成分別に見る、人気のシミ対策美容液。しみ対策は続けることが大切!


「色んな美白化粧品を使ってみたけど、本当にシミに効いてるの?」と疑問に思うことはありませんか?

乾燥対策や毛穴対策はスキンケアの中でも比較的効果が出やすいものですが、シミに関してはなかなかそうはいきませんよね。

シミ対策は長い目で効果を見なければなりません。

だからと言って対策を怠るときっと後悔してしまいますよね。

今回は、美白有効成分に注目し、あらゆる美白美容液の特徴や働き、どんなメカニズムがあってシミに効くと言われているのかを記事に致しました。

今回の記事を是非ご参考に、ご自分が求める成分を知り、ご自分にあった美白美容液を見つけるお手伝いが出来ればなと思います!

シミに効く美容液は予防と改善の2パターン

「シミに効く美容液」といえばやはり「美白美容液」が有効です。

とは言っても、シミを予防したいのか、今既にできてしまっているシミを改善したいのかのどちらかによって選ぶべき美容液も変わってきます。

シミを予防する美容液がほとんど

世の中には様々な美白美容液が存在しています。

そしてその多くはシミを予防する為の美容液です。

有効成分一例

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • トラネキサム酸(m-トラネキサム酸)
  • カモミラET(カミツレエキス)
  • 4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
  • コウジ酸

これらの成分は紫外線を受けた肌がメラニン(シミの元)を作ってしまうことを抑制したり、
メラニンを作る活性酵素の働きを阻害することで、肌にシミが出来ないように作用します。

既にできてしまっているシミ対策と言うよりは、これ以上シミを増やさない、将来シミを作らないようにする為に日常的に取り入れたい成分です。

できてしまったシミには「エナジーシグナルAMP」「リノール酸S」

既に現在出来てしまっているシミを薄くしてくれる成分もあります。
それは以下の2つです。

  • エナジーシグナルAMP(アデノシン一リン酸二ナトリウム OT)
  • リノール酸S

2つともシミの元であるメラニンを排出する働きがあります。

「エナジーシグナルAMP」配合美容液 ”インナーシグナル”

エナジーシグナルAMPは、製薬会社の大塚製薬が開発した成分です。

表皮の代謝を上げてターンオーバーを促進させるので、古い角質や細胞と一緒にメラニンを排出することで、シミやソバカスを薄くする作用があります。

このエナジーシグナルAMPを配合した大塚製薬の美容液が「インナーシグナル リジュブベイトエキス」というものです。

また、エナジーシグナルAMP以外にも注目したい成分が配合されています。

  • グリチルリチン酸2K…抗炎症成分
  • 農グリセリン、スクワラン…乾燥対策

ただし、エタノールが配合されているので、敏感肌の方やエタノールは避けたい方は注意が必要です。

「リノール酸S」配合美容液 ”ホワイトロジーエッセンス”

リノール酸Sは、歯磨き粉で有名なSUNSUTAR(サンスター)が開発した成分です。

リノール酸Sはメラニンが作られる原因である活性酵素「チロシナーゼ」を分解し、メラニン生成を抑える、いわゆる「シミ予防」の働きと、
ターンオーバーをサポートしてメラニン排出を促す「シミを薄くする」働きの両面を持っています。

このリノール酸Sを配合した美容液がSUNSTARの「ホワイトロジーエッセンス」です。

リノール酸S以外にも注目したい成分が配合されています。

  • トラネキサム酸…美白、抗炎症
  • グリチルリチン酸2K…抗炎症
  • イエローヒマラヤンラズベリー根エキス…美白、抗老化

エタノールは配合されておらず、比較的肌に優しい設計です。

有名な美白美容液の特徴

ここからは有名な3つの美容液の特徴を配合成分に注目してそれぞれまとめてみました。

ここで、一つだけ注意しておきたい点があります。

それは3つとも、美白有効成分以外に共通して「エタノール」が配合されているという点です。

エタノールは清涼感・浸透感をもたらしてくれますが、肌の水分を奪ってしまったり、刺激を感じる場合もあります。

その為エタノールを避けたい方もいらっしゃいますよね。

その反面、プチプラの化粧品ではなかなか見かけないような美容成分も配合されているのも特徴です。

美容液に限らず、成分の性質や効果を知ると、キャッチコピーや広告に惑わされず、自分に合ったアイテムを探しやすくなりますので、是非参考にしてみてくださいね!

有名美白美容液①「第一三共ヘルスケア トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンス」

トランシーノの美容液の特徴である有効成分は「トラネキサム酸」です。

トラネキサム酸とは

  • メラニン生成指令をストップさせる
  • メラニンが作られる原因の活性酵素(チロシナーゼ)を阻害する
  • 抗炎症作用がある

また、トラネキサム酸以外にも以下のような成分が配合されています。

  • 桑エキス…チロシナーゼ阻害による美白有効効果、抗酸化作用、抗炎症作用
  • セイヨウノコギリエキス…抗炎症作用、消炎作用
  • トレハロース硫酸Na…保湿、皮膚保護

有名美白美容液② 「資生堂 haku メラノフォーカスv」

hakuの美容液の特徴である有効成分は「4MSK」と「トラネキサム酸」です。

4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)とは

  • サリチル酸誘導体のことであり、慢性的なターンオーバーに注目して作られた成分。資生堂が開発したものであり、資生堂の商品のみに使用されている。
  • チロシナーゼの活性を阻害することでシミを作らせない作用がある。

