スクエアオフで爪先美人に!簡単な整え方と失敗しないコツ


キレイな爪にして手もとを美しく見せたいけれど、爪が割れやすかったり、ガタガタになったりしてしまう・・・爪のトラブルが原因で、指先に悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

割れ爪や二枚爪、巻き爪などを予防・改善しながらキレイな爪にしたいときは、爪の強度と長さが出せる「スクエアオフ」の形がおすすめです。スクエアオフは爪の強度を高めるだけでなく、爪を長く見せて指先をスマートな印象に演出する効果があります。

仕事や家事で爪を長く伸ばせない方、割れ爪などの爪トラブルが起こりやすい方は、強くてしなやかなスクエアオフの形に整えてみましょう!

ここではスクエアオフの効果やメリット、正しい整え方、上手な塗り方、必要な道具などをご紹介しますので、理想的な爪先美人を目指したいときにお役立てください。

スクエアオフとは「強度」と「長さ」を出せる爪の形

スクエアオフとは爪の形の一つであり、ラウンドとともにネイルサロンで人気のデザインです。爪の形には「スクエア、スクエアオフ、ラウンド、オーバル、ポイント」の5種類があり、爪の形によって指先の印象が変わります。

  • 【スクエア】・・・四角(スクエア)の形をしたデザイン。強度が高く、爪が割れにくい。ただし、爪の角がとがっているので物を引っかけやすい。強度と長さを出せる爪の形。
  • 【スクエアオフ】・・・スクエアの角を丸く削ったデザイン。強度が高く、爪が割れにくい。爪の角に丸みがあるので、スクエアよりもやわらかい印象になる。強度と長さを出せる爪の形。
  • 【ラウンド】・・・爪の先が丸くなっているデザイン。どんなネイルアートにも似合いやすい。ネイルサロンで人気のある爪の形。
  • 【オーバル】・・・ラウンドよりも卵型の丸みを帯びたデザイン。強度が低く、爪が割れやすい。女性らしい印象をあたえる爪の形。
  • 【ポイント】・・・オーバルよりもシャープな丸みを帯びたデザイン。見た目から「アーモンド」と呼ばれることもある。強度が低く、爪が割れやすい。指先を細く見せることができる爪の形。
それぞれ爪の形には、メリットとデメリットがあります。オーバルやポイントは指を細く見せることができる反面、強度が弱いので爪が割れやすいことがあります。また、スクエアは強度が高くて長さを出せる反面、爪の角がとがっているので物を引っかけやすいことがあります。

スクエアオフはスクエアと同じように強度と長さを出すことができますが、爪の角を丸く削るのでスクエアよりもやわらかい印象になります。特に、爪が割れやすい方や爪を長く見せたい方は、スクエアとラウンドの両方のメリットをもつスクエアオフがおすすめです。

スクエアオフの効果&6つのメリット

スクエアオフは見た目の美しさ以外にも、さまざまなメリットがあります。スクエアオフの魅力を確認して、理想的な爪先美人を目指しましょう。

ここでは、スクエアオフのメリットを6つご紹介します。

1. 巻き爪&陥入爪の予防・改善

爪の形をスクエアオフに整えると、巻き爪や陥入爪を予防・改善する効果が期待できます。スクエアオフにして爪の角を丸く削ると、爪の端が皮膚にくい込む状態を避けられるので巻き爪や陥入爪の予防に役立ちます。

巻き爪や陥入爪などの爪トラブルで悩まれている方は、スクエアオフがおすすめです。

2. 自爪を割れにくくする

爪の形をスクエアオフに整えると爪にかかる負担が分散されるので、強度が高くなり、自爪が割れにくくなります。割れ爪や二枚爪のない健やかな爪をキープしたいときは、強度の高いスクエアオフがおすすめです。特に、爪の白い部分を2mmから5mmくらい残すとさらに強度が増して爪が割れにくくなります。

