ストレッチで身体も心も健康に。柔軟性以外にも効果大!


運動前、運動後にするストレッチや疲れた時に伸びたりするストレッチなど様々ですが、用途に合わせてストレッチをすることで効果が期待できます。

ストレッチの種類や効果的な方法を取り入れてストレスを和らげて綺麗な女性へ。

ストレッチには2種類ある!?

体を屈伸させたりするのがストレッチじゃないの?と思う方も多いかと思います。

実はストレッチには運動前、運動後など気にせず何気なくしていても、実はちゃんとした理由があります。

動的ストレッチ

動的ストレッチは学校などでも習ったように、運動前のストレッチ。

運動前に筋肉や関節を伸ばして、様々な方向に筋肉を伸ばしていくのが特徴。
動的ストレッチは怪我の予防をするとともに、運動のパフォーマンス性を高めます。

静的ストレッチ

静的ストレッチは、運動前に行う動的ストレッチとは反対に、運動後に行うクールダウン。

一方方向にゆっくりと筋肉を伸ばしていくのが特徴。
運動後に静的ストレッチをすることで、筋肉痛の症状を軽減できます。

翌日にドーンとくるキツイ筋肉痛を少しでも緩和できるのは嬉しいですよね。

身体に嬉しいダイエット効果

ストレッチをしてダイエットができる?!なんてちょっと不思議に思う人もいますよね。
激しい運動ではないのに、なぜダイエットに期待できるのでしょうか。

なぜストレッチをするとダイエットに効果があるのか

まず、ストレッチをすると筋肉や関節などが伸びていることを感じますよね。その際に、身体の血液の循環が良くなり、代謝が上がります。

代謝が上がると私たちの身体の脂肪は燃焼しやすくなります。

冷たい鉄板か熱い鉄板どちらでお肉を焼いたら早く焼きあがるか、と言ったらもちろん熱い鉄板ですよね!

また、脚をあげたストレッチや、身体をねじるストレッチなどをすることによって引き締める効果があります。

ストレッチをする

血液の流れが良くなる

代謝が上がる

脂肪が燃焼しやすくなる

この流れによってダイエットに期待ができます。

ダイエット以外の身体へのストレッチ効果

ストレッチにはダイエット以外にも、身体にとってとても良い効果があります。

凝り固まった筋肉を和らげる効果

肩こりや腰痛で悩んでいる人はたくさんいますよね。薬を飲んだり、マッサージをするなど色々と方法はありますよね。

しかし、ストレッチをすることで凝り固まったガチガチの筋肉をほぐすのを手助けしてくれます。

血流の循環が良くなる

ストレッチをすると血の巡りが良くなることは前文でも伝えたように、身体の血行の循環が高まります。

筋肉が収縮することによってポンプの役割をしてくれます。

肩こりや腰痛の軽減

身体の筋肉が凝り固まったことが原因で起こる肩こりや腰痛。デスクワークや同じ体制で過ごすことが多い人は悩まされているのでは?

日頃からこまめにストレッチや伸びをすることでこれらの痛みを予防、軽減できます。痛いからこそ、しっかりと筋肉を使ってあげましょう。

身体の可動範囲が広がる

筋肉が硬いと、可動範囲が狭くなって怪我をする原因に。力を抜いている時の筋肉は柔らかい状態が良いとされています。

座った状態で、自分の筋肉を触ってみてください。もしもガチガチに固まっていたら日頃から柔らかくするように努力を!

精神的な効果

身体面だけでなく、精神面にも効果があるストレッチ。具体的にどのような影響があるのかみていきましょう。

リラックス効果

なぜリラックスできるかというと、人間の身体は副交感神経が増加すると落ち着きます。ストレッチをして、血液の流れがよくなり、緊張して細くなっていた血管は緩くなって太くなります。そうすると副交感神経が高まって、リラックスできます。

逆に、交感神経が活発になる時は興奮している時や緊張している時。この2つのバランスが精神面に大きく影響しています。

質の良い睡眠ができる

ストレス社会と言われている現在、しっかり睡眠がとれていない人は多いのでは。睡眠時間も少ないにも関わらず、質の良い睡眠ができていますか?

睡眠前に交感神経が活発になると寝づらくなります。寝る前にストレッチをすることで副交感神経を高めて、身体も精神もリラックスモードに。

短時間しか寝られない場合にも、質の良い睡眠を心がけるためにストレッチをしてみては。

より効果的にストレッチをする方法

では、どのような時間帯でどれくらいストレッチをすれば効果があると思いますか?

意識的にストレッチをしている人もしていない人も、意味のあるストレッチの方法をしましょう!

ストレッチを行う、効果的なタイミング

第一に、身体が温まっている状態がベスト。お風呂上がりのストレッチは身体も温まっているし、血流も良いので痛みを感じにくく、伸びやすいでしょう。

また、朝のストレッチには眠っていた筋肉を起こすことで朝から代謝が上がるので、太りにくい身体に。

しかし朝のストレッチは痛みを感じやすく、身体が固まっているので無理は禁物!

間違ったストレッチ法

みなさん正しいストレッチの方法はご存知ですか?「筋肉や関節が張った感覚がして痛い」と感じている方もいるのでは?

実は歯を食い縛るほどのストレッチは意味がありません。注意事項を抑えて行ってください。

ゆっくりと伸ばして、どこが伸びているのかをしっかり感じる。痛気持ちい所で止めましょう。それ以上伸ばすと身体を痛めてしまいます。

必ず呼吸を!いきを止めてストレッチしている人、要注意です!リッラクスしながら、息を吐きながら伸ばしていきましょう。

ストレッチは身体だけでなく、精神的にも良い効果がある!

ストレッチがもたらす様々な効果はいかがでしたか?

日常でも簡単に取り入れられるストレッチは、身体面だけでなく、精神面にも良い効果をもたらします。

日頃筋肉を動かす機会があまりない人は特に、意識的にストレッチをしてみてください。

ストレッチをして心も身体も健康で軽やかになりましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!