運動時のスポーツブラは必須!揺れを防ぐブラの選び方とは

運動をすると気分転換にもなりますし、美容や健康にもよいので、女性の方には積極的にお勧めしたいところです。ですが、女性だからこそ運動時に気をつけたいことがあります。それが、胸を揺らさないようにするということです。

胸が揺れることは、胸が下垂する原因になります。女性にとって美しい胸はあこがれですので、胸の形を崩さないように運動をしたいものです。そのために役立ってくれるのが、運動時の胸の動きに対応できる運動時専用のブラ、スポーツブラです。

ですが、ただスポーツブラを着用するだけでは、効果を発揮できないこともあります。そこで今回は、スポーツブラの効果や購入の際の注意点について、詳しくまとめてご紹介します。

運動時の胸の揺れを抑え胸の垂れを防ぐ!スポーツブラの役割をご紹介

女性の方は誰でも、普段からブラジャーをつけて生活していますよね。それなら、運動をする時でもいつものブラジャーのままでいいのではないかと思われるかもしれませんが、運動時にはそれでは対応ができません。

では、なぜそう言えるのか、スポーツブラの役割について確認しましょう。

スポーツブラは普段と違う胸の動きに対応できるように作られている!

普段使っているブラジャーには、胸の形を整える・胸を保護する・胸が揺れないようにすることでクーパー靭帯が傷むのを防ぐなどの役割があります。

胸は、1割の乳腺と9割の脂肪で構成されていて、クーパー靭帯によって筋肉や皮膚と繋がっていますので、クーパー靭帯が傷むと胸が垂れてしまいます。

クーパー靭帯は胸が揺れるなどの刺激によって伸びたり切れたりすることがあるのですが、一度傷んだクーパー靭帯は元に戻ることができません。そのため、ブラジャーで支えてクーパー靭帯が傷まないようにすることが大切です。

運動の時には特に胸が大きく動くので、ブラジャーをしていないとクーパー靭帯が傷んでしまいます。では、普段使うブラジャーで対応できるのかというと、そうではありません。

普段使うブラジャーは日常生活の中で着用することを目的として作られているので、運動をする時のように胸が大きく揺れたり、普段揺れない方向に揺れたりすることを想定して作られているわけではないので、十分に胸の揺れを抑えることができないのです。

そこで、運動をする時には、そういったことも想定して作られている専用のブラジャーである、スポーツブラを着用する必要があるのです。スポーツブラは、運動時の胸の動きを研究して作られていますので、胸の揺れをきちんと抑えてくれます。

運動時につけることを想定しているので運動しやすいこともメリット!

大手下着メーカーのワコールが紹介しているアンケート調査の結果によると、通常のブラジャーをつけて運動をすると以下のような点が不都合だと感じられるという調査結果が出ています。

  • 胸が揺れる
  • カップや肩ひもがずれる
  • 運動しにくかったり付け心地が気になったりする
  • 汗が気になる

先ほどもお話したように、胸が揺れることはクーパー靭帯を傷める原因であるのと共に、揺れると気になって運動がしにくいと感じることもあります。それ以外の項目も、運動の際にはかなり気になることですよね。それによって、運動に集中できなくなってしまうのです。

こういった問題に配慮して、スポーツブラは、胸を揺れから守ってくれるだけではなく運動をする際に感じる不都合を解消することで運動しやすくするという役割も持っています。

実際に、ワコールではこれらの不都合を解消するために、スポーツブラに以下のような工夫をしています。

  • サポート機能があり胸が揺れにくい
  • 背中部分をY字型にするなどの工夫で肩ひもがずれにくい
  • ストレッチ素材を採用することで動きにくさを軽減する
  • 速乾性のある素材を採用することで汗の不快感を軽減する

アンケート調査の結果によると、質問をした1,000人のうち9割程度の人が、普段使うブラジャーを着用した時よりも動きやすいと回答しているということです。

速乾性や消臭性など素材が持つ機能も活用できる!

ブラジャーをしていると、汗が気になることがあると言われる女性の方は多いのではないでしょうか。運動をすると特に汗をかきますので、女性なら汗そのものだけではなく、汗に伴う臭いも気になるところですよね。

スポーツブラは、以下のような機能を持つ素材で作られていることが多いので、気になる汗や臭いの問題を解消することも可能です。

  • 吸汗速乾性
  • 通気性
  • 抗菌性
  • 消臭性

速乾性や通気性があるだけでも、汗がこもらないので臭いが気になりにくくなります。それでも気になる場合は、抗菌性や消臭性がある商品を選ぶといいですね。

スポーツブラの効果を発揮させるにはサイズ選びがとても大切!

