クレンジングも化粧水もなし?肌本来の力を取り戻す「肌断食」のやり方


毎日ちゃんとお手入れをしているのに、どうも最近、お肌の調子がよくない。そんなことありませんか?実はお肌にとっては、スキンケアやメイクをすること自体が刺激やストレスになってしまうのです。

洗顔やメイクの際の摩擦、化粧品に含まれる界面活性剤や防腐剤などの化学物質の影響、皮脂を過剰に取ってしまう、などのせいで、肌本来の持つ保湿力やバリア機能が失われているんです。

そんなお肌のダメージをリセットするためには、「肌断食」がオススメ。肌断食は、一言で言えば「何もしないこと」。スキンケアもメイクも断つことで、肌本来の力を取り戻し、素肌の美しさを引き出してくれます。

とはいえ、初めて取り組むのであれば、「お肌がカピカピになっちゃう!」「メイクしないなんて無理!」など、不安がたくさんありますよね。

そこで今回は、初めてでも気軽に取り組める肌断食の「初級編」から、一歩進んだ「中級編」、そして本格的に始める「上級編」に分けて、やり方をご紹介。ご自分に合ったレベルから始めてみてくださいね。

肌断食のやり方:初級編「プチ肌断食」

肌断食に興味があっても、いきなり化粧品をすべてやめるのはハードルが高いですよね。お肌にトラブルが起きないか心配にもなります。そんなときは、こちらの初級編から取り組んでみましょう。

クレンジングのみ肌断食

一番始めやすいのが、この「クレンジングだけをやめる」方法です。実は、スキンケアの中で最もお肌に負担をかけてしまうのが、クレンジング。

メイクをゴシゴシ落として摩擦してしまったり、潤いや皮脂を取り過ぎてしまったり、たくさんのダメージを与えてしまいます。

でも、クレンジングがなければ、メイクが落とせません。なので、クレンジングをやめるには、メイクも変える必要があります。

お湯や洗顔料だけで落とせるコスメに変えたり、ミネラルファンデーションを使うなどする必要があります。ファンデーションをやめて、ポイントメイクだけするというのもいいですね。

クレンジングのみ肌断食のやり方:

  1. 朝は普通にスキンケアをして、メイクはクレンジングが必要ないものだけを使う。
  2. 夜、洗顔料だけでメイクを落とす。
  3. 洗顔後のスキンケアはいつも通り行う。

たったこれだけ!これくらいなら、すぐにでも始められそうですよね。

夜だけ肌断食

もう一歩進んで、夜だけ肌断食をするというパターン。こちらは、夜の洗顔後、スキンケアもしないというものです。

この場合も、クレンジングは使わないため、やはりメイクはお湯や洗顔料だけでできるアイテムを使いましょう。

夜だけ肌断食のやり方:

  1. 朝は普通にスキンケアをして、メイクはクレンジングが必要ないものだけを使う。
  2. 夜、洗顔料だけでメイクを落とす。
  3. スキンケアをせず、そのまま寝る。
  4. 翌朝はぬるま湯で洗顔を行い、普段のスキンケアをする。

どうしても乾燥する場合は、ワセリンをその部分に薄く塗りましょう。純度の高い白色ワセリンがオススメです。

プチ肌断食でも、続ければ効果が感じられる

私も、夜だけ肌断食を試してみましたが、意外と大きな違和感を感じることなくトライできました。私は唇の周りがカサつきやすいので、そこだけワセリンを薄く塗りました。それ以外の部分は特に乾燥も気にならず、これなら続けられそうです。

初心者でも始めやすいプチ肌断食。これだけでも、早い人は数日で、肌が明るくなるなどの効果を感じられるそうです。

肌断食のやり方:中級編「週末肌断食」

もう少し集中して肌断食をやってみたい!という方には、中級編がオススメ。週末2日間を使って、週末肌断食にチャレンジしてみましょう。

週末肌断食

お出かけの予定のない週末や連休、スキンケアもメイクもしない肌断食に集中して取り組んでみましょう。

普段、しっかりメイクや過剰なスキンケアでお疲れのお肌をリセットしてあげることができます。また、化粧品の手を一切借りないことで、あなたの今のお肌の実力が明らかになります。

