広がる髪の原因は水分量が足りないから!自分で簡単にできる対策


美容院でのスタイリングのあと、とても素直になっている自分の髪が、たった一度自分で髪を洗っただけで何故か全然まとまらない!そんな経験をした女性は多いのではないでしょうか。

デパートや駅のパウダールームで広がった髪に水をつけて広がりを抑えようとしている女性をよく見かけます。

果たして髪の広がりは改善されたのでしょうか。その方法は正しいのでしょうか。

ここでは、髪の広がりの原因を知り、自分にふさわしいヘアケア製品はどういうものなのか、日常生活での自分で簡単にできる対策などを知り、貴女の広がる髪対策に少しでもお役に立てればと思います。

水分が足りないと髪は乾燥して広がってしまう!

髪質や髪の量は人それぞれです。それでも、髪の広がりに共通している原因があるのをご存知でしょうか。

それはずばり、『水分量の乱れ』です。

水分量が不足すると髪は広がる

今生えている髪の毛は、死んだ細胞です。それをどう水分量を整えて潤いのある髪にするのかは大きくわけて二つの方法があります。

「髪に負荷をかけない手入れ」と「スタイリング剤など外部からのケア」です。

たしかに100人いれば100通りの髪の悩みがあるでしょう。でも、本質的なところでいえば、自分にあったケアを実践することで昨日よりも今日、今日よりも明日、貴女の広がる髪の水分量を増やすことができるのです。

髪のタンパク質を守らないと髪は広がってしまう

それでは、水分量がどれくらいあればよいのか、そして髪の構造についてもお話しましょう。

髪の成分はこのようになっています。

  • タンパク質(ケラチンタンパク質) 約80%~85%
  • 水分量 約11%~13%
  • メラニン色素 約4.5%
  • 脂質 約1%~6%

気が付いた方も多いと思いますが髪の成分で一番多く占めているのは水分ではなくタンパク質なのです。

タンパク質は、水分量が少ないと破損してしまい広がる髪を作り出してしまうのです。タンパク質を守るためにも水分は大切だということがわかります。

髪の構造から水分量が少なくなる原因を考えてみる

1本の髪は3層構造になっています。

一番外側にキューティクル、次にコルテックス、そして中心にメデュラです。すべてが健康であれば美しい髪だといえます。

この3層には、それぞれの役割があります。身近な鉛筆の構造と照らし合わせてご説明します。

・キューティクル(毛表皮)
鉛筆でいうと一番外側の手で触れる部分です。外部の刺激を受け止めて内部を守ります。

・コルテックス(毛皮質)
鉛筆でいうと木の部分です。タンパク質と水分を蓄えています。髪の硬さ、強度そして太さなどが決まります。

・メデュラ(毛髄質)
鉛筆でいうと芯にあたります。鉛筆と違い髪の芯は空気を含み空洞になり蜂の巣のような形状をしています。長い髪の毛が均等に空気を含み細胞が多く詰まっているほうが丈夫な髪の毛と言えます。

髪の構造を念頭に置きながら水分量はなぜ少なくなるのかを考えてみましょう。

先に「髪は死んだ細胞」と書きました。ご存知の方も多いと思いますが爪と髪は皮膚の表皮の角質が変化したものです。

指先を守るため、頭を守るためにとても重要な役割をもっています。もちろん重要な役割として存在していることは理解できます。

でもやはり女性としては美しく健康的に髪を保持したいと思いませんか。それには、自分にあった「髪に負荷をかけない手入れ」と「スタイリング剤など外部からのケア」を見つけ出す必要があると言えます。

広がる髪をなんとかしたい!自分でできる対策

もちろんすべてを解決して美髪生活を目指すという方もいるでしょう。でも、今までのことをすべて変えることは返って貴女のストレスを増やしてしまうかもしれません。それでは本末転倒です。