スポーツブラは胸の揺れを抑えることで胸の下垂を防ぎつつ、運動もしやすくしてくれるものですが、その効果をきちんと発揮させるためにはサイズ選びがとても大切です。

では、なぜそう言えるのか、サイズ選びの際に注意することは何か、チェックしていきましょう。

スポーツブラは大きくても小さくても問題があります

スポーツブラは、サイズが大きくても小さくても以下のような問題が起こります。

小さい場合 大きい場合
締め付けられて動きにくい
血行が悪くなる
胸を潰し形を崩すことも
胸がカップ内で動いてしまう
摩擦によって肌が荒れる

そのため、自分にピッタリ合ったサイズの物を選ぶことが大切です。

スポーツブラのサイズ展開の特徴と合わせ方

スポーツブラのサイズは、メーカーによって表記の仕方が様々なので注意が必要です。

例えば、ブラシーというスポーツブラ専門のメーカーの場合は、通常のブラジャーと同様のサイズ展開になっていますので、B65などといった表記になっています。

また、ワコールの場合は以下のようなサイズに分かれています。

  • SAB・MAB・LAB・LLAB
  • SCD・MCD・LCD・LLCD
  • SEF・MEF・LEF・LLEF

これはどのようなサイズの決め方かと言うと、アンダーのサイズと通常着用しているブラジャーのカップサイズを合わせて決められています。アンダーサイズが63~68cmの場合はSになるので、通常Aカップの人はSABのサイズを選べばいいということになります。商品によっては、GHサイズまで用意されているものもあります。

また、同じワコールの商品でも、サイズ展開が違ってS・M・Lといった表記になっている場合もあります。

次に、ナイキの商品を例にサイズ展開を見てみましょう。

  • JP XS
  • JP S
  • JP M
  • JP L
  • JP LL

ナイキの場合もアンダーと通常のカップサイズで決まるのですが、アンダーが65cmの場合を見てみると、カップはAからDまでJP XSで対応できます。商品によっては小さめのつくりになっているものもあり、その場合は注意書きがありますので、通常より大きなサイズを選ばなければいけません。

両者を見てみると、メーカーによって対応できる範囲が違うことや、小さめのつくりの商品があることなどがわかります。そのため、購入したい商品の対応サイズをきちんと確かめ、作りが小さめかどうかもチェックした上でサイズを決める必要があるということです。

海外メーカーの商品はサイズ表記が日本のものと違うので注意!

海外メーカーの商品は、日本のものとはサイズ表記の仕方が違います。

例えば、海外の商品であるショックアブソーバーのスポーツブラは、UKサイズなので以下のようなサイズ表記になっています。

  • 30A
  • 32A
  • 34A
  • 36A

ここではAカップの場合を例として挙げていますが、日本のアンダーサイズ60に当たるのがUKサイズでは28になります。また、日本ではEカップと表記しますが、UKサイズではDDになりますので、注意が必要です。それ以降も、国内とはカップ表記が異なっています。

できるなら購入前に試着しよう!

サイズ展開を見てみても、商品によって違ったり小さめのものがあったりと、合わせるのが難しそうだと思われた方もいらっしゃることでしょう。また、胸の形は人それぞれなので、場合によってはきちんとサイズをチェックして購入したのになぜか合わないということも考えられます。

そのため、できることなら購入前に試着をすることをお勧めします。

ですが、店舗が近くにない、仕事などの関係で店舗の営業時間に出向けないなどの理由で通信販売を利用する場合、交換に応じてくれるメーカーを選んで購入すると安心です。

また、ブラシーでは、通信販売でも試着ができるサービスを行っています。試着サービスは、以下のような流れで利用できます。

  1. 注文する時に試着チケットも合わせて注文する
  2. 同封の試着用ペーパーブラを利用して試着する
  3. サイズが合う商品を手元に残してそのほかは返却する

サイズは最大で4サイズ試すことができますし、ペーパーブラを利用して試着することで直接肌に触れることが無い点でも安心です。返送用伝票を使って返送すれば、必要な商品の分だけ請求が来ます。ただし、返送の際の送料は購入者の負担となります。

