マスクで肌荒れを起こしてしまった時にやるべき対処法


花粉やホコリ、雑菌などから喉や鼻を守るマスクは年中活躍してくれますよね。

風邪予防や花粉症対策、その他にもすっぴんを隠すためにマスクをする、職業柄マスクが手放せないという人も多いでしょう。

しかし、マスクが原因で肌荒れを起こしてしまったら一体どんな対処をすればいいのでしょうか?

今回はマスクで肌荒れを起こしてしまった時の対処法を見ていきたいと思います。

マスクが原因の肌荒れの原因は?

マスクをしていたら肌荒れを起こしてしまった、原因は一体何?

考えられる原因について考えていきましょう。

素材が自分の肌に合っていない

マスクはガーゼと不織布が主な素材になっています。

洋服に化学繊維が使われていたら肌荒れを起こす人、ウール製品のチクチクとした感触が苦手な人もいるでしょう。

それと同じように、自分の肌にマスクの素材が合わない時に肌荒れを起こすことがあります。

擦れて刺激になる

マスクは鼻からあご先までを覆って着用し、その部分の肌とマスクが擦れて摩擦になります。

その摩擦で起きてしまった刺激のせいで、肌荒れを起こしてしまいます。

マスクに使用されている抗菌剤

マスクには抗菌剤が使われており、細菌やカビから守ってくれる効果があります。

抗菌剤は私たちにとって良い働きをするもののように思えても、逆に体内の免疫を刺激してしまい、アレルギーを引き起こしてしまう原因を作ってしまう場合もあります。

ゴムで圧迫された

マスクは花粉やホコリの侵入防止のためにゴムの圧迫力が強いものがあり、締めつけられて跡になってしまったり、ゴムと顔に髪の毛が挟まれてしまう事も。

その刺激が元で肌荒れを起こすこともあります。

湿度や温度でムレが生じる

マスクをしていると、呼吸や湿度で中の温度が上がっていつも肌がムレている状態になってしまいます。

半密閉状態のマスクの中で、会話をしたりくしゃみをしたりすると、マスクの中に唾液が飛び、唾液の中に含まれる雑菌がムレのちからで繁殖します。

それが元でニキビが発生したり、夏の暑い時期なら「あせも」の原因や悪化になります。

マスクで起こった肌荒れを今すぐレスキュー!対策法は?

痛かったり痒かったり、顔という場所だけに思いっきり掻いたりするのは避けたいし、赤くなって痛々しいのとは早くお別れしたい!

そんなマスクで起こってしまった肌荒れを直すには、どんな対策法があるのでしょうか?

ファンデーションを付けずに肌を休める

肌荒れを起こしている時は、肌が敏感になっている時です。

そんな時はファンデーションを一旦休憩して、肌を休めましょう。

ファンデーションなどのコスメ自体もそうですが、それを落とすためのクレンジングがちょっと問題なのです。

クレンジングは毛穴の奥にまで届いてメイク汚れを落とします。

メイクをしっかり落とすクレンジングは、洗浄力が強いので肌にかかる負担も大きくなってしまいます。

肌荒れを起こしている時は、ダメージを起こしている箇所のメイクは控えめにしておきましょう。

ポイントメイクで目元だけをメイクしたり、クレンジングの必要がないBBクリームなどを使って軽いメイクで済ませるなどの対策を取るのがいいでしょう。

コスメも敏感肌用に切り替えて

荒れた肌は敏感になっていてダメージに弱くなっています。

そのせいで、いつも使っているコスメでも刺激になり、痛みを感じたりかぶれてしまう事があります。

肌が荒れてしまっている時は、迷わずに低刺激処方のコスメに切り替えましょう。

敏感肌でも安心して使えるような資生堂のⅾプログラム、クリニーク、ファンケルなどがおすすめですよ。

体の内側からもケアを怠らないようにする

肌荒れは使用するコスメだけではなく、内側からもケアをすることが大切です。

バランスの良い食事を心がける、寝不足に気を付けるなどの対策を取って肌に栄養を与えましょう。

ビタミンCは抗酸化作用に優れ肌荒れに効果を発揮します。

ビタミンB2やビオチンには肌や粘膜を健康的に保ってくれる力が。

抗アレルギー作用を期待するならビタミンPなどのちからを借りましょう。

免疫力の向上にもつながるので、風邪の予防にもつながりますよ。

食事から栄養素を取り入れるのが困難な時は、サプリメントで補う方法もあります。

サプリメントはさまざまな種類があり、多数のメーカーから発売されているので何を買えばいいか迷ってしまうかもしれません。

そういう時は、ドラッグストアの薬剤師さんなどに気軽に相談して、自分の肌荒れの状態に合ったおすすめのサプリメントを紹介してもらうのもいいですね。

病院に行く

どんな対策をしても治る気配がない、改善もしないし、痛みや荒れが治らない場合は、医療機関で相談しましょう。

肌に合わない薬や化粧品が負担となり、肌荒れがますます酷くなることもあります。

過剰に自己判断をすると、肌荒れが悪化してしまう原因になる事もあるので要注意です。

それでもマスクを使わないといけない時はどうするべき?

肌荒れの原因となってしまうマスクの使い方を防ぐには、どうするべきなのでしょうか?

マスクの素材を見直す

使い捨ての不織布で作られたマスクで肌荒れが起こった場合、素材のレーヨンやポリエステルなどをはじめとした化学繊維で肌荒れを起こしている事もあります。

そんな時は、肌に触れる部分が天然の繊維で出来ているマスクを使用するようにすれば、肌荒れの軽減につながることがあります。

こまめに取り換えて雑菌の繁殖を抑える

マスクのムレや雑菌の繁殖を抑えるには、マスクをこまめに取り換えて清潔にしておくのが大切です。

肌に接する面を内側に折りたたんで廃棄する、他の衣類などと分けて優しく手洗いするなど、捨て方や洗い方の方法にも気を配りましょう。

保湿に気を付ける

肌が乾燥していると、マスクをつけたときに摩擦のダメージを受けやすくなります。

肌の保湿を十分に行ってからマスクをつけるようにしましょう。

ガーゼを挟んで直接接触を防ぐ

マスクの素材が合わないせいで肌荒れを起こした場合は、マスクにガーゼを挟んで使用することでマスクと肌の直接接触を防ぐことができます。

ガーゼは吸水性が高く湿りやすいので、湿度が高くムレやすくなります。こまめに取り換えて清潔に保ちましょう。

マスクをつけている時間を減らす

マスクをつけている時間を減らし、肌にマスクが触れている時間を減らす方法もあります。

1日中同じマスクを使わない、マスクを取り換える前に顔用のウェットシートを使って肌を清潔にし、保湿をしてから新しいマスクをつけるようにするのも。

例えば10時にトイレに行ったときにマスクを取り換える、この時間からこの時間まではマスクしないなど、自分でルールを決めてマスクを外す習慣を作るのもいいかもしれませんね。

肌荒れ対策を万全にしてマスクを使うようにしよう!

マスクで肌荒れが起こった時は、掻いたり擦ったりせずに肌を守る行動を取るようにしましょう。

こまめに取り換える、肌の保湿を十分に行う、マスクの素材を変えてみるなどの方法を試したり、改善が見られないのなら医療機関で相談するのも大切です。

マスクを使用していて、肌に違和感を感じたらすぐに鏡で状態を確認するようにして、肌荒れがひどくならないうちに対策を取ってくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!