週末肌断食のやり方:

  1. 金曜日、帰宅したらいつものクレンジングと洗顔料でメイクを落とす。
  2. そのあとはスキンケアをせずに寝る。
  3. 週末の朝はぬるま湯で顔を洗い、スキンケアもメイクもしない。
  4. 日焼け止めも使わないので、外出は控えるか、帽子や日傘で紫外線対策を。
  5. 夜も洗顔はぬるま湯で洗うだけで、スキンケアはしない。
  6. 月曜の朝になったら、いつも通りのスキンケアとメイクをしてお出かけ。

まるまる2日間、いっさい化粧品を使わないで過ごすなんて、ちょっとドキドキしますね。月曜日には、お肌がどんなふうに変化しているのか、楽しみになります。

週末肌断食で、お肌の調子がよくなる

たった2日間化粧品を使わないだけでも、何らかの違いを感じる人が多いようです。個人差はありますが、毛穴が目立たなくなったり、テカらなくなるなどの効果が出てくる人も。月曜の朝に化粧のノリが違う!という声もありました。

スキンケアをしないお肌は、自分の力で水分や油分のバランスを取ろうとします。お肌本来の機能が回復してくるのです。また、メイクのダメージから解放されることで、お肌の強さを取り戻しやすくなるのです。

そんな話を聞くと、ちょっと試してみたくなりますよね?外出の予定のない週末など、ぜひリラックスしながらトライしてみてはいかがでしょうか。

大切なのは、お肌の素の状態を知ること

週末肌断食の目的は、お肌を休ませるだけでなく、あなたのお肌の「今の状態」を知ることなんです。何もつけないお肌が、乾燥してカサカサになるのか、思ったよりも潤ってくれるのか……。

金曜の夜のクレンジングをしたら、寝る前や土曜日、日曜日、とお肌の様子をしっかり観察しましょう。化粧品を使わない、ありのままのあなたのお肌が見えてきます。

そうして自分のお肌の「今の状態」を知ることで、それまでやっていたスキンケアやメイクが合っているのか、やりすぎていないか、考えるきっかけになります。自分のお肌と向き合う時間を作るのが、週末肌断食なのです。

肌断食のやり方:上級編「本格肌断食」

そしていよいよ、本格的な肌断食のご紹介です。といっても、一度にすべての化粧品を断つのではなく、じょじょに減らしていくのがポイントです。

本格肌断食は、段階を追って

本格肌断食は、少しずつ化粧品を減らしていきます。最終的にはお湯洗顔と純石鹸だけになります!それでは、その手順を見てみましょう。

本格肌断食のやり方:

  1. 初級編・中級編と同様、メイクをクレンジングなしで落とせるものに変える。
  2. 夜のクレンジングをやめ、純石鹸だけでメイクを落とす。そのあと普段のスキンケアをする。
  3. 朝はぬるま湯で洗顔し、そのあとスキンケア、メイクをする。
  4. 肌の様子を見ながら、一つずつスキンケアを減らしていく。最初はクリームや乳液をやめる。
  5. 次に美容液をやめる。
  6. 最後は化粧水もやめる!

最後残るのは、ぬるま湯と純石鹸の洗顔のみのケアになります。どうしても乾燥が気になる場所にだけ、白色ワセリンを薄く塗ります。

これまでさまざまなスキンケアをしてきたお肌なので、一度にすべてのケアをやめると、変化が大き過ぎて、トラブルの原因にもなってしまいます。お肌を慣らしながら、段階を追ってスキンケアをやめていくことが大切です。

洗顔のコツ

肌断食で、唯一行うスキンケアは朝と夜の洗顔です。朝はぬるま湯だけで優しく顔を洗います。指で肌をこすったり、水をバシャバシャかけたりすると、お肌への刺激となるので、静かに洗ってあげましょう。

夜の純石鹸での洗顔は、しっかり泡立ててから、「泡で洗う」ようにしましょう。指は直接お肌をこすらないよう、泡のクッションで包み込むように洗います。シャワーで洗い流す場合も、水圧が強くならないように調節しましょう。

