肩甲骨ダイエットの効果的なやり方。動かすだけで代謝アップ!


肩甲骨を動かすことは、女性にとって多くの嬉しい効果が期待できます。

肩甲骨を常に意識するだけなので、仕事の合間などいつでも気軽に行うことができます。また特別な道具も必要ありませんよ。

肩甲骨を動かすだけのダイエットによる嬉しすぎる効果とは

肩甲骨を動かすと、身体にどんなメリットがあるか知っていますか?ダイエット効果だけでなく、ボディラインを整え肩コリの改善など多くの効果が期待できます。

ダイエット効果

肩甲骨の周囲には褐色脂肪細胞が多くあると言われています。褐色脂肪細胞とは、赤ちゃんに多くあり年齢とともに徐々に減少していくと言われています。褐色脂肪細胞が活性化することでエネルギー消費がアップし、代謝が良くなると考えられています。さらに脂肪燃焼効果も期待できます。

肩甲骨を動かすことで褐色脂肪細胞が活性化しやすくなります。そのためダイエット効果に繋がってきます。

背中がスッキリする

一度背中に贅肉がつくと、なかなか落ちにくいですよね。肩甲骨を動かすことで背中をスッキリさせる効果が期待できます。

肩甲骨には背中の大きな筋肉が多く付着しています。そのため肩甲骨を動かすと背中の筋肉が効率的に働き、背中を引き締めることに繋がります。

肩凝りの改善

肩凝りは首から肩甲骨にかけての筋肉が固まることによって痛みがでると言われています。肩甲骨ダイエットは、肩甲骨を動かし首周囲の筋肉をほぐすことができます。

さらに動かす事で血流がアップし肩凝りを改善してくれます。

姿勢が良くなる

スマホやパソコンなど長時間使用するため、姿勢が崩れている人が多くいます。姿勢が崩れてしまうと、余計な部位に脂肪がつきやすくなってしまいます。

肩甲骨の動きを改善することで、正しい姿勢を保つことができるようになってきます。姿勢が良くなることで基礎代謝がアップし、さらに痩せやすい体を作ると言われています。

バストアップ効果

猫背など肩が内側に入ったような姿勢になっているとバストが垂れやすくなると考えられています。しっかり胸を張るように肩甲骨を動かすことで、バストの血流がアップし、バストアップ効果も期待出来ます。

肩甲骨の動きのセルフチェック

肩甲骨ダイエットを始める前に、自分の肩甲骨がどのくらい動いているチェックしましょう。動きをチェックすることで、運動の効果を実感することができ、モチベーションも上がりやすくなります。

腕の動きをチェック

◯やり方

  1. 壁に背中をくっつけるようにして立ちます。
  2. 肘を伸ばした状態で、ゆっくりと腕を横に広げていきます。
  3. その際、手の平は下向きにしましょう。
  4. 痛みを感じない範囲まで手を持ち上げ、どこまで上がったかチェックしてください。

60度以上持ち上がっていれば、肩甲骨の動きは比較的スムーズです。45度未満であれば、動きがかなり悪くなっている可能性があるため注意しましょう。

背中で合掌してチェック

◯やり方

  1. 背中で手の平を合わせます。
  2. 指先も天井を向けるようにしてください。
  3. くっつけたまま上に持ち上げます。

楽に行えるようであれば、肩甲骨はかなりキレイに動いています。反対に手の平がくっつかない場合やかなり下の方で合掌している場合は肩甲骨の動きが悪くなっている可能性があります。

天使の羽根ができる効果的な肩甲骨ダイエットのやり方

肩甲骨の動きをアップさせるように動かすことが大切です。回数などはあまり気にせず、出来る範囲から行うようにしてくださいね。

シンプル!簡単にできる肩甲骨アップダウン運動

◯やり方

  1. 背筋をピンっと伸ばします。
  2. ゆっくりと耳の後ろに向かって、肩を持ち上げます。
  3. 次に、ストンと肩を下ろします。
  4. この動作を繰り返します。

まずはシンプルな運動から行いましょう。ポイントとして、耳の後ろに肩をくっつけるイメージで行ってください。耳の後ろを意識することで、肩甲骨を正しいポジションに保持することができます。

肩甲骨くっつけ運動

◯やり方

  1. 腰に軽く手を当てます。
  2. 両肘を背中でくっつけるようなイメージで動かします。
  3. その際に肩甲骨がくっつくことを意識してください。
  4. ゆっくり元の姿勢に戻ります。
  5. この動作を繰り返します。

息を止めないように、出来る範囲で行うようにしてくださいね。

タオルを使った肩甲骨エクササイズ

◯やり方

  1. フェイスタオルを肩幅よりもやや広めに両端を持ちます。
  2. タオルを持った状態で肘を伸ばし、手を頭の上に持ち上げます。
  3. ゆっくりと肘を曲げていき、頭の後ろを通って、肩のラインまでタオルを下ろします。
  4. ゆっくり元の位置に戻ります。
  5. この動作を繰り返します。

もし、きつい場合にはタオルを持つ幅を広げるようにしてください。そうすることで比較的楽に行えるようになります。

腕を後ろに引くウォーキング

ウォーキングを行う場合は、腕を後ろに引くように意識しましょう。腕を後ろに振ることで肩甲骨が動くようになります。

ダイエット効果を最大限に得るためには、全身運動であるウォーキングを取り入れるのも大切です。時間のあるときに行ってくださいね。

肩甲骨ダイエットの注意点

肩甲骨ダイエットは、道具がなくても行えるため手軽なダイエット法です。しかし即効性があるわけではありません。ダイエットの効果を得るためには毎日継続して行うことが重要になってきます。ダイエットの効果を最大限に得るための注意点を紹介しますね。

仕事の合間など、こまめに行う

時間のあるときにこまめに意識して行うことで、肩甲骨の筋肉が固まらずに解すことが出来ます。

  • 朝起きてから
  • 仕事の合間
  • お風呂上がり
  • 夜寝る前

など1日の中で何度も行うように心がけてください。特に朝肩甲骨を動かすことで、代謝が上がりやすくなると言われています。必ず行うようにしてくださいね。

痛みのない範囲で行う

肩甲骨がコリ固まっている場合、急に大きく動かすことで痛みが起こる場合があります。無理して肩甲骨を動かすと、筋肉にストレスをかけてしまい効果が得られにくくなります。

肩甲骨の動きが出にくい場合は、お風呂上がりなど筋肉がほぐれた状態の時間帯から始めるようにして下さい。また急に大きく動かさずに、まずは小さく肩甲骨を動かすようにしましょう。徐々に動きを大きくしていくように意識することで痛みがでにくくなります。

肩甲骨を意識するだけで、美しいボディ ラインを目指しましょう!

肩甲骨は、姿勢にも大きく影響しています。そのため肩甲骨の動きをアップさせることで美しいボディラインを作る事が期待できます。

ダイエット効果を得るためにも、毎日継続して肩甲骨ダイエットを行うようにしてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!