痩せてるのにお腹だけ出てるのは何故?原因と改善方法


太っているわけじゃないけど、お腹がぽっこり出ている…そんなお悩みを抱えていませんか?お腹だけ出ていると洋服選びに悩んだりすることもありますよね。

お腹だけ出てるような状態ですから、どのように改善したら良いのか分からない場合もあるでしょう。ダイエットしたところで、お腹が引っ込むとは限らないからです。

ここではお腹がぽっこり出てしまっている人のために、考えられる原因やその改善策についてお話ししていきます。

お腹周りをスッキリさせたい方は、要チェックですよ!

お腹だけ出てる理由

お腹が出てしまう理由は、実に様々となっています。中には病気によってお腹が出てしまっているケースもありますから、どうしてお腹が出てしまっているのかをしっかりと見極めることが重要ですよ。

まずは日常的な理由から、お腹だけ出てしまう原因についてご紹介していきます。

便秘

お腹が出てしまう要因として、便秘が挙げられます。便秘が引き起こされる理由は多くありますから、ご自身の生活や状態を振り返りつつ改善策を考えていく必要があるでしょう。

便秘が改善せずお困りの場合は、医師に相談することをお勧めします。

体脂肪率が上がった

体脂肪が増えることによって、お腹が出てしまうことがあるでしょう。体脂肪は皮下脂肪、そして内臓脂肪に分けられますが、年齢を重ねるとともに内臓脂肪が増えるリスクが高まると言えますよ。

40代をすぎて、いつの間にかお腹だけ出てるような体型になったという方は、体脂肪が増えた可能性が高いでしょう。

体脂肪が増えてしまった場合には、体脂肪を増やさないようなダイエット方法を実践する必要があると言えます。

筋肉量の低下

お腹周りの筋肉がなくなってしまうと、お腹だけが出てしまう現象が起こってしまうでしょう。しかし筋肉は鍛えることができますから、腹筋を鍛えることによって症状が改善しますよ。

腹筋を鍛えるには日々継続して行うことが重要です。筋トレを続けるには、無理をしすぎないことも大切となります。

病気のケースもあります

お腹だけ出てる原因として、病気であることもあるでしょう。特に、急激にお腹が出てきたという方は要注意ですよ。

病気が疑われる場合には、速やかに医療機関で受診することをお勧めします。まずはどのような病気の可能性があるのかを挙げていきます。

腸閉塞

腸の中に障害物があることによって、便などがスムーズに移動することができないことがあります。このような病気は腸閉塞と呼ばれます。

腸閉塞が起こってしまうと嘔吐する他に便秘や腹痛の症状が現れるでしょう。過去にお腹の手術を受けたことがある方は、腸閉塞になってしまう可能性が高まると言われていますよ。

腹壁ヘルニア

腸が正しい位置からはみ出してしまうことで、お腹だけ出てるような症状が現れるケースがあります。この場合、腹壁ヘルニアであると言えます。

こちらの病気はまれに腸が壊死してしまうような重篤なケースに陥ることがありますから、生命に関わるような恐ろしい病気でもあります。

尿閉

尿閉とは尿が排出されなくなる病気です。排出されなくなった尿は膀胱に溜まってしまいますから、その影響でお腹が出てしまうのです。

尿閉が引き起こされてしまう原因は飲酒、または風邪薬の服用で発生することもあるとのことです。些細なことが引き金になりかねない病気となっています。

消化管穿孔

何らかの要因によって、腸が破れてしまうことがあります。腸が破れてしまうと、そこから便や消化液が漏れてしまいます。

消化管穿孔が起こると急激な痛みを伴い、同時にお腹が膨れてきます。嘔吐や吐き気が起こることもあるでしょう。

こちらの病気が疑われる場合には一刻も早く病院にて受診する必要があり、消化管穿孔だった時はすぐに治療を開始しなければなりません。

腹水が溜まる

肝臓に疾患があったり、悪性の腫瘍によって腹水が溜まることがあります。腹水の量が増えることによって、お腹が出ることがあるでしょう。

腹水の症状が発生しますと内臓が圧迫されることとなりますから、嘔吐などが引き起こされることもあります。

お腹に腫瘍ができる

腹部にできた腫瘍が肥大化すると、お腹が出ている状態になります。腫瘍は悪性・良性の両方の可能性があると言えるでしょう。

突然お腹の膨らみを感じるようなことがあれば、病気であるリスクが高いと言えます。急激にお腹が出てきた場合には、すぐに病院で診てもらうようにしてください。
もしもお腹だけ出てる以外に症状があった場合、それも医師に伝えるようにしましょう。

おなかだけ出てる原因が便秘である場合

便秘が続くことで、体に悪影響が及ぼされることがあるでしょう。その影響の一つに、おなかが出てしまうことがあるのです。

便秘になってしまう理由は様々ですから、改善するにはいくつかのアプローチが必要になってきます。まずは便秘になってしまう原因から確認してみましょう。

行き過ぎた食事制限

ダイエットの方法として食事制限がありますよね。食事制限を行うことによって食物繊維を摂る量が少なくなりますから、便秘になってしまうと言えます。

特に食事制限では炭水化物を摂らない方が多いものですが、米には食物繊維が豊富に含まれています。そのためお米を摂らないことで食物繊維が不足してしまい、便秘を招いてしまうことがあるでしょう。

