シミ消しクリームでお肌の悩みにアプローチ!賢く使う方法


顔のシミをなくしたいけれど、どんな方法が良いのかわからない・・・シミの効果的な取り方がわからなくて悩まれている方もいるのではないでしょうか?

気になるシミをケアしたいときは、シミ消しクリームがおすすめです。シミ消しクリームには美白有効成分が配合されていますので、シミの悩みにアプローチすることができます。ご自身のシミの種類にふさわしい美白有効成分を選んで、効率よくシミ対策をしましょう。

しかし、シミの種類によってはシミ消しクリーム以外の方法が有効な場合もあります。シミ消しクリームの特徴を確認しながら、そのほかのケア方法も一緒におさらいしましょう。

ここではシミ消しクリームの効果や選び方、使い方、おすすめランキングなどをご紹介しますので、気になるシミを撃退したいときにお役立てください。

シミ消しクリームとは美白成分が配合されたアイテム

シミ消しクリームとは、美白剤や美白有効成分が配合されたクリーム(軟膏)です。美白有効成分とは厚生労働省によって効能表示が認められている成分であり、メラニン生成を抑制したり、メラニンを還元したり、肌のターンオーバーを整えてメラニンを排出したりする作用があります。

美白有効成分にはさまざまな種類があり、成分ごとに肌へのアプローチや効能が異なります。ご自身のシミの種類にあった有効成分を選び、効果的にシミ対策をおこないましょう。

シミの種類と原因

シミの種類によって、原因や効果的なケア方法が異なります。まずは皮膚科などでシミの種類を診断したあとで、ご自信にあったケア方法を選びましょう。

主なシミの種類と特徴は、以下のとおりです。

  • 【肝斑】・・・30、40代の女性にあらわれやすいシミであり、目の周りをさけて顔面にできる左右対称の褐色斑です。原因は、紫外線や皮膚の刺激、女性ホルモンの影響などが考えられます。
  • 【炎症後色素沈着】・・・一時的な色素沈着が繰り返されることで定着した、褐色斑です。原因は、日焼けや火傷、かぶれ、ケガ、ニキビ跡、皮膚炎などの刺激が考えられます。
  • 【老人性色素斑】・・・「日光黒子」や「日光性色素斑」とも呼ばれます。顔や手の甲などにできる、数ミリから数センチの平べったい褐色斑や黒色斑です。原因は、紫外線の影響が考えられます。
  • 【脂漏性角化症】・・・「老人性疣贅」や「老人性イボ」とも呼ばれます。老人性色素斑が悪化した症状であり、顔などにできる茶色やこげ茶色のイボ状の色素斑です。原因は、紫外線や加齢の影響が考えられます。
  • 【雀卵斑】・・・「雀斑」や「そばかす」とも呼ばれます。顔の中心にできる2、3mmの小さな褐色斑です。原因は、遺伝的要因や紫外線の影響が考えられます。
  • 【花弁状色素斑】・・・そばかすよりも大きいシミであり、肩や背中などにできる3mmから1cmくらいの褐色斑です。原因は、紫外線の影響が考えられます。
  • 【後天性真皮メラノサイトーシス】・・・「ADM」や「後天性両側性太田母斑様色素斑」とも呼ばれます。頬やおでこなどにできる、数ミリくらいの点状の褐色斑です。原因は、深い部分の色素沈着が考えられます。

紫外線などの刺激を受けると「メラノサイト」という色素細胞が活性化して、シミのもとになる「メラニン」が過剰に産生されます。そして、肌のターンオーバーが正常に働かないなどの理由でメラニンが排出されにくくなると、色素沈着してシミになります。

シミ消しクリームには、メラニンの生成を抑制したり、メラニンを還元(薄く)したり、肌のターンオーバーを整えてメラニンを排出したりする作用をもつ「美白有効成分」が配合されていますので、シミに対する効果が期待できます。