効果が出るまでには時間がかかる

では実際に、肌断食で効果が出るまでには、どれくらいかかるのでしょうか?これには個人差があります。

1週間ほどで効果を感じ始める人もいれば、数ヶ月かかる人もいます。それまでにどれくらいダメージを溜めこんでいたかによって、時間のかかり方が異なるようです。

最初は肌がガサガサになったり、ニキビができてしまうことがあります。これは、お肌の機能やバランスが崩れてしまっていることが原因です。肌断食を続けていくことで、お肌の力が回復すると、次第に落ち着いてくるようです。

お肌のトラブルをできるだけ避けるためにも、段階を踏んで、ゆっくり肌断食をて行っていくことをオススメします。お肌の様子を見ながら、自分にあったペースで進めてくださいね。

肌断食をやるときの疑問・注意点

これまでのスキンケアの常識を破る肌断食。それだけに、実際にやってみようと思うと、さまざまな疑問が出てくると思います。それについて、解説します。

化粧水もつけないなんて、肌が乾燥しないの?
肌断食の最初は、洗顔のあとに何もつけないと、乾燥を感じたりお肌がガサガサしたりする場合もあります。そのまま時間を置くと、お肌が自らバランスを保とうと皮脂を分泌し、水分を維持しようとします。

肌断食を続けているうちに、だんだんとお肌本来の機能が回復して、何もつけなくても大丈夫なお肌になっていきます。どうしても乾燥が気になったり、ヒリヒリする場所には、薄くワセリンを塗りましょう。

肌断食の間、日焼け止めも使っちゃいけないの?
基本的には日焼け止めも塗らず、帽子や日傘で紫外線対策をすることが推奨されています。とはいえ、紫外線のお肌への悪影響は大きいもの。石鹸で落とせる日焼け止めを使うといいでしょう。
友達が肌断食をしたら、お肌がガサガサになっちゃったって聞いたけど?
お肌の機能やバランスが崩れていると、肌断食をしたときにひどい乾燥状態になってしまうことがあるようです。

そうならないためにも、肌断食は段階を追って、お肌の様子を見ながら、少しずつスキンケアを減らしていくようにしましょう。

ニキビがたくさんできちゃった!肌断食はやめたほうがいい?
肌断食を始めたばかりのころに、ニキビができることがあるようです。これも、続けていくうちにお肌のバランスが整うことで、落ち着くことが多いようです。

しかし、あまり悪化するようでしたら、肌断食をいったんやめて、皮膚科に行きましょう。

肌断食をしないほうがいいのはどんなとき?
もともとお肌の乾燥がひどいときや、アトピーなどの治療をしているとき、生理前・生理中や妊娠中も、肌断食を始めるのは控えましょう。

肌断食でこんなに効果が!

肌断食を続けていくと、さまざまな効果が表れてきます。これも個人差はありますが、主に下記のような効果が期待できます。

  • 肌質が改善する
  • 肌色が明るくなる
  • 季節の変化やエアコンなどのストレスに強い肌になる
  • 毛穴や角栓が目立たなくなる
  • ニキビができにくくなる
  • シミが薄くなる・消える
  • キメが整う
  • 肌の奥から潤う
  • 肌のたるみが改善される

続けていくうちに、お肌が本来持つ力が回復して、さまざまな効果が表れてきます。シミが消える、肌色が明るくなる、などのうれしい効果があることも。お肌が根本から健康になることで、環境の変化にも強くなっていくのだそうです。

肌断食で、美しいすっぴん素肌を取り戻そう!

肌断食を始めると、あなたの今の肌の実力がむき出しになります。カサついたり、ニキビができてしまったり。その実力をきちんと見定めて、自分の肌を信じてあげましょう。そうすれば、あなたの肌の内側から、回復しようとする力が生まれてくるはず。

また、肌断食を行うときには、規則正しい生活や、健康的な食生活をすることも大切です。体の内側から健康になることで、あなたの肌はもっと健やかに、美しくなってくれるでしょう。

さあ、きれいな素肌を取り戻すために、あなたもまずはプチ肌断食から始めてみませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!