割れ爪や二枚爪で悩まれている方や折れにくい爪にしたい方は、スクエアオフがおすすめです。

3. 爪が長くみえる

爪の形をスクエアオフに整えると爪の長さが出せるので、指先を長くスマートに見せることができます。また、スクエアオフは強度もありますので、オーバルやポイントよりも爪が折れにくく、伸ばしやすいという特徴があります。

指先を長く見せたい方や指先をスマートに見せたい方は、スクエアオフがおすすめです。

4. 爪の形が整えやすい

スクエアオフは整えやすい爪の形なので、やり方とコツを覚えれば誰でも簡単に作ることができます。整えにくい足の爪も、スクエア(四角)を意識しながらカットして、爪の角に丸みをつけるだけでキレイな仕上がりのスクエアオフになります。

看護や介護で爪を整えるときにも、スクエアオフはおすすめです。

5. ネイルベッドを育てやすい

ネイルベッドとは「爪のピンク色の部分」であり、ネイルベッドが長いと指先がスマートな印象になります。すらりとした指先を演出したいときは、ネイルベッドを育てましょう。スクエアオフはネイルベッドを育てやすい環境なので、爪のピンク色を増やして指先をキレイに見せたいときにおすすめです。

ネイルベッドが短い方やスマートな指先を目指したい方は、スクエアオフで美しい爪に整えましょう。

6. スクエアよりもやわらかい印象に

スクエアオフは、スクエアのように強度が高くてラウンドのように少しやわらかい印象を持つ爪の形です。スクエアとラウンドの両方のメリットを持つスクエアオフは、強さと美しさを両立したい方におすすめのデザインです。

また、スクエアオフは爪の長さも出せるので、フレンチネイルなどのネイルアートも似合います。

スクエアの長所を活かしながら、スクエアよりもやわらかい印象の指先に仕上げたいときは、スクエアオフがおすすめです。

スクエアオフの上手な整え方

スクエアオフは、正しい整え方とコツを覚えるだけで誰でも簡単に作ることができます。スクエアオフの整え方をマスターして、いつでも理想的な爪先をキープしましょう。

スクエアオフは巻き爪や割れ爪を防止・改善する効果も期待できるので、看護や介護の爪ケアにもおすすめです。自分ではケアしにくい足の爪も、スクエアオフなら簡単に美しく整えられます。

スクエアオフの上手な整え方を覚えて、爪トラブルの起こりにくいスマートな指先を手に入れましょう。

スクエアオフの基本的な整え方は、以下のとおりです。

  1. 爪やすりやネイルニッパーを使って、スクエア(四角)の形を作るように爪先を横一直線に切ります。一度にカットしないで、何回かにわけて少しずつ切りましょう。
  2. 爪の長さは、爪の白い部分を1mmくらい残すことが理想的です。爪の強度を高めたいときは、爪の白い部分を2mmから5mmくらい残しましょう。深爪は厳禁です。
  3. スクエアの形に整えたあとは、爪やすりを使って爪の角を丸く削ります。爪やすりは往復させないで、爪の端から中央へ一方向に動かしましょう。爪の中央は、上から下へ一方向に動かします。
  4. 爪やすりで整えたあとは、爪が引っかからないか確認します。問題がなければ、完成!

爪を切るタイミングは、お風呂上りで爪がやわらかくなっている状態がおすすめです。爪が乾燥した状態で切ってしまうと、二枚爪の原因になるので注意しましょう。お風呂に入らないときは、ぬるま湯に指先を浸して爪をやわらかくしてからカットしましょう。

爪を切るときは、爪切りではなく、爪やすりやネイルニッパーを使うと爪にかかる負担を減らすことができます。スクエアオフの形に整えたあとは、ネイルオイルで爪を保湿したり、爪の周りをマッサージしたりするなどして爪をケアしましょう。

スクエアオフの上手な塗り方

スクエアオフの整え方を覚えたあとは、好みのネイルカラーで指先をさらに輝かせましょう。スクエアオフは爪が長く見えるデザインなので、シンプルなワンカラーネイルやフレンチネイルもよく似合います。

