短い爪の整え方。短くても見栄えの良い爪のつくり方


職業的に爪を長く伸ばせないから爪は常に切りっぱなし、ネイルに興味がないので爪切りで切るだけで整えることはない…

そんな人でも、体の末端でよく目に入る爪を整えておくと気分が良くなってテンションが上がります。

短い爪でもきちんと磨かれてピカピカとツヤのある爪はそれだけでも清潔感だって違います。

短くても見栄えが良く、思わず自分でもうっとりしてしまう爪の整え方を見ていきましょう!

爪の形、あなたはどんな形が好み?

ネイルサロンに行くと、エメリーボード(爪やすり)などを使って爪をきれいに整えてくれます。

爪が短いからそういった場所に行く機会がないという人でも、自分で爪を整える時に好みの形があるのではないでしょうか?

爪は爪切りで切りっぱなしという人でも、今日からは形も見栄え良く爪を整えてみませんか?

短くてもきれいに見える爪の形はラウンドとオーバル

ネイルサロンで整える際に人気の爪の形は、どれもネイルをするのに適したものです。

爪の長さや形によって似合うネイルカラーも違ってきますが、ここでは短い爪でもネイルがきれいに映える爪の形であるラウンドとオーバルについて見ていきます。

爪の先端が円を描くように丸いラウンド

 

ラウンドとは、形が全体的に丸く、短めに切り揃えてマニュキアやジェルネイルをする人に適した爪の形です。

どのようなネイルアートをするのにも似合う爪の形ですが、可愛らしい色を使うネイルアートならラウンドが一番見栄えが良いと言ってもいいでしょう。

ラウンドをきれいに整えるコツは?

爪のサイドはまっすぐに整え、先端をカーブさせていくのがラウンドをきれいに作るコツ。

エメリーボードなどを使い、指先のカーブを作るような形で爪の先もカーブを作っていきます。

ラウンドが似合う人ってどんな人?

丸みを帯びて指先に可愛らしい印象を与えてくれるラウンド。

そんなラウンドは、元の爪の形が大きくマニュキアを塗ることで目立ってしまう悩みがある人が、小ぶりな爪に見せる事をかなえてくれます。

爪をなるべく短くする必要がある人にももちろん、女性らしい可愛いネイルアートをする人にもぴったりです。

短くても女性らしくそれでいて指先を華奢に見せてくれる形がラウンドです。

整え方もそう難しくないので、ネイル初心者さんでも安心してチャレンジできますね!

卵のような丸みが爪全体に広がるオーバル

ラウンドよりは形が縦長で、卵のように先端とサイドにも丸みがあるデザインがオーバルです。

指を細く長くカッコよく見せたい、大人の女性を思わせるようなカラーのマニュキアをしたいと思ったらオーバルを選びましょう。

爪の先の丸みがラウンドよりも若干シャープなので、あまり長さがあると先端が欠けやすくなってしまうので注意してくださいね。

オーバルをきれいに作るには?

爪をオーバルの形に整える時は、ラウンドの形よりも数ミリほど爪を長く伸ばしておきましょう。

その方が見栄えも良く、整えやすくなりますよ。

爪の先のカーブはラウンドを作るように、サイドもエメリーボードを使い整えます。

サイドはあまり削りすぎないように、爪の形をあまりとがらせないようにするときれいなオーバルを作ることができます。

オーバルの形をおすすめしたい人はこんな人

ラウンドよりも若干シャープな丸みで全体的にスラっとした印象を与えてくれる形のオーバル。

オーバルは、指の短さをカバーし、指先を細くスラっときれいに見せてくれます。

可愛らしいイメージがあるカラーのマニュキュアにぴったりな形のラウンドとは違い、オーバルはかっこいい洗練された女性を思わせるカラーのマニュキュアの色が映えます。

ワインレッドやボルドーなど華やかで一色使いでも目立つネイルカラーをするならオーバルがおすすめです。

短くてもきれいな爪になりたい!そう思ったらケアが大切!

ネイルケアは、ネイルアートやマニュキュアを普段から楽しむ人や爪を長く伸ばしている人だけの物ではありません。

短い爪でも、きれいで割れにくい丈夫な爪を目指すにはどんな事に気を配ればいいのでしょうか?