食生活に問題がある

コンビニやファーストフード、インスタント食品などで食事をすませるようなことが多いと、栄養バランスに偏りが生じることがあります。特に食物繊維や乳酸菌などが不足してしまうと、腸に悪影響が生じるものです。

食生活に問題がある場合には、なるべく腸内環境を改善できるような栄養を摂る必要があります。一番は偏りのない食事を心がけることが大切でしょう。

自律神経が乱れている

ストレスなどの影響で自律神経が乱れてしまうと、便秘が引き起こされることがあります。この場合、ストレスとなる原因を取り除くか、上手にストレスを解消する方法を見つける必要がありますよ。

生活リズムが乱れている

眠る時間がバラバラだったり、朝食を食べることが無かったりすると、排便のリズムも崩れていくこととなります。生活リズムの乱れは、排便にも影響があると考えておきましょう。

特に朝食をしっかり摂ることで腸が刺激されますから、排便が促される効果がありますよ。便秘でお悩みの方は朝食を摂るようにしてください。

便秘を解消するポイントはこちら

お腹だけ出てる状態の原因が「便秘」である場合の改善ポイントをまとめていきます。簡単に始められるものも多いですから、ぜひ日常に取り入れてみましょう。

朝起きたら一杯の水を飲む

朝は腸にとって重要な時間帯となっています。朝に腸を刺激できれば、排便が促されるのです。水はなるべく温かい方が望ましいでしょう。

朝の時間をゆっくり過ごす

仕事の日の朝は、バタバタしてしまうものですよね。そのため便意があったとしても、タイミングを逃してしまうことがあるのです。

そのため朝食やトイレの時間をしっかりと確保し、排便のタイミングを逃さないようにすると良いでしょう。

水分補給を心がける

日中はこまめに水分を摂るようにしましょう。水分をちゃんと摂ることができれば、排便の手助けになります。

便秘を改善させるには、腸内環境を整えることができる栄養を摂る必要があります。便秘改善に効果的な栄養は以下となります。
  • 食物繊維
  • 乳酸菌
  • オリゴ糖
  • 発酵食品

こちらを積極的に摂ることで便秘を解消し、ぽっこりお腹を改善させることができるでしょう!

お腹だけ出てる原因が体脂肪である場合

体脂肪がお腹に溜まることで、ぽっこりとしたお腹になってしまうことがあるでしょう。体脂肪は体に蓄積した脂肪です。この大半が脂肪細胞に蓄えられていると言われていますよ。

脂肪細胞は体にとって重要な役割を果たしていて、ホルモンを分泌するような作用があります。妊娠や出産はホルモンの働きが大切になるので、体脂肪が重要であることが分かるかと思います。

そして体脂肪は体温を維持すること、内臓を保護するような役割も担っているのです。

そんな体脂肪はお腹に蓄積することが多いです。お腹に蓄積する体脂肪は、皮下脂肪であることが多いでしょう。皮下脂肪は燃焼しにくいことが特徴となっています。

体脂肪は皮下脂肪の他に、内臓脂肪と呼ばれるものもあります。こちらは皮下脂肪よりも燃焼されやすい脂肪だと言われています。

体脂肪が蓄積してしまう原因

体には飢えてしまった時でも生命を維持するために、エネルギーを蓄える働きがあります。そのため食事によって使うことのなかったエネルギーは、体脂肪として体に蓄積してしまうのです。

特に食事で炭水化物やタンパク質を多く摂りすぎてしまうと、体脂肪として体に蓄えられるリスクが高いですよ。

体脂肪を落とす方法

体脂肪を落とすには、以下のポイントが大切になります。

  • 体脂肪が蓄えられにくい食事を心がける
  • エネルギーを消費する

まず食事で心がけるのは、どんな栄養からどれだけエネルギーを補うのかを考慮することです。エネルギーとなる栄養は、炭水化物、脂質、そしてタンパク質となります。

これらは摂取する割合を考慮することで、体脂肪が蓄えれらにくくなるでしょう。望ましい比率は「炭水化物:脂質:タンパク質=60:20:15」となります。

炭水化物が60%、脂質が20%、タンパク質が15%というわけです。

さらにビタミンやミネラルなどの栄養素を摂ることも大切ですよ。これらの栄養を摂ることによって代謝の機能を上げることができるのです。

食べ順に工夫を
体脂肪が蓄積される仕組みには、血糖値が大きく関係しています。血糖値は食べ物を摂ることで上昇するものです。そしてその血糖値を下げるために、インスリンが分泌されることとなります。

