いちご鼻は毛穴パックを使わないこと!肌のケアをしながら治す方法

鏡で自分の顔をよく見た時、鼻に黒い小さなブツブツができていたら、直ぐにでも何とかしなきゃ!と思いますよね。

鼻の毛穴が黒くなっている状態を「いちご鼻」と言いますが、可愛い名前の割りにとても頑固で、ちょっと顔を洗ったくらいでは取り除く事はできません。

いちご鼻は毛穴に詰まった汚れが酸化して固まり、黒ずんでしまっている状態です。指で絞っただけではなかなか出てきてくれず、かえってお鼻を傷つけてしまい赤く腫れてしまいます。

ドラッグストアなどでも見かけるいちご鼻専用のシートタイプの毛穴パックもありますが、肌が傷んでしまいそうなほど痛みが伴い剥がすのも大変ですよね。そこで、いちご鼻になってしまった部分をスキンケアしながら優しく治す方法をご紹介していきます。

いちご鼻になる原因

いちご鼻を治す前に、何故いちご鼻になってしまうのかを知っておきましょう。綺麗に黒いブツブツを取り除く事ができたとしても、いちご鼻になる原因を知らなければまた何度でも繰り返しできてしまいます。

いちご鼻は年齢に関係無く、思春期の頃でも年齢肌を気にするようになる頃でもできてしまいます。まずはいちご鼻の原因を知って、いちご鼻にならないように予防をする事が肝心です。

お肌が脂性である

いちご鼻は毛穴の詰まりが酸化して黒くなっている状態です。毛穴に汚れなどが詰まるという事は、毛穴が常に大きく開いてしまっているという状態である事が考えられます。そして毛穴の開きの原因の一つとして、脂性肌のせいであるとも言えるのです。

特に額と鼻筋にかけてのTゾーンに皮脂の分泌が見られる人は注意しましょう。Tゾーンがテカりやすい人は、いちご鼻になりやすい肌の状態と言えます。

では、何故脂性肌になってしまうのでしょうか。

それは、実は脂性肌とは真逆な乾燥肌が原因となっているのです。なぜ?脂性肌なのに乾燥?と疑問に思いますよね。乾燥肌の場合お肌の水分量が減少してしまうので、それを何とかしようと体は皮脂を分泌させます。過剰に皮脂が分泌されるようになり、脂性肌になるのです。

脂性肌の場合、あぶらとり紙などで皮脂を取り除くよりも、乾燥肌対策を行った方が良いのです。こまめに皮脂を取り除けば、またすぐに分泌されるので悪循環を生みます。脂性肌には、乾燥肌対策のスキンケアが必要です。

生活習慣によるもの

お肌は、喫煙や飲酒、栄養バランスの悪い食生活など生活習慣により影響を受けてしまいます。また、寝不足やストレスが原因になる事もあるのです。そして、肌荒れはもちろんですが、これらの生活習慣はいちご鼻の原因にもなってしまいます。

生活習慣が原因で肌荒れを起こすと、余計な皮脂が分泌されるようになります。特に食事面に関しては、脂肪分の多い食事ばかりではいちご鼻ばかりでなく大人ニキビの原因にもなるのです。

喫煙や飲酒はほどほどにして、睡眠時間を確保しストレスを溜めこなない工夫をしてみましょう。そして、生活習慣の中で最も重要なのは食生活の改善です。野菜や果物を毎日のメニューに積極的に摂り入れて、バランスの良い食生活を心がけてください。

スキンケアの方法が間違っている

洗顔方法やお肌のお手入れの仕方を振り返ってみましょう。今の方法では、いちご鼻になりやすくしているかもしれません。例えば、洗顔の際にいちご鼻を気にして鼻の部分をゴシゴシ擦ってしまっていたり、乾燥肌を改善するためのスキンケアをしていなかったりという事が考えられます。

洗顔は優しく丁寧に行なわなければ、毛穴の奥まで綺麗にする事ができずいちご鼻になりやすくなってしまいます。

いちご鼻の特徴である、毛穴が開いて汚れが詰まるようになってしまうのは乾燥肌も原因です。また、化粧がきちんと落とせていないと、化粧品が毛穴に詰まって黒くなってしまいます。

いま一度、スキンケアを見直してみる必要があるでしょう。せっかくいちご鼻が一時的に綺麗になったとしても、毎日の間違ったスキンケアのせいで再びいちご鼻になってしまうのは目に見えています。