また、4MSKやトラネキサム酸以外には以下のような成分が配合されています。

  • イチャクソウエキス…メラニン生成を抑制
  • トルメンチラエキス…血管からのシミが増殖することを抑制
  • ユリエキス…肌荒れ防止、保湿
  • ハス種子乳酸発酵液…メラニンが蓄積した細胞の滞留を防ぐ
  • ルムプヤン…メラニン色素の遺伝子が作られることを抑制、保湿

有名美白美容液③ 「コーセー 白澄 XX」

白澄の美容液の特徴である有効成分は「コウジ酸」です。

コウジ酸とは

  • 味噌や醤油に含まれる麹由来の成分
  • チロシナーゼを直接的に抑制し、メラニンの黒化を防ぐ
  • 年齢による肌の黄ぐすみにも効果があり、抗老化にも有効的

またコウジ酸以外にも以下のような成分が配合されています。

  • ボタンエキス…消炎作用、血液促進
  • メマツヨイグサ抽出液…コウジ酸よりもさらにチロシナーゼの活性阻害に優れ、メラニン生成を抑制するエラグ酸を含んでいる。その他のポリフェノールも多く含有。

続けやすいプチプラ美容液も味方につける

シミの予防や改善は夏だけ、1日中外にいたときだけでなく、毎日のケアが必要です。

その為美容液も続けられるアイテムでないといけません。

ここからは比較的続けやすい3000円以下のおすすめ美容液を配合成分別に紹介していきます。

ビタミンC誘導体

メラニンが作られるのを抑制したり、メラニン色素を還元したりする効果や、チロシナーゼの活性を阻害する作用があります。

《ビタミンC誘導体配合のプチプラ美容液》

  • ロート メラノCC
    ビタミンC誘導体以外にも多くの美白有効成分が配合されている。
    コスパも良いので長く続けやすい。
  • 無印良品 敏感肌用美白美容液
    抗炎症作用のある成分を配合していたり、エタノールは不使用など、敏感肌向けであるのが最大の特徴。
    乳液のようなテクスチャーでありながらベタつかない。
  • チューンメーカーズ ビタミンC誘導体
    ビタミンC誘導体が6%と高配合。
    ビタミンC誘導体の効果にこだわりたい方におすすめ。

アルブチン

チロシナーゼ活性を阻害することでシミが出来ないようにする働きがあります。

別名、ハイドロキノン誘導体です。

ハイドロキノンは刺激が強いことで有名ですが、アルブチンはそれを誘導体化していますので、刺激も低く、高い安定性もあります。

《アルブチン配合のプチプラ美容液》

  • ちふれ 美白美容液W
  • ビタミンC誘導体も配合されており、保湿成分も多く含む。
    乾燥肌・敏感肌の方にも優しい設計。

  • 白潤 プレミアムW美白美容液
  • ビタミンC誘導体や5つの保湿成分も配合。
    その中には抗酸化力に優れたムラサキシキブ果実エキスも配合されている。

トラネキサム酸

トランシーノやhakuにも配合されているトラネキサム酸ですが、プチプラでも試してみることが出来ます。

《トラネキサム酸配合のプチプラ美容液》

  • 資生堂 アクアレーベル シミ対策美容液
    刺激の少ない抗炎症成分が配合されておりエタノール不使用なので敏感肌・乾燥肌の方も試しやすい。
    ※「バチルアルコール」という成分が配合されているが、これはエタノールとは全く別で、低刺激なエモリエント成分。
    ちなみに、同じシリーズの化粧水・乳液にはエタノールが使用されている。
  • ちふれ 美白うるおいオールインワンジェル
    美容液の役割も担うオールインワンジェル。
    トラネキサム酸は2%配合されている。

カモミラET(カミツレエキス)

カモミールに含まれている成分で、メラニンを生成する工場(メラノサイト)が働かないように指令を出すことで、シミが出来ないようにします。

また、トラネキサム酸のように、この成分自体に抗炎症作用があります。

《カモミラETを配合するプチプラ美容液》

  • キュレル 美白美容液
    ユーカリエキスやスクワランなど保湿面でも頼りになる成分が含まれている。
    敏感肌の方の協力のもと、パッチテスト済み。

シミのケアは毎日行うこと

私たちの肌は多かれ少なかれ、日々紫外線のダメージを受けています。
なのでシミの対策はよほど肌が敏感で調子が悪い時、酷い肌荒れを起している時などを除いて、毎日行うことが基本です!

基本の保湿は化粧水や乳液・クリームで行って、美容液のみ、美白化粧品を取り入れるだけでも未来のお肌はきっと変わっていきます。

シミの改善・予防の結果が目に見えて分かるのは長い時間が必要ですが、根気よく続けていきましょう!

今回は成分に注目して美容液を紹介させて頂きましたが、そもそも美容液だからと言って、
どの化粧水よりも、どの乳液やクリームよりも確実に有効成分の量・配合濃度が高いとは限りません。

自分に合った価格帯や成分を見極めて美白化粧品を選んでいくことがケアを続けていく上で大切なことなのです。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!