シミ消しクリームは医薬品だけでなく、市販薬もありますので、薬局やamazonなどのネット通販で手軽に買えます。また、アルバニアやトランシーノといったスキンケア商品は公式サイトから購入することもできます。

ランキングや購入者の口コミなどを参考にして、ご自身のシミにふさわしいシミ消しクリームを選びましょう。

シミ消しクリームの効果

シミ消しクリームは、すべてのシミを改善できる商品ではありません。シミの種類によっては効果がなかったり、あらわれにくかったりすることがあります。シミ消しクリームを使う前に、効果が期待できるシミと期待できないシミを覚えておきましょう。

ここでは、シミ消しクリームの効果とシミの種類についてご紹介します。

シミ消しクリームの効果が期待できるシミ

  • 【肝斑】・・・一般的にレーザー治療は無効であり、ハイドロキノンやビタミンCなどの美白剤が有効です。
  • 【老人性色素斑】・・・レーザー治療が有効ですが、ハイドロキノンやビタミンCなどの美白剤も効果が期待できます。
  • 【炎症後色素沈着】・・・レーザー治療は刺激をあたえる可能性があり、ハイドロキノンやビタミンCなどの美白剤が有効です。
肝斑をレーザー治療すると、使用機器によっては症状が悪化したり、効果があらわれなかったりする可能性があります。また、肝斑とほかのシミが合併している場合は、先に美白剤などで肝斑を治療したあとでほかのシミを治しましょう。

シミ消しクリームの効果が期待できないシミ

  • 【雀卵斑(そばかす)】・・・レーザー治療が有効です。
  • 【花弁状色素斑】・・・レーザー治療が有効です。
  • 【脂漏性角化症(老人性イボ)】・・・レーザー治療が有効です。
  • 【後天性真皮メラノサイトーシス】・・・レーザー治療が有効です。

シミの原因が遺伝やアザ、深い部分にできた色素沈着の場合は、レーザー治療が有効です。シミの種類によって、シミ消しクリームやレーザー治療など、最適なケア方法を選びましょう。

シミ消しクリームの正しい選び方

シミ消しクリームは、さまざまな商品が販売されています。シミ消しクリームの商品選びに迷われたときは、価格や使用感、有効成分などを参考にしましょう。

ここでは、シミ消しクリームの選び方をご紹介します。

1. 継続しやすい価格

シミ消しクリームは、1回試しただけでは効果があらわれないことがあります。皮膚のターンオーバーは28日間から40日間かけておこなわれますので、最低でも2ヶ月は続けて使用しましょう。

シミ消しクリームの効果を実感するためにも、高い商品を短期間使うより、安い商品でも良いものを継続して使うことが大切なポイントになります。

シミ消しクリームは、無理なく継続できる値段の商品を選びましょう。

2. お肌に合うもの

シミ消しクリームは、商品によって有効成分や使用感、肌への刺激などが異なります。シミ消しクリームを使用した際に、皮膚が赤くはれたり、かゆみが出たり、不快感を覚えたりする場合はすぐに使用を中止しましょう。

新しいシミ消しクリームを使うときは、最初にパッチテストをおこなって肌質にあうか必ず確認しましょう。

シミ消しクリームは、商品を購入する前にトライアルセットなどで試してみることをおすすめします。また、返品保証付きの商品であれば、万が一、お肌にあわなかった場合でも安心して返却することができます。