いちご鼻を治す方法

なかなか綺麗になってくれないいちご鼻は、どうやって治したら良いのでしょうか。

いちご鼻は毛穴に汚れが詰まって酸化しているので、表面上は綺麗にできたとしてもその後のケアをしっかりしなくては、またすぐに毛穴に汚れが詰まって同じことの繰り返しになります。

いちご鼻を治す際にポイントとなるのは、毛穴を引き締める事です。

毛穴が開いたままだと、例えばシートタイプの毛穴パックを使って痛い思いをして角栓を除去できたとしても、意味がありません。これからいちご鼻の治し方を詳しくお教えしましょう。

洗顔前のケア

洗顔する際、鼻の部分を一生懸命洗ったとしてもいちご鼻の黒いブツブツはなかなか取れるものではありません。でも、洗顔する前にちょっとだけ手を加えてあげると取れやすくなります。

ガーゼハンカチを濡らして温かくなるまでレンジでチンします。熱くならないように注意して、蒸しタオルを作ります。それを鼻の上に乗せましょう。数分、ハンカチが冷めないくらいまで置いておくと毛穴が開き、洗顔の時に角質が取れやすくなります。

次に、オリーブオイルを鼻に優しく塗っていきます。オリーブオイルは予め手のひらで温めた物を塗りましょう。塗ってからそのままの状態で1分ほど放置し、そのあと指の腹の部分を使って優しくマッサージしてあげます。

洗顔前にしておく事で、いちご鼻の黒い汚れが取れやすくなるのです。いつもより少し時間を要しますが、夜のバスタイムなどを利用してやってみてください。洗顔だけでも黒いブツブツの取れ方が格段に違ってきます。

洗顔の仕方

洗顔の際に気を付けなければならないのは、いちご鼻を意識し過ぎてあまり集中的にゴシゴシ擦らないという事です。

肌は摩擦にとても敏感で、繰り返される刺激から守ろうとバリア機能を高めようとします。ゴシゴシ洗顔は乾燥肌にもなりやすく、皮脂の分泌量を増やす事にもなります。

先ず、基本はたっぷり泡立つ洗顔石鹸を使う事です。いちご鼻を綺麗にするために、スクラブ入りの洗顔石鹸を使うと一時的に綺麗になりますが、根本的にいちご鼻を治す事はできません。毎日スクラブ石鹸で洗顔すると肌を刺激してしまうので、乾燥肌対策にはならないのです。

泡立てた洗顔石鹸で顔を包み込むように優しく洗い、小鼻の部分だけ少しだけ押さえるようにしてクルクル回しながら洗います。毛穴の奥に洗顔石鹸の泡が入り込み、汚れを除去するのをイメージしながら優しく洗ってください。

最後はしっかり洗い流す事を忘れないでください。熱いお湯では無くぬるま湯がベストです。

お風呂でシャワーを直接かけて洗い流すと、お顔の皮膚には熱すぎる場合があるので気を付けましょう。熱いお湯は必要な皮脂も洗い流してしまい、乾燥肌を悪化させます。

洗い流した後は、柔らかいタオルで顔を押さえるようにして水分を拭き取りましょう。ここでもゴシゴシ拭き取るのはNGです。

洗顔後のケア

洗顔後、鏡でいちご鼻を確認してみましょう。この時点で綺麗になっていたら、すぐに化粧水を付けてください。ぬるま湯による洗顔後の肌は毛穴が開いている状態なので、化粧水の成分が一番浸透しやすい時です。

化粧水を手のひらに取り温めてから、顔に直接押し当てるようにして化粧水を付けます。ゆっくり顔を温めるように手を当てていくのがポイントです。鼻も丁寧に小鼻を両脇から押さえるようにして、化粧成分を浸透させましょう。

美容液や乳液も、一つひとつ時間を置きながら付けていく方が効果的です。完全に皮膚に浸透してから次の化粧品を付けていく事で、それぞれの化粧品の成分がしっかり肌の内側へ入り込んでいきます。

最後に保湿成分が配合されている収れん化粧水で毛穴を引き締めます。普通の化粧水とは異なり、収れん化粧水を使う時はコットンを使いましょう。少し多めに収れん化粧水をコットンに取り、顔を軽く叩くようにパッティングしていきます。力は入れ過ぎないように注意してください。

