として配合されます。
  • 【コラーゲン】・・・たんぱく質の一種であり、肌にハリと弾力をあたえる成分です。コラーゲン不足はシワやたるみの原因につながります。
  • 【プラセンタ】・・・プラセンタは胎盤であり、プラセンタエキスは胎盤から抽出して作られた成分です。肌の水分保持や新陳代謝の調整、抗酸化作用などの働きがあります。
  • 【セラミド】・・・外部刺激から肌を守り、「肌のバリア機能」をサポートする成分です。乾燥による敏感肌におすすめの成分です。
  • 【ビタミンC誘導体】・・・ビタミンCの浸透力を高める成分です。ビタミンCはコラーゲンを作るために欠かせない成分であり、抗酸化作用やメラニン抑制などの働きもあります。

ご自身のお肌の状態にあわせて、必要な美容成分が配合されているシートマスクを選びましょう。

なるべく無添加でお肌に優しい

敏感肌の方には、無添加やアレルギーテスト済みの商品がおすすめです。着色料、合成香料、鉱物油、シリコン、アルコール、紫外線吸収剤などが添加されていない商品を選びましょう。

肌質にあわないシートマスクを使ってしまうと、炎症や大人ニキビといった肌トラブルが起こる可能性があります。化粧水などで肌トラブルが出やすい体質の方は、なるべく添加物不使用のシートマスクを選びましょう。

無理なく続けやすい価格

シートマスクには、お手頃なプチプラ商品から高級なブランド商品まで色々あります。使用目的と頻度を考えて、ご自身にふさわしいシートマスクを選びましょう。

プチプラ商品は毎日でも使いやすく、高級ブランド商品は週1、2回のスペシャルケアにおすすめです。お財布に負担のかからない範囲で、長く続けやすいシートマスクを選びましょう。

シートマスクの効果的な使い方

シートマスクは手軽に美容成分を補給できる便利アイテムですが、使い方を間違えると肌トラブルにつながる恐れがあります。シートマスクを利用するときは、正しい使い方で効果的にスキンケアしましょう。

シートマスクの基本的な使い方は、以下のとおりです。
(※商品によって多少異なります)

  1. 洗顔後、肌が清潔な状態でシートマスクを使います。
  2. 前髪や横髪をピンで留めて、顔にかからないようにします。
  3. シートマスクをとりだして広げます。必要があれば、目もと部分のシートを前に折ります。
  4. 目もと&口もとの位置を目安に、シートマスクを顔全体に乗せます。必要があれば、目もと部分のシートで目を覆います。
  5. シートマスクを顔全体に密着させたら、10秒間ほどハンドプレスします。
  6. 説明書に記載の放置時間まで待ったあと、シートマスクを外します。
  7. 肌に残っている美容成分を、手で優しくなじませます。
  8. 仕上げに、乳液やクリームなどのコスメを塗って、完了!

シートマスクを使うタイミングは、洗顔後、化粧水をつける前になります。シートマスクが剥がれやすいときは、市販のシリコンマスクをシートマスクの上につけることもおすすめです。

シートマスクの放置時間は商品ごとに異なるので、パッケージに記載されている説明書をよく確認しておきましょう。

シートマスクで後悔しないための注意点とコツ

シートマスクは正しい使い方で、安全に続けることがポイントです。大切なイベントの前日にスペシャルケアとして使うなどして、シートマスクを上手に活用しましょう。

ここでは、シートマスクを使用する際の注意点とコツを6つご紹介します。

1. シートマスクをやりすぎない

一般的なシートマスクの使用頻度は週1、2回が目安になります。大量パックで毎日続けやすい商品も販売されていますが、シートマスクをやりすぎると肌に栄養をあたえすぎたり、負担をかけたりする可能性があるので気をつけましょう。

シートマスクの頻度は週1、2回を目安とし、スペシャルケアとしてとり入れることが理想的です。

2. 日焼けやシェービング直後はNG

日焼けや顔そりの直後など、肌に赤みやほてりがあるときは、シートマスクの使用を控えましょう。日焼けや顔そりで敏感になっている肌にシートマスクを使うと、皮膚に負担をかける可能性があります。

シートマスクのタイミングは、顔の赤みやほてりがないときを選びましょう。

3. シートマスクは再利用しない

一度使用したシートマスクを再利用すると衛生的に問題があるので、同じシートマスクを繰り返し使わないようにしましょう。また、パッケージに残った液体も残さないで、すぐに使い切ることがポイントです。

シートマスクを再利用するなどして不衛生な使い方をすると、雑菌が繁殖して肌トラブルが起こる可能性があります。シートマスクは使い回さないで、1回ごとに使い切って衛生的に活用しましょう。