自分に出来そうかな、やってみたいなというものからスタートすることをお勧めします。

ブラシも摩擦が起きないものを選ぼう

ブラシの素材も広がる髪には摩擦の起きにくいものを選びましょう。目の細かいブラシよりスケルトブラシ(げんこつブラシ)がよいでしょう。

天然素材の猪毛、軟豚毛はお薦めです。天然の毛の油分が広がる髪を落ち着かせる効果が期待できるのと同時に表面の艶がでるという効果もあります。

ですが毛の多い人は地肌まではいかず無理やり地肌まで梳かそうとすると過度の摩擦が起きてしまうので注意が必要です。

髪に負担をかけることなく髪を梳かすことができるように開発されたブラシもあります。例えばイギリス生まれの「タグルティーザー」は長短交互に配列されたブラシ構造や特殊な素材を使って無理に力を入れずに髪を梳かすことができると人気です。

また、梳かし方も大切です。とにかく丁寧に優しくが基本だと言えます。特に、濡れている髪には細心の注意を払って梳かしてください。枝毛や切れ毛の原因になります。

自分の髪に合わないシャンプーを使うのはやめよう

巷にはたくさんのシャンプーが存在します。広がる髪に良いとうたっている商品も多くあります。全部試して自分に合うものを見つけるというのは土台無理な話です。

信頼できる美容師さんに聞いてサロン使用のシャンプーを試してみるのはかなり有益ですが、値段が高いので続かない方も少なくないと思います。

ではドラッグストア、通販サイトなどで何に気を付けて購入するとよいかを
考えてみます。

シャンプー成分表示を確認しましょう。シャンプーボトルの裏に貼ってある紙に小さく書いてある成分表示です。
 

  • 高級アルコール界面活性剤

(ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウムなど)
多くの市販のシャンプーに入っている成分ですが、洗浄力が強く頭皮に刺激が
強いため避けたほうがよいでしょう。

  • アミノ酸界面活性剤

(ラウリン酸、ココイルグルタミン酸ナトリウムなど)
美容院のシャンプーの多くがアミノ酸界面活性剤成分のものを使用しています。
頭皮に対し刺激が弱く洗浄力はマイルドです。

  • 天然界面活性剤

(デシルグルコシド、レシチン)
市販シャンプーではほとんど使われていません。
洗浄力は弱めですが頭皮に優しく肌の弱い方にもお薦めです
 
ここまで代表的な界面活性剤の特徴から「アミノ酸活性剤」が頭皮にも髪にも良いことがお分かりになると思います。

アミノ酸系活性剤の中でもココイルグルタミン酸シャンプーはキューティクルを整える働きがあり広がる髪に特におすすめの成分です。

間違った髪の洗い方を見直してみよう

自分の髪なのに思い通りにならないとついつい無造作になりがちです。

頭皮は顔とつながっています。顔は丁寧に優しく洗いますよね?頭皮と髪もブラッシング同様、洗うのも乾かすのも優しく丁寧に!が基本です。

洗う前に丁寧にブラッシングをします。頭皮、髪をゆっくりと温めのお湯で出来るだけキューティクルが傷まないように上から下へとたっぷりのお湯で濯ぎます。

洗う順番も意識しましょう。意識することで、より丁寧に洗うことができると思います。

頭頂部から前頭部そして両側に移動し最後は後頭部を洗う順番をお勧めします。

シャンプーを手に取り、地肌を指の腹で優しく洗います。毛先はシャンプーを手で泡立てたものを揉みこむようにして洗いましょう。

シャンプーブラシを使う方も多いと思います。頭皮の血行が良くなり、まんべんなく洗うことができる他にもたくさんの利点があります。自分でちゃんと洗えてないと感じる方やネイルなどをしている方には愛用者も多いのではないでしょうか。

ただ生理中など地肌が弱っているときなどは頭皮を傷つける危険性もあるので
ご自身の体調にあわせ、上手に使っていただければと思います。

洗い方だけでなく、乾かし方も重要です!