通信販売を利用する場合でも、自分に合ったサイズの商品を選びたいものですね。

試着の際にスポーツブラが合っているかをチェックする方法

試着ができる時に、自分の体にスポーツブラが合っているかどうかをチェックしたい場合は、以下のようにしてみましょう。

  1. 腕を振りスムーズに動けるかチェック
  2. ジャンプして胸が揺れないかチェック
  3. 肩を回してアンダーがずれないかをチェック
  4. 身体をねじってアンダーがずれないかをチェック

実際に体を動かしてみることで、貴女に合ったスポーツブラかどうかを確かめることができます。

サイズ以外にも気をつけたいことは?スポーツブラ購入時の注意点

サイズを合わせることはスポーツブラを選ぶうえでとても大切なことなので、まずはそちらをきちんとチェックすることが必要です。また、それ以外にもスポーツブラを購入する時に注意したいことがあります。

では、どのようなことに注意したいのか、チェックしましょう。

自分がする運動に適した種類のスポーツブラを選ぼう

運動には様々な種類があり、それによって胸の動き方が違います。ウォーキングをしている場合はそこまで大きく胸は揺れませんが、ジョギングになると胸は大きく揺れます。また、ダンスをすると上下だけではなく様々な方向に胸が動きます。

そのため、貴女が行っている運動に合わせてスポーツブラを選ばなければ、胸の揺れを抑えることができないと言えるのです。

3つのメーカーの商品を例に、どのような種類があるのかを見てみましょう。

◎ワコールの場合

ブラの種類 特徴 向いているスポーツの例
動く人のブラ 胸にフィットしやすいカップの構造
いろいろな動きに対応できずれにくい
ダンス
ゴルフ
ジムでのトレーニング
走る人のブラ 5方向からのサポート機能
胸が揺れにくい
ランニング
テニス
バスケットボール
フットサル
歩く人のブラ 上下の揺れを抑えることに特化
長い時間つけていても楽
ウォーキング
ハイキング
トレッキング
サイクリング

◎ナイキの場合

ブラの種類 特徴 向いているスポーツの例
ハイサポート サポート力を重視
カップの工夫でフィットしやすい
負荷が高い運動に向いている
ランニング
テニス
バスケットボール
ミディアムサポート サポート力を重視
中程度の負荷の運動に向いている
ランニング
テニス
サイクリング
ジムでのトレーニング
ライトサポート スムーズに動けることを重視
負荷が軽めの運動に向いている
ウォーキング
バレエ
ヨガ

アシックスの場合は、ランニングアパレルとトレーニングアパレルという2種類にのみ分かれています。

細かく商品分けされている場合もあれば、大まかに分けられている場合もあるということですね。

ノンワイヤーが基本ですがワイヤー入りの商品もあります

スポーツブラは、ノンワイヤーの商品が多くなっています。なぜかというと、ワイヤーが食い込むなどの問題が起こることがあるからです。ですが、中にはワイヤー入りの商品があります。例えば、ブラシーの「カモメワイヤー」という商品がそれにあたります。

ワイヤーがあることで、しっかり胸を支えることができる、バージスラインが綺麗に見えるというメリットがあります。「カモメワイヤー」には、スポーツブラ専用のワイヤーが入っていますので、普通のブラジャーを使う時のような問題が起きにくくなっています。

よりしっかりしたサポート力をブラジャーに求める人は、ワイヤー入りの商品を探してもいいですね。

購入するメーカーの特徴も知っておきましょう

ブラシーによると、スポーツブラを販売しているメーカーによって、以下のような特徴があると説明されています。

メーカー 特徴
スポーツブラ専門メーカー 吸水速乾性・通気性・耐久性に優れる
サイズ展開が細かい
フィット感がある
胸の揺れをきちんと抑えられる
スポーツ専門メーカー 快適に着用できる
サイズ展開が大まか
サポート力が高い
デザイン性が高い
下着専門メーカー 着心地が良い
サイズ展開が大まか
胸の形を崩さずに着用できる
サポート力はやや低め

これらの特徴を元に、こだわりたい部分に長けているメーカーから選ぶのもいいですね。

スポーツブラは選び方が大切!運動時の胸を守るために役立てよう

運動をする時に着用することを目的として作られているスポーツブラは、胸の揺れを抑えることで胸が下垂するのを防ぐのと共に、運動を妨げずに快適に動けるという特徴も持っています。

その特徴を最大限生かすには、サイズをきちんと合わせること、運動の種類に合わせることなどが必要です。

せっかく専用の商品を購入するのですから、きちんと生かしたいものですね。そのためにも、商品選びをしっかりして、お気に入りの1枚を見つけて運動を快適に楽しみましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!