美白美容液の効果的な使い方。自分の年齢や肌質に合うものを選ぼう

スキンケアの基本ともなる美容液は、美肌にとってよい成分が含まれているものがほとんどです。最近ではクリームタイプや美容オイルなども販売されており、美容液も様々な形状が増えてきています。

自分の肌の悩みに応じた美容液を選び毎日のケアを心がけていきましょう。継続して使っていくことで美白を実感することができますよ。

顔全体に使ったり、部分的に使うこともできる便利なスキンケアアイテムです。

美白美容液の役割とはどんなものか?

美白美容液は、シミやくすみの気になる肌悩みを抱えている人達に向いています。化粧水よりも美容成分が多く含まれており、肌悩みを軽減してくれます。

ぜひスキンケアに取り入れて使ってみて下さい。美白ケアは、メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐことに繋がります。シミができる前に予防として使うことをオススメします。

美白美容液に期待できるポイントとは?

美白美容液は、肌に現れてきているシミにも効果が期待できます。シミを消す成分のハイドロキノンは化粧品にも含まれるようになってきています。

今では安全性も高く安心して使いやすくなってきました。保湿成分も配合されているので、さらに美容効果を高めてくれます。

日焼けやシミ予防、肌のくすみ、ニキビ跡などにも効果を発揮してくれます。

美白美容液はどうやって選べばいいの?

美白美容液を選ぶ際には、美白・医薬部外品という記載のあるものを選びましょう。厚生労働省が許可した美白成分の含まれた製品には医薬部外品という表記があります。

しっかりとチェックしてみましょう。美白美容液には様々な成分がある為、美白成分を比べることも重要になってきます。

成分の特徴を知り、肌質に合う物を選んでみて下さい。

美白美容液の使い方について

美白美容液は基本的に洗顔後のスキンケアとして使用します。

化粧水の後に使うことで美容成分をプラスてくれます。10円玉程度の量を目安とし、適切な量を調整していきましょう。

清潔な手でパッティングをしながら肌へ浸透させていきます。頬の内側から外側へハンドプレスしながら伸ばしていきます。

乾燥が気になる部分へは、つけすぎないように優しく重ね塗りしていきましょう。

美白美容液に効果はあるのか?

美白美容液はシミやそばかすを薄くし、肌のトーンをワントーンアップしてくれます。美白有効成分が入っているので、色素を抑制する作用が働いてくれます。

新陳代謝を活発化しシミやそばかすを薄くしてくれるのです。シミ対策としては早めに対処するように心がけ年代問わず、今すぐトライしてみても良いのではないでしょうか。

美白美容液の美容成分について

美白美容液には様々な種類の成分がある為、美白美容液で多く含まれている美容成分についても解説していきます。

ビタミンC誘導体

リン酸型ビタミンCを表皮に吸収しやすくしたものでチロシナーゼの抑制や抗酸化作用があり、ニキビの炎症も抑えてくれます。

ハイドロキノン

チロシナーゼの活性化を阻害し、メラニンを薄くする作用があります。低濃度のものは化粧品にも使われていて、美白効果が高いです。

アルブチン

チロシンとチロシナーゼが結びつくのを防ぎ、メラニンの生成を抑えます。コケモモや梨などの植物に含まれた成分です。

エラグ酸

ベリー類のラズベリーやいちごなどから抽出されます。ポリフェノールの一種で抗酸化作用があり、美肌効果にも期待ができます。

ルシノール

モミの木に含まれる成分でチロシナーゼの働きを抑えてくれて肌への浸透力もあり、安全性も高い特徴があります。

トラネキサム酸

メラノサイトの活性を防ぎ、チロシナーゼの働きも制御します。美白効果もあり炎症や肌荒れを防いでくれます。

リノール酸S

植物油などから抽出された成分でチロシナーゼを分解します。メラニンの生成を抑え、メラニンの排出を促進する効果もあります。

プラセンタエキス

動物の胎盤から排出される成分です。メラニンの生成やチロシナーゼを抑制します。新陳代謝を高め血行を良くしてくれます。

カモミラET

カモミールから抽出される美白成分でシミによる色素斑に効果があり、肌の保湿力にも優れています。

コウジ酸

麹菌由来の成分でチロシナーゼの働きを抑制し、シミを防いでくれます。

美白美容液を肌へと浸透させる方法

美容液を上手に浸透させていくには、ハンドプレスが大切です。手のひらで顔全体を包みこみ、手の温感で肌に浸透させていきます。

約1分間程ハンドプレスをすると、血行も良くなり肌への美容成分の浸透力も高まります。

美白美容液を使う時の順番

洗顔後、肌の乾燥を防ぎみずみずしく保つためには化粧水で水分を与えましょう。化粧水と美容液に含まれる成分だけでは潤肌を持続させにくいので、油分のある乳液・クリームを使って肌を保護して下さい。

化粧水→美白美容液→乳液・クリームの順でスキンケアしましょう。

美白美容液でくすみをケアをする

くすみのケアには美白成分の配合されているものを使うようにしましょう。しかし、成分の刺激が強かったりすると肌への負担となるケースもあります。

美白成分によっても効果は違います。原料などにも注意し、自分の年齢や肌質に合う物を確認することもポイントです。

日焼けによるシミ・そばかすを防ごう

紫外線を浴びると肌へのダメージを受けやすくなります。紫外線による悪影響で色素斑ができ、色が濃くなって範囲が広がってきてしまうのです。

できるだけ毎日のスキンケアで美白美容液を用いてシミ・そばかすを防いでいきましょう。日焼けで黒くなってしまった肌も明るい色へとサポートします。

メラニンの生成をできるだけ制御する

紫外線を浴びて肌の内部に炎症が起こると、メラニン生成の原因となる酵素チロシナーゼが増えます。それにより、メラノサイトでメラニンがどんどん生成されていきます。

その上メラニンはターンオーバーの際に出ていかずに肌の表面に残ってしまいます。紫外線を多く浴びてしまうとコラーゲンなどの成分も壊れてしまい、肌のハリまでも失われていきます。

美白美容液にはメラニン生成を抑える効果もあるので、ぜひ使用を続けてみて下さい。

医薬品と医薬部外品を使い分けする

医薬部外品の化粧品は薬用化粧品のことを言い、美容効果とシミやニキビ、肌荒れや潤いを整えてくれる有効成分が配合されている化粧品を指します。医薬部外品は効果が早めに実感できますが、有効成分がどの様に効くのかまで知っておきましょう。

一方医薬品は病気の治療を目的としていて、有効成分の効果は労働省によって認められているものを指します。

美白美容液についての注意点を知っておこう

美白美容液も使い方をしっかり把握しておきましょう。適量を使い、消費期限は守りましょう。肌荒れ時に使うと逆に肌への刺激となるので、使うのを控えて下さい。

肌荒れを起こしやすい人は、保湿成分の高い美白美容液を使用しましょう。シミ・そばかす・くすみは放っておくと肌に残ってしまうので、早めの対策で肌ケアを続けましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!