タオルドライを行うときは、ゴシゴシと擦るのではなく髪の毛をタオルではさみ
軽くトントンと水気を取りましょう。

自然乾燥は、キューティクルが壊れる原因にもなりますので止めましょう。必ずドライヤーで乾かしましょう。
 
洗髪用の湯の温度同様に、ドライヤーの温度も注意しなくてはいけません。高温は髪にダメージを与えます。高温で乾かすと髪の毛の水分を取りすぎてしまい、広がってしまいます。

ドライヤーも近年進化しており、乾かしながら保湿もできるものも多く出てきています。マイナスイオンドライヤーは代表的なもののひとつです。

実際美容師の方にマイナスイオンドライヤーは広がる髪に効果があるのか伺うと
多くの賛同を得ることでしょう。一方、科学的根拠が確立する前にイメージが先行して次々に商品が出回っていると苦言を呈する科学者がいるのも確かなようです。

どちらが正しいか、ここでは科学的根拠はさておき、美容院で取り入れているマイナスイオンドライヤーの数は多く、マイナスイオンの出るドライヤーを普段のケアに使用する価値はありそうです。

マイナスイオンドライヤーは、硬い髪がさらさらになる効果が期待できます。低温のため髪を痛める心配もほとんどありません。

低温だと髪がなかなか乾かないと感じている方もいると思います。家庭用のものは風力が業務用のものと比べて劣るため乾きが悪いと感じるのです。

ドライヤーのかけ方
タオルドライをした髪に、ドライヤーの熱から髪を守るため『洗い流さないトリートメント』などのスタイリング剤を少量つけます。

スタイリング剤はあくまで少量にしてください。つけすぎると乾いたときにフケのように浮いてしまい不潔な印象を与えてしまいます。

ドライヤーの風(低温設定)を上から下へとあて乾かします。内側や後頭部側を乾かした後はボリュームが出やすいので仕上げとして冷風で上から下へ風をあてて整えるとよいでしょう。ドライヤーの冷風は髪の艶を出す効果があります。

太陽光(紫外線)対策

肌が日焼けするのと同じで髪も日焼けします。

日傘をさしたり、帽子をかぶることや日焼け止めスプレーなどで髪を保護するのも効果的です。

ヘアカラーが髪を痛めるの?

よくヘアカラー直後は髪がデリケートだと耳にします。簡単に言うと、弱酸性の髪の毛がアルカリ性へと変化しキューティクルが閉じ切らない状態になるため切れ毛になりやすいのです。

一般的なヘアカラーの工程は、薬剤を髪の毛に添付するとキューティクルが開きメラニン色素を脱色、そしてその中に新たな色素が浸透していきます。

カラーをしたから髪が傷むのではなく、カラーをした髪は切れ毛などダメージを受けやすい髪質に変化しているということなのです。

カラー後の髪をどんなに注意して扱ったとしてもヘアカラーの工程を考えただけでも、かなり髪の毛に負担をかけていることはわかります。白髪対策として年間何度もヘアカラーをしている場合、どうしろというの?という気持ちになりますよね。
  
ドラッグストアなどで売られているヘアカラーを自分でするという方、多いと思います。手軽で、簡単、そして綺麗にできるからだと思います。
  
ご自宅でヘアカラーをした後、髪の毛をアルカリ性から弱酸性に戻すためによく薬剤を落とすことが大切です。ダメージを受けやすい髪の毛についた薬剤をきちんと落とすことは神経を使うことも確かです。
  