シミ消しクリームは、価格や有効成分とともに、肌質にあう商品を選びましょう。

3. 必要な美白成分

シミ消しクリームは商品によって、配合されている成分が異なります。ご自身のシミに必要な美白成分が配合された商品を選びましょう。

主な美白成分は、以下のとおりです。

  • 【ハイドロキノン】・・・「肌の漂白剤」とも呼ばれており、欧米で主流の美白成分です。メラニン色素の生成を阻害する作用があり、メラニンを分解する効果があります。肝斑や老人性色素斑、炎症後色素沈着などに有効ですが、脂漏性角化症やアザは取れません。
  • 【レチノイン酸(トレチノイン)】・・・ビタミンA誘導体であり、皮膚のターンオーバーを促進してメラニン色素を排出する効果が期待できます。ハイドロキノンと併用して使われることがあり、シワやニキビ治療にも有効です。
  • 【トラネキサム酸(トランサミン)】・・・メラニンの生成を抑制する作用があり、肝斑の改善に効果があるとされています。商品やクリニックによって、トラネキサム酸の含有量が異なります。
  • 【ビタミンC誘導体】・・・ビタミンCよりも安定性と吸収性に優れた成分であり、メラニンの生成を抑制したり、メラニンの排出をサポートしたりする作用があります。
  • 【ビタミンE】・・・血行をうながして肌の代謝リズムを整えることで、メラニンを排出するサポート効果が期待できます。
  • 【L-システイン】・・・メラニンの生成にかかわる「チロシナーゼ」の作用を阻害したり、皮膚の新陳代謝をうながしたりする作用があります。
  • 【アルブチン】・・・チロシナーゼの作用を阻害して、メラニンの生成を抑制する働きがあります。
  • 【コウジ酸】・・・コウジ菌由来の成分であり、チロシナーゼの作用を阻害してメラニンの生成を抑制する働きがあります。
  • 【エラグ酸】・・・ポリフェノールの一種であり、チロシナーゼの作用を阻害してメラニンの生成を抑制する働きがあります。
  • 【ルシノール】・・・チロシナーゼの作用を阻害して、メラニンの生成を抑制する働きがあります。
  • 【リノール酸S】・・・チロシナーゼを分解して、メラニンの生成を抑制する働きがあります。
  • 【カモミラET】・・・メラノサイトの活性化を抑えて、メラニンの生成を抑制する働きがあります。
  • 【4MSK】・・・チロシナーゼの作用を阻害して、メラニンの生成を抑制する働きがあります。
  • 【エナジーシグナルAMP】・・・皮膚の新しい生まれ変わりをうながして、メラニンの蓄積を抑制する効果が期待できます。
  • 【マグノリグナン】・・・チロシナーゼの作用を阻害して、メラニンの生成を抑制する働きがあります。
  • 【プラセンタエキス】・・・動物の胎盤から抽出・精製した成分であり、メラニンの生成を抑制する働きがあります。
  • 【ニコチン酸アミド(ビタミンB3)】・・・ビタミンB群の一種であり、血行をよくしたり、メラニンの生成を抑制したりする働きがあります。

シミ消しクリームの効果的な使い方

シミ消しクリームは、使い方を間違えると効果があらわれないことがあります。シミ消しクリームの正しい使い方を覚えて、効率よくシミ対策をしましょう。

ここでは、シミ消しクリームの適切な使い方をご紹介します。

1. 説明書の使用方法を守る

シミ消しクリームは、商品によって使い方が異なります。使用量や塗れる範囲、使うタイミング、使用期間などは、説明書を参考にして必ず守りましょう。高い効果を得ようとして目安量よりたくさん塗っても、効果が変わらなかったり、デメリットが出たりする可能性があります。

シミ消しクリームは、使用方法を守って安全&効果的に利用しましょう。

2. 清潔な肌に使う

シミ消しクリームを塗る前に、洗顔などで肌を清潔な状態にしておきましょう。不衛生な肌にシミ消しクリームを使用すると、雑菌が繁殖する恐れがあります。

シミ消しクリームは、洗顔したあとのキレイな肌に使いましょう。

3. 自分にあった有効成分を選ぶ

シミ消しクリームは、商品によって配合している有効成分が異なります。しばらく使い続けてみても効果がみられなかったときは有効成分が適していない可能性がありますので、別の有効成分を試してみましょう。

シミ消しクリーム選びに迷ったときは、トライアルセットを試してみるのもおすすめです。

シミ消しクリーム以外のケア方法

シミ消しクリーム以外にもシミを薄くしたり、予防したりする方法があります。シミ対策を上手におこなうためにも、シミ消しクリーム以外のシミ取り方法を確認しておきましょう。