爪が割れてしまう・欠けてしまうというお悩みを持つ人は必見ですよ!

栄養不足の爪に鉄分タンパク質とビタミンAを補おう

爪が割れやすくなる原因に栄養不足があげられます。

爪は皮膚が硬くなり角質化したもので、肌荒れが起こってしまうように栄養が偏ったり不足したりすると、爪にも悪影響を及ぼします。

爪が栄養不足になると、ひび割れが起こったり、二枚爪、ささくれになってしまいます。

爪を強くするためには、タンパク質やミネラル、ビタミンなどを積極的に意識して摂ることが大切なのです。

タンパク質は爪に欠かせないケラチンを作る

タンパク質は、爪の角質層を作るために必要な成分で、摂取したタンパク質の一部分がケラチンに代わり割れにくく丈夫な爪を作ってくれます。

タンパク質を多く含む食材の代表は、肉類・大豆・魚類などがあげられます。

ケラチンといえば髪の毛にも大切な要素ですよね。

髪の毛が乾燥してギシギシする、痛んでいるという人もタンパク質を意識的に摂るようにしてケラチンを補うようにしましょう。

鉄分で爪が反り返ってしまうのを防ぐ

爪が弱くなってしまうと爪が反り返ってしまいます。

弱くなった爪の反り返りを防いでくれる成分が鉄分です。

レバーや赤身の肉である牛肉を食べたり、海藻で鉄分を取るようにしましょう。

乾燥知らずで割れにくい強い爪を作るビタミンA

肌や爪の乾燥を防ぐ栄養素であるビタミンAは、不足してしまうと乾燥だけではなく爪が割れてしまう原因になってしまいます。

意識してビタミンAを摂取するようにすれば、爪の表面の乾燥を防ぐことができます。

そうすることで、ひび割れや縦すじが起こりずらくなり、爪が欠けてしまうというトラブルも起こりにくくなります。

ほうれん草やニンジンなどの緑黄色野菜を取るようにしましょう。

上記に上げたビタミンA・鉄分・タンパク質以外にも様々な栄養素をまんべんなくバランスを考えて摂ることが丈夫な爪を作るために大切な事です。

栄養バランスの取れた食事を毎回取るのが難しいという人は、サプリメントの力を借りて足りない栄養素を補うようにするなどの対策を取りましょう。

マニュキアを塗る

マニュキアを塗ると見栄えは良くなるけど健康には良くないんじゃない?そう思っている人はいませんか?

マニュキアは、爪の乾燥を防いで爪を強くする効果があります。

爪の乾燥が気になる人は、むしろマニュキアを塗った方がいいのです。

爪は、指から水分を吸い上げるかたちでうるおいを補給しているので、マニュキアで爪の表面をカバーすれば、水分を爪に留めることができます。

その結果、爪を乾燥から守り、保湿効果も得られるのです。

マニュキアは1週間程度を目安に塗っておこう

マニュキアは個人差はありますが、はがれずにきれいに発色している期間は1週間ほどです。

マニュキアを塗り、1週間ほど経過したら刺激の少ないネイルリムーバーで優しくマニュキアを落としましょう。

すると、マニュキアをする前よりも爪そのものにうるおいが満ちて、乾燥することで起こるひび割れのしにくい丈夫な爪になっています。

もしも、職業柄マニュキアは付けられないという人なら、ネイルオイルを使ってマッサージをするだけでもかなり違います。

爪を強くするネイルというのも発売されているので、休日の間だけ爪をパックするつもりでネイルするというのもいいかもしれませんね。

短くても整った爪なら気分がいい!

職業柄爪は長く出来ないから整えることはしない、爪は爪きりで切りっぱなし…

そんな人でも、少し意識して爪を整えて爪の表面を磨くようにすれば、爪が目に入った時にちょっと気分が良くなります。

今まで爪のケアはあまりしてこなかったという人も、これを機会に爪のケアをしてみませんか?

爪を整えて綺麗にすることを意識すれば、短い爪でもネイルを楽しむことだってできます。

爪のおしゃれをもっと楽しみましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!