髪の毛のことを考えると専門家である美容師さんにヘアカラーをお任せすることをお勧めします。

今すぐできる髪が広がらないための対策

はじめに、ここで上げることは、髪の広がりを根本から治す、変えることではありません。

でも、これらはすぐに改善できない貴女の髪の広がりからくるストレスの軽減につながると思います。

ウイッグを活用しよう

ウイッグの素材は大きく分けて3種類(人毛、人工毛、ミックス)あります。この中で広がる髪に良い素材は合成繊維でできている人工毛です。

ウイッグの種類、フル・ハーフ・ポイントなどがありますが、広がりを抑えるという意味で使うのであればポイントで十分効果を実感されることでしょう。

髪色も多く作られているので自分の髪にあったものを見つけることが出来ます。

つけ方も簡単ですので、梅雨時の忙しい朝などドライヤーと格闘する時間を考えると大幅な時短と気持ちの余裕が生まれるのではないでしょうか。アクセサリー感覚で一度お試しいただければと思います。

ヘアアレンジで乗り切ろう

貴女はきっと広がる髪にうんざりしているので気づいていないかもしれませんが世の中には、髪のボリュームをいかに出すか!を日々研究している女性が多くいらっしゃいます。

貴女が嫌だと思っている広がる髪、実はアレンジ次第でグラマラスな大人の女性になるチャンスなのです。

少量のヘアオイルをつけ艶を出しながら「くるりんぱ」でまとめ髪をしてみてはいかがでしょうか。広がる髪の利点はまとめ髪にしたときに発揮されます。

「くるりんぱ」を行う上でのポイント。
頭頂部の髪の毛を少量で行い、ゴムの位置は取った髪の位置より低めにすると上品にくるりんとなります。

そして出来上がりをふんわりとみせるために、崩す(少しづつ両サイドの髪を引っ張り出す)ことも忘れずに!分け目などが目立たなくなります。

髪の量が多くうまくできない場合は、耳の上の両サイドを少量取りくるりんぱをするととても華奢な印象になります。

ヘアアイロン(使い方・注意点)でできる対策

熱に弱いと散々言い続けている髪の毛に、一番負荷がかかるであろうヘアアイロン。でも、使い方を間違えなければ大きな味方になること請け合いです。

ヘアアイロンも日々進化しているアイテムです。カールができるものまっすぐをとことん追求するものなど種類も設定温度も様々ですが、ここでは髪の毛の広がりに対処することに絞ってお話します。

完全に乾いた髪に、少量のヘアオイルやヘアクリームを髪全体にまんべんなく塗ります。この時、地肌には決してつけないよう注意してください。

髪の毛を小分けにして140℃、120℃に設定したヘアアイロンを1か所に何度もかけるのではなく、根元からゆっくり1.2回を目安にかけます。温度設定は4段階くらいあるのが望ましいです。

全体をかけ終えたら、必ずドライヤーの冷風でゆっくり上から下へと髪の毛を風でなでるように冷ましてください。ヘアアイロンでのダメージが少なくなるだけでなく、艶が戻ります。

水をつけるのは逆効果!

デパートや駅のパウダールームで広がった髪に水をつけて広がりを抑えようとしている女性をよく見かけます。これはNG!です。広がります。

さらっと外出先で髪を撫でるように水をつけるのは、逆効果です。水はシャワーのようなもので根元からつけない限り広がりますのでご注意ください。

美容院でできる髪の広がりを抑えるための対策

髪の毛量が多く、太くうねりのある人は「すく」という選択肢を選ぶことが多いようです。

美容院で「髪をすく」のは髪の広がりには効果があるのでしょうか。

髪の量が多いから「すく」のは本当に効果的?

個人差はありますが、たしかに数日はスッキリとした広がらない状態になりますが、すぐに広がる、いや、むしろ「すく」前より広がっていると感じる人、少なくないと思います。

自分のスタイリングのせいなのか?と謙虚に思い次の美容院予約日まで我慢している人いませんか?

