シルバーアクセサリーの黒ずみは自分で落とせる!簡単お手入れ方法


久しぶりにお気に入りのシルバーアクセサリーを出したとき、黒ずんでいて悲しい思いをしたという人はいませんか?

銀でできた製品は、日常のちょっとしたことで黒ずみが起きてしまうもの。でも、だからと言ってもう着けられないわけではありません!

黒ずみのケア方法と普段のお手入れをきちんと学んで、いつまでもお気に入りを身につけてくださいね。

シルバーアクセサリーが黒ずむ原因

シルバーアクセサリーが黒ずむ原因は、日常生活のいたるところに隠れています。いったいどんなことが原因で黒ずみが起こってしまうのでしょうか。

硫化による変色

経年劣化とも言える黒ずみがこれ。空気中にある硫黄分に触れると、硫化反応が起きてしまい、シルバーアクセサリーの表面に硫化銀の皮膜が作られることで黒ずんでしまいます。

硫化を防ぐためには、保管するときの状況が大切。なるべく空気に触れさせないように心がけましょう。

塩化反応による変色

塩化銀が発生した場合もシルバーアクセサリーが黒ずんでしまいます。
この塩化銀は、銀イオンと塩化物イオン(=塩素)が反応して発生するもの。この塩化銀が日光に当たると黒ずみが起こります。

ですから塩素が含まれているものにシルバーが接触した場合、変色してしまうということになるのです。身近なもので言えば漂白剤。家庭で衣類などを漂白する際には注意が必要ですね。

汗や皮脂などの汚れによる変色

シルバーアクセサリーについた汗や皮脂などを拭かずにおいておくのも、黒ずみの大きな原因となります。
これは、人間の汗や皮脂に含まれるたんぱく質の成分には硫黄が含まれているから。この硫黄により硫化反応が起きてしまい、アクセサリーが黒ずんでしまうのです。

夏場など、汗を多くかく時期には特に注意しましょう。

温泉の硫黄や入浴剤による変色

温泉に入るときにはアクセサリーを外さないといけない、というのはよく言われることです。これも硫黄による硫化反応を防ぐため。誤ってシルバーアクセサリーをつけたままで温泉に入ると、あっという間に硫化銀が発生して黒ずんでしまいます。
温泉ではなくても、家庭で入浴剤を使用するときにも注意が必要。

また、硫黄分という観点で言うと、輪ゴムにも硫黄分が含まれています。シルバーアクセサリーを輪ゴムで束ねたりすると、輪ゴムが触れている部分から黒ずんでしまいます。

化粧品の付着による変色

化粧品が付着したままにしておくのも、黒ずみが起きてしまいます。これは、化粧品に含まれる水分と油分を分離させないために使われている界面活性剤が原因。界面活性剤に「硫酸塩」という形で含まれている硫黄によりシルバーが変色してしまうのです。

化粧品だけではなく、シャンプーや台所用洗剤に含まれる界面活性剤も同じことですので、水仕事をするときにはアクセサリーを外す習慣をつけたほうが良いでしょう。

シルバーアクセサリーの黒ずみを取る方法

黒ずんでしまったシルバーアクセサリーをどうにかきれいにしたいと思ったとき、自分でもきちんとピカピカにする方法があります。いくつかご紹介しますので、やりやすい方法を選んでくださいね。

汚れを取った後、専用のクロスで磨く

水で洗ったり乾拭きをして表面についた汚れを落としてから専用のクロスで磨くのが最も簡単な方法。もし、アクセサリーの表面に油膜が見えるときには中性洗剤で洗い、柔らかい布で水気をしっかりと拭き取り、クロスで磨きます。

専用のクロスは、細かい研磨剤が含まれているために小さな傷や黒ずみを取ることができるので、1枚用意しておくと良いでしょう。

研磨剤を使う

クロスで磨いただけでは黒ずみが取れない場合は、研磨剤を使いましょう。専用のクロスと研磨剤がセットになった商品もあります。

研磨剤を少しだけ気になる黒ずみにつけて丁寧に磨けば、黒ずみはかなり綺麗な状態になるはず。その後、全体をクロスで拭けば完了です。

シルバー専用の洗浄液を使う

指輪であれば簡単に磨くことができますが、ネックレスや複雑な形をしたアクセサリーは少々難しいもの。

その場合は、専用の洗浄液に15秒程度つけると黒ずみが簡単に落ちます。黒ずみが落ちたことが確認できたら、よく水で洗ってから柔らかい布で拭いて乾かしておきましょう。

クリーナーを使うときの注意点ですが、強力なものなので必ず手袋とピンセットを使いましょう。また、石などで装飾されているアクセサリーには洗浄液は使得ません。

アルミホイルと塩を使う

専用のクリーナーもクロスもない場合は、アルミホイルと塩を使って黒ずみを落とすこともできます。

まず、鍋を用意してお湯を沸かしましょう。お湯が湧いたら火を弱め、アルミホイルを敷いて塩をひとつまみ入れた後、シルバーアクセサリーを入れます。
2、3分経ったら火を止めて、アクセサリーを取り出して柔らかい布で拭きましょう。この方法でもきれいにすることができますよ。

いぶし加工されたものは注意

ただし、シルバーアクセサリーの中でも「いぶし加工」されたものは注意が必要。これは、部分的に黒いいぶしの加工をすることで使い込んだ印象を与えてくれるもの。メンズラインに多いハードな印象のシルバーアクセサリーによく施されるものです。

この黒いいぶしはあらかじめ硫化反応で黒くしているものになるので、黒ずみケアを行うと簡単に取れてしまいます。ですから、いぶし加工されたアクセサリーの場合は、汚れを落として銀色の部分をクロスで丁寧に拭けばOKです。

黒ずみを起こさない。シルバーアクセサリーのお手入れポイント

シルバーアクセサリーをきれいに保つには、まず日常的なお手入れが肝心。決して難しいことではありません。大切なアクセサリーをきれいに保つために、自分のお手入れ方法を一度見直してみてはいかがでしょうか?

身につけたら、必ず柔らかい布で拭く!

これは毎日の習慣として身につけたいこと。家に帰ってきてアクセサリーを外したら、汚れが目に見えなくても柔らかい布で拭いてからしまってください。
汗や皮脂が付着した状態で保管すると、黒ずみの元になってしまいます。

自分が持っているアクセサリーに最適なお手入れ方法を知る

シルバーアクセサリーと一口で言っても、コーティングがされていたり、石などによる装飾が施されていたりとさまざまな形がありますよね。石がついているものは洗浄液につけられなかったり、いぶし加工されているものは部分的に磨くことができなかったり、と加工によってお手入れ方法が異なってきます。

自分のアクセサリーに合わないお手入れをして悲しい思いをしないようにしましょう。一番いいのは、購入したお店でお手入れ方法を教えてもらうことと言えます。

正しい保管方法を守る

長期間身につけない場合は、なるべく空気に触れさせないように保管するのがポイント。例えば密閉性の高い容器に入れて保管するという方法が考えられます。

もっと手軽な方法としては、家庭にあるラップで包むだけでも密閉状態に近づけることができ、空気に触れずに保管ができるため硫化を防げます。なるべく空気を抜きながら包んでくださいね。

大切なのは、普段のちょっとしたお手入れです

シルバーアクセサリーの黒ずみは自分で対処できるということがわかりました。でも、大切なのは普段からのお手入れ。お気に入りのアクセサリーをいつまでもきれいに身につけるために、大切にケアしてあげましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!