シミの改善方法については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
シミを改善する方法。普段の生活を見直して白肌を目指そう

ここでは、シミ消しクリーム以外のシミ対策方法をご紹介します。

病院のシミ治療

医療機関のシミ取り方法には、レーザー治療や外用薬、内服薬などがあります。レーザー治療は、確実に取りたいシミやシミ消しクリームが効かないシミの治療に最適です。ただし、シミの種類によってはレーザー治療で症状が悪化してしまうこともあります。

外用薬や内服薬は、ほかの治療法と組み合わせたり、レーザー治療が効かないシミを治したりする場合に最適です。病院のシミ取り方法は、シミの種類にあった治療法を選びましょう。

病院の主なシミ治療は、以下のとおりです。

  • 【レーザー治療】・・・一定の波長の光を照射して、シミを選択的に改善する治療法です。シミやアザに有効ですが、肝斑の場合、使用機器によっては悪化する可能性があります。
  • 【光治療】・・・IPL(光)を照射してメラニン色素を分解し、皮膚のターンオーバーを促進してシミを改善する治療法です。
  • 【イオン導入】・・・微弱な電流でイオン化した薬剤を、皮膚の深部まで浸透させる治療法です。薬剤にはビタミンCやトラネキサム酸などの有効成分が使われます。
  • 【ケミカルピーリング】・・・皮膚に化学薬品を塗って化学反応を引き起こし、新しい皮膚細胞の再生を促進する治療法です。
  • 【外用薬(外用塗布薬)】・・・主な外用薬は、ハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏になります。ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも言われる美白成分であり、トレチノインはビタミンAの誘導体でメラニン色素を排出する効果が期待できる成分です。
  • 【内服薬(飲み薬)】・・・主な内服薬は、トラネキサム酸やビタミンC誘導体、ビタミンE、L-システインなどになります。メラニンの生成を抑制したり、メラニンの沈着を抑制したり、皮膚の新陳代謝をうながしてメラニンの排出をサポートしたりする効果が期待できます。

食事内容の工夫

栄養バランスのよい食事とともに、シミ予防に必要な栄養を意識してとりましょう。普段の食事だけでは栄養がとれないときは、サプリメントもおすすめです。

シミ対策におすすめの栄養と食品は、以下のとおりです。

  • 【ビタミンA】・・・皮膚のターンオーバーを正常に整える作用があります。肉類や魚類、乳製品、野菜、果物などに含まれています。
  • 【β-カロテン】・・・体内でビタミンAに変換するのでビタミンAの作用があり、抗酸化作用もあります。緑黄色野菜などに含まれています。
  • 【ビタミンC】・・・チロシナーゼの作用を阻害して、メラニンの生成を抑制する働きがあります。また、メラニンを直接還元(薄く)する作用もあります。果物や野菜に含まれています。
  • 【ビタミンE】・・・血行をうながして肌の代謝リズムを整えたり、抗酸化作用で細胞膜を保護したりする作用があります。植物油やナッツ類、緑色野菜などに含まれています。

普段の食事を工夫して、効果的にシミ対策をおこないましょう。

シミにおすすめのサプリについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
シミ対策ができるサプリ!おすすめサプリの選び方と飲み方

美白化粧品

美白有効成分が配合された化粧品です。有効成分ごとに肌へのアプローチ方法や効能が異なりますので、ご自身のシミにあった成分を選びましょう。

主な美白有効成分は、以下のとおりです。

  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • ビタミンE
  • アルブチン
  • プラセンタエキス
  • L-システイン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • エナジーシグナルAMP
  • 4MSK
  • ルシノール
  • リノール酸S
  • カモミラET
  • ニコチン酸アミド
  • マグノリグナン

シミにおすすめ化粧品については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
シミを隠せるおすすめ化粧品と、シミを化粧品で上手に隠す方法