気になる鼻の部分は、より丁寧に少し念入りにパッティングして毛穴を引き締めましょう。顔全体がひんやりとしてきたらおしまいです。途中でコットンが乾いてきた様なら、追加で収れん化粧水を足しながらパッティングしましょう。

洗顔だけでは治らない!頑固ないちご鼻におすすめ商品

これまででご紹介した一連のスキンケア方法で、いちご鼻が改善されないのであれば、次のステップに進みます。肌を傷つけないように、優しくケアしながらいちご鼻を治していきましょう。

ここまでやって綺麗にならないと、無理矢理角栓を引き出すシートタイプの毛穴パックに目が行きがちになりますが、あまりおすすめできません。剥がす際に鼻の皮膚を傷つけ、皮膚のバリア機能が高まり過剰に皮脂を分泌するようになるからです。肌に刺激を与えず、いちご鼻を綺麗にする方法とおすすめ商品をご紹介します。

ピーリング洗顔する

普通の洗顔だけでいちご鼻を改善する事ができない場合、ピーリング剤の入った洗顔料を使ってみましょう。ピーリングすると古い角質を除去して、肌のターンオーバーを正常にするのでいちご鼻の改善や予防にも使う事ができます。

そこでおすすめなピーリング洗顔料は「グリフォーム1300」です。フルーツ由来の酸が配合されているAHA洗顔料なので、ピーリングが初めてのお肌にも安心して使えます。

香料や着色料などの科学的な成分を使わず、肌への刺激をできるだけ軽減させていながら、確かな効果も実感できるでしょう。

いちご鼻の改善のためにピーリング洗顔をするのであれば、週に1回~2回を目安に使います。ツルっとした仕上がりになるのでお化粧のノリも良くなり、大人ニキビの予防としても使ってください。

ワセリンでパックする方法

ワセリンパックとは、ワセリンを塗って放置してそのあと洗顔するという方法です。そんな事でいちご鼻が治るの?と疑問に思うかもしれませんが、ワセリンには毛穴汚れを綺麗にしてくれる嬉しい働きがあるのです。

綺麗に洗顔した後に、ワセリンをいちご鼻の気になる部分に塗ります。ワセリンの成分は、皮脂と同化して角質を柔らかくしてくれるので、そのままの状態で20分ほど放置しましょう。その後は、綺麗に洗い流して保湿ケアしてください。

おすすめのワセリンは「サンホワイトP-1」です。高品質で無添加の白色ワセリンなので、いちご鼻の改善だけでなく家族全員の保湿ケアにも役立てる事ができます。販売店が限られているので、ネット通販を利用すると良いでしょう。

ホットクレンジングで黒ずみも溶かす!

ホットクレンジングは顔に付けるとじんわりと温かくなり、顔の汚れを溶かして落とす事ができるクレンジング剤です。主に化粧落としに使うのですが、いちご鼻にも効果が期待できます。

普通のクレンジング剤は必要な皮脂まで取り除いてしまう事が多いのですが、ホットクレンジングにはその心配が殆ど無いと言われているのです。潤いをしっかり残しつつも、毛穴の汚れを溶かして落とす事ができます。

おすすめのホットクレンジング剤は「スキンビル ホットクレンジングジェル」です。W洗顔の必要が無く、これ1本でクレンジング洗顔が終わります。殆どが美容成分なので、潤いやハリなどを持続していく為にもおすすめです。

いちご鼻に刺激は厳禁

ちょっと指で絞ったら出てきそうに見えるいちご鼻の黒いブツブツですが、絶対に刺激を与えて除去する事はやめましょう。

いちご鼻は乾燥肌が原因で余分な皮脂が分泌され毛穴が広がってしまう事や、化粧落としがきちんとできていなくて汚れが毛穴に溜まり酸化してしまっている事が殆どです。

シートタイプの毛穴パックなどで無理矢理剥がして肌を傷めると、一時的にいちご鼻は綺麗になったように見えてもその後悪化してしまいます。ピーリング効果のある洗顔剤を使ったり、オイル系のものでパックして溶かしたり、ホットクレンジングを利用して肌に刺激を与えないで除去しなくてはいけません。

再発防止のためにも、一度でもいちご鼻になったのであれば乾燥肌向けのスキンケアに切り替えましょう。そして日々のお手入れで毛穴の汚れを綺麗に取り除き、美容成分を肌に侵透させ、毛穴を引き締めいちご鼻の予防もしてください。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!