インスリンには体脂肪を蓄えるような作用がありますから、血糖値の急上昇が体脂肪の蓄積に繋がることになります。

ポイントは血糖値を急上昇させないことですから、食事の食べる順番によって血糖値が急に上がってしまうことを防止できるでしょう。

まずはじめに食べると良いのが、食物繊維となります。食物繊維が多く含まれているのは野菜ですから、なるべく野菜から食べると良いでしょう。

食物繊維はお腹を満たしてくれますから、過食を防ぐ効果も期待できますよ。

運動をして体脂肪を燃焼させる
さて、体脂肪を減らすためにはエネルギーを消費することも重要だと述べました。エネルギーを消費するには運動が必要です。

特に体脂肪の燃焼に有効的なのが「有酸素運動」です。有酸素運動をメインに継続できれば、脂肪燃焼効果を得られるでしょう。

運動は有酸素運動の他に、無酸素運動もあります。こちらは成長ホルモンが分泌される効果があるでしょう。成長ホルモンが分泌されることによって脂肪を燃焼する手助けになりますから、無酸素運動も取り入れることで脂肪が蓄積しにくくなります。

そのため、体脂肪を燃焼させるために運動をする時は有酸素運動を主に行って、無酸素運動も間に取り入れるようにすると良いでしょう。

◇有酸素運動の一覧

  • ウォーキング
  • 水泳
  • サイクリング
  • ジョギング

◇無酸素運動の一覧

  • 筋トレ
  • 短距離走
  • ウエイトリフティング

無酸素運動である筋トレで筋肉を鍛えると、代謝の機能を向上させることができるでしょう。太りにくい体を作りたい方は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

お腹だけ出てる原因が筋肉の衰えである場合

お腹がぽっこりと出てしまっている原因が筋肉の衰えにある場合、お腹周りの筋肉を鍛える必要があるでしょう。

どうしてお腹周りの筋肉が衰えてしまうのかと言うと、大きな理由は運動不足となります。そのためデスクワークの方は運動不足に陥り、お腹周りの筋肉が衰えてしまうリスクが高いのです。

お腹周りの筋肉が衰えると、腹圧が弱くなってしまいます。そのためお腹に脂肪が無かったとしても、お腹が出てしまうことがあるのです。筋肉が内臓を支えることができず、その結果お腹が出ているように見えます。

もう少し詳しく解説しますと、腹圧が弱くなる影響でお腹の中の腹腔と呼ばれる部分が膨張します。内臓はこの腹腔の中に入っているのですが、腹腔が膨張すると、お腹に向かって大きくなってしまうのです。

これは背骨が壁になっていることで、お腹が膨らんでしまうような仕組みになっているからだと言えます。そのような自体を防ぐためには、腹腔を支えている筋肉を鍛えなければならないのです。

腹腔を形成している筋肉は腹横筋や横隔膜、多裂筋と呼ばれるものです。これらは通称インナーマッスルと言われる筋肉と言えます。

インナーマッスルを鍛えることによって腹圧が高くなりますから、その結果お腹を引き締めることができるでしょう。さらに内臓脂肪を燃焼させることができれば、お腹だけ出てる状態はかなり改善させることができますよ。

一番重要になるのが「腹横筋」

腹横筋はお腹を包み込んでいる筋肉になっています。そのためこの腹横筋をしっかり鍛えることができればお腹の引き締る高い効果が得られるでしょう。

この腹横筋を効率的に鍛える方法はいたって簡単。それはお腹を凹ませる動作を繰り返すことです。ゆっくりと息を吸いながら徐々にお腹を凹ませると上手くできますよ。

またお腹を鍛えると言えば腹筋運動ですが、こちらでも腹横筋を鍛えることが可能です。腹横筋をしっかりと鍛えることができれば、常にお腹がスッキリしている状態を自然にキープすることができるようになります。

筋膜リリースを行うとさらに効果的

筋膜とは筋肉と皮膚の真ん中に存在している組織のことです。筋膜リリースは、筋膜を正しい場所に戻すことを指しているのです。

筋膜は姿勢を正しくする時に支えるような役割を担っています。ですが悪い姿勢を撮り続けていると筋膜に負担がかかり、筋膜が伸びきってしまいます。

伸びてしまった筋膜を元の状態に戻すことができれば、同時に腰がピンと伸ばされてお腹をスッキリさせることができるでしょう。

筋膜リリースの基本的な方法は以下です。

  1. 仰向けの状態になり、両肘を反対の手で触れる
  2. 膝を折り曲げながら胸の方に持ってくる
  3. 膝を前方に戻す
  4. 2〜3を数分間繰り返し行う

この動作を行うことで、腹膜をほぐし正常な場所へと戻すことができるでしょう。インナーマッスルを鍛えること、そして腹膜をほぐすことによってお腹の引き締め効果を高めることができますよ。

気になるぽっこりお腹を改善してスッキリ!

お腹だけ出てる原因は様々です。そのため、まずはその原因を探ることが重要になりますよ。もしも急にお腹がで始めたなら、病気である可能性が高いです。病気が心配される時には、早めに医師に相談するようにしてくださいね。

その他にお腹だけ出てしまう原因は便秘、体脂肪、筋肉の衰えが挙げられます。それぞれの要因別に合った改善方法を行うことで、お腹周りをスッキリさせることができますよ。コツコツと努力を重ねることで、以前よりも引き締まったお腹を目指しましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!