紫外線ガード

紫外線を浴びると、メラニンが過剰に産生されてシミの原因になります。外出する際は、サンスクリーン(日焼け止め)や日傘、帽子などで紫外線対策をしましょう。

日焼け止めには紫外線を防ぐ効果目安として「PA」と「SPF」が表示されていますので、買い物やレジャーなど外出先にふさわしい効果のある商品を選びましょう。

特に、トレチノインを使用している間は、紫外線の影響を受けやすくなっていますので、必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

生活習慣の工夫

シミの原因は紫外線だけでなく、加齢や摩擦、あわない化粧品、ストレス、寝不足、ニキビ跡なども考えられます。このようなシミの原因は、生活習慣を工夫して改善しましょう。

シミ予防には、以下の生活習慣がおすすめです。

  • 紫外線ガード
  • 栄養バランスのよい食事
  • 軽い運動
  • 禁煙
  • 質のよい睡眠
  • ニキビ予防
  • 洗顔などで皮膚をこすらない
  • ストレス発散
  • お肌にあった化粧品選び

生活習慣を見直すことで、シミの悪化を防いだり、新しいシミを予防したりすることができます。

シミ消しクリームのおすすめランキングTOP3

シミ消しクリームにはさまざまな商品があり、配合成分や価格などが異なります。シミ消しクリーム選びに迷われたときは、おすすめランキングをご参考ください。

ここでは、人気のおすすめシミ消しクリームTOP3をご紹介します。

1. ビーグレン「QuSomeホワイトクリーム1.9」

  • 【ブランド名】ビーグレン
  • 【商品名】QuSomeホワイトクリーム1.9
  • 【容量】15g
  • 【価格】6,000円(税抜)
  • 【成分】ハイドロキノン、βホワイト、ハイビスカス花発酵液、ゲンチアナ根エキスなど
  • 【特徴】トライアルキット有、365日返品・返金保証付

ハイドロキノンと浸透テクノロジー「QuSome」を融合した、集中ケアクリームです。肌の色ムラやトーン、黒ずみ、くすみなどにアプローチします。肌悩みごとのトライアルキットがあり、365日の返品・返金保証も付いています。

2. ロスミン「ロスミンリペアクリーム ホワイト」

【ブランド名】ロスミン
【商品名】ロスミンリペアクリーム ホワイト
【容量】30g(約30日分)
【価格】5,900円(税抜)
【成分】トラネキサム酸、アルブチンなど。
【特徴】医薬部外品。パラベン、香料、着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、アルコールはすべてフリー

美白有効成分だけでなく、効能評価試験済みの保湿成分「スクワラン、リムナンテス、ウメ果実エキス、シルバーバイン果実エキス、チンピエキス」なども配合された薬用化粧品です。シミ予防、乾燥小じわケア、くすみ対策などにアプローチします。

3. エンビロン「モイスチャージェル2」

【ブランド名】エンビロン
【商品名】モイスチャージェル2
【容量】60ml
【価格】7,500円(税抜)
【成分】ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなど。
【特徴】エイジングケア用ジェル

ビタミンAやビタミンC、ビタミンEといった整肌成分だけでなく、ベータカロチン、ビタミンB5、ルイボス葉エキス、ハニーブッシュ葉エキス、レスベラトロールといった成分が含まれています。エイジングサインに対して、ハリとうるおいをあたえて肌をサポートします。

シミ消しクリームで理想の美人肌に近づきませんか?

いかがでしたか?

シミ消しクリームは、美白成分が配合されたスキンケア商品です。有効成分ごとに肌へのアプローチや効能が異なりますので、ご自身のシミの種類にふさわしい商品を選びましょう。

また、シミ消しクリームの効果があらわれるまでに2ヶ月ほどかかる場合もありますので、無理なく続けやすい値段やお肌にあった商品を選ぶことがポイントになります。

シミ消しクリームを上手に使って、明るい印象の美人肌を目指してみませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!