角栓パックはアフターケアがカギ!毛穴を広げないために守るべきこと

顔に出来た厄介な角栓を取るために使用する角栓パック。ごっそり取れると気持ちいいですよね。

しかし、使っていると毛穴が広がる・毛穴が黒ずんでしまうという噂を聞いて角栓パックを使うのをためらっている人もいることでしょう。

確かに、間違ったアフターケアを行っていればそういったトラブルの原因になってしまいます。

角栓パックの正しい行い方とその後のアフターケアのやり方を見直して、目立たない・気にならない毛穴を目指しませんか?

角栓パックを使う時のポイントは?

角栓パックは主にシートタイプになっているものと塗ってから洗い流すものの2種類に分かれます。

その違いや使い方のポイントについて見ていきましょう。

シートタイプパックのメリットとデメリットって?

手を汚さずにただ水で濡らして角栓の気になるところに張り付けるだけというお手軽なシートタイプになっている角栓パックは角栓が取れやすいのが特徴です。

シートタイプなのでとれた角栓を目で見て確認できることから、効果のほどが分かりやすいですよね。

しかし、シートを剥がす時に肌に強く刺激を与えてしまい、皮脂膜という皮膚の表面を保護する膜まで取ってしまうリスクもあるのです。

使いすぎてしまうと毛穴が緩んでしまったり、使用後の保湿ケアを怠ってしまうと、皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなることもあります。

シートタイプを使う時はここに気を付けよう!

シートを剥がす時は、慌てずにゆっくりと剥がすのがポイントです。シートをしっかりと乾かし、肌に与えるダメージを最小限に抑えましょう。

パックをした後は収れん化粧品で毛穴を落ち着かせます。パックをした後、毛穴は目いっぱいに開いています。毛穴を引き締める収れん化粧品をコットンでパッティングしましょう。

肌がひんやりしてきたら、成分が肌に行き届いた合図です。毛穴のケアを万全にして、毛穴が広がらないように注意しましょう。

洗い流すタイプのメリットとデメリットって?

洗い流すタイプは、自然の土を使ったクレイパックや、炭酸ガスの効果で角栓を取る炭酸パックなどの種類があります。

クレイや炭酸ガスは、皮脂を吸いつける性質があるため、皮脂汚れが溜まっている毛穴に使うのが最適です。

シートタイプに比べても、肌に与える負担も小さいので顔だけではなく全身のケアに使うことが出来るのもポイントです。

しかし、一般に使われる洗顔料やボディソープなどに比べると洗浄力が強く、パックをした後は乾燥を引き起こしやすい事が難点でもあります。

洗い流すタイプはここに気をつけて使おう!

洗い流すタイプの角栓パックを使う時は、以下の点に注意しましょう。

パックの成分はきちんと洗い流してしっかりとすすぎましょう。

洗い流しが万全ではなく、肌に成分が残ってしまうと、かぶれやかゆみなどが引き起こされ、肌のトラブルの原因にもなってしまいます。きちんと洗い流すことを心がけましょうね。

パックをした後は、保湿を忘れずに行いましょう。乾燥しやすいパック後の肌を化粧水と乳液、クリームなどで保湿し、肌に栄養を与えます。

アフターケアを万全にして角栓パックをしよう!

剥がすタイプも洗い流すタイプも、どちらも使用後にきちんとケアをしていればそれほど使うのが怖くない角栓パック。

どちらにも共通して言える気を付けなければならない事って何なのでしょうか?

とにかく保湿と引き締めがキュっとした毛穴へのカギ!

角栓パックをした後の肌は、角質がはがれて皮脂や水分が失われています。なるべく早くに保湿を行うのが重要です。

保湿ケアが終わったら、今度は開いた毛穴を冷水などを使いしっかりと冷やして肌を引き締めましょう。

開けた毛穴は必ず閉じるつもりでアフターケアを行いましょう。冷蔵庫で保管できるタイプの化粧水など、ひんやりとしながら肌を引き締めて保湿が出来るものを使用するのもいいですね。

使いすぎないことで毛穴を労わろう!

角栓パックは剥がすタイプも洗い流すタイプもそれぞれに効果があり、ついついたくさんやってしまいがちです。

しかし、角栓パックの使い過ぎは、肌のターンオーバーを乱してしまう原因にもなってしまいます。

角栓パックを使用するなら、月に1度程度を目安にスペシャルケアとして行うようにするのが良いでしょう。

アフターケアをしっかりとすれば角栓パックは怖くない!

 

角栓がきれいに取れると、とても気持ちがいいですよね。ザラザラしていた場所から角栓が消えてそこがツルツルした肌触りになると、それだけでちょっとテンションが上がります。

角栓パックを使った後は、アフターケアをしっかりと行って毛穴を閉じましょう。

アフターケアを万全に行ったら角栓パックはそれほど怖いアイテムではありません。気になる毛穴汚れを救済するアイテムとして、時々スキンケアに使用してみると良いですね。

角栓パックの正しい使い方をマスターすることで、角栓の気にならないきれいな素肌を目指しましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!