実は貴女のスタイリングの問題よりも根本的に「すく」という行為は広がります。そして広がると、それだけで傷んで見えます。

内側の髪の毛をすいたとして、時間が経てば伸びるので短い髪の毛が外側を押します。それが広がりにつながってしまうのです。

実際に毛先をすいた場合、髪の毛がデリケートになるため枝毛になりやすいようです。

カットする前に、どういうシルエットにするかを美容師さんに相談することをお勧めします。中には本当に「すく」必要のある髪の毛の量の多い方もいますが、すくほどでもない方も多くいるようです。

広がりを抑えるために「すく」には相当の技術が必要のようですが、いくら技術の高い美容師さんであっても、髪質、経験、そしてお客様一人ひとりの髪の個性をすべて熟知したうえで「すく」ことを望むのはとても難しいことだと思います。

気長に、信用のできる美容師さんと貴女に合うカット、髪をすくことを挑戦するのも有りだと思います。

縮毛矯正で髪の広がりを抑える

縮毛矯正は一番効果を実感できる方法です。

うねり・広がりの解消ができ、艶がでるといいこと尽くし!本当でしょうか?

失敗なく縮毛矯正が出来たとき効果を実感できるのは本当です。
そして髪の毛自体がきれいになったように感じると思います。失敗がなくても薬剤によるダメージがあります。トリートメント効果があるわけではないということを忘れないでください。

縮毛矯正の失敗した髪の毛のことを「ビビリ毛」と呼ばれています。「ビビリ毛」とはキューティクルがなくなってしまった状態のことです。
こうなるともう元には戻らず、切るしかないようです。

「ビビリ毛」を修復する方法もあります。「ビビリ毛」になってしまった髪の毛に、また縮毛矯正の薬剤をつけるという方法です。

お分かりになるように、傷んだ髪の毛にまた薬剤を添付することは健康的な髪の毛には絶対もどりません。それでも、見た目は健康そうになります。もし貴女の髪の毛が「ビビリ毛」になり修復をしたいと思ったときは、よくお考えになり美容師さんと相談をすることをお勧めします。

縮毛矯正の失敗は、かけた当日にはわからないこともあるそうです。2、3日して症状が現れることもありますので、縮毛矯正のあと綺麗にみえてもダメージが受けやすい状態だということを忘れずに、自宅でのケアも美容師さんにアドバイスをいただくといいでしょう。

縮毛矯正とブリーチの相性はあまりよくありません。でも黒髪に飽きてブリーチしたいし髪の広がりも何とかしたいと両方を希望する方も多いと思います。

両方(縮毛矯正とブリーチ)を同日に行うのはやめたほうがいいです。そして貴女の髪の毛の状態をよく美容師さんにみて頂き、縮毛矯正のあとトリートメントを行い少しでも回復させてから可能であればブリーチに挑戦することをお勧めします。

10代や20代からストレートパーマ、デジタルパーマや縮毛矯正を長年かけている女性にとって50代60代近くなり「私はいつまでかける?」と自問自答するのは珍しくないのではないでしょうか。

縮毛矯正は安くはありませんし、髪型も髪色もあまり変わりません。メイクはワンランクアップしたのに髪型は若いころのままでいいの?何歳まで縮毛矯正をするのが正解なのか、貴女の髪の健康やこれからのストレスフリーな美しく貴女らしい髪型を見つけ出せることを願っています。

自分のヘアケアを見直して、広がらない髪を手に入れよう!

広がる髪の原因は様々です。共通して言えることは髪の中の水分不足です。

髪を生成する際の栄養のかたよりからタンパク質が減りキューティクルが壊れ、自分の髪と地肌に合わないシャンプー、リンスを使っていることも大きな原因になり得ます。

貴女の髪の広がりの原因が何であるかもう一度考えてみてください。健康な髪でもうねりや広がりで傷んで見える、傷んでいる髪でも健康に見える縮毛矯正の不思議。

いったい何歳まで縮毛矯正をするのが正解なのか。髪にストレスをかけず自分に合ったヘアケア製品を上手に使い、今より美しい「私髪」を手に入れることを願っています。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!