4. シートマスクを長時間使用しない

シートマスクを長時間つけていると、皮膚の熱によってシートマスクと肌の水分が奪われてしまいます。

肌にうるおいをあたえるためのシートマスクが、放置時間を守らなかったり、装着したまま寝たりすることで乾燥肌の原因になり、美容効果も期待できなくなってしまいます。

シートマスクは長い間つけていれば効果が上がるわけではなく、むしろ効果が半減してしまう可能性があるので気をつけましょう。商品パッケージに記載されている放置時間を守ることが大切です。

5. シートマスクは入浴中に使用しない

シートマスクは洗顔後につけますが、お風呂では控えましょう。入浴中は汗でシートマスクが肌に密着しにくくなったり、美容成分が流れ落ちてしまったりすることがあります。

シートマスクの効果を高めるためにも、入浴中の使用は控えて、汗が引いた状態のときに使いましょう。

6. 肌にあわないときは中止する

シートマスクを使った翌日に炎症や赤みなどの肌トラブルが起きた場合は、すぐに使用を中止しましょう。

シートマスクに配合されている成分によっては、体質にあわない方もいます。肌にあわないシートマスクを使い続けると、炎症が悪化して色素沈着やシミなどができる恐れがあります。

特に敏感肌の方は商品の成分表示を確認して、添加物フリーやアレルギーテスト済みなど、なるべく肌に刺激の少ないシートマスクを選びましょう。

人気のおすすめシートマスク・厳選3つ!

シートマスクは、さまざまな商品が販売されています。ご自身にぴったりのシートマスクがわからないときは、コスメランキングや購入者の口コミ、評価を参考にしましょう。長年人気のあるロングセラー商品もおすすめです。

こちらでは、おすすめのシートマスク・厳選3つをご紹介します。

我的美麗日記「黒真珠マスク」

  • 【メーカー】我的美麗日記 [私のきれい日記]
  • 【商品名】黒真珠マスク
  • 【価格】5枚入り:690円+税、10枚入り:1,360円+税
  • 【成分】黒真珠エキス、深海紅藻エキス、ヒアルロン酸、パイナップル果実エキスなど
  • 【特徴】ノンパラペン、ノンアルコール、鉱物油フリー、色素フリー、蛍光剤フリー

オリジナル成分の「コスフィンゴ」と「アクアロード」で高い保水力が期待できます。また、黒真珠エキスや深海紅藻エキス、パイナップル果実エキスなどの美容成分も配合されており、お肌にうるおいとハリをあたえます。

クオリティファースト「オールインワンシートマスク モイストEX」

  • 【メーカー】クオリティファースト
  • 【商品名】オールインワンシートマスク モイストEX
  • 【価格】1箱(50枚):1,900円+税、お試し・携帯用(1袋7枚):330円+税
  • 【成分】ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC誘導体、セラミドなど
  • 【特徴】無香料、無着色、無鉱物油、アルコールフリー、オイルフリー、弱酸性、低刺激性

1枚で「化粧水・美容液・乳液」の3役をこなせるシートマスクです。ヒアルロン酸やコラーゲンなど35種類の豊富な美容成分が配合されており、オーガニックコットンで効率よくお肌にうるおいを届けます。1箱50枚入りの商品は、お手頃価格で普段使いしやすい魅力があります。

石澤研究所「透明白肌 ホワイトマスクN」

  • 【メーカー】石澤研究所
  • 【商品名】透明白肌 ホワイトマスクN
  • 【価格】10枚入り:600円+税
  • 【成分】豆乳発酵液、植物プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲンなど
  • 【特徴】日本製の厚手マスク。美容液180mL、10枚入り

透明白肌をコンセプトとしたシートマスクです。豆乳発酵液やクズ根エキス、クロレラエキス、アロエバラ葉エキスなどの美容成分が配合されており、透明感のある肌へと導きます。国産の厚手マスクは顔にフィットしやすく、効率よく美容成分をお肌に届けます。

シートマスクの頻度を守って「若々しい印象」の美肌へ

いかがでしたか?

シートマスクは、保湿成分や美容成分を補給できる便利なスキンケア商品ですが、使い方を間違えると肌トラブルが起こる可能性もあります。

シートマスクの使用頻度は週1、2回を目安にするなどして、正しく使いましょう。シートマスクは、大切なイベントの前日や特別な日のスペシャルケアとして活用することが理想的です。

ヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンC誘導体など、ご自身にとって必要な美容成分が配合されているシートマスクを愛用して、効果的にお肌の悩みを改善しましょう。

美容成分たっぷりのシートマスクを使って、いつまでも若々しい印象の美肌を目指してみませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!