自爪はラウンドやオーバルの形にしたい方も、スクエアオフのネイルチップを用意すれば、カッコイイ印象のネイルアートを楽しむことができます。スクエアオフの上手な塗り方を覚えて、理想的な指先美人を目指しましょう。

スクエアオフの上手な塗り方は、以下のとおりです。

  1. ベースコートを塗ります。爪の裏側から塗り、爪の端を縁取るようにベースコートをつけます。爪の裏側を塗ったあとは、爪の表側にベースコートをつけます。
  2. 単色のマニキュアを塗ります。ボトルの口でハケ(筆)の両面についたマニキュアを軽く落とします。ハケで爪の真ん中を塗ったあと、右端と左端も同じように塗ります。爪の先端(フチ)にもつけましょう。
  3. すべての爪にマニキュアを塗ったあとは、もう一度マニキュアをつけて2度塗りします。
  4. 仕上げにトップコートを塗って、完成!トップコートは爪の裏側にもつけましょう。
マニキュアをつけるときは親指ではなく、小指から始めると塗りやすくなります。マニキュアが爪からはみ出してしまったときは、綿棒などでキレイにふき取りましょう。

ネイルを上手く塗る方法については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
ネイルを上手く塗る方法!初心者でも簡単にできるコツ

スクエアオフに整える道具

爪の形を整えるときは、使用する道具も大切なポイントになります。道具の選び方や使い方を間違えてしまうと二枚爪や割れ爪の原因になったり、キレイな仕上がりにならなかったりする可能性があるので気をつけましょう。

ここでは、スクエアオフに整えるための道具をご紹介します。

爪切り

爪を切るための道具です。爪切りには刃先が曲線のものと直線のものがありますが、スクエアオフで使用するときは直線刃がおすすめです。爪切りはドラッグストアや100均などで手軽に購入できますが、ネイルニッパーや爪やすりに比べると爪にかかる負担は増えます。

扱いやすい道具を使いたいときは爪切りを、爪への負担が少なくキレイに仕上げたいときはネイルニッパーや爪やすりを選びましょう。

ネイルニッパー

爪を切るための道具です。スクエアオフで使用するときは、刃先がまっすぐの商品を選びましょう。厚みのある爪や変形した爪でも、ネイルニッパーを使えば簡単に切ることができます。スクエアオフの形に整えるときは、ネイルニッパーで爪を少しずつ切っていきましょう。

ネイルニッパーを使うと爪にかかる負担を減らせるだけでなく、割れ爪や二枚爪の予防にも役立ちます。

爪やすり(ファイル)

爪やすりは爪の形を整えたり、爪をなめらかに磨いたりする道具です。

スクエアオフの形に整えるときは、爪やすりを使うと爪にかかる負担をもっとも抑えることができます。また、スクエア(四角)の状態から爪の角を削ってスクエアオフにするときも、爪やすりがおすすめです。

爪やすりは「ファイル」と呼ばれることもあり、ガラス製や紙製などさまざまなタイプがあります。自爪の形を整えたいときは、紙製の爪やすり「エメリーボード」がおすすめです。大きいヤスリは爪の長さを調整するために、小さいヤスリは爪のギザギザをなめらかにするために使いましょう。

スクエアオフで理想的な爪先美人になりましょう

いかがでしたか?

スクエアオフは爪の強度を高めるだけでなく、爪の長さを出すことができるデザインです。爪を長く見せることでスマートな印象の手もとになり、フレンチネイルなどスタイリッシュなネイルアートが似合う指先になります。また、爪の強度が高くなることで、巻き爪や二枚爪といったトラブルを予防・改善する効果も期待できます。

スクエアオフは正しい整え方とコツを覚えれば誰でも簡単にできるので、ぶきっちょさんでも上手に整えることができます。スクエアオフの形に整えたあとは、好みのマニキュアで魅力的なネイルアートを楽しみましょう。

自爪をキレイなスクエアオフの形に整えて、理想的な指先美人を目指してみませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!